太刀 マスターランク。 【MHWアイスボーン】マスターランクのキリンを楽々倒すなら徹甲榴弾がおすすめ

【MHWアイスボーン】マスターランク(MR)の解放クエスト【モンハンワールド】|ゲームエイト

太刀 マスターランク

この記事の目次• 『アイスボーン』のクシャルダオラ対策(風圧耐性や風まといについて) 太刀の対策装備の前にクシャルダオラの風圧対策となる方法や勘違いしやすい風圧耐性5の風圧無効スキルについて解説していきます。 クシャルを倒す前に風圧対策太刀装備は作成できない 他の武器種(ライトやヘビィ、笛)には対クシャルとして、序盤から対策できるおすすめ装備が存在します。 しかし、 太刀で装備を組む場合はクシャルの風圧対策はスキル面や立ち回りで対策ができません。 理由は クシャルの風圧が龍風圧という特殊な仕組みの風圧だからです。 対策するにはクシャル防具のシリーズスキルや笛でサポートしてもらうか、フレンドにサポートしてもらうくらいですかね。 クシャル討伐を後回しにすることも検討したい 他の武器種では龍風圧やクシャルの飛翔頻度(めんどくさいこと)に付き合わない戦い方が可能です。 しかし、 クシャルダオラを倒すメリットはそもそも何なのか?と考えたときメリットがあまり無いんですね。 テンプレ装備や強い武器をクシャル素材メインで作成するわけでもない。 太刀装備であれば、テオテスカトルなどを優先的に倒した方がテンプレ防具が入手できますのでクシャルを倒す優先順位はかなり低いです。 今のアイスボーンにはストーリークリア後に臨界ブラキがいるので、そこまで進んでからクシャルの素材集めに移行する方が効率が良いです。 これらの理由からクシャルを後回しにすることも視野に入れることを強くおすすめします。 クシャルの風圧対策は風圧5で対策ができない ナナのヘルフレア対策でお馴染みの「風圧耐性Lv5」ですが、通常の防風の護石などの風圧対策ではクシャル対策ができません。 理由はクシャルの風圧は「龍風圧」という特殊な風圧だからです。 この龍風圧は非常に厄介で現状のアイスボーンで対策をするにはクシャルのシリーズスキル「鋼龍の飛翔」や笛での「風圧完全無効」くらいです。 風圧の種類について 風圧対策については使用するべきモンスターやタイミングがモンハンワールド・アイスボーンでは限られています。 風圧耐性(小)< 風圧耐性(大)< 風圧完全無効 風圧耐性は上記の順番で強力なスキルとなっています。 クシャルのシリーズスキルなどで風圧完全無効を付ければ全ての風圧に対して適応できます。 従って、風圧耐性(大)が必要であるであるナナのヘルフレア対策にも風圧完全無効であれば対策できていますので、風圧耐性Lv5と風圧完全無効の両方を付ける必要はありません。 この龍風圧の存在や風圧完全無効のスキル効果についてはハンターランクの高い人でも勘違いしているケースが自分の周りではよくありましたので、余計なスキルは省くようにしましょう。 ひるみループ・風まとい解除方法 クシャルダオラの厄介な風纏いは、 「頭への攻撃でひるまさせる」ことで風まといを解除することが可能です。 徹甲榴弾でスタンと同様のモーションで倒れる状態が頭でのひるみです。 過去作では頭部破壊や毒などが有効でしたが、アイスボーンにはありません。 動画では太刀でひるみループを使ったクシャル攻略もありますが、難易度は高く実現性は低いです。 やはり徹甲ライトやヘビィでの攻略が楽ですが、長引くほど厄介なモンスターですので頭へのダメージは太刀でも積極的に狙っていきましょう。 『アイスボーン』クシャルダオラのマスターランクでの変更点 アイスボーンでの新技設置型の竜巻 アイスボーン(マスターランク)のクシャルダオラには新技として紫色の設置型の竜巻が導入。 この 設置型の竜巻にクシャルのブレスが当たると竜巻の範囲が広がり、竜巻がより広範囲になる。 見た目より厄介な技で壁際で閉じ込められたり死亡したり、不動の装衣での事故などに注意。 マスターランクでの閃光玉の耐性などについて ワールド時点の歴戦王クシャルでも閃光玉に耐性が付けられました。 マスターランクでは飛翔中のクシャルに閃光玉を当てても地面に落下後すぐに起き上がるので攻撃チャンスは少ないです。 しかし、 長く飛ばれるよりは閃光玉で落とした方が太刀など近接にとっては好状況で時間短縮に。 マスターランクの閃光玉の仕様により、連続で閃光玉を使用しても意味が無いため時間を置いてからまた落下させるのも良い寳保です。 次から太刀装備紹介です! クシャル攻略や注意すべき点を先に紹介しましたが装備での対策が難しいため、スキル構成より重要なポイントです。 次から太刀装備の紹介となりますが、クシャル防具を使用する方法しかないので太刀専を目指す方にとっては厳しい戦いになりますね。 スキルについて 発動スキル 鋼龍の飛翔【3】風圧完全無効 砕竜の闘志【2】挑戦者・極意 見切りLv7 挑戦者Lv7 攻撃Lv4(5) 体力増強Lv3 弱点特攻Lv3 回避性能Lv3 氷属性強化Lv2 匠Lv2 体力回復量UPLv1 ひるみ軽減Lv1 風圧完全無効 クシャル対策装備にクシャル防具を使うのは避けたいとこですが、太刀で対策する上では必須スキルです。 救難などで長引くことも考えて、ストレスを少なくする上では必要でしょうね。 挑戦者Lv7ブラキシリーズ 私はクシャル討伐はストーリークリア後で良いと考えているので、比較的早く作成できる上に強力なブラキ防具を採用。 クシャルの寝床で長く戦うのは避けたいので、火力も重要です。 作成難易度について クシャル対策については作成難易度が上がってしまうことやある程度のアイスボーンのやり込みは求められて仕方がないことです。 対策したくない場合は風圧完全無効のスキルを捨てて、テンプレ構成に。 フレンドに徹甲榴弾などのサポートを置き自身は火力を出すことに専念。 或いは、超火力を出せるパーティーであれば対策は必要ありません。 風まといも常にあるわけではないので、対策をしないというのも1つの立派な方法かと思います。 まとめ アイスボーンのクシャル対策太刀装備ですが、結構矛盾してしまうんですよね。 クシャルを倒すのにクシャル装備がいるということは既に攻略できている証でもあります。 太刀装備に拘らなければ攻略は楽な部類ですが、太刀専ハンターにとってはマジでめんどくさいモンスターです。 調査の参加条件的にMRはストーリークリア前でも挑戦できますが… クシャルの素材は太刀にはあまり使用しないので、ストーリークリアして臨界ブラキとかの素材集めをする方が効率的です! 最近アイスボーンを始めた人と一緒に遊んでいるのですが、ブラキ装備の入手で世界変わりますね。

