望月いそこ 新聞記者。 【東京新聞・望月記者】官房長官会見で記者の質問が制限されていることを知ってますか?

【衝撃事実】望月衣塑子の可愛い画像や夫の仕事について!出身高校や大学はどこ?

望月いそこ 新聞記者

東京新聞社会部記者。 慶應義塾大学法学部卒業後、東京・中日新聞に入社。 千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材する。 2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし、自民党と医療業界の利権構造を暴く。 東京地裁・高裁での裁判を担当し、その後経済部記者、社会部遊軍記者として、防衛省の武器輸出、軍学共同などをテーマに取材。 17年4月以降は、森友学園・加計学園問題の取材チームの一員となり、取材をしながら官房長官会見で質問し続けている 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです --このテキストは、版に関連付けられています。 話題の本でしたがなかなか手にとる機会がなかったのですが 某108円で本が売られてる店で売ってたので購入しました 道中に読破したんですが読後感があまりいいものじゃなかった 彼女の生い立ち新聞記者になるまでの話両親をがんで失ったという身の上話はともかく ここ数年のいわゆるもりかけ事件や山口敬之氏の伊藤詩織さんに対しての レイプ疑惑などを明らかに偏った目線で安倍政権が悪いに結び付ける描写はどうかと思いました なんかまるで自民党が悪の権化のように書かれててあまりいい気分はしませんでした 新聞記者ならもう少し客観的に記事を書けないのかと ここのレビューにもありますが野党から立候補するつもりなの?とそれを思いました 官邸の定例会見で官房長官に不思議な主張を長時間行い、記者クラブの司会者から「質問は要点をまとめて簡潔にお願いします」と注意を受けても、官房長官から「この場は政府に関する質疑をする場で、あなたの要求に答える場ではない」と注意されても主張を止めない様子を動画サイトでみて、どのような人物か興味が沸き読んでみた。 やはりこの人物は、基本的に思い込みが強く、結論ありきで客観的な事実を軽視(未確定の情報や憶測で結論に至っている)している印象を受けた。 相手の立場や意見を推し量れず、現実からズレた自己主張を繰り返し、周りから相手にされなくなっただけなのに「私の追及から逃げるなんてやましいことがあるに違いない」と思い込んで、執拗に攻撃しているとも受け取れる。 周囲からの指摘や注意をすべて跳ね除け、周りから味方が一人もいなくなっても一切省みることなく周囲を悪として切り捨て、ひたすら自分を正当化する神経は凄いとしか言いようがない。 悪人を退治する的なフィクション小説を書いたら面白いに違いない。 ジャーナリストとして官房長官に喰ってかかる望月記者に敬意を払いたい。 望月記者は菅官房長官定例会見に風穴を開けたが、これは特異なことでは一切無く、それまでの記者クラブ、少なくとも現在の日本のジャーナリストの姿勢がおかしかったのである。 本書は後半に進むにつれて痛快であるが、本書に大きく欠けている点がある。 それはジャーナリズムとは何か、ジャーナリストの仕事とは何であるかについての解説である。 よってその知識が欠けていると、ジャーナリストとして当たり前のことをしている望月記者に対して、本書を読んでも結局奇異な人だという感想に留まってしまうことはあるだろう。 しかしながら、ジャーナリズム論についてはジャーナリスト本人による解説より、即ち例えば本書の中で展開されるよりも、研究者によってなされる方が適切であると思う。 従って、本書を読むにあたっては適当なジャーナリズム論の解説書を併読されることをお勧めする。 書店の新書コーナーに平積みされていたので手にとってみました。 どこの新書も、「最先端の「知」を手軽に読者に届ける」と言うポリシーを謳っており、 事実国際的な経済情勢の分析や最先端の宇宙物理学、脳神経科学や数学の最新のレポートを纏めた著作物も多い中で、同じ「新書」のカテゴリーの中にこんな本が紛れ込んでいるところに、出版社の見識の低さを感じてしまいます。 自然科学にせよ人文科学にせよビジネスにせよ、「感情」や「情熱」はその結果を求める為に必要ですが、この著者としての「結論」は既に決まっていて、それを感情的にがなりたてるだけの内容には全く共感できません。 むしろ、これまで求められた客観的な事実を淡々と記述する自然科学や経済学の書籍にこそ、真実を求めてきた著者の感情や情熱を感じますが、この人の文章は結論ありきで歪んだメガネをかけたまま歩んできた過程を露出されているようで、とても読むに耐えません。 読者は、新書選びにも「目利きが必要である」ことを喚起してくれる点だけが(知的な意味では)唯一の美点です。 メディアの重要な役割は権力者に対するチェック…言い古された言葉ではあるが、それを実行できているメディア、そしてジャーナリストは、残念ながら今の日本えは数少ないのではないだろうか。 報道の自由の世界ランキングでは、日本は67位と、先進国とは思えない位置にある。 以前はもっと自由だったはずなのに、安倍政権になってから、順位を大きく落としている。 日本のメディアが「死滅」しそうなそんな状況下で、望月氏は彗星のごとく登場したジャーナリスト。 そんな彼女がどんな信念に基づいて取材を行っているのかが書かれている。 森友・加計問題、集団的自衛権問題、共謀罪問題、伊藤詩織さん事件など、まともな感覚を持つひとであれば「おかしい」と感じることが次々とこの国では起きている。 このような状況下望月氏は何を思い、どんな信念のもとに行動しているのか、この本ではわかりやすく述べられている。 決して難しい本ではなく、誰でも読みやすい文体で書かれたものである。 是非一人でも多くの人に読んで欲しいと思う。

