1000 キロカロリー ダイエット。 減らしたい体重別に実践! 1ヶ月の本気ダイエット方法3つ

一日1000キロカロリーでスリムになりたい!カロリー制限のやり方と注意点

1000 キロカロリー ダイエット

1日1000キロカロリーを行う上で、欠かすことの出来ないのが、健康的なメニュー作りです。 カロリーを控える食事を作る必要があるので、素材が限られてきますが、調理方法によっては多彩なメニューを作る事が可能です。 美味しい食事を作れる様になると1日1000キロカロリーでも満足する事が出来るので、様々な調理方法を検討して下さい。 次に運動を行う時の注意点としては、カロリー制限を行っているので、激しい運動をし過ぎてしまうとオーバーワークになってしまう点です。 1日1000キロカロリーしか摂取しないので、自分の体力に合った運動量を選ぶようにして下さい。 初めから激しい運動をし過ぎてしまうと体調不良にも繋がりかねません。 1日1000キロカロリーは本当に効果があるのか カロリー制限ダイエットは長続きしないとか効果がないといった口コミも少なくありませんが、1日1000キロカロリーの方法はその効果が徐々に現れるため非常に行いやすいと評判です。 一般的にカロリー制限ダイエットの問題は早く痩せようと極端に食事を制限し、空腹に耐えかねて1度に大量に食事をしてしまうためリバウンドが激しいものですが、適度にカロリーを摂取することができる1日1000キロカロリーのダイエットは空腹感を伴うことがなく継続できる方法として口コミでも良い評判を得ています。 ダイエットに関する口コミはなかなか信じられるものだけではないことも少なくありませんが、1日1000キロカロリーのダイエットについては非常にこれを評価するものが多いのがポイントです。 日常の食事を少し減らし、カロリーの摂取を抑えることで元は若干の空腹感がありますがすぐに慣れ、体が軽くなったことで運動をする意欲が湧いてきます。 そのため摂取したカロリーを効果的に燃焼させることができるほか、運動により体のバランスを整えることもできるため実際の体重の変化よりも体が軽くなった印象を持てることが最も大きなメリットです。 精神的にも非常にアクティブになりその効果がダイエットにも現れるとして口コミでも非常に評判です。 1日1000キロカロリーダイエットって何? 1日1000キロカロリーダイエットはその名のとおり1日のカロリー摂取量を1000キロカロリーの範囲に抑えるカロリー制限ダイエットの一種です。 食べなければ太らない、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態を保てば痩せるというのは物理法則的にも明らかであり、その意味で1日1000キロカロリーダイエットはダイエットの王道といえるでしょう。 「成功すれば確実に痩せる」というのは体重が気になる人にとってはとても心強いですね。 しかしカロリー制限といってもただ食事を取らないだけでは、リバウンドによる体重増加の副作用や栄養不足の問題が出てきます。 1日1000キロカロリーダイエットが優れているのは緻密な計算によって、基礎代謝を維持しながらちゃんと痩せるけど栄養不足にはならないギリギリのラインを攻めていける点にあります。 1ヶ月で10キロの減量も夢ではない即効性が期待できるところも人気です。 1日の食事量と食事内容を細かく計算して行う必要があるので、大雑把な人は面倒に感じる部分の多いダイエットですが、スケジュールを組み立てるのが好きなタイプの人には向いています。 また水着の季節までには痩せたい、同窓会には綺麗な自分で出席したいと明確な目標がある人にも1日1000キロカロリーダイエットはおすすめです。 1日1000キロカロリー 1日1000キロカロリーはよく献立を考えて行う必要があります。 カロリー制限を行うダイエットになるので、代謝を落とす事のないようにするのが大切です。 その為には肉や魚を中心としたメニュー作りを行う事で、良質なタンパク質を摂取する事が可能です。 また味付けを行う際にも1日1000キロカロリー内に抑える必要があるので、極端に濃い味を行うとカロリーオーバーになってしまうので、注意が必要です。 塩や胡椒をメインにしたさっぱりした味付けを行うのが、1日1000キロカロリーに抑える事が出来る方法になります。 また肉を購入する際も脂身が多い物を選ぶのではなく、赤身の物を選ぶようにして下さい。 脂身が多い物は多くのカロリーを含んでいるので、1日1000キロカロリーダイエットには不向きな食材になります。 赤身肉でも調理方法によっては柔らかくして食べる事が出来るので、調理方法に工夫凝らして美味しく食べられる様にしましょう。 1日1000キロカロリーだと食べる事の出来る食材が狭くなりますが、味付けや調理方法を工夫して考える事により、レパートリーを増やす事が出来るので、飽きること無く続けていくことが出来ます。 