公務員 仕事納め。 なぜ…公務員にボーナスの支給はおかしい!?廃止すべき?

なぜ…公務員にボーナスの支給はおかしい!?廃止すべき?

公務員 仕事納め

役所(公務員)の仕事納めと仕事始めについて 市役所や区役所などの公務員の休日は、「 行政機関の休日に関する法律」で決められています。 それによると、年末年始の休日は 12月29日~1月3日となっており、2019年から2020年にかけての休みもこの通りになるようです。 銀行などの金融機関やATMについては? 銀行は、12月30日まで窓口業務を行っているところが多く、通常は12月31日~1月3日までの休みとなります。 ただし、キャッシュコーナーのATMは年末年始も利用できるところが多いようですが、営業時間が通常とは異なる場合もあるため、事前に確認をしておくことが大切です。 また、コンビニにあるATMは年中24時間いつでも使えるイメージがありますが、提携している銀行によっては年末年始に休みがあるケースもあります。 こちら合わせて確認をしておきましょう。 一般的な仕事納めと仕事始めの日程は? 一般的な企業の年末年始の休日は、公務員に準じて12月29日~1月3日までとするところが多いようです。 それには、役所が閉まってしまうこの時期に会社を開けていても、取引に必要な書類などを取り寄せることができないなどの理由があるようです。 ただし、企業によっては12月29日を仕事納め、1月5日を仕事始めとしているところもありますので、こちらも確認をしておくことが必要です。 「御用納め」と「仕事納め」や「御用始め」と「仕事始め」の違いは? 最近は、年末や年始のニュースを見ていても「今日が仕事納めです」「本日から仕事始めです」という言葉が使われており、御用納めや御用始めはあまり聞かれなくなりました。 しかし、「御用」という言葉は、元々は官公庁や政府などの仕事を指す言葉で、御用(仕事)が終わる日・始まる日をそれぞれに「御用納め」「御用始め」と呼んでいました。 それがいつしか、御用という言葉の持つ「お上の仕事」というイメージが、一般企業とは必ずしも一致しないことから仕事納め・仕事始めと呼ばれるようになったそうです。 また、御用納めや御用始めは法律によって制定された日にちが採用されているのに対し、仕事納めや仕事始めは各企業によって定められており、必ずしも同じとは限りません。

次の

市役所や公務員の年末年始・正月休みは?仕事納めはいつ?(2018~2019年)|公務員試験おすすめ予備校・通信講座比較

公務員 仕事納め

の仕事とは 地方公務員とは、国民全体の奉仕者となる公務員のなかでも、自治体組織に所属して働く人のことをいいます。 地方公務員として、いわゆる事務を行う「行政職」に就く場合、 と同様に行政面からの企画立案・執行に携わりますが、その適用範囲は行政区に限定されるという特徴があります。 つまり、それぞれの行政区内において、その地域の生活や産業に密着した業務に携わることが、地方公務員の仕事の特徴です。 地方公務員は地域住民の声を直接拾い上げながら、行政に求められているものを汲み取って、人々が暮らしやすい環境を整えていきます。 地方公務員の業務の内容 地方公務員には「一般職」と「特別職」があり、知事や副知事、市町村長、副市町村長などの職に就く人が特別職で、それ以外の多くの職員は一般職となります。 特別職の人には地方公務員法が適用されないことが特徴です。 上記の分け方以外に、地方公務員は以下のような分類がなされていることが多いです。 行政職 いわゆる「事務」の仕事を担当する地方公務員です。 役所で働く行政職の職員は住民と行政の架け橋となり、戸籍や健康、福祉、ごみ問題、まちづくりなど、地域住民の生活を支える各種サービスを提供します。 このほかにも、「 」として各市町村の小・中学校などに勤務して会計や備品管理などの事務に携わる人や、「警察事務」として警察署内で職員の福利厚生、給与計算、 などの事務を担当する人もいます。 地方公務員の役割 所属する自治体の種類 地方公務員が所属する自治体は、大きく分けると「都道府県」「市町村」「政令指定都市」の3種類があり、それぞれ異なる役割を持っています。 都道府県 基幹道路、河川、治山治水事業、企業誘致といった市町村の区域を超える事務や、義務教育の水準の維持、社会福祉事務の基準の維持、警察の管理・運営など統一を必要とする事務を行います。 市町村 戸籍住民登録、消防、ごみ、上・下水道、公園や緑地の整備、保健福祉、文化・スポーツ活動推進、子育て支援など、地域住民の暮らしに関わる事務を行います。 政令指定都市 道府県の事務である福祉、衛生、都市計画などの事務が委譲されています。 全体の奉仕者として働く 地方公務員には、全体の奉仕者として、公共のために仕事をする役割が求められます。 近年では、住民の声をより行政に反映させる政策が求められるようになっており、国からの指導で動くだけではなく、自治体が主体となって住民に喜んでもらえるようなサービスの企画・立案をすることも大事になっています。 高齢者が多い自治体、待機児童が多い自治体など、地域によって抱える問題やニーズはさまざまなので、各自治体で働く地方公務員は、地域住民の声をしっかりと拾い上げながら、生活に密着した政策を考えていく必要があります。 地方公務員の勤務先の種類 地方公務員は自治体の役所に勤務するほか、公立の学校や病院、図書館、福祉施設、あるいは上下水道や清掃などの施設に職員として勤務する人もいます。 そのほか、警察組織や消防組織などに所属して、警察官や消防官などの公安職に就く人の大半も地方公務員となってます。 いかに、地方公務員の代表的な勤務先を一覧で表します。 ・各都道府県庁、市区町村役場 ・都道府県警、警察署 ・消防本部、消防署 ・保育園 ・児童相談所 ・児童福祉施設 ・託児所 ・幼稚園 ・学校(小・中・高・特別支援学校) ・保健所 ・保健センター ・病院 ・食肉衛生検査所 ・動物園 ・水族館 ・図書館 など。 このように、地方公務員の勤務先は幅広く、採用試験の区分や特性、能力などに応じて、さまざまな場所で働く可能性があります。 地方公務員と関連した職業 地方公務員と関連する職業といえば「国家公務員」だといえるでしょう。 どちらも「公務員」であることは共通していますが、国家公務員が国の予算編成など国家の運営に関連した業務を行うのに対し、地方公務員は住民の生活に密着した業務を行うことが、それぞれの役割の大きな違いです。 国家公務員は、中央省庁や外局・国会・裁判所などの国家機関に勤務するのに対し、地方公務員は地域の役所をはじめとする自治体組織に勤務します。 地方公務員は、地方行政から企画の立案・執行に携わり、その地域をより魅力的なものにするための方法を考えたり、地域住民がより暮らしやすい環境づくりに取り組みます。 たとえば、まちづくり、ごみ問題、福祉や教育の充実、健康促進、環境保全、文化やスポーツ振興など、人々の生活に根差した政策を考えて、実行していくことが求められます。