次の

東京新聞「望月衣塑子」記者の弟が “詐欺まがい” オンラインサロン会員から悲鳴(デイリー新潮)

望月いそこ 新聞記者

こんにちは、豆太郎です! 東京新聞記者で菅官房長官へ鋭く切り込む望月衣塑子(いそこ)さん。 なぜ官邸は東京新聞の望月衣塑子記者を排除しようとしているか。 望月記者が「辺野古に投入されている土砂に、環境に悪影響を与える赤土が入ってる」ことを指摘したため。 業者の仕様書には「沖縄産の黒石岩ズリ」とある。 この追及に菅官房長官はまともに答弁せず、力づくで同記者を外そうとしている。 生の会見の様子を見ることができないので、動画で質問の様子をみると なるほど! と、なぜか納得してしまったんですよね。 なんだか気になるので、調べていくと 望月衣塑子(いそこ)さんのお父様も旦那さんも新聞記者なんです。 二人の子供を持ち、記者として忙しい毎日を過ごす一人の女性。 その視点を忘れずに、 官僚たちと果敢に戦っていく姿に感激してしまいました。 そんな望月衣塑子(いそこ)さんについて調べたことをまとめてみますね。 望月衣塑子(いそこ)の旦那さん 望月衣塑子(いそこ)さんの旦那さんに関する情報は、ネット上にはあまり出てきません。 ただ、全国紙の新聞記者であるという情報はいろんなところに出てきます。 可能性としては、朝日新聞か読売新聞くらいでしょうか。 彼女に関する記事をたくさん読んだ感覚からして、朝日新聞じゃないのかなぁ~と思っています。 その理由は、 望月衣塑子さんが就職するときに、新聞記者だったお父様から 「読売だけはやめてほしい」と言われたそうなので、読売新聞である可能性は低いと(勝手に)想像しています。 だって、お父さんから就職してほしくないって言われた新聞社に勤める彼氏を紹介しづらいですよね。 名古屋に単身赴任している旦那さんは月に2回だけ帰ってくるようです。 ということは、 新聞記者としてフルタイムで働きながら、二人のお子さんの食事や送り迎えなどをしているってことですよね。 新聞記者といえば、朝起きてすべての新聞に目を通し、週刊誌やその他の雑誌も読み、テレビやSNSもチェックするという超多忙な毎日です。 さらに、世間で話題になってから本の執筆や講演会なども行っていますから、ものすごい激務だと思います。 スゴイ人ですよね、いろんな意味で。 なぜ望月衣塑子(いそこ)は「頭がおかしい」と言われるのか? 望月衣塑子(いそこ)さんって本当に「頭がおかしい」のでしょうか? 彼女の質問のことを 「迷惑質問」と呼ぶ人がいるように、確かに質問を受ける側からすると、• 「またメンドクサイことを質問してきたなぁ~」• 「結局、何が知りたいの?」• 「前置きはいいから早く質問しろよー」 こんな印象を受ける質問がほとんどです。 「頭がおかしい」と言われるのは、質問の中に過激な意見が加わったり、話が非論理的だったりするからでしょうね。 しかし、よ~く質問を聞いてみると、あることがわかりました。 政治問題も含めてニュースって、ちょっと見ない間にどんどん話が進んでいって、話についていけなくなります。 だから、彼女は前提・文脈がわかるような質問をしているんですね。 実際に彼女はインタビューでこう答えています。 菅さんからコメントを引き出すだけじゃなく、なぜそういうことを聞いているのかを含めて文脈が伝わるように質問しています。 彼女が質問している内容について、これまで何も知らなかった人でもわかるようにしているんですね。 信憑性の低い週刊誌などの内容をベースに質問していたのも一般大衆・生活者目線を忘れずに、普通の人たちが気になることをズケズケと聞いてくれている。 そんな印象を受けますね。 次の本のタイトルは、「空気を読まないチカラをつける方法」にしてほしいな~。 1975年生まれ。 東京学芸大学附属高校出身で、慶応義塾大学卒です。 東京新聞の社会部記者として、2017年の夏頃から注目を浴び始めました。 彼女の四半世紀を綴ったと言われる『』という題名の本では、どのような経緯で新聞記者になり、いまの「評判」を得るようになったのか、その過程を知ることができます。 不透明な日本の政治に鋭く切り込んでいくママ記者をこれからも応援したいと思います!.