また出来る限り自炊を行うようにしましょう。 1日1000キロカロリーを守ることの大切さ 1日1000キロカロリーのダイエットに取り組んでいる時に、ノートに消費したカロリーをメモしておくことは大事なポイントです。 というのも、人間の記憶力には限界があり、正確に全ての記録を暗記しておくことは難しくなってしまうからです。 間違って覚えたり、忘れることをしっかりと防ぐためにも、ノートに記録を書き残しておくことは非常に大事であると言えます。 また、1日1000キロカロリーを摂取しているかどうかを、記録したノートを見て確認することも欠かせないのではないでしょうか。 1日1000キロカロリーという量が決まっているのにも関わらず、食べ過ぎていたり、十分にカロリーを摂取できてないという可能性も考えられます。 そのようなトラブルが起きてしまうと、ダイエットが順調に進むことが難しくなってしまうのです。 きちんとしたダイエットに取り組みたいと思っている時には、決められた1日1000キロカロリーを守ることがとても大事です。 1日1000キロカロリーをきちんと守るためにも、摂取したカロリーを記載しておくことが大切になります。 ノートを持ち歩けないという場合には、メモをしておき、時間を見つけてノートに書き残すという作業をしておくと良いです。 1日1000キロカロリーダイエットは青魚や卵がオススメ 1日1000キロカロリーダイエットでは、摂取する食材がとても大事になってきます。 1日1000キロカロリーダイエットで積極的に摂取することが望まれる食材には、青魚や卵、肉などがあります。 ただし、これらの食材の適度な摂取が大切で、過剰摂取をするとカロリー過多になり太ってしまいますので要注意です。 1日1000キロカロリーダイエットで摂取が推奨される青魚には、サンマやイワシ、サバやアジなどがあります。 青魚は低カロリーであるだけでなく不飽和脂肪酸のDHAやEPAが配合されており、健康的なダイエットには最適な食材です。 手軽に青魚を摂取したい方にはサバ缶がおすすめで、サバ缶は価格が安くコストパフォーマンスが抜群ですので、サバ缶の積極的な摂取をおすすめします。 卵は栄養価が高く1個で91kcalと低カロリーであるため、1日1000キロカロリーダイエットには最適です。 卵は炭水化物の含有量が0. 18gと非常に低く、タンパク質とビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。 値段も安いのでお金をかけずにダイエットをすることが可能です。 1日1000キロカロリーダイエットでは肉の摂取も望ましく、特にササミや鳥の胸肉などがおすすめです。 カロリー制限の注意点 1000キロカロリーダイエットを行う上で注意する点は、カロリー制限を継続しすぎないことです。 摂取するエネルギー量が体を動かす為に必要なエネルギー量よりも極端に少ない期間が継続すると、少ないエネルギー量で活動できるように体が変化していきます。 例を挙げると、一日に必要なカロリーが1,800キロカロリーの人が、一日の摂取カロリーを1,000キロカロリーにした場合は、必要なカロリーに対して800キロカロリー不足することになり、その不足分は体に蓄えられた脂肪を燃焼させることで消費エネルギーにあてられます。 結果、徐々に痩せることができるのです。 しかし、摂取カロリーが活動に必要なカロリーを下回る期間が長期化すると、体は蓄積された脂肪を燃焼するのではなく、1,000キロカロリーで活動ができるような低燃費の状態になっていきます。 その低燃費状態で、痩せたからと元の1,800キロカロリーの食事量に戻すと、今度は逆に800カロリー過剰に摂取した状態になり、体に蓄えられることになります。 結果リバウンドを引き起こします。 なので、単に1,000キロカロリー制限を継続するのではなく、消費エネルギーを増やすことを併用しながらリバウンドのリスクを少なくしましょう。 1日1000キロカロリーでダイエットする時のメニュー 一日を1000キロカロリー程度摂取の食事にすると高いダイエット効果が期待できます。 そのメニューの一例としては朝食に豆乳スムージーとゆで卵、昼食にサラダパスタとサラダチキン、夕食にあんかけ焼きそばというのがおすすめです。 スムージーはダイエットに最適な飲み物ですが、旬の果物や野菜を摂取できますし豆乳にはイソフラボンやその他女性に嬉しい成分が入っているのでスムージーにして飲むと栄養バランスが良くなります。 満腹感を得たい場合にはスーパーフードのチアシードを入れると良いでしょう。 もう一つの例としては朝食にグリーンスムージー、昼食にタンメン、夕食にポトフとフランスパン、チーズとサラダというメニューです。 どの食事でもしっかりと野菜を摂れていますのでバランスが良いですし、脂質やたんぱく質も一日を通して考えるとバランスよく摂取できているため、空腹感を感じることなく1日1000キロカロリーダイエットが出来ます。 