宇都宮 線 グリーン 車。 宇都宮線のページ

大宮~宇都宮間のJRグリーン車について

宇都宮 線 グリーン 車

1988年に登場。 「ラビット」という列車名には快速列車を意味するRAPIDとウサギのように速いと言った意味合いが込められているといわれています。 スポンサーリンク JR宇都宮線を走る快速ラビットの車両には、今や首都圏を走る近郊型列車の標準車両になったE231系が主に使われています。 ステンレスの車体に、オレンジ色と緑色のラインが入った車両。 10両編成または15両編成での運行で、そのうち2両は2階建てグリーン車が連結されています。 ロングシートの車両がほとんどで、両端2両の座席はセミクロスシートになっています。 グリーン車に乗車するには、乗車券に加え「普通列車グリーン券」が必要になります。 スポンサーリンク ちなみに、「普通列車グリーン券」の料金は、2016年以下のようになっています。 平日に乗車する方がホリデー(土日祝、年末年始)に乗車するより200円割高になり、事前に購入する方が、車内で購入するよりも260円安くなります。 なお、普通列車グリーン券を事前に購入できるスポットには、「みどりの窓口」や「グリーン券券売機」などがあります。 「グリーン定期券」はJR東日本主要駅のみどりの窓口で発売中。 「モバイルSuica」はスマホなど携帯端末を使って、事前に普通列車グリーン券を購入するという形式です。 「モバイルSuica」を使って購入手続きを済ませておけば、座席上にある読み取り装置にタッチしておくと車内検札も省略されます。 ( 車窓概要:上野〜黒磯) 上野駅を出発したJR宇都宮線の快速ラビットは、都心のビル街のなかを徐行したあと、住宅街が広がる関東平野をスピードを上げて北上していきます。 赤羽駅を出ると、東北新幹線の高架が遠ざかっていき、荒川を渡って埼玉県へ。 浦和駅、大宮駅いった埼玉県内の主要駅に停車しながら、土呂駅を出ると左車窓に日光連山の山容が連なってきます。 JR快速ラビットは田畑のなかを走り久喜駅を出ると利根川を渡り、界隈に宿場町が広がる古河駅。 渡良瀬遊水地をかすめ田園を抜けると東北新幹線の高架が近づいてきて小山駅です。 小山駅からは東北新幹線と並走しながら宇都宮駅。 宇都宮駅は東北新幹線、日光線、烏山線などが集まるターミナル駅です。 宇都宮駅を出ると左車窓に日光の山々や那須岳を映しながら丘陵地を走ります。 針生トンネルを抜けると田園地帯となり塩原温泉の玄関口である那須塩原駅。 ほどなくして快速ラビットは終点の黒磯駅に到着します。 上野動物園のパンダをテーマにした客室ほか和モダンな空間 「」 ・・JR宇都宮駅西口に直結するJR東日本系列のホテル。 館内にはゲストラウンジやフィットネスジムもあり。 <快速アクティーの停車駅> 東京駅、上野駅、赤羽駅、浦和駅、大宮駅、蓮田駅、久喜駅、古河駅、小山駅、小金井駅、自治医大駅、石橋駅、雀宮駅、宇都宮駅、岡本駅、宝積寺駅、氏家駅、蒲須坂駅、片岡駅、矢板駅、野崎駅。 西那須野駅、那須塩原駅、黒磯駅.

