電気 と ガス を まとめる。 楽天でんきと東京ガスを比較!実は多くの人が選び方を間違えてしまう

関東で電気とガスをまとめる時の安くておすすめなのは?徹底比較ランキング!

電気 と ガス を まとめる

では次は、電気とガスをまとめる時に多い、心配ごとについて見ていきましょう。 電気とガスをまとめても安心な理由 電力会社やガス会社を変更(切り替える)するときに心配なのが、• 契約している会社が倒産したらどうなるんだろう?• 緊急時に後回しにされるんじゃないだろうか?• 停電とか大丈夫なのかな? というようなことです。 ただ、 これらのことに関して一切心配いりません! 契約していた電力会社やガス会社が倒産したらどうなるの? 「倒産したら急に電気やガスが止まってしまうんじゃないか・・・」 安心してください! 電力会社やガス会社に何かあっても、電気やガスは止まりません! Q. 契約した電力会社が倒産したら電気の供給は止まってしまいますか A. それによりただちに供給が停止することはありません。 新たな供給元が見つかるまでの間は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)から供給を受けることになります。 引用: Q. 契約したガス会社が倒産したらガスの供給は止まってしまいますか? A. ただちにガスの供給が止まることはありません。 ガス会社が倒産・撤退する場合は、契約中のガス会社から事前に連絡があるので、期限内に他のガス会社に切替えれば大丈夫です。 また、最後は導管会社が供給を義務付けられているので、大丈夫です。 引用: 経済産業省のHPにもあるように、電力会社やガス会社が倒産したとしても電気やガスは止まりませんので、安心して切り替えてくださいね。 緊急時の復旧作業を後回しにされるのでは? 例えば、東京ガスで電気とガスをセットで契約していて停電になった場合、電気の復旧作業が遅くなる、なんていうことはありません。 どの会社で契約しても、 復旧作業に差はありません! 「あの家は東京ガスで電気を契約しているから後回しにしよう」といった感じで、東京電力から嫌がらせをされる、というようなことは絶対にありませんので安心してください。 停電の可能性はどの会社で電気を買っても同じ どの会社から電気を購入しても、電気の品質や信頼性は同じです。 なので、 契約を変更したから停電が起こりやすい・・・というようなことはありません。 電力会社を変えると新たに電線を引かなければならないのでしょうか?また、自分だけ停電が多くなる恐れはないのでしょうか? 今ある送配電網を使うので新たに電線を引くことにはなりません。 また、電気そのものの品質や信頼性(停電の可能性など)は、どの会社から電気を買っても同じです。 さらに、契約した電力会社が電気を調達できなかった場合でも、送配電網を管理する会社がその分を補給するので、ただちに電気の供給が止まることはありません。 引用: どの電力会社から電気を購入しても、地域の電力会社の送配電ネットワークを経由して電気が送られてきます。 もっと分かりやすく言うと、 既存の電線を通して電気が送られてくる、ということです。 送配電ネットワークでは、電気の品質が一定になるように調整されているので、どこの電力会社で電気を購入しても電気の品質は変わりません。 電気とガスをまとめて契約できるのは「大手電力会社 or 大手ガス会社」 電気とガスをまとめて契約できるのは、一部の大手電力会社やガス会社のみです。 国の許可を得た会社しか販売できませんし、大手の電力会社やガス会社が倒産することはあまりないと思います。 なので、 まとめることによるリスクは心配不要です。 電気とガスのセット割ができるのは以下の会社です。 【大手電力会社】• 東京電力• 関西電力• 中部電力• 九州電力 【ガス会社】• 東京ガス• 大阪ガス• 東邦ガス• 「 自分の住んでいるエリアだと、電気とガスをまとめられない・・・」 上記の電力会社やガス会社以外の地域にお住まいの方は、こちらの に進んでください。 次は、 電気とガスをまとめるメリットや、 電力会社とガス会社どちらでまとめるべきかの基準について紹介していきます。 電気とガスをまとめるメリットは? 電気とガスをまとめるメリット。 ポイントサービスや修理サービスなど、各社さまざまなサービスを出しているので、メリットはたくさんありますが、各社共通しているのは次の3点です。 