1日1000キロカロリーダイエットの為にダイエットフードなどを購入するよりも、ポトフや豚汁を作り置きしておいてそこにパスタやすいとんを投入して食事代わりにすると、栄養バランスに優れたものになるのでおすすめです。 1日1000キロカロリーダイエット 1日1000キロカロリーの8日目から14日目のメニュー例を挙げてみました。 8日目は朝食は流行りのスムージー、昼はコンビニの塩カルビ丼とカップスープで夜は野菜スープとポテトサラダです。 9日目も朝はスムージー、昼は鶏そぼろ弁当、夜は野菜スープと中華サラダとコンビニのチキンサラダです。 野菜スープはおなかも膨れて栄養が満点なのでおすすめです。 10、11日目は朝はスムージー、昼はコンビニのサラダチキンとカップスープ、豚骨ラーメン、夜は焼肉と野菜スープとお誘いなどがあったときは難しいようです。 12、13日目も朝はスムージーで昼はコンビニのサラダチキンと豆サラダと無調整豆乳、おにぎりとカップスープ、夜はスムージー、野菜スープと餃子とご飯。 14日目は朝スムージーで、昼はコンビニサラダチキンとおにぎりとカップスープ、夜は野菜スープとほうれん草のソテーと白身魚フライ、ごはんです。 夕食にカロリーカットのサプリメントを取り入れると体重も減りやすくなるようです。 特に昼間や夕方に食べ過ぎたと感じた日には、サプリメントを飲んでカロリーカットに注意していけば、体重が増えてしまう恐れも減ります。 色々なメーカーから販売されているので色々試してみるのもよいです。 3週目のメニュー例 1日1000キロカロリーダイエットも3週目に突入すると、体が慣れてくるはずです。 しかし、3週目あたりから痩せなくなってしまうということが起きることもあります。 体は元の体重を正常だと判断しており、急激に体重を減らすと元に戻そうとする機能が働きます。 個人差がありますが、3週目~4週目あたりから痩せなくなってしまう人もいます。 その場合でも、1日1000キロカロリーを続けることが大切です。 そこでダイエットをやめてしまうとあっという間に元の体重に戻ってしまうでしょう。 玄米・雑穀米と野菜ばかりを食べていたという人は、お肉が恋しくなる時期かもしれません。 お肉を食べるならささみ、ラム、牛などがおすすめです。 3週目のメニュー具体例としては、「野菜スープ(90kcal)」「中華丼(600kcal)」「スムージー(11kcal)」などです。 1日に1000キロカロリーを摂取するとはいっても、平等に333キロカロリーずつを摂取する必要はありません。 どうしても焼肉やラーメンなどを食べなくなったら、他の2食はスムージーだけにするとよいでしょう。 1日1000キロカロリー中に焼肉などを食べてはいけないというわけではなく、他の2食で工夫すれば食べてもよいのです。 停滞期の脱却方法 ダイエットをすることで停滞期に入ってしまった場合の脱却方法は、停滞期に対して正しい認識を持つこと重要です。 カロリー制限によってなぜ停滞期が生まれるのかというと、例えば基礎代謝が1,500キロカロリーで、一日の活動で500キロカロリーを消費する人は、一日に2,000キロカロリーを消費することになります。 そこでカロリー制限をすることで、もちろんエネルギーが不足することになり、その不足したエネルギーを体内に蓄積された脂肪を燃焼させることで補うことになります。 しかし、いくら脂肪があってもある程度は食事によるエネルギー補給をしなければ、体はエネルギー不足になってしまいます。 その状態を放置したままでいると体がホメオスタシス機能を発揮してエネルギー不足を解消しようとし、その結果停滞期を招くことになります。 そこで、停滞期に入ったからと無理に停滞期を解消しようとするのではなく、これは健康を維持する為に欠かせない体の反応であることを認識しましょう。 停滞期に焦って食事制限を強めるのではなく、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動やストレッチを行うことで、体をリラックスさせて自律神経のバランスを整えることが停滞期の脱却に大切なことです。 1日1000キロカロリー 1日1000キロカロリーダイエットを成功させる為には筋トレも並行して行う様にしましょう。 筋トレを行うと基礎代謝が増加するので、何もしなくても脂肪を燃やす事が可能になります。 1日1000キロカロリーの食事と併用する事で、筋トレは効果をあげる事が出来るので、お薦めです。 筋トレを行う時にはまずは自重を利用した方法で行う様にして下さい。 初めて筋トレする方には器具の必要はありませんので、ジムに通う必要もありません。 自宅で手軽に行う事が出来るので、継続して行くことが可能です。 段々と慣れてくるとペットボトルを利用したダンベル運動を試してみる事にしましょう。 ペットボトルの中に水を入れる量によって重さを変える事が出来るので、費用も掛からない為、お薦めです。 