次の

アイスボーン マスターランクの歴戦の個体一覧と出し方【モンハンワールド】

太刀 マスターランク

・マスターランク(G級)が追加(敵キャラ・武器・防具) ・全武器に新モーションが追加 ・スリンガーでのアクション(クラッチクロー)が追加 ・モンスターライドが追加 ・2人用マルチ難易度が追加 まず、目玉は マスターランク(G級)の追加という事で、今までのシリーズであれば新しいソフトで販売されていましたが、今回はDLC(ダウンロードコンテンツ)という形で登場しました。 後はフィールド上でモーションが増えているのと、2人用のクエスト難易度が登場した感じです。 もちろんマスターランクが追加されたことで、MHWアイスボーンのオリジナルのストーリーも追加されて、 フィールド・敵キャラ・武器・防具なども新しいモノが登場する様になっています。 アイスボーン編に突入する為には、拠点の入り口付近にいる 「5期団」に話しかけて調査に行けばOKです。 ただし、間違っても正面にいる「研究基地のアイルー」に話しかけてはダメです。 コチラは、わりと最近追加された「ウィッチャーコラボ」の特別クエストになっています。 復帰してみて、開始するとめちゃくちゃ正面にいて「!」を出しているので、アイスボーンかと思って話かけて進めてしまうんですが、 コレは罠なので気をつけて進めるようにしましょう。 復帰勢の方であれば基本的な動きは問題ないと思うので、アイスボーンから追加された新アクションを使いこなせると楽が出来る場面が多いです。 モンスターライドは移動に結構便利です。 モンスター笛を使うと即座にライド用モンスターが来て 「〇ボタン」で乗ることができます。 何も指示しないと近くの痕跡に向かってを移動してくれるんですが、大型モンスターや収集物をマップ上で選択すると、 そこに向かって自動で移動してくれます。 かなり移動速度は早いです。 マルチでは他プレイヤーにピンを合わせるとそこに向かって移動してくれます。 移動中にはアイテムを拾えたり・使えたりするので、移動しながら 痕跡集め・砥石を使ったりすると便利です。 攻撃:特殊な攻撃をして降りる• クロー攻撃:低威力で敵の移動の向きを変えられる• スリンガー全弾発射:頭に当てると「ぶっ飛ばし効果」発動して降りる 全弾発射で「 ぶっ飛ばし」を発動すると、敵がそのままふらつきながら前に移動します。 それで敵が壁にぶつかると「大ダメージ+転倒」を取れるので、かなりアドバンテージが取れます。 クロー攻撃とスリンガー全弾発射は 敵が怒り状態の時には発動してもダメージだけで効果は発揮されないです。 また、何か弾(閃光・こやしなどはNG)を持ってないと全弾発射できません。 武器攻撃は敵の部位に「 傷」をつける事ができます。 傷をつけると肉質がやわらかくなったり、与ダメが大きくなったりするので、頭が硬い敵に使ったり、ソロで尻尾狙いたい時に使ったりすると効果的に使えます。 武器攻撃も結構強いです。 という事で、クラッチクローも使いこなすと 攻撃に幅が出るので積極的に使っていきましょう。 不動・転身の装衣を着ていると、クラッチクローをしている間に振り落とされなくなります。 確実にぶっ飛ばしをキメたい時などは装衣を着てからクラッチクローが安定です。 例えば 帰還時にどこに戻るのか(任務などのストーリーイベント時には反映されないけど)決められたり、視点・自キャラの透過等の設定をする事も可能です。 かゆい所に手が届く感じです。 特に新しい拠点の「セリエナ」はロードなしで素早く工房や食堂などの行き来ができるので、 めちゃくちゃ利便性が良くて、ココをメインにしてクエストを回せると効率が良いと思います。 自分のプレイしやすい様に、 アイスボーンを進める前に色々と設定を見直してみましょう。

