ささげ の 煮物。 ササゲ(モロッコインゲン)の大量消費レシピ!カロリー付き

ジュウロクササゲ

ささげ の 煮物

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

「ささげ」と「いんげん」は同じものですか?

ささげ の 煮物

地域によっては、「三尺ささげ」、「長ささげ」「十八ささげ」、「十八豆」、 「ふろう豆」、「ほろ豆」などとも呼ばれいて、主に若い莢を食用とします。 愛知県の伝統野菜! でもあり、 岐阜県でも飛騨・美濃伝統野菜として認証されている とても貴重な「十六ささげ」なんです! やわらかな長い莢が特徴で、 癌や糖尿病、動脈硬化の予防、疲労回復に役立つと言われています。 w  ̄o ̄ w オオー! すごい! 見た目は、ちょっと「サヤインゲン」のサヤを長くしたように感じますが・・・ <インゲン(さやいんげん)>:中南米原産で、「マメ科インゲンマメ属」 <ササゲ>:アフリカ原産で、「マメ科ササゲ属」 莢の長さが20センチほどのインゲンに対し、 莢の長さが30~50センチほどになるのがササゲです。 < 十六ささげ> 愛知・岐阜の伝統野菜! 莢が30センチ以上になり、黒みかがった豆がつく「ささげ」です。 「いんげんまめ」にく似ていますが、さらに柔らかく、食味が良いのが特徴。 < 十六ささげ > 若莢を煮食するささげで、懐かしい食味が味わえます。 熱帯地方の原産で夏の暑さに特に強く、非常に作りやすいつるあり品種です <けごんの滝(三尺ササゲ)> 熱帯地方から導入し改良したもので、暑さや乾燥にとても強く 作りやすい品種です。 莢は濃緑色で40~60センチにもなり、房なりに垂れさがる様子は、 流れ落ちる滝のようです。 <ササゲ 赤種三尺大長> ササゲは、未熟でまだ緑色の若い莢を茹でて食べるほか、 完熟したマメを、煮豆や赤飯、強飯に混ぜて利用されます。 莢は淡緑色で房状につき、長さは約60cmにもなります。 <三尺ささげ:トーホク> 若莢を煮食するささげです。 熱帯地方の原産で夏の暑さに特に強く、草勢旺盛で非常に作り易い品種です。 真夏に花が咲き、莢は太く緑濃く長さ50cmにもなりたれ下がります。 ささげは、愛知の伝統野菜十六ササゲ、三尺ササゲなどの品種があり、 野菜用として若サヤを食用にしています。 品種としては、全国的にいろいろあるようです。 同じく愛知県尾張地方の在来種である姫ササゲ、 京都府下柊野 しもひらぎの 地方の柊野ササゲ、 各地で栽培されている十六ササゲ、その他、檜原 福島 、 かさささげ 新潟 、黒三尺 関西以西 、だるま 広島 などがあるようです。 種まき後は水やりしをして、発芽するまでは乾燥しないよう注意し 水をやりすぎないようにする。 *鳥被害にあわないよう~ネットをかけておく。 葉の形や色の悪いものをハサミで切って2株残す。 葉色がしっかりとしたものを1本残し、もう一方は株元からハサミで切り 1本立ちにする。 (1株1本) <植え付け時期> 本葉2~3枚の頃、植え付けします。 高めの支柱を立てネットを張ります。 <誘引・追肥時期> 植え付けから2週間後から~ *ツルが伸びてくると風で倒れたりするので最初はヒモで支柱に誘引します。 その後自然に上へ伸びていくので誘引は必要なしです。 (最初だけでOK) 2週間に1回程度、追肥をします。 花は薄紫色または白色の蝶型花。 早っ!! <追肥時期> 株の下の方から薄紫色の花が咲き、 小さな莢ができはじめたら~追肥のスタートです。 *ササゲは種の中に養分が蓄えられているので、 生育初期は追肥をしなくても大丈夫です。 反対に肥料が多すぎると軟弱に育ち、病害虫の被害にもあいやすくなるので 早く与え過ぎないように注意します。 <収穫時期> 開花から約15~20日頃 選んだ品種の適期の莢の長さ(30~50センチ)になったら ハサミで切って収穫します。 莢はストローほどの太さが適期で、 遅くても鉛筆の太さまでに収穫します。 中の豆は熟すと赤褐色になります!! 完熟したマメは、煮崩れしにくい特徴があるため、 煮豆や赤飯、和菓子などに利用されます <豆は小豆の代用にも?!> ササゲの熟した豆は、江戸時代には武士には好まれたこともあるそうです。 というのも、 小豆が茹でると皮が真ん中で割れやすいのに対し、茹でても割れないので、 赤飯を炊く時には小豆ではなくこのササゲ豆を使うというのです。 やはり真ん中で割れる様子が、「腹を切る」ように感じて縁起が悪いとされたようです。 <名前の由来> 莢に16粒の豆が付くことから十六ササゲと呼ばれるようになった 、 という説もあるようですが、実際にはもっと沢山の豆が出来るものも多く、 定かではありません。 十六ささげの品種もいくつかあり、サヤが長い物と比較的短い物、 鞘の色が濃い緑の物と黄緑色の物があります。 中の豆は熟すと赤褐色になり、豆としても食用できますが~ 一般的には若いさやのまま食べる事の方が多いようです。 熊本地方での地震に際し、被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます あまりに突然の大きな地震のニュースに 東日本大震災の被災を思い出したのか、娘は昨夜、過呼吸症状がてでしました。 幸い、軽い症状で済んだようですが・・皆様もお気をつけ下さいませ。 一日も早く余震が静まることと、復旧・復興をお祈りいたします。 今回、ブログをupするかお休みするか、ギリギリまで悩みましたが・・ このような形で更新させていただきました。 もし、気分を害されたのでしたら、心よりお詫びいたします。 皆さまを心より応援しています。 「頑張って、野菜つくれよっ 」と応援していただける皆様、 ランキングに参加しています。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の