紙の請求書は届かなくなりますが、変更後はWEB明細で確認できますよ。 「どうしても紙面で発行してほしい」という場合は、希望すれば発行可能です。 (ほとんどの会社が有料発行) 解約金や違約金がかかることもある 会社やサービスによって異なりますが、解約金がかかることもあります。 例えば、 東京電力の「プレミアムプラン」などは、 2年以内の途中解約金で5,000円(1年契約の場合は3,000円)がかかります。 あと、東電の電気とガスのセットプランを解約する際は、別途解約事務手数料で540円がかかります。 (何年利用していてもかかります) 他には、 九州電力の「スマートファミリープラン[ガスセット]」などは、 2年未満で解約した場合、割引された金額分が精算されることもあります。 関西電力・中部電力・東京ガスなどには解約金や違約金の設定はありません。 デメリットが心配な場合は訪問販売や電話勧誘で契約しないこと! トラブルに巻き込まれないようにするためには、 訪問販売や電話勧誘で契約変更をしないと決めておいたほうがいいでしょう。 訪問販売や電話営業は、自分から連絡した場合と違い、 相手のペースで話を進められるので冷静な判断ができないことがあります。 キャンペーンは今日までです などの誘い文句につられて、 契約しないように注意してください。 基本的に、「 このお電話のみのキャンペーンです」や「 キャンペーンは今日までです」と言っていても、 次回もやっています。 なので、慌てて契約変更する必要はありません。 申し込みや契約をする場合は、 自分から電話をするか、インターネットで手続きをした方が良いですね。 これは、電気やガスだけでなく、全般的に言えることです。 全ての業者さんが悪いわけではありませんが、一部悪質な会社もありますので、後々のトラブルのもとはできるだけ避けた方がよいですね。 ここまで、電気とガスをまとめるメリットやデメリット、会社を選ぶポイントについて紹介してきました。 次は、この記事の本題でもある 「電気とガスをまとめるのは結局お得なのか?」についてのまとめです。 電気とガスをまとめるとお得なのは?【あなたにピッタリな会社がわかる!】 電気とガスを別々で契約するよりも、1つの会社でまとめた方が割引や色々なサービスを受けることができます。 なので、今のまま別々にしておくよりも 電気とガスはまとめて契約されることをオススメします! 電気やガスの品質は、これまで全く同じものですし、契約している会社に何かあったとしても、電気やガスの供給は止まりません。 緊急時の対応や復旧も変わらないので、 メリットは多いのにこれといったデメリットがないのが、電力自由化・ガス自由化の良いところです。 電気は新電力会社、ガスは一般電気事業者で契約すれば料金が安くなる 「電気は新電力会社」「ガスは一般電気事業者」で契約すればいい、と言われてもよくわかりませんよね。 どういうことか簡単に説明します。 東京電力や関西電力など、 昔からある地域の電力会社のことを一般電気事業者と言います。 この一般電気事業者には、北海道電力から沖縄電力までの10の電力会社があります。 それに対して、 電力自由化によって新しく参入してきた事業者のことを「新電力」と呼びます。 古くからある地域の電力会社:一般電気事業者(大手電力会社)• 新規参入の電力会社:新電力事業者 で、ここからが本題なのですが、下記のパターンに変更すると、より光熱費を安くすることが可能です。 どの電力会社から電気を購入しても、地域の電力会社の送配電ネットワークを経由して電気が送られてきます。 もっと分かりやすく言うと、 既存の電線を通して電気が送られてくる、ということです。 送配電ネットワークでは、電気の品質が一定になるように調整されているので、どこの電力会社で電気を購入しても電気の品質は変わりません。 ガス代も安くするなら、ガスの契約を変更する 新電力事業者で電気を契約した場合、 電気とガスをまとめて契約することができません。 なぜかというと、先ほど紹介した新電力事業者はガスの販売をおこなっていないからです。 なので、電気は新電力、ガスは一般電気事業者(大手電力会社)という形が最も安くできる契約方法なのですが・・・、 ガスだけのプランで契約できる電力会社は「関西電力」or「中部電力」の2社だけなんです。 東京電力と九州電力は「電気とセット」でなければガスの契約ができません。 つまり、契約のパターンとしては以下のようなものになります。

