さつまいも 効能。 さつまいもの効果・効能や効果的な食べ方!食べ過ぎたらどうなる?

さつまいもの美容効果がすごい!栄養と効能について

さつまいも 効能

さつまいもの栄養 さつまいもは色んな料理法で食べられ、一度にたくさんの量が食べられます。 今回は、皮ごと食べられ、おかずになる前提で「煮物」にした場合の栄養素を 充足率の高いものから紹介したいと思います。 ここでは、 煮物の1人前、150gのさつまいもが、30歳未満の女性が1日に必要とする栄養素のうち、どの程度を満たせるかを%で示したものを充足率としています。 さつまいもの食物繊維には面白い特性があります。 それは、 レジスタントスターチと言われ 生のさつまいもより、加熱した方が 食物繊維が倍増します。 さつまいもに含まれるデンプンは生のままだと消化されますが、 加熱することで消化されにくいデンプンに変化し、 食物繊維量が増えるのです。 ビタミンE、ビタミンCが豊富! 抗酸化ビタミンと言われるビタミンEとビタミンC。 昔は、冬場の新鮮な果物が手に入りにくい時期に、とても有り難い食材だったはずです。 ビタミンB群も摂れる! 葉酸、ビタミンB6、パントテン酸、ビタミンB1がランクイン! 植物性の食材から ビタミンB1が摂れるのは珍しいです。 ミネラルも豊富! モリブデン、銅、カリウム、マンガンなど、多様なミネラルが含まれています。 さつまいもの栄養は女性に優しい たくさん食べられて、ビタミンやミネラルが摂れます。 食物繊維が多く含まれるので 、1食150gのさつまいも(1/2本)で210kcalですが、 消化がゆっくり(GI値;55)なので、糖質が脂肪に変換されにくく ダイエット食とも言えます。 低ければ低いほど、ゆっくり消化されダイエットに良いとされている。 スポンサーリンク さつまいもの効能 さつまいもの効能は数多くの研究がありました。 やはり昔から、食べたら「ぷっ」というイメージがあったからでしょうか? そして、 便通を改善する作用は、その 食物繊維と「 ヤラピン(Jalapin)」です。 ヤラピンは新鮮なさつまいもに見られる乳汁に含まれる樹脂配糖体です。 なぜか、日本でこの樹脂配糖体の研究が昔から盛んでした。 生のさつまいもにはこのヤラピンは約0.3%程度含まれており、 約1本程度のさつまいもを食べると便通の促進効果が期待できます。 <引用> J. 4, Pages 3-7 Sweetpotato: A Potential Nutritionally Rich Multifunctional Food Crop for Arkansas まとめ さつまいもは秋の風物詩で、焼き芋は女性が恥ずかしそうに買うイメージがあります。 おそらくこれは、日本に特有のイメージのようです。 日本では経験的にさつまいもの食物繊維とヤラピンの作用で腸が刺激され、 便通が良くなる事を知っていたのでしょう。 食べたら、思わず「ぷっ」というイメージが定着していたので 女性が買うのは恥ずかしいという事になったのではないかと思われます。 しかし、最近は恥ずかしそうに焼き芋を買う女性はどれだけいるでしょうか? むしろ、栄養満点なので、積極的に食べてもらいたいですね! スポンサーリンク•

次の

さつまいもの栄養成分・効果効能5つとおすすめの食べ方6つ[専門家解説]

さつまいも 効能

栄養素 推奨量 さつまいも エネルギー (kcal) 700 264 たんぱく質 (g) 25 2. 4 脂質 (g) 19 0. 4 炭水化物 (g) 107 63 食物繊維 (g) 7 4. 7 8 ビタミンE (mg) 3 3. 2 ビタミンB1 (mg) 0. 33 0. 22 ビタミンB2 (mg) 0. 37 0. 06 ビタミンB6 (mg) 0. 33 0. 8 1. 92 ビタミンC (mg) 27 58 さつまいもを1本食べると、1食あたりの推奨量を超える栄養素をたくさん摂取することができます。 それらの栄養素は、美容や健康に効果があるんです。 エネルギー代謝のビタミンとも呼ばれており、ダイエット効果が期待できます。 体内の塩分濃度が高いと、濃度を薄めるために体内に水分を溜め込んでしまいます。 これが、むくみの原因になります。 カリウムが体内の塩分を調節することで、体内に余分に水分を溜め込むことが少なくなり、むくみの改善が期待できます。 炎症を抑える効能もあるため、ニキビの予防や傷跡の回復などにも効果があります。 ビタミンEには、 老化の原因と考えられる活性酸素の生成を抑える効能があります。 若返りのビタミンとも呼ばれており、血液の循環を促進して皮膚の新陳代謝を高めてくれます。 しわやたるみ、しみ、そばかすを防ぐことが期待できます。 疲労回復のビタミンとも呼ばれており、糖質をエネルギーに変えることで力がみなぎるようになり、疲労を回復する効果が期待できます。 食物繊維が多いと言われるじゃがいも、にんじん、キャベツよりも、さつまいもの方が食物繊維を含んでいます。 また、さつまいもを切ったときに出てくる ヤラピンという白い乳液状の成分が、腸のぜん動運動を促して便を柔らかくしてくれます。 いも類では、さつまいもにしか含まれていない貴重な栄養素です。 食物繊維とヤラピンの相乗効果で、便秘の解消が期待できます。 更年期障害の予防・改善 ビタミンEには、 ホルモンのバランスを調整する効能があります。 女性ホルモンの減少が大きな原因とされる更年期障害の予防・改善の効果が期待できます。 生活習慣病の予防 ビタミンEには、 血行を良くする効能があります。 血行が悪くなることが原因で起こる心筋梗塞や脳卒中など、生活習慣病の発症を予防する効果が期待できます。 冷え性の予防 ビタミンEには、 血管を拡張する効能があります。 血管を拡張して血行が良くなることで、手足の冷えなどを改善する効果が期待されます。 1 66. 4 58. 1 たんぱく質 (g) 1. 2 1. 2 1. 4 脂質 (g) 0. 2 0. 2 0. 2 炭水化物 (g) 31. 5 31. 2 39 焼くと水分が抜けるため、100g当たりのカロリーと炭水化物は高くなります。 味が濃縮するといったイメージですね。 蒸かし芋はホクホクとした食感、焼き芋はねっとりとした食感を楽しめます。 また、ビタミンCやB1は熱に弱く、高温度で長い時間加熱すると壊れてしまいます。 効率よく摂取するためには、調理時間が短い電子レンジを使うと良いでしょう。

