課題 図書。 2019年 青少年読書感想文全国コンクール「課題図書」のご紹介

WINDY BOOKS on line

課題 図書

(初出『教育労働研究2』(73・10)、所収『児童読物よ、よみがえれ』(79・10)) ここでいう課題図書とは、全校が1955年から始めた「青少年読書感想文全国コンクールのための課題図書」、すなわち、(絵日記以上にやっかいな)夏休みの宿題である読書感想文に関する課題図書である。 テレビシリーズ「」、映画「転校生」、同「」の原作者である氏は、自らを、児童文学作家ではなく、児童読物作家と称してきたのは知っていた。 その理由は、ウェブ上に収録されているこの文章を読むことで初めて知った。 の作家活動は、児童読物とは別にシリーズがある。 戦中の翼賛団体「日本文化協会」のメンバーは、敗戦翌年、民主的児童文学の想像と普及を旗印に「児童文学者協会」を設立したという(その後58年、と改称)。 課題図書、そのような冠が設けられたことの当初の動機、理念はともかく、課題図書として選定されれば絶対数の多量の売り上げが約束されるという商業的動機付けは、権力化する。 すなわち、作家、出版社は、課題図書という「打ち出の小槌」に群がり、また、教師、親をも巻き込んで、本を選び取ることについて思考停止状態を生み出してしまった。 課題図書から見て取れるような「権力化」は、放送電波を私物化して自社製作映画を宣伝しまくるテレビ局権力にも通じるものがある(昨夏の、フジテレビ系の、系のを想起すればよい)。 課題図書は、活字文化という教育的皮をかぶっている分、巧妙である。 課題図書に関わる当事者たちの説明ぶりは、課題図書がもたらす商業的影響力について認めざるを得なくなっているが、課題図書の意義を官僚的に役人的な言葉遣いで説明する。 しかし、私には仕方がないように思える。 課題図書は自ら持つ商業的影響力に立ちすくむバーのようで。 その影響力を解消するためには「高い身分に伴う義務」()程度ではなく、自己解体しかないように思える。 映画の世界ではいくら巨大テレビ資本が広告を打とうが、大衆に評価された「」(監督)が昨夏のアニメ映画で勝利を収めたりするし、民放テレビ局やテレビCMがタイアップで音楽を売り出していても、良心的な作家により作られたNHK「」の曲が世の耳目を集めることがあったりなどは、する。 このように、いいものは結局支持される、という構図が本にもあればよいのだが、実際のところ、最近の出版界は、さてどうだろう。 「課題図書の存立構造」は1970年代のものであり、最近の課題図書事情がどうなっているか、私は知らずに上述の論を展開してしまっている。 なお、は、現在もあるらしい。

次の

全国学校図書館協議会|過去の課題図書|過去の課題図書 第51回~第60回(2005年度~2014年度)

課題 図書

あらかじめご了承ください。 データ上の在庫情報のため、実際の店頭在庫とは異なることがございます。 実際の在庫状況は各店舗へお問い合わせください。 各店舗へお問い合わせください。 送料無料の店頭受取でご注文も可能です。 2020年 課題図書 リンクをクリックすると、対象年齢ごとに課題図書の詳細をご覧いただけます。 夢と理想を支えに、革命の前線に身を投じた若き2人の青春ドキュメンタリー。 取扱店舗 ご紹介いたしました課題図書は下記の店舗にて、ご覧いただけます。 営業状況の詳細は でもご覧いただけます。 また、取扱書籍・取扱期間は店舗によって異なります。 あらかじめご了承ください。

