アルルの女 あらすじ。 ビゼー「アルルの女」(Bizet: L'Arlésienne)

ビゼーの組曲「アルルの女」の解説とオススメ名盤

アルルの女 あらすじ

フランスの作家アルフォンス・ドーデの戯曲。 3幕5場。 『』(1869)のなかの同名の短編を骨子として書いたもの。 1872年パリのボードビル座でビゼーの音楽を付して上演。 初演当時はむしろ音楽が好評で、のちにビゼーはそこから管弦楽組曲をつくっている。 祖父と母の溺愛 できあい のなかに育った南フランスの農家の青年フレデリ(短編ではジャン)は、近くの町アルルに住む奔放な女性を愛する。 しかし2人が結ばれそうになったとき彼は、女にはすでに何人もの情人がいることを知らされる。 彼を慕う幼なじみのビベットや母の努力にもかかわらず、いったんはその気になったビベットとの婚約式の終わった深夜、フレデリは自宅の2階から身を投げて死んでしまう。 フレデリの悲恋を中心に、夫の死後息子だけを生きがいとする女性、昔の恋をいまなお忘れぬ老羊飼い、フレデリの不気味な弟たちが登場する地方色豊かな戯曲である。 [宮原 信].

次の

アルルの女(L’Arlesienne)作アルフォンス・ドーデ

アルルの女 あらすじ

ある意味俗っぽいとも言えますが、 普遍的ともいえる男女の恋に顛末と言えるでしょう。 またそこに対照的な助演男優・助演女優が登場することで、カルメンという魅力的なキャラクター、そして主役2人の恋が際立っていきます。 男2名・女2名の織りなす恋のドラマがカルメンという作品を分かりやすくし、いつの時代も共感をもって楽しまれるエンターテイメントにしているのです。 ホセはケンカ騒ぎを起こしたカルメンを護送することになるのですが、そのカルメンに誘惑され、迷い逃がしてしまうことに。 ホセはどんどんと奔放な彼女の魅力に惹かれていき、婚約者とも別れて、カルメンを巡って上司と揉め、カルメンの仲間の泥棒の一味に仲間入りします。 そこへ闘牛士エスカミーリョが登場しますが、これがまたホセとは対照的なキャラクターで、ホセとエスカミーリョによるカルメンを巡る恋のさや当てが始まります。 一方でホセのフィアンセのミカエラもホセを追ってきて、ホセの母親の命が危ういことを告げます。 しょうがなくホセはその場を去りますが、ますますホセのカルメンへの想いは熱くなるばかりです。 しかし気まぐれなカルメンは、次第にホセから気持ちが離れていきます。 恋心がさめていく女に、すっかりのぼせ上ってよりを戻さないと殺すと脅す男。 これは今の時代の三面記事にも出てきそうな関係性です。 カルメンは、 「自分は自由に生まれ自由に死ぬ」女性です。 逆上したホセは、ついにカルメンの胸にナイフを突き刺すことになります。 根っからの自由人のカルメンと人間としての弱点を見せるホセ。 また男性的魅力に溢れた闘牛士と、か弱い女性を象徴するようなミカエラ。 この対照的な性格の男女4人のキャラクターが織りなすドラマは、感情移入しやすく、非常にわかりやすいストーリーが人気の秘密と言えるでしょう。

次の

sheet music

アルルの女 あらすじ

ある意味俗っぽいとも言えますが、 普遍的ともいえる男女の恋に顛末と言えるでしょう。 またそこに対照的な助演男優・助演女優が登場することで、カルメンという魅力的なキャラクター、そして主役2人の恋が際立っていきます。 男2名・女2名の織りなす恋のドラマがカルメンという作品を分かりやすくし、いつの時代も共感をもって楽しまれるエンターテイメントにしているのです。 ホセはケンカ騒ぎを起こしたカルメンを護送することになるのですが、そのカルメンに誘惑され、迷い逃がしてしまうことに。 ホセはどんどんと奔放な彼女の魅力に惹かれていき、婚約者とも別れて、カルメンを巡って上司と揉め、カルメンの仲間の泥棒の一味に仲間入りします。 そこへ闘牛士エスカミーリョが登場しますが、これがまたホセとは対照的なキャラクターで、ホセとエスカミーリョによるカルメンを巡る恋のさや当てが始まります。 一方でホセのフィアンセのミカエラもホセを追ってきて、ホセの母親の命が危ういことを告げます。 しょうがなくホセはその場を去りますが、ますますホセのカルメンへの想いは熱くなるばかりです。 しかし気まぐれなカルメンは、次第にホセから気持ちが離れていきます。 恋心がさめていく女に、すっかりのぼせ上ってよりを戻さないと殺すと脅す男。 これは今の時代の三面記事にも出てきそうな関係性です。 カルメンは、 「自分は自由に生まれ自由に死ぬ」女性です。 逆上したホセは、ついにカルメンの胸にナイフを突き刺すことになります。 根っからの自由人のカルメンと人間としての弱点を見せるホセ。 また男性的魅力に溢れた闘牛士と、か弱い女性を象徴するようなミカエラ。 この対照的な性格の男女4人のキャラクターが織りなすドラマは、感情移入しやすく、非常にわかりやすいストーリーが人気の秘密と言えるでしょう。

次の