次の

右も左も関係ない。『i

望月いそこ 新聞記者

平日に2回行われる菅義偉官房長官の定例会見をめぐり、東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者とみられる「特定の記者」が「問題行為」を行っているとして、会見を主催する官邸の記者クラブ(内閣記者会)に対して「問題意識の共有」を求める文書を首相官邸が送った問題。 官邸は米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事の際の土砂投入をめぐる望月記者の質問をめぐり「事実誤認」があったと主張しているが、望月記者は菅氏らが現地の状況を自ら確認し、土砂の検査結果を沖縄県に出すように指示すべきだ、などと反発している。 これまでもたびたび、その激しい応酬が注目を集めてきた望月記者と菅氏。 会見場では、いったい何が起きていたのか。 「記者会見の意義が損なわれることを懸念」 官邸が特定記者の質問について申し入れするのは異例。 文書では「東京新聞の特定の記者」と名指しを避けているが、問題視している質問からすると、これまでも菅氏に厳しい質問をぶつけている望月衣塑子(いそこ)記者のことを指すことは明らかだ。 文書は2018年12月28日、上村秀紀・官邸報道室長名で出された。 12月26日の記者会見での望月記者の質問について、「事実誤認等」があったとする内容。 望月記者について 「東京新聞側に対し、これまでも累次にわたり、事実に基づかない質問は厳に慎んでいただくようお願いしてきました。 これに対し、同社からは、事実に基づく的確な質問を心掛けるよう同記者を指導していく旨の回答を繰り返し頂いてきましたが、にもかかわらず、再び事実に反する質問が行われたことは極めて遺憾です」 などと非難。 「事実に反する質問」が動画で流れることで「官房長官記者会見の意義が損なわれることを懸念」するとして、「問題意識の共有」を求める一方で、 「記者の質問の権利に何らかの条件や制限を設けること等を意図したものではありません」 と主張している。 問題視のきっかけとなった「赤土」問答 官邸が問題視したのは米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設工事をめぐる質問。 望月記者は 「民間業者の仕様書には沖縄産の黒色がんずりとあるのに、埋め立ての現場では今、赤土が広がっています。 琉球セメントは県の調査を拒否しており、沖縄防衛局は実態を把握できていない、としています。 埋め立てが適法に進んでいるか、確認ができておりません。 政府としてどう対処するおつもりなんでしょうか」 と聞いたのに対して、菅氏は「法的に基づいてしっかり行っています」。 望月記者は 「適法かどうか確認していない、ということを聞いているんですね。 粘土分を含む赤土の可能性が指摘されているにもかかわらず、発注者の国が事実確認をしないのは、行政の不作為にあたるのではないか」 と、質問と答えがかみ合っていないことを指摘すると、菅氏は「そんなことはありません!」と語気を荒げた。 そこに望月記者が 「それであれば、政府として防衛局にしっかり確認をさせ、仮に赤土に割合が高いのなら改めさせる必要があるんじゃないですか」 と重ねると、菅氏は「今答えたとおりです」とのみ反応して会見場を後にした。 本人も菅長官に「ご自分の目で確認し... 」 官邸は「赤土が広がっています」「琉球セメントは県の調査を拒否」「沖縄防衛局は実態を把握できていない」という望月記者の発言について、それぞれ(1)現場では埋立区域外の水域への汚濁防止措置を講じた上で工事を行っている(2)琉球セメントは沖縄県による立ち入り検査を受けている(3)沖縄防衛局は埋立工事前に埋立材が仕様書どおりの材料であることを確認している、などと反論。 これらを根拠に望月記者が「事実誤認」だと主張しているが、異論も出ている。 