次の

電気代とガス代はまとめるほうがお得?

電気 と ガス を まとめる

電力会社を切り替えるだけで電気代が安くなるってご存知でしたか? 電気代がかさんでしまう夏や冬の季節。 電気代を気にしてエアコンを使うのを我慢したりしていませんか? 電力会社を切り替えれば、今まで通り使っても電気代は安くできるんです! インズウェブなら複数ある電力会社からあなたにぴったりのプランがきっと見つかります!• 質問に答えるだけの簡単診断• 詳細な条件で比較したい方はこちら• 詳細な条件で比較したい方はこちら セットプランに申し込んだ場合の料金は?お得な特典も 電気とガスのセットプランを利用すると、どれくらいお得になるのか疑問に思っている人もいるでしょう。 ここでは東京電力と東京ガスのセットプランで比較します。 まず、東京電力エナジーパートナーを利用するのであれば、電気料金プランとガス料金プランをそれぞれに選ぶ必要があります。 従量電灯Bを利用していた家庭なら、スタンダードSプランが適用されるでしょう。 ガス料金プランは、とくとくガスプランととくとくガス床暖プランの2種類です。 ガス床暖房を利用する予定がなければ、とくとくガスプランを選択しましょう。 切り替え後の料金を試算すると、電気代は年間で約13万6,188円、ガス代は約5万7,840円です。 さらに、ガスセット割が適用され、電気代とガス代の合計額から年間1,224円オフです。 さらに、Webから申し込むと500ポイントがプレゼントされます。 貯まったポイントはTポイントやPontaポイントなど、提携先のポイントとして利用が可能です。 また、電気料金1,000円につき5ポイント付与となっています。 東京ガスで利用できるセットプランはずっともプランです。 今回例に挙げた家庭なら、「ずっとも電気1」と「ずっともガス」の組み合わせが良いでしょう。 年間の電気代は約12万9,516円、ガス代は約5万9,628円です。 ずっとも電気1・ずっとも電気2・ずっともでんき3プランで電気とガスのセット契約をすると毎月の電気代から275円割引となるサービスがあります。 また、ずっともプランに申し込むと、パッチョポイントが貯まりやすくなります。 パッチョポイントとは、東京電力エナジーパートナーのポイントのように、提携ポイントと交換できるポイントです。 毎月の電気代1,000円につき15ポイント、ガス代1,000円につき5ポイントが付与されます。 スタート割や申し込み時のポイント付与などは反映されていません。 しかし、初回の割引やポイントの付与などのその他サービスを考え自分に合った方を選択するとよいです。 ガスだけじゃない!気になるセットプランを探そう 電気とガスのセットプランだけではなく、電気と携帯電話のセット割を提供している会社もあります。 たとえば、携帯電話の会社で電気代のプランを出しているところでは電気と通信費をセットにできます。 ケーブルテレビやインターネット回線、固定電話などを提供するジェイコムでは、電力とケーブルテレビ、インターネット回線の料金をまとめるとお得になる電力セット割が利用できます。 固定費をまとめたい人は自分の契約している携帯電話やケーブルテレビなどの会社に電気のセットプランがあるか確認してみましょう。 また、ENEOSでは電気代とガス代のほか、ガソリンや灯油、軽油の料金まで安くなる特典がついています。 他にも、会社によって毎月支払っている固定費がお得になる電力サービスもあるので、気になるときはホームページで確認してみましょう。 今より安く!お得に! 電力会社変更で 電気代の変化を実感してみませんか?• \質問に答えるだけの簡単診断/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/• \詳細な条件で比較したい方はこちら/ セット割のメリットとデメリットを知っておこう セット割を利用する大きなメリットは、支払先を1つにまとめることができる点と、月々の光熱費が安くなる可能性があるという点です。 ガスを利用している人は、電気代とガス代を、毎月支払う必要があります。 しかし、毎月の料金をチェックしたり支払いを管理したりするのは大変です。 セット割にすれば、電気代とガス代を支払う会社を統一できるため、楽に管理ができます。 また、セット割を利用することで、毎月の光熱費を安くすることも可能です。 できる限り固定費を節約したい人は、セット割への切り替えを検討してみるのも良いでしょう。 ただし、必ずしも料金が安くなるとは限りません。 電気やガスを統一しないまま、それぞれの最安プランを契約したほうが安く済む場合もあります。 さらに、光熱費がお得になるプランがあったとしても、対象となる電気料金のプランが限定されているケースもあるので注意しましょう。 セット割に乗り換えた結果、かえって料金が高くなってしまったということがないよう、契約前にセット割と最安プランの料金を計算しておきましょう。 この記事のまとめ 東京地区の東京電力エナジーパートナーと東京ガスの電気とガスのセットプランを比較すると年間の費用は東京ガスの方が安いようです。 しかし、ポイント付与やその他サービスなどを総合的に考えてどちらが自分にとってメリットが大きいか比較して検討しましょう。 電気代を家庭のその他の固定費とまとめられるかどうかはそれぞれの会社に確認してみましょう。 東京電力エナジーパートナーのセットプランは年間で1,224円の割引がある• 東京ガスのセットプランにすると電気代が毎月275円割引になる(ずっとも電気1S以外)• 電気とガスのセットだけでなく電気代を携帯電話や通信機器とセットにできる会社もある 電力の自由化が始まってから、ガス会社でも電力会社でも、セットプランの販売が盛んになりました。 適切なプランを選べば、光熱費を節約できたり、月々の支払いが楽になったりといったメリットを得られるでしょう。 ただし、「セット割に加入したほうがお得なのか」「最安値のプランに契約したほうが安く済むのか」は、家庭によって異なります。 セット割への切り替えを検討する際は、電気やガスの使い方を改めて整理したうえで、「どの契約を選べばお得になるのか」を慎重に見極めなければいけません。 現在利用しているプランよりもお得なプランを探しているのであれば、一括比較サービスなどを利用すると、より探しやすいでしょう。 電力会社の乗り換えやセット割の契約を上手に行い、料金の節約を目指しましょう。