続けていく内に基礎代謝が上がってくるので、1日1000キロカロリーダイエットを続けているとみるみる体重を落とすことが出来るはずです。 初めて筋トレする場合には辛さを感じるかもしれませんが、毎日行う必要はありませんので、時間がある時に少しずつ行うようにしましょう。 また筋肉痛が起きている時は筋肉の修復をしている時になるので、無理な運動をするのは控えるようにして下さい。 1日1000キロカロリーと歩くこと 1日1000キロカロリーを取りながら生活をしている時には、運動をした方が良いのではないかと心配している人もいるのではないでしょうか。 運動を定期的に行なっていると、体に良い影響を与えることができます。 1日1000キロカロリーというルールを守りながら食事に制限をかけるとダイエットに繋がるのですが、運動を取り入れると体の管理をより良くすることができるようになるのです。 1日1000キロカロリーを取りながら生活をしていると、激しい運動よりもあまり体力を使わずに気楽にできる運動をする方が向いていると言えます。 というのも、運動をしているとカロリーを消費することになり、激しい運動であるとカロリー不足になってしまうことも考えられるためです。 食事と運動のバランスをきちんと保ちたいと思っているという場合には、ウォーキングが良いと言えます。 ウォーキングは歩く速度を自由に変更することもできるために、個人の体調や目標に沿って取り組むことが可能であると言えるのです。 また、年齢や性別の心配をする必要もありません。 気軽にできることから、ウォーキングをしながら1日1000キロカロリーの運動に取り組んでいる人は多くいます。 1日1000キロカロリーダイエット 1日1000キロカロリーに抑えつつ行う運動でお勧めなのがながら運動です。 ながら運動なら何かを行っている時でも意識せずに行うことが出来るので、誰にでも簡単にする事ができます。 仕事中でも座って行うことも出来るので、周りにバレる事もありません。 他にも家事を行う時にも運動はお薦めです。 食器を洗っている時でもその場で足踏みをする事でカロリー消費に期待を持つことが出来ます。 足踏みをするだけなので、場所もとりませんし、疲れることもありません。 また電話をしている時でも運動は可能です。 足を上げて太ももを鍛える体操を行ったり、背筋を伸ばして、インナーマッスルを鍛える事ができます。 電話をしている最中は他の事が出来なくなるので、ながら運動を行うには最適です。 更に通勤や通学で電車を利用している場合は座席に座るのではなく、吊革を持たずに出来るだけつま先立ちを行うようにしましょう。 つま先立ちをする事で身体を鍛える事が出来るので、基礎代謝のアップを期待する事が出来るので、電車に乗っている際の運動としてはお勧めの方法です。 ながら運動に慣れてくるとどの様な事をしている時でも行うことが出来る様になるので、自分に合った方法を見つけて下さい。 1日1000キロカロリー 1日1000キロカロリーに抑える為には通常の食事だけでは難しいので、置き換えできる食品を利用すると便利です。 置き換えできる物としてはダイエット用のビスケットや酵素ドリンクなどが考えられます。 置き換えを行う上での注意点としてはカロリーオーバーに気をつけるだけではなく、きちんと栄養が取れるものを選ぶ事と空腹にならない商品を選ぶ事が大切です。 いくらカロリーが低い物でも栄養素がない物を選んでしまうと体調が悪くなってしまい、1日1000キロカロリーダイエットを続ける事が困難になってしまいます。 更に空腹になる商品を選んでしまうとストレスが溜まるので、1日1000キロカロリーに抑える事が出来なくなる可能性も考えられます。 その為、購入する商品はホームページや口コミを見て評判の良い物を選ぶようにして下さい。 また食べる回数は1日1食から始めるようにしましょう。 いきなり全ての食事を置き換えてしまうと普通の食事を取ることが出来なくなるので、控える様にして下さい。 最後に1日1000キロカロリーを続けていくには味も大切なので、自分が好きな味付けの商品を見つける事ができれば、苦もなくダイエットを行うことが出来ます。 一日1000キロカロリーダイエットで使えるアイテム 1日あたり1000キロカロリーを摂取するにとどめるダイエット方法では、空腹感をいかに紛らわせるかが重要になってきますので、満腹感を得ることが出来る食材がダイエットをサポートしてくれます。 たとえばチアシードなどはスムージーを朝作って飲むときに一緒に摂取することでゼリー状になり満足感をプラスしてくれます。 食物繊維なども豊富ですのでお通じにも作用するダイエット向きの食材です。 ダイエットフードも小腹がすいたときに暴飲暴食を防いでくれます。 たとえばおからクッキーや酵素入りゼリーなどがそれにあたり、どちらもダイエット中に不足しがちな成分が配合されているのに低カロリーですので余分に食事をとるのを防ぐ役割が期待できます。 1日の摂取カロリーを1000キロカロリーに抑えるには食事の際の食材選びに低カロリーのものをとりいれるのもおすすめです。 たとえばこんにゃくはカロリーがありませんしワカメや海藻類もローカロリーです。 こうした食材は噛みごたえがあるのにカロリーが殆どありませんので、サラダやスープ類などに積極的に採用したい食材です。 炒め物よりは蒸し料理のほうがカロリーをカットできますので、電子レンジで蒸し料理が出来る道具も活躍します。