ささげのおいしい食べ方10選!なんにでも使える夏の万能野菜!

ささげ の 煮物

基本の戻し方・ゆで方 豆は、小豆以外は基本的に水に浸して戻してからゆでます。 水分を十分吸わせることで、ゆでる際に熱が豆全体に伝わりやすくなるため、煮えむらがなく、ふっくらと、しかも早くゆで上がるためです。 まずは洗う まずは容器に乾燥豆を入れ、割れた豆や虫食いのある豆等を取り除いた後、たっぷりの水を注ぎ、さっとかき混ぜて洗います(水を取り替えて2〜3回繰り返します)。 この時、水面に浮く豆は未熟粒等で煮えむらの原因になるため、これも取り除きます。 戻し方 豆の種類、保存期間、水温等によっても変化しますが、あずき・ささげ以外の豆は、豆の4〜6倍の水に6時間から8時間浸します。 皺のある豆が混じっておらず、均一にふっくら膨らんだ状態になっていればOK。 一方、あずき・ささげは皮が硬く、十分な吸水には24時間程度と長時間を要します。 他の豆と同様、水に浸けて戻してからゆでる方法もありますが、中途半端な戻し方ではかえって煮えむらを生じるため、一般的には、戻さずに洗った後すぐにゆでます。 ただし、古い小豆は水に浸けた方が良いでしょう。 しかし、浸し水には、渋味やアクが溶け出している一方、ビタミンB群、水溶性食物繊維、ポリフェノール等の栄養素も溶け出しているので、できるだけ豆の栄養を活かすため、そのまま浸し水を使う事をおすすめします。 模様のある豆を煮る場合、少しでも模様を残したい場合は、沸騰後、煮汁を半分捨てて新しい水に入れ替える「ゆでこぼし」によりアク抜きをすると効果的です。 これにより、熱が豆の中まで浸透しやすくなり、豆粒全体を均一に、ふっくらとゆでることができるのです。 なお、このような差し水は、「びっくり水」と言われています。 ゆで上げていく過程でも、豆が湯の表面より出てしまうと煮えむらが生じるため、ゆで汁が少なくなってきたら、随時、差し水をします。 3 豆がゆで上がるまでに必要な時間は、豆の種類によって多少異なりますが、一般的には、ゆで始めから45〜70分程度です。 また、花豆など粒の大きな豆の種類では、60〜90分かかります。 指先で軽く押してつぶれたらゆで上がりで、サラダや炒め物等に利用するのに適当な硬さです。 一方、煮物やカレー等に使う場合は、煮くずれないよう標準よりやや硬めにゆでます。 なべについて 鉄なべやホーロー鍋のような重みのあるものが適しています。 また、圧力なべを使うと短時間で仕上がります。 黒豆には鉄なべが最も適しており、アントシアニンという色素と鉄分が反応し合うことから、鉄なべで煮ると紫がかった綺麗な黒色に仕上がります。 金時豆の甘煮 豆が柔らかくなったら、ひたひたくらいの水量にし、弱火にかけながら、レシピの分量の砂糖を2〜3回に分けて加えていきます。 砂糖を入れたら、5〜10分ほど煮て味を馴染ませ、仕上げに塩をごく少量(砂糖の重さの0.3%程度)加え、ふたをしたまま15〜20分蒸らしてできあがり。 甘めにしたい場合 豆 : 砂糖 = 1 : 1 薄甘にしたい場合 豆 : 砂糖 = 1 : 0.6〜0.8 砂糖は必ず豆が柔らかくなってから入れて下さい!豆が固いうちに入れてしまうと、それ以降はいくら煮ても柔らかくなりません。 ゆでた豆の保存方法 下ゆでした豆を冷蔵した場合の保存期間は、夏は2〜3日以内、冬は5〜6日以内が目安です。 また、長期にわたって利用したい場合は、1回の調理に使う分量に分けて冷凍しましょう。 保存期間は1ヶ月程度を目途とします。 ゆで汁には豆のうま味と栄養素が含まれ、またサラダのドレッシングやスープにも活用できるので、捨てずに豆と一緒に保存しましょう。 特に黒豆の煮汁は、風邪でのどがつらい時などにも効果があります。 この時、豆をゆで汁ごと保存する方法と、豆とゆで汁 を別々に保存する方法がありますが、冷凍保存の場合、煮物、スープ用等であれば汁ごと、炒め物用等であれば別々(豆粒がバラバラ状態になるので扱いやすい。 )と使い分けると良いでしょう。

次の