エクセル sumif 使い方。 複数の条件で合計する関数(SUMIFS関数)の使い方:Excel関数

ExcelのSUMIF関数の使い方|検索条件に一致するセルの値を合計する

エクセル sumif 使い方

一つのブックに次のシートがある場合を例として解説します。 「在庫集計」シート … SUMIF関数を利用するシート• 」を付ける必要があります。 セル範囲,検索値,シート名! セル範囲 例の場合は、SUMIF関数の数式で次のように指定します。 参照範囲: 商品表! 合計範囲: 商品表! 例の場合のSUMIFの数式は次のようになります。 B2:B10,"Tシャツ",商品表! E2:E10 上記の数式をセルに入れると、別シートの商品分類が「Tシャツ」である4点の商品の在庫の合計を取得することができます。 別シートの範囲はマウス操作で指定すると簡単 別シートのセルの指定は、通常のセル範囲と同様にマウス操作で指定することもできます。 マウス操作で指定するには、次の手順で操作してください。 別シートをクリックして、SUMIFに指定したい「参照範囲」をドラッグで選択します。 選択した範囲が数式バーに自動で入力されます。 「,」を入力して区切って他の値を指定します。 合計範囲も同じように指定することができます。 順に紹介します。 Excelの場合 ExcelのSUMIF関数で別ブックを参照する方法を解説します。 別ブックの参照範囲を指定する際には、参照範囲を以下の書き方で指定する必要があります。 xlsx]シート名! セル範囲 ,検索値 ,[ブック名. xlsx]シート名! 次のブックを例にして解説します。 「在庫集計」ブック(ファイル名:在庫集計. xlsx)• 「在庫集計」シート … SUMIF関数を利用するシート• 「商品表」ブック(ファイル名:商品表. xlsx)• 「商品表」シート … SUMIF関数で参照されるシート 在庫集計ブックのシート上から、SUMIFで「商品表」ブックのデータを集計します。 SUMIF関数の数式の範囲は次のように指定します。 参照範囲: [商品表. xlsx]商品表! 「商品表. 合計範囲: [商品表. xlsx]商品表! 「商品表. xlsx]商品表! xlsx]商品表! シート名は省略できる 尚、参照されるブックに1つのシートしかない場合は「ブック名! セル範囲」でも指定することができます。 xlsx! xlsx! セル範囲" ,"検索値", IMPORTRANGE "スプレッドシートのキー","シート名! スプレッドシートのキーは、スプレッドシートのリンクから確認できます。 google. SUMIF関数の数式の範囲は次のように指定します。

次の

エクセルで土日と平日別に集計(WEEKDAY+SUMIF関数)する方法

エクセル sumif 使い方

エクセルSUMIF関数で、同時列、複数条件ORで合計 条件が同じ列にある場合、 エクセルSUMIF関数を使って、複数条件ORで合計をだしてみましょう。 H2に、商品名が「マウスパット」、または「ケーブル」の、売上金額を合計する式を入力します。 検索条件が3つ以上 店舗が「渋谷」、または「青山」、または「代々木」の、売上金額を合計を求めてみましょう。 こちらの記事もご覧ください。 I2に、商品名が「マウス」または、店舗が「東京」の、売上金額を合計する式を入力します。 エクセルSUM関数とSUMIF関数を組み合わせて、複数条件ORで合計 同じ列で、エクセルSUM関数と SUMIF関数を使って、複数条件ORで合計を求めてみましょう。 H2に、商品名が「マウス」、または「ケーブル」の、売上金額を合計する式を入力します。 こちらの記事もご覧ください。 下の表を使って、説明していきます。 文字列を指定 H2に、商品名が「マウス」の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 H3に、商品名が「マウス」以外の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 数値を指定 H4に、数量が「160」の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 H5に、数量が「250」以上の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 セル参照を指定 H6に、商品名がセル「A3」の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 ワイルドカードを指定 H9に、「マウス」を含む商品の、売上金額を合計する式を入力しましょう。 こちらの記事もご覧ください。 SUMIFに、よく似ている関数にSUMIFS関数があります。 SUMIFS関数は、複数条件に一致するセルの値の合計を求める関数です。 SUMIF関数と、SUMIFS関数は使い方もよく似ている関数です。 2つの関数は、目的によって使い分けることができます。 合わせて覚えておきたい関数です。 こちらの記事もご覧ください。

次の

条件付きで合計する関数(SUMIF関数)の使い方:Excel関数

エクセル sumif 使い方

ただ、 SUMIF関数にも条件を一つしか設定できないという弱点があります。 上記の集計表に加え、お店ごとに各果物の売上数や売上金額を計算したい場合は条件が二つとなってしまうのでSUMIF関数で集計する事が出来ないんですね。 そこで登場するのがSUMIFS関数です。 SUMIFS関数の使い方:SUMIFS関数で出来る事 SUMIFS関数は先ほどの関数 SUMIF にSが加わった事で複数形になっていますよね。 文字通り、複数の条件に合致した合計を求める事が出来るんです。 SUMIFS関数を使った集計表 上記の様に、SUMIF関数ではお店ごとの売上数と売上金額しか合計する事が出来ませんでしたが、SUMIFS関数であれば「お店別」+「果物別」に合計を求める事が出来ます。 冒頭でも述べましたが、 このSUMIFS関数が使えるのはエクセルのバージョン2007以降となり、それ以前のバージョンでは使う事が出来ません。 SUMIFS関数が使えないが、同じ様に複数条件に合致したデータの合計を求めたい時は「SUMPRODUCT関数」を使う事で同じ結果を求める事が出来ます。 SUMPRODUCT関数は少々複雑な為、改めて紹介させていただきます。 SUMIFS関数の使い方 SUMIF関数に比べると少し複雑ですが、考え方は同じです。 SUMIFS関数の応用した使い方 例えばSUMIFS関数の条件には論理式を当てはめる事も可能で、上記の様に東京店の2月の売上金額を求める事が出来ます。 ようするに2020年2月1日~2月29日までの東京店の売上金額を合計している訳ですね。 このように条件範囲に対して論理式を使う事が出来るので集計表を作成する上で幅が広がります。 こういった使い方を覚える事が出来れば、例え10年分といった大量のデータベースからでも瞬時に求めたい合計を計算する事が出来るので非常に便利ですよ! 今回はここまで 以上、SUMIF関数とSUMIFS関数の使い方について紹介させていただきました。 これらの関数を使う事が出来れば集計表を作る際に詳細なデータをより効率よく作成する事が出来るので自身の負担軽減にも繋がり、作業効率が大きく向上するでしょう。 ExcelやWordといったオフィス系のソフトは独学で覚えるケースが多いと思います。 独学でもある程度は使いこなせるようになるかもしれませんが、誰かに教えて貰う方がすぐに覚え、活用する事が出来ます。 なぜなら、ExcelやWordの初心者は質問したい内容が分からない事が多いからです。 Google先生も優秀ですが、それは質問したい事がハッキリ分かっているという前提があっての話。 無料の説明会や資料請求、オンライン面談といった無料で活用できる事もありますので気になる方はご参考下さい。 それでは最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

次の