次の

1000キロカロリーダイエット|FIT Search

1000 キロカロリー ダイエット

無理なく痩せる! 3キロダイエット 1ヶ月に3キロのダイエットは、リバウンドの心配もなく無理なく行えるレベルです。 生活習慣を見直し、適度に運動をとり入れましょう。 1-1. 1日当たり700キロカロリー減らす 摂取カロリーを1日に700キロカロリーも減らすのはとても大変なように感じるかもしれません。 しかし、高カロリーの食事の一部を低カロリーの食事に変えるだけで、意外とカロリーは減らせます。 毎日食べたものを記録するようにすると、どれだけのカロリーを摂取しているのか、どれだけ削減できているのか視覚化できるのでおすすめです。 1-2. ダイエットに効果的な食べる順番を意識する 食べる順番に気を付けるだけでも、ダイエットの効果が期待できます。 最後に炭水化物を食べることで、糖質の吸収を穏やかにすることができます。 また、ある程度満腹感がある状態で炭水化物を食べることになるので、炭水化物の食べ過ぎを防ぐこともできます。 1-3. 毎日の生活に運動をとり入れる 「さあ運動をするぞ!」と気合いを入れてウォーキングやジョギングに励まなくても、日常生活の延長でできる運動はたくさんあります。 例えば、エレベーターを使わず階段を使って移動したり、目的地の1つ前の駅で降りて1駅分歩いたり、自宅でテレビを見ながらストレッチや筋トレをしたりなどです。 デスクワークが多い人は、休憩時間に散歩がてら歩くようにすると、ストレス解消にもなります。 もちろん、体を動かす時間をしっかりと確保できる場合はその方が理想ですが、運動が苦手な人は毎日の生活で体を動かす習慣をつけましょう。 運動をすれば、削減カロリーの量を減らせるため、食事制限も楽になります。 見るからにほっそり! 5キロダイエット 1ヶ月で5キロの減量となると、生活習慣に気を遣うだけでは結果を出すのは難しくなります。 食事制限を中心に、運動もしっかりと行っていくことが重要です。 2-1. 1食をダイエット食に置き換える ダイエット=運動と捉えている人も多いと思いますが、運動で消費できるカロリーはそれほど多くはありません。 1時間のウォーキングで消費されるカロリーは約200キロカロリーで、これは茶碗1杯分のご飯(約240キロカロリー)にも満たないのです。 1ヶ月に5キロ落としたいなら、1日約1,000キロカロリーを削減しなければなりません。 そのためには、適度な運動で代謝を上げつつ、食事制限に力を入れる方が効率的です。 食事量を極端に減らすと逆に太りやすい体質になってしまうので、低カロリーの食品をとることを意識して3食きちんと食べつつ、1食だけダイエット食に置き換えましょう。 置き換える食事には、プロテインシェイクや市販のダイエットスープ、豆腐などの低カロリー高タンパク食品が効果的です。 栄養が偏らないように、置き換えるのは1食、多くても2食にしましょう。 2-2. 炭水化物を減らす 炭水化物の摂取は、必要最小限に留めるのが理想です。 朝や昼に食べたものは、その後に体を動かすため消費されやすいですが、夜は寝るだけであるため、食べたものはそのまま脂肪として蓄積されます。 朝・昼は炭水化物の量を減らし、夕食は炭水化物抜きのメニューにするのが効果的です。 とはいえ、炭水化物も健康を保つためには必要な栄養素ですから、まったくとらないのはよくありません。 炭水化物を減らすダイエットの場合も、完全に炭水化物抜きのメニューにするのは1食~2食までとしましょう。 2-3. 間食を我慢しすぎない 置き換えダイエットや炭水化物を抜くダイエットを行っていると、やり始めた頃は特にお腹が空くようになります。 間食を我慢できるならばもちろんその方がいいのですが、無理をしすぎるとストレスになり、ダイエットにはかえって悪影響です。 どうしてもお腹が空いた時は、タンパク質が豊富で歯ごたえがあるナッツやするめいか、煮干しなどを少量食べましょう。 ナッツはミネラルも豊富なため、食事制限による栄養不足も補えます。 ただし、カロリーも高いので1日5~10粒程度に抑えましょう。 水着もOK! 10キロダイエット 出典: 1ヶ月で10キロを落とすには、しっかりとした運動とかなり厳しい食事制限が必要です。 根気がないと続けられませんし、健康被害やリバウンドのリスクを考えるとあまりおすすめできません。 