国民民主党の山井和則国対委員長代行は2月6日、上村秀紀・官邸報道室長らに対するヒヤリングを行い、直後に記者団に対して埋め立て現場の写真をタブレット端末で示しながら 「これはどうみても赤土。 これを事実誤認だと言われると、記者も質問しづらくなるのではないか」 と話した。 望月記者はこの問題を2月7日午後の記者会見で取り上げた。 自身が質問を始めると、すぐに司会者から「質問は簡潔にお願いします」「質問に移ってください」といった声が飛ぶという「質問妨害」にも言及しつつ、 「この文書は私や社への精神的圧力のみならず、知る権利を阻害する行為ではないのか」 「政府が事実誤認と言うのであれば、菅長官や長谷川氏(編注:長谷川栄一内閣広報官)自身が現場に行き、赤土が混じっているかご自分の目で確認し、(沖縄)防衛局に『数年前のものではなく、投入中の土砂の性状検査の結果をすぐに県に出せ』と指示すべきではないのか」 などと主張。 西村康稔官房副長官は 「いずれにしても建設的なやり取りができればと思いますし、できる限り政府としては、色々な質問にお答えしていく」 と応じた。 副長官が代理出席した場合を含むと、19年1月に34回行われた官房長官記者会見のうち、望月氏は11回で質問。 質問数は関連質問を含めると21問におよび、そのうち13問が辺野古移設に関連するものだ。 自らの主張を織り交ぜながら質問 官房長官会見の質問では、事実関係や見解を確認するにとどめる記者が大半だが、望月記者は自らの主張を織り交ぜながら質問するのが特徴だ。 1月17日午後の会見では、 「政府はなぜ、目で見て分かる赤土の問題を認められないのか」 「適法な手続きでやっているのであれば、正々堂々と、県が要求している調査を受けるべきではないのか」 などと主張。 菅氏は 「法的に基づいて行っています。 防衛局に聞いてください」 「正々堂々、法律に基づいて行っているという報告を受けている」 とのみ応じた。 1月18日午前の会見では、県民投票をめぐり 「5市の投票不参加は、法の下の平等に違反するが、若者がハンストで抗議の意を示さざるを得なくなっている。 この状況について政府の認識をお聞かせください」 などとして、投票不参加が違憲だと断定した上で質問。 菅氏の答えは、「その方に聞いてください」と、まったくかみ合わないものだった。 これ以外にも、同種類の質問であっても望月記者の質問だと答えない、と疑われる場面もあった。 1月8日午前の会見では、埋め立て海域にあるサンゴの移設問題で、望月記者が 「報道では、埋め立て海域全体では7万4000群体の移植が必要だが、移植が終わったのは別海域の沖縄浜サンゴの9群体にとどまる、としている」 などと政府の見解を改めて求めたのに対して、菅氏は 「『報道によれば』に答えることは、政府としてはいたしません。 どうぞ報道に問い合わせをしてほしいと思います」 と切り捨てた。 だが、1月17日午後の会見で、時事通信の記者が 「厚生労働省の事務次官を処分する方向で検討している、という一部報道がありますが、事実関係をお願いできますでしょうか」 と事実確認を求めると、菅氏は 「現時点において、報道のような処分を決定したという事実はありません」 と答えた。 新聞労連「本来は官房長官が間違いを正し、理解を求めていくべき」 今回の官邸による申し入れは、情報誌「選択」が2月1日にウェブサイトで指摘して広く知られるようになり、これを受ける形で、日本新聞労働連合組合(新聞労連)が2月5日付で 「政府との間に圧倒的な情報量の差があるなか、国民を代表する記者が事実関係を一つも間違えることなく質問することは不可能で、本来は官房長官が間違いを正し、理解を求めていくべきです。 官邸の意に沿わない記者を排除するような今回の申し入れは、明らかに記者の質問の権利を制限し、国民の『知る権利』を狭めるもので、決して容認することはできません。 厳重に抗議します」 とする抗議声明を出している。 (J-CASTニュース編集部 工藤博司).

次の