次の

課題図書、埼玉県すいせん図書、埼玉県すいしょう図書

課題 図書

図書館の現状と課題 .現状 1.図書館とは 図書やCD等の視聴覚資料等をはじめとした必要な資料を収集し、分類を適切に行うなど整理し、保存して、貸出し等を通じて一般公衆の利用に供し、その教養、調査研究、レクリエーション等に資することを目的とする施設。 ・ 地域住民の自発的な学習活動に資するよう資料を収集するともに、貸出し、閲覧等を行うこと。 ・ 図書やCD等の視聴覚資料、郷土資料等の様々な資料を適切に分類するとともに、目録を作成することなどを通じて整理すること。 ・ 図書館資料について十分な知識を持った職員による、地域住民への利用相談の実施(レファレンス機能)。 ・ 子どもに対する読みきかせ会の実施や郷土資料や地方行政資料等の展示会等の主催及びその奨励を実施すること。 司書補は、司書の職務を助けるための職員であり、高等学校を卒業し、司書補講習を修了した者が資格を有する。 両者とも図書館法上、専門的職員と位置付けられる。 (関連条文:図書館法第4条、第5条、第6条、第13条) 4.図書館への支援 (1)施設の高機能化・活性化 学習情報拠点施設情報化等推進事業 公民館等の社会教育施設における学習支援機能の高度化のため、エル・ネット受信設備等の整備費を補助。 (2)図書館職員の資質向上 新任図書館長研修 文部科学省、筑波大学、日本図書館協会との共催で、就任1年未満の新任図書館長を対象に、図書館の管理運営の向上及び情報提供サービスの高度化を図る研修を実施。 図書館地区別研修 全国を6ブロックに分け、文部科学省と開催地の都道府県教育委員会との共催で、公立図書館の勤務経験3年以上の中堅司書を対象に、図書館業務の専門的な知識・技術の習得を図る研修を実施。 図書館司書専門講座 文部科学省と社会教育実践研究センターとの共催で、司書等の社会教育専門職員を対象に、社会教育に関する専門的、技術的な研修を実施。 社会教育研修支援事業 都道府県が実施する社会教育関係者対象の研修事業に要する経費を補助。 (3)図書館活動の活性化 社会教育活性化21世紀プラン(新規) 地域内の社会教育施設が中核となり、地域における課題を把握するとともに、その課題の解決に向けた総合的な社会教育事業を行うことを支援。 支援は、地域・自治体からの提案を受けて実施し、また、優れた事例について、報告書を作成、配布することなどを通じて全国的な普及啓発を図る。 地域NPOとの連携による地域学習活動活性化支援事業 行政とNPOをはじめとする民間団体との連携による地域学習活動の活性化を支援。 【参考 】 ・ 「 図書館において情報通信技術を積極的に活用することにより、様々な新しいサービを提供することが可能になります。 例えばインターネット等に接続することにより外部のデータベース等の情報提供ができ、また、ホームページを開設することにより地域住民が資料検索や電子化された情報そのものの閲覧ができるようなシステムを整備したり電子メールによるレファレンスサービスを行うことができます。 」 (平成12年生涯学習審議会答申 1(2)より抜粋) ・ 「ベンチャー企業向けの実践型就業実習の実施や創業・技術経営(MOT の知識習得のための実効的カリキュラム・講座・ ビジネス支援図書館の整備等により、総合的な事業化、市場化支援を推進。 【参考 】 ・ 「 市町村は、住民に対して適切な図書館サービスを行うことができるよう、公立図書館 の設置(適切な図書館サービスを確保できる場合には、地域の実情により、複数の市町村により共同で設置することを含む。 )に努めるとともに、住民の生活圏、図書館の利用圏等を十分に考慮し、必要に応じ分館等の設置や移動図書館の活用により、当該市町村の全域サービス網の整備に努めるものとする。 」 (平成13年度「公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準」より抜粋。 他、平成4年生涯審議会答申、昭和46年社会教育審議会答申1(2)でも指摘。 【参考 】 「専門職員は資料の収集整理保存提供及び情報サービスその他の専門的業務に従事し、図書館サービスの充実・向上を図るとともに資料等の提供及び紹介等の住民高度で多様な要求に適切にこ応えるよう努めるものとする」 (平成13年公立図書館の設置及び運営上の望ましい基準2(8)より抜粋。

次の