それでも1ヶ月の短期集中でどうしても10キロ落としたい人は、体調管理に十分注意して行いましょう。 3-1. 食事量を減らす 最初の1週間は、とにかく少ない食事量に体を慣れさせることが重要です。 スムージーやプロテインシェイクなどの置き換えダイエットを活用し、ケーキやチョコレートなどカロリーが高いおやつの間食も避けましょう。 慣れてきたら、栄養不足にならないよう、食事の量ではなく食事の種類を少しずつ増やしていきます。 厳しい食事制限になりますが、間違ってはいけないのは、1日の基礎代謝量分の栄養はとらなければならないという点です。 基礎代謝とは、体が何もしなくても消費するカロリーのことです。 摂取カロリーが基礎代謝を下回っていると、体は栄養が足りていないと判断して、脂肪を溜め込もうとします。 ダイエットにとっては逆効果になってしまうので、基礎代謝量分の最低限の栄養はとるように気を付けましょう。 基礎代謝量を測定できる機能付きの体重計などを活用し、自分の基礎代謝量を正確に知ることができればさらに良いです。 3-2. 夜6時~朝8時の時間帯に食べない 食事は、食べる時間が遅くなればなるほど脂肪として蓄積されるようになります。 これは、夜間は日中に比べて活動量がずっと少なくなるためです。 1ヶ月で10キロ痩せるためには、夕飯は夜6時までに済ませ、夜6時~翌朝8時までは水かお茶などの飲みもの以外はとらないようにしましょう。 早めに就寝して7~8時間ほどぐっすり眠ると、睡眠中の代謝も上がって、さらにダイエット効果が期待できます。 3-3. 1日1時間は運動をする 1ヶ月で10キロ落とすためには、食事制限と合わせて運動もしっかりと行っていく必要があります。 1日、最低でも1時間以上は体を動かす時間が必要です。 1時間の運動時間は、まとまってとる必要はありません。 例えば、早朝に20分のジョギング、通勤で10分のウォーキング、寝る前に30分のマッサージや筋トレ、といったように、1日の合計が1時間以上になればOK。 これなら、そこまで無理をしなくても継続して行えそうです。 ストレスを溜めないためのコツ 4-1. モチベーションをキープする 1ヶ月の短期集中でダイエットを行う場合、減量したい体重が多ければ多いほど、モチベーションを保ち続けることが挫折しないポイントです。 5キロや10キロのダイエットになると、どうしても食べたい時期がやってくると思いますが、食欲もある程度自分でコントロールしなければなりません。 水着を着るためならば、痩せた時に着たい水着を先に購入しておいて、目に付くところに飾っておいても良いです。 洋服をオシャレに着こなすためならば、めげそうになった時は、ネットで洋服を調べながらどのようなファッションにするかを考えてみるのも良いでしょう。 ダイエットが成功した後の楽しいことを想像すれば、やる気アップにつながるはずです。 4-2. 食べること以外のストレス解消法を見つけておく カラオケで歌う、ドライブをする、運動をする、ゆっくりとお風呂に入るなど、食べること以外なら何でも良いです。 本気でダイエットを成功させたければ、ダイエット中の1ヶ月の間に、ストレスの解消を食事に頼るのはNG。 それまでせっかく頑張ってきたことが、すべて水の泡になってしまいます。 自分なりの楽しいことを見つけて、1ヶ月を乗り切りましょう。 まとめ いかがでしたか?1ヶ月で5キロ、10キロのダイエットとなると、減量後のリバウンドの心配があります。 目標達成後は、ゆっくりと時間をかけて元の食事に戻していくと良いでしょう。 バランスが良い食事や運動などの健康に良い習慣は、減量後の体重維持のためにも継続して行っていきましょう! 1 kireca編集部オススメ商品紹介 ニキビは夏だけではない!冬にもできやすいニキビ対策におすすめな商品をご紹介 ニキビ=暖かい時期と思っている方は多いのではないでしょうか。 ですが、冬は空気が乾燥しやすく、また冷えから肌の血行不良になり大人ニキビの原因となることも。 リプロスキンは8種の美容成分を配合。 独自の浸透向上技術により、肌の柔軟性をあげるので保湿をしっかり実感するのはもちろん、ニキビの炎症をしっかりケアします。 寒くなってくると新陳代謝が悪くなり、むくみで悩む方が多いのではないでしょうか。 【キュッとルームソックス】は理想の美脚を徹底追求!! 超ロングサイズなので気になる太ももも、しっかりケア。 さらに美容成分も配合されているので履き心地もいいです。 可愛いデザインながら、高機能でお部屋コーデもしっかりきまります。 キュッとルームソックス 価格:単品購入 3,480円(税抜) スキンケア ジェル NMバランス ニッピから「生」と「ナノ」の力でWでうるおう、コラーゲン美容液が登場! 通常のコラーゲンよりも5倍のうるおい力のある、「生コラーゲン」で肌の外側からしっかり保湿。 1プッシュで9000兆個の超低分子「ナノコラーゲン」が奥までしっかり浸透。 新配合された【メディコラーゲン】は紫外線ダメージからお肌をケア。