次の

【モンハンワールド:アイスボーン】マスターランクの序盤おすすめ武器・防具【MHWI】

太刀 マスターランク

マスターランクの序盤を効率よく進める方法 スキルが弱くなってもマスターランクの装備に変えよう! 「上位で装備を整えてスキルは完璧!マスターランク装備は守備力高いけどスキルが弱い・・・」 マスターランクの装備を見た人はみんなが思うこと。 そして、「装備は買い替えたほうがいいの?」とは誰もが悩む問題だ。 結論を言えば、 スキルが弱くなってもマスターランクの装備にすぐ変えたほうがいい。 理由は簡単で、上位装備では守備力が低くモンスターの一撃で7割以上HPを削られてしまうからだ。 上位防具とでは防御力が150近く差がある 上位防具の最終強化の場合、防御力「450」近く、マスターランクの防具は防御力「600」近くと防御力に差がある。 スキルは多少劣るが、必ずマスターランクの装備に乗り換えよう。 MR序盤おすすめ防具 発動スキル 体力増強Lv3、砥石使用高速化Lv3、攻撃Lv2、防御Lv2、弱点特効Lv1、破壊王Lv1、風圧耐性Lv1 腕と脚をアロイシリーズに変え、砥石使用高速化Lv3を付けた快適装備。 弱点特効を装飾品もしくは、護石でLv3にすると会心が出やすくなり、狩り時間が大幅に短縮される。 MR序盤の剣士系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 上位武器をカスタム強化しているなら、マスターランク星2までは上位の武器でも十分に通用するので買い替える必要はない。 鉱石系装備をすぐに作るのもあり 上位武器をカスタム強化していないならレア度9の鉱石系武器を作るのがおすすめだ。 鉱石武器は斬れ味が白ゲージあり攻撃力も高いので汎用性の高く作って損はしない。 防衛隊シリーズもMR序盤なら使える 必要素材が少なくそれなりの性能を持った武器「防衛隊シリーズ」。 上位では充分すぎるぐらい強いが、MR序盤でも戦える性能をしている。 マスターランク星3で火属性武器を作ろう マスターランク星3のラストにイヴェルカーナ撃退クエストがあるので、それまでに火属性武器を作っておきたい。 火属性武器は数種類あるが、ディノバルド系武器が斬れ味が優秀なのでおすすめ。 手数が多い武器種は状態異常を持つ武器がおすすめ 火属性が効かない敵用に鉄系武器もレア度10まで上げておけば盤石だ。 状態異常と相性が良い片手剣・ランス・操虫棍は 無属性武器ではなく状態異常武器を作成しよう。 武器種別おすすめ武器 MR序盤のガンナー系おすすめ武器 MR序盤は上位の武器でも戦える 剣士と同じくガンナーもカスタム強化をしていれば、マスターランク星2までは上位の武器で十分戦えるので買い替える必要はない。 マスターランク星3で火炎弾を撃てるボウガンを作ろう マスターランク星3のラストのイヴェルカーナ撃退クエストに備えて火炎弾を撃てるボウガンを用意しておきたい。 武器種別おすすめ武器.

次の