バムとケロ の に ち よう び。 バムとケロの世界を真似したくなる!バムとケロの絵本&グッズ

絵本「バムとケロ」のシリーズが超おすすめ!大人もハマる理由とは?

バムとケロ の に ち よう び

我が家のおすすめ絵本を紹介します。 それは、バムとケロのシリーズです。 なぜなら、これは 絵本であり、 知育教材だからです。 バムとケロがおすすめな理由 描写が細かく子どもの探求心をそそる 例えば、これは「バムとケロのもりのこや」の最終ページなのですが、下の伝言箱には文字が書かれています。 バム、ケロ、カイ、ヤメピ、おじぎ、ソレ、ガラゴとキャラクターの名前が書いてあるのです。 発見したのは、3歳の息子です。 目を凝らせば、大人でも見えますがかなり細かいです。 また、中央左にはバムケロシリーズではない、「ガラゴ」がかくれており、この隠れキャラも息子が発見しました。 このキャラクターです。 キャラクターがかわいい なんといっても、キャラクターがかわいいです。 どのように変わったかというと、絵本のセリフを暗唱し、絵本通りに遊ぶようになりました。 例えば、バムとケロのそらのたびの物語で、飛行機を作りおじいちゃんの家に行くのですが、おじいちゃんからの手紙を書くところから始まります。 3歳(もうすぐ4歳)ですが ひらがなは、バムとケロで覚え、書けるようになりました。 読み聞かせた回数は、100回以上だと思います。 次に、飛行機を作ります。 材料は、宅急便の段ボールとトイレットペーパーの芯、紙コップ、紙皿などです。 とても飛行機には見えませんが、息子は真剣につくります。 マジックでペイントをして、空の旅にでます。 驚いたのは、セリフを暗唱しながら最後までやり通すことです。 おそらく、頭の中で絵本を再現しているのだと思います。 また、お料理も同じようにやるようになりました。 バムとケロちゃんの関係 バムとケロちゃんの関係がとても印象的です。 具体的には、ケロちゃんのいたずらに、バムは怒りません。 これは、バムが掃除をしているところで、泥だらけで廊下を汚した場面です。 これは、ケロちゃんがお部屋を汚してバムが片付ける場面です。 バムは、決してケロちゃんを怒りません。 この接し方は、幼児教育本では推奨されています。 幼児期に怒っても無意味であると言われています。 《バムケロシリーズは、下記の4作品です。

次の

【絵本レビュー4】構図が圧巻!!〈バムとケロのにちようび〉

バムとケロ の に ち よう び

大人も子供もまるで宝探しをしているかのように、わくわくした気分でページをめくることでしょう!今回は、そんな人気の絵本「バムとケロ」をモチーフにした可愛くて楽しいグッズをご紹介!定番の絵本はもちろん、絵本の世界に出てくる雑貨や、キャラクターモチーフの文房具までさまざまな品を集めてみました。 プレゼントにも喜ばれるものばかりなので、 是非チェックしてみてくださいね。 もらって嬉しいお中元として毎年人気のある「ギフトカタログ」。 本当に好きなもの、欲しかったものを選んでいただけます。 それに冷凍ものや冷蔵ものが同時に届いて困ったり、使いようの無いものを頂いたり、というようなことも避けられます。 お好きな時にお好きなものを楽しんで頂けるのがカタログギフトの一番のメリット。 さて、ギフトカタログといっても千差万別。 そこで、オールマイティ、掲載数もジャンルも多く、趣味嗜好のわからない方にも心配なく贈れる「総合カタログ」。 誰もが嬉しい美味しいものを集めた「グルメカタログ」。 それてブランドやスタイルに特化した「こだわりのカタログ」に分けて人気のカタログをご紹介します。 今年のお中元はこれで安心ですね。

次の

バムとケロに出てくるキャラクターの名前を教えて下さい。バムとケ...

バムとケロ の に ち よう び

大人も子供もまるで宝探しをしているかのように、わくわくした気分でページをめくることでしょう!今回は、そんな人気の絵本「バムとケロ」をモチーフにした可愛くて楽しいグッズをご紹介!定番の絵本はもちろん、絵本の世界に出てくる雑貨や、キャラクターモチーフの文房具までさまざまな品を集めてみました。 プレゼントにも喜ばれるものばかりなので、 是非チェックしてみてくださいね。 もらって嬉しいお中元として毎年人気のある「ギフトカタログ」。 本当に好きなもの、欲しかったものを選んでいただけます。 それに冷凍ものや冷蔵ものが同時に届いて困ったり、使いようの無いものを頂いたり、というようなことも避けられます。 お好きな時にお好きなものを楽しんで頂けるのがカタログギフトの一番のメリット。 さて、ギフトカタログといっても千差万別。 そこで、オールマイティ、掲載数もジャンルも多く、趣味嗜好のわからない方にも心配なく贈れる「総合カタログ」。 誰もが嬉しい美味しいものを集めた「グルメカタログ」。 それてブランドやスタイルに特化した「こだわりのカタログ」に分けて人気のカタログをご紹介します。 今年のお中元はこれで安心ですね。

次の