次の

1日1000キロカロリー台で1ヶ月に3キロ減!健康と両立する短期ダイエット法

1000 キロカロリー ダイエット

一食1000キロカロリーのランチ 大手のファミリーレストランには、美味しいランチメニューがたくさんあります。 人気のラーメン屋さんにも、パスタ専門店にも、オムライスのお店にも、本当に美味しいメニューだらけです。 今日のランチは何にしようか、単品で注文するよりもセットで頼んだ方がお得、と悩んだことはありませんか。 私たちは外食先でメニューを選ぶとき、カロリーよりもお得感や美味しさで選ぶことが多いですね。 すると、気がついたら一食1000キロカロリーを超えている、ということはよくあります。 会社の社員食堂は、その企業の社員の身体を考えてメニューを作っていますので、お得感よりも健康志向のものが増えています。 しかし、外食産業はまだまだ健康志向よりも、美味しさや見た目、お得感が重要視され、セットの選びかた一つで、とんでもないカロリー過多になっています。 一食1000キロカロリーは、女性なら一日に必要なエネルギーの半分になります。 一食で半分を摂ってしまったら、残りの二食はかなりカロリーを控えることになります。 摂ってしまった分のカロリーを、運動や仕事でエネルギーに変えて消費することもできます。 若い人なら頑張って身体を動かすことで、一日3000キロカロリー摂っても、消費してしまう人もいます。 摂りすぎてしまったら、頑張って消費してみましょう。 一食のカロリーが1000キロカロリーを超えるランチ 一食のカロリーが1000キロカロリーを超えているものには、どんなものがあるでしょうか。 私たちがよく目にするファミリーレストランのメニューでは、ランチセットがよくあります。 例えば、ファミリーレストランのガストやココスでは、単品のメニューのカロリーは500~800キロカロリーです。 しかし、ここにご飯やパン、サラダ、ドリンクといったセットを付けると、メインによっては1000キロカロリーを超えることも珍しくありません。 特に、ドリンクバーはひたすらウーロン茶や緑茶だけを飲んでいるのなら良いですが、コーラや、ガムシロップ・ミルクを入れたアイスコーヒーにしたら、カロリーは完全に1000キロカロリーを超えてしまいますね。 ある有名なカフェでは、ランチ時にパン食べ放題というのがあります。 ランチのメインメニューのカロリーは、380キロカロリーくらいの低カロリーもありますが、ここでパン食べ放題をプラスしてしまうと、あっという間に1000キロカロリーを超えてしまいます。 次々と美味しい焼き立てパンをもってきてくれるので、つい手が出てしまいます。 プチパンとはいえ、ついつい5個以上食べてしまうこともあります。 その他に、コーヒーや紅茶に砂糖やミルクを入れて、さらにデザートつきです。 もちろん気が付くとお腹はいっぱい、1000キロカロリーを超えたランチになります。 ランチでパン食べ放題、ピザ食べ放題といったファミリーレストランは他にもたくさんありますが、たまに食べるくらいにしましょう。 ピザ一食分は1000キロカロリー以上 皆さんは宅配ピザを注文することがありますか? 家族や友人と食べる時に、どれくらいの枚数を注文しますか? それはMサイズですか? それともLサイズですか? 日本では宅配ピザというものを、毎日食べるという人はあまりいませんね。 それでも、たまに食べたくなって注文をしたり、クリスマスや誕生日、イベントの時に注文することがあります。 私たちが注文する宅配ピザのMサイズ1枚分のカロリーは、ほとんどが1000キロカロリーを超えています。 Lサイズになると、さらにカロリーは高くなります。 2人でMサイズを1枚たべるなら、500~700キロカロリーですが、1人で1枚食べてしまうと、一食分のカロリーは1000キロカロリーを超えてしまいます。 たとえ半分でも、サイドメニューや炭酸飲料、清涼飲料水のドリンクを飲んだら、半分でも1000キロカロリーを超えてしまうこともありますね。 イタリアはもちろん、アメリカやフランスでは、ピザを毎日食べる人も少なくありません。 親が忙しくて夕飯を作らない、という家庭もめずらしくはないため、小さいころからデリバリーやテイクアウトのピザ、冷凍ピザを夕飯で食べるということを習慣化している子もいます。 そのため、肥満や生活習慣病の問題が後を絶たないということですね。 バブル期の後から、日本では食の欧米化が進んでいます。 私たちも、気を付けなければいけませんね。 一食1000キロカロリー以上のお手軽フード ジャンクフード、お手軽フードと呼ばれているものにも、一食1000キロカロリーを超えるものはたくさんあります。 お手軽フードには、ラーメンやハンバーガー・ピザ・天丼などがありますね。 