次の

仕事納め2019仕事始め2020はいつ?【役所・銀行・一般】

公務員 仕事納め

2019年の年末は28. 29日が土日。 2020年の年始は4. 5が土日になりますので 2019年~2020年の公務員の仕事納め~仕事始めについては 仕事納め・・・ 12月27日(金) 仕事初め・・・ 1月6日(月) となります。 とはいえ警察や消防など周りの安全を守るお仕事に関しては年末年始も交代で勤務されます。 特に年始は警備にあたる事も多いので警察の方はいつも以上に大変にされている方も多いようです。 地方公務員は自治体によって異なる 地方公務員は 自治体によって条例により定められているんですよね。 なので必ずしも国家公務員と一緒というわけではないんです。 とはいえ、基本的にそこまで変わる事はなく多くの自治体は国家公務員と同じような時期に仕事納めをされる方が多いでしょう。 一般企業の仕事納めは平均いつ頃? 一般企業に至っては公務員以上に多種多様とあるので一概に仕事納めがいつって決められているわけではありません。 ただ、一般的に公務員と同じように定めている企業が多いので 2019年の仕事納めは 27日(金)が多く12月28日(土)~1月5日(日)の期間が休みという企業が多いでしょう。 ちなみにですが、自動車関連は祝日を出勤日にあてられている事が多く年末年始を一般企業より多めに取る方が多いようですね。 業種によって仕事始めと仕事納めは違うのであくまで参考程度と思っていただければ良いでしょう。 サービス業や病院勤務の方は年末年始も出勤が多い。 病院勤務の方は患者を抱えている方も多く年末年始も交代で出勤されている方も多いですね。 特に年始は急性アルコール中毒などで搬送されるニュースなどもあるので、いつも以上に大変なのでは…と思います。 サービス業に関しても年末年始は書き入れ時なので31日まで仕事を行い仕事納めがないという意見も多いですね。 ただ正月に関してはサービス業も休まれる方は多いようです。 また年末年始の変わりに落ち着いた時に連休を取る方もいます。 とはいえ色々調べてみると公務員とあわせる事が多い傾向にあるようです。 スポンサードリンク 銀行の仕事納めについても要チェック。 年末はお年玉やおせちなどお金をおろす事も多く銀行に行かれる方も多いと思います。 大手銀行の仕事納め~仕事始め。 またATMなどについての件は別の記事にまとめましたので 参考にしていただければ幸いです。 関連記事: 年末年始近くの銀行を利用される方はご存じかもしれませんが窓口は駆け込み客でどこも混雑するんですよね(汗 もし窓口で用件があるのであれば出来るだけ年末年始を避けた方がいいでしょう。 昔に比べたら幾分かは混雑が減ったような気がせんでもないですが…まぁそれでも結構待たされる可能性が高いのは覚悟しておきましょう。 いきなり仕事モードに戻るのは大変? ひとつ面白いデータがあったので転載させていただきますが、 第一三共ヘルスケア株式会社によるサラリーマンの年末年始」に関する調査によると、仕事始めの際の気持ちとして.

次の