ヨドバシ 梅田 タワー 前 バス ターミナル。 ヨドバシ梅田タワー前のバス停地図 | 旅費ガイド 高速バス

ヨドバシ梅田とJR大阪駅間の空中通路が完成!西側入口もオープン!ヨドバシ梅田タワーも

ヨドバシ 梅田 タワー 前 バス ターミナル

ざっくり、こんな記事• 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」の詳細をレポート• バスインフォメーション「SAKURA BUS SQUARE」や待合エリアの使い方も• バスユーザーに便利な「LINKS UMEDA」内の施設やWi-Fi・コンセント情報、アクセスまでご紹介 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」がLINKS UMEDAに登場! 大阪梅田が更に便利になった!「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」オープン 大阪梅田と言えば、西日本最大の商業地。 バス発着の需要は多いのに肝心のバス乗り場が不足しがちだったこの街に、2019年11月14日、新しいバスターミナルがオープンしました! その名も「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」。 場所は11月16日にグランドオープンとなる「LINKS UMEDA」内。 地下鉄御堂筋線・梅田駅直結、ヨドバシカメラの全フロアと連結するこちらの施設は、ヨドバシ初となる商業施設。 地下1階から地上8階までの9フロアに約200店舗が入り、売り場面積約27,200坪を誇るこの施設は、大阪梅田の新名所です。 「LINKS UMEDA」には日本初・関西初店舗もたくさん! (地図が表示されていない方は、) 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」はLINKS UMEDAの1F外 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」があるのは、詳しくはLINKS UMEDAの1F外側。 施設の中へバスが乗り入れるのではなく、隣接道路がバス乗り場です。 昼には関西空港からのリムジンバスが到着、夜と朝には夜行バスが発着。 こちらに発着する夜行バスは、横浜・新宿・東京・仙台など主要都市への直行便。 これまで「大阪梅田プラザモータープール」に発着していた便が11月14日以降はこちら発着へと振り替えられていることもあるので、ちょっとご注意くださいね。 (11月14日オープン現在の情報です) 1)さくら観光のアプリ内にあるクーポン画面より取得 さくら観光アプリ: 2)『』より関西発着の便を予約した場合、入金確認後のメールより取得 「LINKS UMEDA」とその周辺のお役立ちエリア 2F「ローザンヌアベニュー」にフリー休憩エリアあり 「LINKS UMEDA」とその周辺には他にも高速バス利用時に便利なお店あり。 2階の屋内通路「ローザンヌアベニュー」も4:30~22:30まで利用フリー。 「LINKS UMEDA」オープン時間内なら店内からも行き来できるほか、時間外でも外デッキから自由に入れます。 こちらのエリアもテーブル・椅子が自由に使えるので、1階の待合エリアが混んでいる時などに便利。 B1にスギ薬局もあり。 台湾ティーカフェ「ゴンチャ」や和定食「さち福やCAFE」、ご当地物産展なども。 余裕があるなら上階もおすすめ。 「LINKS UMEDA」は全館Wi-Fiフリー 10:00からは上階もオープン。 (B1の「オイシイもの横丁/スーパーマーケット」と8Fレストランフロアは11:00から) ファッション・スポーツ・ビューティ用品、インテリアからアウトドアグッズ、子どもが本気で遊べるインドアアミューズメント施設「モーリーファンタジー」もあり、エステやジムもそろう「LINKS UMEDA」。 ホテルも併設、そしてもちろんヨドバシカメラも隣フロアです。 これは1日いても遊び足りないかも! アパレルや雑貨・インテリアまで、店舗数は約200! 「LINKS UMEDA」内は全館Wi-Fiフリー。 ヨドバシカメラのフリーWi-Fiがそのまま利用できるのです。 コインロッカーと宅配施設は無し。 ただし直結する梅田駅や徒歩すぐの大阪駅周辺にはコインロッカーがたくさんありますよ。 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」への駅からのアクセス 地下鉄御堂筋線「梅田」駅に直結。 紛らわしい表示に注意! 「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」のある「LINKS UMEDA」は地下鉄御堂筋線「梅田」駅直結。 「LINKS UMEDA」内には駐車場もありますが、この立地は断然電車利用がおすすめです。 「LINKS UMEDA」は地下鉄4番出口直結です。 別方面には「大阪駅前バスターミナル」表示がありますが、これは違うバスターミナル。 お間違いのないように! あちこちにバスターミナルへの案内表示あり 「LINKS UMEDA」へは、「梅田」駅・「大阪」駅・「大阪梅田」駅のどれを使ってもOK なお「梅田」駅と「大阪」駅と「大阪梅田」駅は、他都市から来た人が迷いやすい駅。 「大阪」駅はJR、「梅田」駅は地下鉄御堂筋線。 阪急線・阪神線は2019年10月1日に「梅田」から「大阪梅田」駅へと改名しました。 攻略方法を解説すると長くなりますが、ざっくり簡単に言うと、これらは全て徒歩圏内にある近距離駅。 5分~10分の余裕があれば乗換えも可能なレベルの距離なのです。 なのでどの駅を利用しても大丈夫。 ご紹介の「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」のある「LINKS UMEDA」に最も近いのは御堂筋線「梅田」駅。 次に近いのが阪急線「大阪梅田」駅。 次いでJR「大阪」駅ですが、最も遠い阪神「大阪梅田」駅でも徒歩5、6分で着きますよ。 なお地下鉄四ツ橋線の「西梅田」駅、地下鉄谷町線の「東梅田」駅も、「LINKS UMEDA」へは徒歩10分以内です。 ではでは、更に便利になった梅田の街から、バス旅を楽しんでくださいね。