ラーメンのカロリーは高く、人気の美味しいラーメンを食べると、1000キロカロリーを超えることもあります。 店舗によっては、普通のラーメンでも1370キロカロリーになります。 ラーメンの中でも特にカロリーが高いものは、大盛で2000キロカロリーを超えるこのもあります。 1日ならまだしも、一食で2000キロカロリーはちょっと摂りすぎになりますね。 ハンバーガーも1つでは、300~500キロカロリーで食べることはできますが、セットにすると600~1200キロカロリーとカロリーは2倍以上になります。 例えば、ある店舗の「半熟てりバーガー、フレンチフライポテト、骨なしチキン、アイスカフェラテ」のセットで1107キロカロリーになります。 チェーン店のカレーは、ソーセージカレー、エビカツカレー、ロースカツカレーと1000キロカロリーを超えるものがたくさんあります。 お手軽メニューには、こんなにたくさんの1000キロカロリーを超えるメニューがあります。 簡単に食べられるので、つい立ち寄ってしまうお店ですが、毎日利用するのはやめましょう。 1000キロカロリーを消費するためには それでは、摂ってしまったカロリーはどうしたらいいでしょうか。 食べてしまったものは仕方がありませんが、その分夕飯を抜くのはあまり得策とは言えません。 血糖値の上がり下がりが激しくなり、逆にカロリーを消費しずらくなります。 もちろん、朝ごはんを抜いてお昼でお腹いっぱいにするのも、逆効果になることがあります。 摂ってしまったカロリーを消費するために、何をすればいいでしょうか。 食べた分歩いて痩せようという人がいますが、体重50kgの人が一時間歩いても、消費するのはせいぜい158~184キロカロリーにしかなりません。 それでも、食事の後に電車や車に乗るよりは、消費するカロリーは高くなります。 これが水泳になると、歩くよりもカロリーの消費は高くなります。 平泳ぎなら278キロカロリー、クロールなら436キロカロリー、ランニングなら473キロカロリーです。 やはり走るのは、カロリーを消費するのには良いようですね。 体重50kgの主婦が毎日の家事で消費するカロリーは、500キロカロリーほどになります。 これは5時間くらい作業した時の消費カロリーです。 私たちが一食で1000キロカロリーを摂るのは、それほど大変なことではありませんが、消費をするのはとても大変なことですね。 同じ家事仕事でも、大掃除や引っ越しなどの片付け、荷造りといった作業を5時間行うと、1000キロカロリー以上消費することもあります。 自分の家の大掃除や引っ越し作業でも、1000キロカロリーを消費するのですから、それを仕事にしている人は、それ以上のカロリーを消費しているということです。 一食1000キロカロリーを摂っても痩せてしまう仕事 引越し業者や配送業者の人は、しっかりと食事をしてもカロリー過多にならない人もいます。 それだけ仕事で、カロリーを消費しているからですね。 同じように、5時間の仕事で1000キロカロリー以上のカロリーを消費するのが、農業や林業、建設業になります。 中でも、最も多くのカロリーを消費すると言われているのが林業です。 わずか1時間で1000キロカロリーを消費してしまうそうです。 確かに、林業従事者にマッチョな人が多いです。 他にも、救助活動などをするプロダイバーや消防士・自衛官などは1時間で700キロカロリー以上を消費する、ハードワークとなります。 こういった職種の人は、一食で1000キロカロリーどころか2000~3000キロカロリーを摂取するそうです。 それでも痩せてしまう人もいる、ということです。 まるで、高校野球で全国を目指す、育ち盛りの高校球児のようです。 プロダンサーでも1時間の消費は250キロカロリーですから、そのハードさは並大抵のものではありませんね。 本当に頭が下がります。 仕事の種類によっては、一食で1000キロカロリーを摂っても全く問題はありません。 しかし、普通のデスクワークやオペレーター、家事だけでは、摂りすぎになってしまうこともありますので、気を付けましょう。 学校の先生は、教科や教えている生徒の年齢によっても違いますが、1時間170~200キロカロリーほどで、デスクワークの5~8倍です。 接客業や清掃業も160~200キロカロリーほどで、デスクワークの5~8倍になります。 神経をすり減らすわりには、デスクワークやオペレーターはあまりカロリーを消費しないようです。 1000キロカロリーを摂ったら消費 私たちの周りには、一食1000キロカロリーを超える食事がたくさんあります。 今さら我慢なんてできない、という人もいることでしょう。 しかし、1000キロカロリーのエネルギー量は使わなければ体脂肪になってしまいます。 習慣化してしまうのも怖いです。 たまに自分へのご褒美くらいにしておきましょう。 そして、多く摂ってしまったら夕飯を抜くのではなく、夕飯は適度に減らして、しっかり身体を動かして消費しましょう。

次の