荷物 不在 sms。 偽宅配業者からのSMS不在通知に気をつけよう

これはだまされる!受信して分かった「不在通知SMS」の巧妙さ

荷物 不在 sms

下記のグラフのように、一時減った後、新型コロナウイルスの混乱に乗じて、猛烈な勢いで増えつつあります。 相変わらず、Amazon、Apple、LINE、楽天、そして メルカリ をかたるフィッシングメールも大量に配信されています。 「毎日のように利用する宅配から不在連絡が来たら、つい反応してしまう」ユーザーの心理をついた巧みな攻撃です。 不在通知詐欺SMSとは? 以下は筆者のところに来た詐欺SMSです。 ちょうど不在中に荷物が届くタイミングだったため、知っていてもあやうくクリックしそうになりました。 覚えよう「大手3社の宅配会社はSMSの不在通知は出さない!」。 即・削除しよう! 本日ぜひ覚えていただきたいのは、 「宅配便大手3社、ヤマト運輸/日本郵便/佐川急便はSMSを使った不在通知は実施していない」 という事実です。 各社の対応は下記のリンクをご覧ください。 ヤマト運輸 日本郵便 佐川急便 つまり「ヤマト、郵便局、佐川からの不在通知SMS=すべて詐欺メール」として、「即削除」してしまいましょう。 もしも詐欺SMSをクリックしてしまったら? SMSはクリックしただけでは感染しない 「うっかりSMSのURLをクリックしてしまったら?」大丈夫でしょうか? 安心して下さい。 SMSではクリックしただけでは感染することはありません。 SMSは文字しか送れず、ファイル添付もできないため、メッセージの文中に不正動作をさせるブログラムやウイルスを仕込むことはできません。 そのため犯人はURLをクリックさせて別のページに移動させて、• 改めてIDやパスワードといった「情報入力」させる。 アプリやソフトを「ダウンロード」させる。 しか犯行の方法はありません。 つまりユーザーが飛んだ先のページで、上のような動作をしない限り、トラブルに巻き込まれる心配はありません。 うっかりクリックしても安心~スマホにはセキュリティー対策アプリを入れましょう 気をつけても「うっかりクリックしてしまう」ことは誰にでもあるものです。 それを防ぐために、スマホにもセキュリティ対策アプリを入れましょう。 スマホのセキュリティアプリは、ウイルス対策の他に、メールやSMSのリンクが正しいものか判定する機能を持ってものがほとんどです。 これらのアプリを入れておくと、うっかり文中のURLクリックした際も「警告」を出し、リンク先に飛ぶ危険を防止してくれます。 なおアプリストアには、無料のものも含めて無数のセキュリティアプリがありますが、 「セキュリティ」を看板にしながら、裏では個人情報を悪用するようなものもありますので、大手の定評あるアプリを選択して下さい。 くれぐれも ポップアップ広告で押し売りしてくるようなアプリに手を出してはいけません。 大手携帯3社をお使いの方は、各社提供のセキュリティサービスがお薦めです! おすすめは各携帯電話事業者が提供しているサービスです。 どのサービスも、下記のように スマホのサービスと一体化された安全確実な対策を、安い費用で提供してくれます。 大手3社をご利用の方は利用しない手はありません。 「ウイルス対策」・・メール添付や危険なサイトからのウイルス感染を防ぐ。 「危険サイト対策」・・危険なサイトやURLにアクセスすることを防ぐ。 またユーザーの心を揺さぶるキーワードは「不安」だけでなく、 「おめでとうございます。 キャンペーンに当選しました」「新型のiPhoneが当たりました」といった「幸運」のキーワードが使われることがあります。 更にコロナで大変な今「品薄なマスクが手に入ります!」「10万円給付がすぐに申請できます」というような詐欺メールも発見されています。 「心を揺さぶられた」時は、まず一回深呼吸して少し時間をおいて冷静になり、「ほんとかな?詐欺ではないか」と疑う習慣をつけましょう。 これは詐欺メールやSMSだけでなく、世間の全ての詐欺行為防止に役立つ秘訣です。 秘訣2.「文中のリンクは絶対安全なもの以外はクリックしない」 メールのURLは簡単に偽装できます。 よほど確信があるもの以外はクリックしてはいけません。 しばしば 「パスワードの変更が必要です」 「情報が正しいかご確認ください」 などの記載がありますが、必ずサービスの本サイトを検索して訪問し、本サイトに記載されているリンクをたどりましょう。 また 本サイトに「詐欺メール」の警告が出ていることも多いですから合わせて確認しましょう。 また URLが記載されているSMSは疑うことからはじめましょう。 そもそもSMSは電話番号宛送信されるものです。 あなたの電話番号を連絡先として使える正当な連絡元は、ご自身が加入している携帯電話の事業者など、一部の確実な事業者しかないはずです。 そもそも宅配便の業者や郵便局が、いきなり電話番号宛SMSを送りつけるはずはありません。 秘訣3.スマホ、パソコンのOSを更新して常に最新にしておく 現在では、パソコンやスマホなど、デジタル機器のセキュリティが強固になってきていたため、昔のように外部から簡単に感染させることが難しくなっています。 そこで 犯人はデジタル機器やアプリ、ソフトの穴や欠陥を利用して犯行を行おうとします。 この穴や欠陥を「脆弱性」と言います。 「脆弱性」が発見されると製造元は急いで欠陥を修正して、アップデートを行います。 しかし「 アップデートが適応される前に、脆弱性を利用してユーザーのデジタル機器を操ろう」とする犯人と、修正がいたちごっこを続けています。 したがって ユーザーは「スマホやパソコンのアップデート」「アプリや主要ソフトのアップデート」はできるだけ速やかに対応しなければなりません。 きちんとアップデートをしているだけで、脆弱性を突かれて「ユーザーが知らないうちに感染するリスク」は極めて少なくなります。 まとめ: 「やってはいけないこと」を理解してアップデートを小まめに対応していれば心配はない きちんと対策しておけば、あまり心配はありません! 基本的に今のスマホやパソコンは安全になっています。 「セキュリティアプリを入れておく」 「アップデートをきちんとやっておく」 といった基本的なセキュリティ対策をいておけば、後は少しだけ気をつけて、自ら「不用意にクリックする」「大切な情報を入れてしまう」ミスを避ければ危険はありません。 月々わずか167円 年会費2000円 で、一般的な終活だけでなく、「どなたにも今すぐ必要なデジタル終活」もできてしまう、新しいオンラインサービスです。 Digital Keeperでまず「大切なスマホやパソコンのデジタル終活」を5分で実現しましょう。 そしてDigital Keeperがお届けする情報を参考にご自身にあった終活や「デジタルキーピング~デジタルの安全と安心」を進めましょう。 詳細は下記バナーからどうぞ! 新しいウィンドウでご覧いただけます。