次の

電気とガスをまとめるメリットとデメリット!結局どっちが得なの?

電気 と ガス を まとめる

次は、従量電灯Bを契約している場合、どのくらい安くなるのか料金表で確認していきましょう。 その前に、念のため、料金表の各項目についてご説明しておきます。 電気使用量が1ヶ月350kwh程度の場合 1ヶ月の電気使用量が350kwhの場合、月々の電気代は9,750円(30A)~10,650円(60A)くらいです。 月々の電気代が10,000円くらいだと、安くなる金額も大きいですね! 電気使用量が1ヶ月500kwh程度の場合 1ヶ月の電気使用量が500kwhの場合、月々の電気代は14,450円(30A)~15,350円(60A)くらいです。 【水回りのトラブル】 「水漏れ」「水が流れない」「水が詰まってしまった」などです。 【玄関鍵のトラブル】 「玄関のカギを失くしてしまった」「鍵が開かないようになった」などです。 【窓ガラスのトラブル】 「窓ガラスのヒビ」「窓ガラスが割れた」などです。 トラブルが発生した際、電話をすれば専門スタッフが駆けつけてくれて、 30分以内の作業費が無料になるサービスです。 使わないに越したことはないサービスですが、24時間365日受付しているので、もしもの時は安心ですね。 2.電気料金の支払いでポイントが貯まる「パッチョポイント」 画像出典: 「パッチョポイント」とは、毎月のガスや電気料金の支払いでポイントが貯まるサービスのことです。 1,000円で15ポイント貯まるので、ポイント還元率が1. 貯まったポイントは、「楽天ポイント」「Tポイント」「WAONポイント」などに交換することができます。 3.電気トラブルサポート 画像出典: 「分電盤やブレーカーの不具合」、「スイッチやコンセントが使えない」など、電気設備に関するトラブルが発生した時に、専門スタッフが原因を調査に来てくれるサービスです。 24時間365日受け付けで、 一次対応の出張費・60分以内の原因調査費が無料になります。 東京ガスの電気プラン「ずっとも電気」に加入している方であれば利用可能です。 東京ガスの電気に切り替えたからといって、対応が後回しになるようなことはないですよ。 電気の検針票や請求は? 東京ガスで電気とガスをまとめると、検針票が1枚になります。 今まで、別々で管理しないといけなかったものが、一緒になるので管理がしやすくなりますね。 月々の請求は、電気とガスの合算請求です。 東京ガスの電気には、解約の違約金がありませんので、いつでも他社に切り替えることができます。 ですので、「 デメリットがなく、電気代が安くなるサービス」なので、シュミレーションをしてみて電気代が安くなるようであれば、契約を切り替えないと損をしてしまいますね。 結局、電気とガスを東京ガスでセットにまとめた方がお得なのか? 電力会社を変更された(される)方に理由を聞くと、ほとんどの方が 「料金が安くなった(なるから)」と答えられます。 同じ品質のものであれば、100円高いよりも100円でも安い方がいいですよね。 インターネット回線を変更する場合であれば、料金の他に、「ネットの速度が速い」とか「Wi-Fiが繋がりやすい」などの理由がありますが、 電力会社の変更の場合、そういった品質的な違いがありません。 単純に毎月の電気代が 「高くなるのか」「安くなるのか」だけです。 料金シュミレーションをしてみて、今よりも 高くなってしまう場合は、当然ですが切り替えない方がいいです。 反対に、1年で1,000円でも2,000円でも 安くなるのであれば、切り替えをしないと損をしてしまいます。

次の