次の

普通列車グリーン車の利用|利用方法|Suica:JR東日本

宇都宮 線 グリーン 車

グリーン車に乗る方法 1、グリーン券の購入方法 グリーン車に乗るためには、 乗車券とは別にグリーン券を購入する必要があります。 グリーン券を購入するには、切符売り場の券売機か緑の窓口、または乗車ホームのグリーン車が停車する位置近くにある グリーン券販売機にて購入します。 ホームにある券売機はこのような機械です。 グリーン券には普通の切符のような磁気グリーン券とSuicaグリーン券の2つがあります。 なお、駅のホームで購入できるのはSuicaグリーン券のみです。 グリーン券料金表と購入方法 事前料金 平日 土日祝日 (ホリデー料金) 50キロまで 780円 580円 50キロ以上 1,000円 800 円 車内料金 上記金額に+260円 土日休日はホリデー料金となり、平日より200円安くなります。 グリーン車がどんなものか試しに利用するならお得な土休日に利用すると良いでしょう。 また、グリーン券は基本的にグリーン車に乗る前に購入しておくのが望ましいです。 グリーン車に乗ってからグリーン券を購入すると、 乗車前に購入するのと比べて260円割高となってしまうため、グリーン券は必ず乗車前に購入しておきましょう。 グリーン券の購入方法は、画面の行き先表示から 目的地を選択して降車駅を選びます。 途中で列車を乗り継ぐ場合でも 同じ方面の列車であればグリーン券を複数購入する必要はありません。 なお、当日購入したグリーン券の有効期限は当日1回限りなので注意してください。 2、グリーン車に乗って検札を受ける グリーン券を購入したら実際にグリーン車に乗ります。 グリーン車の車両がホームのどの位置に来るかは 車両の編成数によっても異なるので、駅の案内放送や電光掲示板等を参考にして並びましょう。 グリーン車に乗ると各座席の天井部分に 赤のランプが点灯している座席を探しましょう。 緑色のランプが光っているところは他の人が使用しているので、 赤のランプが点灯している座席に座ります。 Suicaグリーン券場合は、 グリーン券を購入したSuicaをその部分にタッチすることでランプが緑色になります。 Suicaグリーン券の場合にはそれで検札は完了です。 通常の磁気グリーン券(紙の切符)を購入した場合には、 グリーンアテンダントさんが検札に回って来るのでその時に磁気グリーン券を見せましょう。 ちなみに、グリーン車は1階席、2階席、平屋席の3つに分かれており、それぞれ快適性や特徴が異なります。 1階席(下の階の座席) 1階席は低い位置にあるために日差しが差し込むことが少なく、車内は若干暗い感じです。 そのためか、座席の上部には 読書灯が付いています。 車高が低いので外の景色を見ても遠くまで見ることはできませんが、地面に近い分、スピード感もあるのでその辺が好きな方はベストな位置です。 乗り心地としては2階席と大差はありませんが、車体の低い位置にあるため 走行中の騒音が若干気になります。 2階席 2階席は車両の車輪と連結部分から最も遠くに位置するため、 走行中の騒音は他の2つの座席と比べて小さいのが特徴です。 2階席なので景色が良く見えるのも魅力的であり、個人的に グリーン車に初めて乗るのであれば2階席に座ることをオススメします。 なお、その快適さからかグリーン車の中では比較的座席が埋まりやすい感じなので、2階席に座るのであれば早めに並んでおくと良いでしょう。 1階平屋席 平屋はグリーン車前後の連結部分に最も近いところに位置するため、1階席や2階席と比べて 走行中の騒音がうるさいです。 個人的にはあまりオススメできませんが、平屋席は階段を上り下りする必要がなく、 グリーン車の中では唯一網棚もついているのが特徴です。 そのため、 大きな荷物を持っている人、手荷物の多い人にオススメの座席と言えます。 もし旅行などで手荷物が多いようであれば、平屋席を利用しましょう。 3、目的地に到着したら降りる 目的地に到着したらグリーン車を降りましょう。 降りるときに手続きはなく、荷物を忘れないよう気を付けて電車から降りれば問題ないです。 ただ、間違えてグリーン車に乗っている時に乗り過ごしてしまうと、その分のグリーン料金を請求されることあります。 グリーン車に乗る際は乗り過ごさないように十分注意しましょう。 もし満席で座れなかったら 首都圏のグリーン車は時間帯によっては利用者が多く、 混雑時にはグリーン車でも座れないことが多々あります。 座れなかった場合には、アテンダントさんから 不使用証を貰い、最寄りの駅窓口にて払い戻しを行います。 不使用証を受け取っていれば手数料なしで払い戻しができるので、満席で座れなかった時は忘れずに不使用証を受け取りましょう。 具体的な払い戻し方法については以下の記事を参考にして頂ければと思います。 <関連記事>.

次の

えきねっと(JR東日本)|乗換・運賃案内>普通列車グリーン料金のご案内

宇都宮 線 グリーン 車

1988年に登場。 「ラビット」という列車名には快速列車を意味するRAPIDとウサギのように速いと言った意味合いが込められているといわれています。 スポンサーリンク JR宇都宮線を走る快速ラビットの車両には、今や首都圏を走る近郊型列車の標準車両になったE231系が主に使われています。 ステンレスの車体に、オレンジ色と緑色のラインが入った車両。 10両編成または15両編成での運行で、そのうち2両は2階建てグリーン車が連結されています。 ロングシートの車両がほとんどで、両端2両の座席はセミクロスシートになっています。 グリーン車に乗車するには、乗車券に加え「普通列車グリーン券」が必要になります。 スポンサーリンク ちなみに、「普通列車グリーン券」の料金は、2016年以下のようになっています。 平日に乗車する方がホリデー(土日祝、年末年始)に乗車するより200円割高になり、事前に購入する方が、車内で購入するよりも260円安くなります。 なお、普通列車グリーン券を事前に購入できるスポットには、「みどりの窓口」や「グリーン券券売機」などがあります。 「グリーン定期券」はJR東日本主要駅のみどりの窓口で発売中。 「モバイルSuica」はスマホなど携帯端末を使って、事前に普通列車グリーン券を購入するという形式です。 「モバイルSuica」を使って購入手続きを済ませておけば、座席上にある読み取り装置にタッチしておくと車内検札も省略されます。 ( 車窓概要:上野〜黒磯) 上野駅を出発したJR宇都宮線の快速ラビットは、都心のビル街のなかを徐行したあと、住宅街が広がる関東平野をスピードを上げて北上していきます。 赤羽駅を出ると、東北新幹線の高架が遠ざかっていき、荒川を渡って埼玉県へ。 浦和駅、大宮駅いった埼玉県内の主要駅に停車しながら、土呂駅を出ると左車窓に日光連山の山容が連なってきます。 JR快速ラビットは田畑のなかを走り久喜駅を出ると利根川を渡り、界隈に宿場町が広がる古河駅。 渡良瀬遊水地をかすめ田園を抜けると東北新幹線の高架が近づいてきて小山駅です。 小山駅からは東北新幹線と並走しながら宇都宮駅。 宇都宮駅は東北新幹線、日光線、烏山線などが集まるターミナル駅です。 宇都宮駅を出ると左車窓に日光の山々や那須岳を映しながら丘陵地を走ります。 針生トンネルを抜けると田園地帯となり塩原温泉の玄関口である那須塩原駅。 ほどなくして快速ラビットは終点の黒磯駅に到着します。 上野動物園のパンダをテーマにした客室ほか和モダンな空間 「」 ・・JR宇都宮駅西口に直結するJR東日本系列のホテル。 館内にはゲストラウンジやフィットネスジムもあり。 <快速アクティーの停車駅> 東京駅、上野駅、赤羽駅、浦和駅、大宮駅、蓮田駅、久喜駅、古河駅、小山駅、小金井駅、自治医大駅、石橋駅、雀宮駅、宇都宮駅、岡本駅、宝積寺駅、氏家駅、蒲須坂駅、片岡駅、矢板駅、野崎駅。 西那須野駅、那須塩原駅、黒磯駅.

次の