次の

ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル<LINKS UMEDAフロア1F>

ヨドバシ 梅田 タワー 前 バス ターミナル

押しも押されぬ大阪の交通拠点である大阪駅ですが、2019年にヨドバシカメラが増床したことにより、新たに「LINKS UMEDA」という商業施設がオープンしました。 そしてそこに新たな高速バスターミナル「ヨドバシ梅田タワー前バスターミナル」が完成しました。 LINKS UMEDAの場所は知っていても、バスターミナルの場所に関してはあまり想像がついていない方も多いのではないかと思います。 大阪在住の筆者自身も、LINKS UMEDAの場所は知っていましたが、バスターミナルの場所についてはイメージができていませんでした。 今回はJR大阪駅からのヨドバシ梅田タワー前バスターミナルへの最短距離をお伝えします。 他の交通機関で来られる方は、地下街のサインなどを参考にまずはJR大阪駅に向かってください。 阪急電鉄の方は、地上から向かっていただいた方が近くになります。 JR大阪駅の改札は連絡橋出口か中央口! JR大阪駅にはいくつか改札があり、連絡橋出口か中央口を出るとすぐにヨドバシカメラが見つかります。 LINKS UMEDAはヨドバシカメラに併設されているので、まずはヨドバシカメラを見つけてください。 他にも桜橋口という出口があるのですが、こちらも西側に離れているためかなり遠くなりますので、お間違えのないようにお願いします。 もし出てしまった場合は、駅のサインを参考に同じく地上階にある中央口に向かってください。 ここで右に向かいます。 この先にあるエスカレーターを降りると、そこは時空の広場 ときのひろば と呼ばれるスペース。 右にはLUCUA、左にはLUCUA1000、そして前にはグランフロント大阪。 まっすぐ進むと、エスカレーターがあるのでそれを上ると前述の時空の広場 ときのひろば に出ます。 正面にそびえるグランフロント大阪に向かって右手にヨドバシカメラがあります。 ヨドバシカメラの2階に入る入り口もありますが、ここを左に進みます。 しばらく進むと、右側にLINKS UMEDAの館内マップがあり、その向かいに階段があります。 これを降りると… その階段を下から見るとこうなっています。 階段を下りて、そのまままっすぐ行くと交差点があり、前にはダイコクドラッグがあります。 この交差点を右に曲がるとすぐにバスターミナルの登場です。 3台分ほどの限られたスペースですが、こちらがヨドバシ梅田タワー前バスターミナルです。 電光掲示板もあります。 対面にあるのダイコクドラッグ側から見るとこんな感じです。 高架の出口はこんな感じです。 上から見ると… この横断歩道を渡るところでLINKS UMEDAが正面に見えます。 バスターミナルはこちらにあります。 様々な開発プロジェクトの進行により、日々風景が変わるように感じる大阪駅。 いつも通っていた道がなくなっていたり、新たな建物が完成していたりして道に迷うこともしばしば。 このバスターミナルは特に大阪駅から近くですが、それでも特に久しぶりに行くという時には注意が必要です。 時間にはくれぐれも余裕を持って向かってくださいね。

次の

リンクス梅田 さくら観光 バス【大阪~東京 最安値1,400円】LINKS UMEDA

ヨドバシ 梅田 タワー 前 バス ターミナル

ヨドバシカメラが梅田に建設した新ビル「ヨドバシ梅田タワー」内の商業施設 『LINKS UMEDA(以下リンクス梅田)』が2019年11月16日に開業しました。 リンクス梅田は新ビルの地下1階~地上8階に入居、全フロアが隣接するヨドバシ梅田と接続されています。 リンクス梅田には日本初や新業態19店舗、関西初23店舗を含む約200店が出店しました。 両施設を合わせた売場面積は約9万平米に達し日本最大級の複合商業施設となります。 また、コミュニティワークスペース「WeWork」、約1000室のホテル阪急レスパイア大阪、1日100台が発着できるバスターミナルを併設し、駐車場1200台に増設されました。 開業特集の1回目は西側の外観と外周デッキ、バスターミナル編です。 上の写真はヨドバシ梅田の南西側の入り口付近ですが、リンクス梅田の開業に合わせて外周デッキの天井が光天井になりイメージが統一されました。 二階の外周デッキの様子です。 リンクス梅田に向かって延伸されました! 反対側から見た様子です。 途中にホテル阪急レスパイア大阪のエントランスがありました。 開業前なので入る事はできません。 リンクス梅田に入ると建物内部の通路になります。 リンクス梅田の2階から大阪駅側を見た様子です。 今までに無いアングルなので新鮮な感じがしました。 リンクス梅田からグランフロント大阪側を見た様子です。 よく見るとペデストリアンデッキ設置の準備がされていますね。 早くここを繋げてほしい。 リンクス梅田が開業すると一気にその気持ちが高まってきました。 リンクス梅田、2階北西角のエントランス付近の様子です。 大量のガチャガチャ。 ヤケクソ気味に大量設置されていて驚きました(笑) 2階北側の外周通路の様子です。 案内サイン類がカッコイイ。 2階北側外周通路は催事スペースになるようですね。 続いて1北側に設けられたバスターミナル付近を見て行きましょう! LCDタイプの発車票が3機設置されています。 閑散時には映像が流れるようですね。 1階バスターミナルの待合所?の様子です。 現時点ではバスターミナル的な設備(ベンチや自販機など)は皆無でした。 本格的な運用が始まると案内表示類が整備されるかもしれませんね。 撮影ポイントを変えて2階北東側からバスターミナルを見下ろした様子です。 最後はリンクス梅田の北側付近とグランフロントを絡めて見た様子です。

次の