次の

宅配便不在SMSはウイルス。絶対にタップしないで!

荷物 不在 sms

メンバーズ登録をしておくと商品のお届け予定や不在通知がメールやLINEで届くことのある宅配便。 送られてくるものの中には「なりすまし」のメッセージが存在しているので注意してください。 最近では特にSMSを使った偽物の不在通知が増えています。 宅配便の伝票には電話番号が書かれているため、メンバーズ登録をしていなくてもSMSで連絡がきてもおかしくないと考えがちです。 しかし、偽宅配業者からのなりすましメッセージの可能性が高いのです。 偽宅配業者からのメッセージにあるURLをクリックすると正規サイトそっくりの偽サイトへ遷移します。 「貨物追跡」や「再配達のご依頼」のリンクを開いてしまうと不正なアプリがスマホにインストールされ端末内の個人情報が漏れてしまうことがあります。 不在通知に心当たりがありSMSが送られてきた場合でも安易にクリックするのではなく、ブックマークなどから正規のWebサイトで確認し問い合わせると安心です。 【標準装備の「セキュリティ対策ツール」によるセキュリティー機能について】 ・「フレッツ 光ネクスト」や「フレッツ 光ライト」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS,macOS)またはAndroid端末1台(1OS)分です。 「コラボ光(詳しくは)」によっては、標準装備の「セキュリティ対策ツール」は含まれない場合があります。 ・「フレッツ・v6アプリ」における標準装備のセキュリティー機能はパソコン(Windows OS)1台(1OS)分です。 ・ご利用のパソコンまたはAndroid端末環境(OS等)やソフト等との相性により本機能が正常に動作しない場合があります。 詳しくはをご覧ください。 ・定義ファイルやプログラムは、対象の「フレッツ光」等接続環境下でダウンロード・更新を行い、常に最新の状態にしていただく必要があります。 ・本機能はセキュリティーに対する全ての脅威への対応を保証するものではありません。 【「フレッツ 光ライト」の場合の留意事項】 ・「フレッツ 光ライト」「セキュリティ対策ツール」および「セキュリティ機能ライセンス・プラス(オプション)」の利用量も通信料の対象です。 ・パターンファイルの更新等320MBを超える利用量が必要となる場合があります。 ・「セキュリティ対策ツール」の機能については、お客さまにて利用有無を設定することが可能です。