次の

さつまいもに秘められた効能と栄養について | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

さつまいも 効能

もくじ• さつまいもの歴史 さつまいもは、メキシコ南部を中心とする熱帯アメリカが原産といわれています。 日本には、中国から琉球、薩摩と伝わりました。 ちょうど、江戸幕府ができたころです。 徳川8代将軍の吉宗さんの頃に、さつまいも栽培が全国に広められたそうです。 さつまいもの主な栄養素 さつまいもといえば、「食物繊維」を想像しちゃいますが、ほかにもたくさんの栄養素が含まれています。 食物繊維 ビタミンC ビタミンE カリウム カルシウム ヤラピン ヤラピンは、さつまいもの皮に含まれる成分です。 さつまいもを切った時にでる、白い液状のものです。 ガング リオシド ガングリオシドは、野菜や果物の細胞膜に含まれる糖脂質の一種です。 アントシアニン さつまいもの皮に含まれる、紫色の色素です。 紫いもに、多く含まれています。 さつまいもの効能 さつまいもは、お通じをよくすることで有名ですが、他にも多くの効能があります。 便秘解消 さつまいもには、 不溶性食物繊維のセルロースが豊富に含まれており、腸の動きを活発にしてくれます。 また、さつまいも特有の成分として、皮に含まれる ヤラピンがあります。 ヤラピンは、腸の動きを活発にし、便を柔らかくする効果があり、便の排出を促進します。 また、腸内の善玉菌を増やすはたらきもあります。 便秘対策には、皮付きで食べるのがおすすめです。 コレステロール値低下 さつまいもに含まれる 食物繊維は、腸内のコレステロールを吸収し、便として排出してくれます。 その結果、 コレステロール値が低下します。 また、さつまいもに含まれる ビタミンEは、過酸化脂質を分解するはたらきがあります。 コレステロールは、活性酸素と結びつくと過酸化脂質に変化し、動脈硬化などの原因となりますが、ビタミンEはこれを分解し、悪玉コレステロールの量を減らしてくれるのです。 美容効果・老化防止・かぜ予防 さつまいもは、イモ類の中でもっとも ビタミンCを含んでいます。 ビタミンCは お肌を健康に保ったり、風邪の予防に効果があります。 また、さつまいもには、ビタミンCと同様に、強い抗酸化作用をもつ、 ビタミンEが多く含まれております。 細胞の酸化を抑制してくれるので、 老化防止に効果があります。 血圧低下 さつまいもに含まれる カリウムは、水分バランスを適切に保つはたらきがあります。 過剰なナトリウムを排出するので、 血圧の低下に効果があります。 また、 むくみの解消にも効果があります。 スポンサーリンク イライラの解消 さつまいもに含まれる カルシウムには、イライラを解消する効果があります。 ガン予防 さつまいもに含まれる ガングリオシドは、抗ガン作用が強く、ガン細胞の増殖を抑制してくれます。 眼精疲労の回復 さつまいもに含まれる アントシアニンは、ヒトの視覚認知にかかわるロドプシンと呼ばれる色素体の再合成を促進する働きがあります。 そのため、眼精疲労や、視覚機能の回復に効果があります。 肝機能障害の軽減 さつまいもに含まれる アントシアニンには、初期の肝機能障害を軽減する効果があることが実験により認められたそうです。 さつまいもの皮は栄養豊富 さつまいもの皮には• カルシウム• ビタミンc• アントシアン などが豊富に含まれています。 皮ごと食べるのがおすすめです! まとめ 今回は、さつまいもの栄養と効能についてご紹介しました。 寒い季節には、ほっくほくのさつまいもが本当に合います。 あと、甘いものって、食べるだけで幸せになれます。 コレ、とっても重要だと思っています。 おいしいさつまいもを食べて、健康に、幸せに生活していきましょう!

次の