次の

「荷物届けに…」偽SMSに注意 記者のスマホにも来た:朝日新聞デジタル

荷物 不在 sms

こんにちは。 山ばりゅです。 先日のことなんですが、遂にきましたよ。 私のところにも。 郵便局を装ったフィッシングサイトへの誘導URLが。 普通ならば一発で分かるんですが、これがまた、結構巧妙さを増していましてですね。 僭越ながら注意喚起させていただこうと思います。 あくどい輩に引っかからないためにも、ぜひ今回の記事を最後までご覧いただければと思います。 【フィッシング詐欺注意!】郵便局の不在通知SMSにご用心! 先日、郵便局の不在通知がポストに投函されており、荷物を受け取ろうとして、受け取り手続きを済ませ、郵便局員の方の到着を待っていた時のこと。 指定した時間より少し早い時間に、とある携帯番号からこのようなSMSが入りました。 「お客様宛に荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 って思いましてですね。 というのも、この時ブログを執筆しておりまして、僭越ながら私め、ブログを書くときには集中力を持続するためにイヤホンで曲を聴きながらブログを描いてるんです。 この時はたまたま携帯を横に置いていたため、SMS通知に気づいたんですが・・・ こないだは不在通知っていう紙媒体でポスト投函されてたのに、なんで今回はSMSなのかな?? などと思いつつ、指定されたURLをクリックしてみたんですね。 するとAppleのIDやら、パスワード入れろっていうじゃないですか。 これは絶対怪しいと思い、とりあえず放置していると、程なくしてインターホンの音が。 出てみると、郵便局員さんの姿。 もうこの時点で、あのSMSはフィッシング詐欺決定ですよね。 なので、局員さんにも共有したほうがいいかなと思い、SMSの不在通知と詐欺サイトを見せると、こんな返答をいただきました。 郵便局ではSMSによる不在通知サービスは行っていない 郵便局では、ポスト投函による紙媒体の不在者通知は行っているが、配達員の携帯などからの不在通知を伝えるSMS発信は一切行っていないとのことでした。 こういったデータ媒体による、不在通知は メールでの「eお届け通知」のみで、それも利用するには 「ゆうびんID」なるものが必要になるので、そういったものを登録してないのに、メールが来たり、こういったSMSが届いた場合は、詐欺の可能性が非常に高いので気を付けて下さいね。 というご返答でした。 いや~。 引っかからないでよかったですよ。 ただ、偶然かもしれませんが、ちょっと巧妙になってるなっていうところをご紹介したいと思います。 郵便局を装ったSMSの不在者通知【フィッシング詐欺】が巧妙さを増している可能性を感じる点 まず、私が不在者通知に気づき、再配達の依頼をしたのがその日の前日。 再配達指定時間は12:00~14:00を指定したんですね。 そして、不在者通知による、フィッシング詐欺SMSを受け取ったのが、再配達指定時間より少し早い11:40なんです。 これ、その時はちゃんと家に居たたからいいですが、たまたま急用で少し出かけたりしていると、気づけたかな~~なんて思ったりして。 ですので、私なりに正規の郵便局と詐欺サイトをしっかり見分けるポイントをお伝えしようと思います。 郵便局を装ったフィッシング詐欺サイトを見分けるポイント まず、こちらがSMSに届いたURLのアクセス先 一見すると、全く違和感のない郵便局サイトですよね。 でも、画像で指定している通り、正規の郵便局のサイトとは決定的に違う点があるんです。 郵便局偽サイトを見分けるポイント1.URLが違う もうここだけ注意していただくと良いというか、どれだけサイトを似せて作成しても、やはりURL、すなわち ドメインだけはごまかしようがなくてですね。 郵便局の正規サイトのURLは 「 japanpost. jp」 「japanpost」の後ろには何も付かず、「. jp」となります。 このように、URLを似せて作成しているものの、やはり全く同じURLは使えませんので、ぜひこちらをまずご確認いただきたいと思います。 また、これからの可能性として、郵便局のドメインを少しだけ変更したドメイン、例えば 「japonpost. jp」 そういえば、昔ビックリマンシールのなんちゃってシールで裏のロゴの「ロッテ」の部分が「ロッチ」になってるガチャガチャあったっけ・・・ そんな感じの、紛らわしいのが出てくる可能性があるので、この辺りも注意していただければと思います。 また、現状ではSSL認証(南京錠のアイコン)がある程度信頼できますが、、これからはこういった偽サイトがSSL認証を取得する可能性もありますので、しっかりとURLが正規のものかどうか、確認していただければと思います。 郵便局偽サイトを見分けるポイント2.メニューアイコンがずれている これは、現状なので、これから修正されてしまうかもしれませんが、よく見るとロゴの横にある、 メニューのアイコンが下にずれてるんですよね。 こういった大きな企業は、特にこういうロゴやサイトデザインは細部にまで気を配るもの。 このような違和感を感じるデザインにはしないのが一般的です。 こちらが正規の日本郵政のサイトのロゴの部分。 でもって、こちらが先ほどの郵便局のサイトに似せたフィッシング詐欺サイト いかがでしょう。 詐欺サイトと比べるとちゃんと中央に寄ってるでしょ。 ロゴに限らず、何か少しでも違和感を感じたなら、こういった個人情報を入力せず、先に日本郵政に確認するようにすれば、引っかかる可能性も大幅に削減できるかと思います。 この他にも、日本郵政さんを装った詐欺案件はかなり多く発生しているようなので、ぜひこちらの日本郵政さんのサイトもご覧いただければと思います。 最後に いかがだったでしょう。 今回は僭越ながら、フィッシング詐欺の注意喚起をさせていただきました。 いや~・・・。 マジで物騒な世の中になってきましたね。 今回の私の再配達の指定時間と、詐欺SMS到着の時間が全くの偶然ならばいいのですが、日本郵政さんの情報が抜かれてる・・・なんてことはないですよね。 ちょっと心配になってきたw確認しとこっかな・・・。 では、今回の記事があなたの個人情報と資産プロテクトのお役に立てれば幸いです。 今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

次の