つるぎのまい 剣盾。 【剣盾シーズン8】ACエースバーン入り先行ダイマックス逃げ切りパ【レンタルチーム】

【ポケモン剣盾】欲張りな獣・・・ヨクバリスはメチャ強い【ミミッキュ対策】

つるぎのまい 剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】ギルガルドの育成論と対策

つるぎのまい 剣盾

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ポケモン剣盾】カジリガメの育成論と対策【3タテ雨エース!瞬足の亀】

つるぎのまい 剣盾

ドサイドン育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 ドサイドンは第4世代から登場しているポケモンだ。 「ポケモン剣盾(ソードシールド)」での育成論について紹介していく。 種族値はHP・攻撃・防御が高く、火力・物理耐久が非常に優れている。 鈍足で特防もとても低いがHPが高いために特殊耐久も致命的な低さではない。 弱点が6つと多いが、特性「ハードロック」によりダメージを軽減することができる。 弱点は突かれやすいが耐えやすいその性質から「じゃくてんほけん」との相性が非常に良い。 半減以下のタイプも6タイプと多く、圧倒的な物理耐久を持つことから、有利な相手には圧倒的に強く役割を持ちやすい。 ポケモン剣盾(ソードシールド)ではダイマックスが追加されたのが大きな強化点。 命中不安の岩技を「ダイロック」で必中で撃てるようになった上、 「すなあらし」状態にして特防を上げることが可能になった。 耐久も更に上昇し、4倍弱点すら耐えて「じゃくてんほけん」を発動させることもできる。 さらに、「10まんばりき」、「ヒートスタンプ」、「ボディプレス」といった技が覚えられるようになった。 元々強力なポケモンだったが、第8世代では更なる活躍が期待できると言える。 ) ひらいしん (電気技を受けた時、その技を無効化し特攻を1段階上げる。 ダブルバトルで、自分以外のポケモンが使った単体対象の電気技の攻撃対象を自分にする。 ) すてみ(隠れ特性) (反動を受ける技の威力が1. 2倍になる。 ) 考察 基本的に「ハードロック」一択と言っていい。。 弱点が6つと多いため、発動機会が多く、 特に2倍弱点は自身の耐久力の高さもあり、ほぼ耐えられるようになる。 ダイマックス時は4倍弱点すら耐えきり、「じゃくてんほけん」発動を狙うことができる。 「ひらいしん」はダブルでは候補だが、シングルでは選ぶ価値がない。 元々地面無効であり特攻が上がっても活かせない。 「すてみ」が適用されるのはタイプ不一致の「すてみタックル」「とっしん」のみ。 話にならないので候補外 なぜ、「もろはのずつき」を覚えないのだろうか? ドサイドンの姿からしてむしろ覚えないほうがおかしく思える。 この技さえ覚えれば「すてみ」の価値が出てくるのだが・・・ スポンサーリンク ドサイドンの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 じしん 地 100 100 なし タイプ一致技で威力と命中が安定している。 優先度はとても高い。 10まんばりき 地 95 95 なし タイプ一致技。 基本性能では「じしん」に劣る。 ダブルの場合やグラスフィールドを多用するなら採用しよう。 がんせきほう 岩 150 90 次ターン行動不可 タイプ一致技。 ダイロックで最高威力が出る。 相手ラス1でも使える。 威力はあるが命中不安。 地面無効の飛行や半減の虫へ刺さる。 ロックブラスト 岩 25 90 2~5回連続攻撃。 タイプ一致技。 威力期待値は低いが、「きあいのタスキ」、「みがわり」、「ばけのかわ」に強い。 いわなだれ 岩 75 90 ひるみ30% 命中がストーンエッジよりはいいが、威力が低め。 ドサイドンの低い素早さでは怯みを活かしづらい。 だが、連発しづらく物理耐久が下がるのが痛い。 元の素早さは低いので下がってもデメリットにはなりづらい。 ほのおのパンチ 炎 75 100 火傷10%。 威力は低めだが命中安定。 使用者の多いナットレイやアーマーガアに刺さるので優先度高め。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10%。 威力は低めだが命中安定。 苦手な草に刺さる。 ゆきなだれ 氷 60・120 100 優先度-4。 被弾で威力倍増 草に刺さり、鈍足なので相性がいい。 メガホーン 虫 120 85 なし 威力は高いが命中が不安。 苦手な草に刺さる。 ドラゴンテール 竜 60 90 優先度-6・相手交代 相手に積み技を防ぐ。 フェアリーには無効なので注意。 つのドリル 無 - 30 一撃必殺 どうしようもない相手に。 特に相手にも有効打がない場合に強力。 メタルバースト 鋼 - 100 そのターン受けた攻撃技ダメージを1. 5倍にして返す。 耐久力が高いので決まりやすい。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 ステルスロック 岩 - 相手の場をステルスロック状態にする。 サポート技。 流し性能が高く耐久力もあることから決めやすい。 最速にした状態で積めば130族抜きも可能。 元々ある火力を更に強化できる。 火傷対策にもなる。 ねむる 超 - 2ターン眠り状態。 全回復。 貴重な回復技。 「カゴのみ」とあわせて使うといい。 ほえる 無 - 相手ポケモンをランダムに交代させる。 強制流し手段。 みがわりやまもるを貫通し、積み技対策にもなる。 みがわり 無 - HPの4分の1を使って身代わりをつくる。 交代読みで使おう。 流し性能が高いので使いやすい。 素早さ低下は元々遅いので気にならない。 ダイマックスすれば、たとえ水・草の高火力技でも耐え、 「じゃくてんほけん」が発動するので、後攻の「ダイアース」「ダイロック」で仕留められる。 「ダイアース」では特防の能力値が上昇し、「ダイロック」では「すなあらし」状態になり特防が上がる。 相手の後続に特殊アタッカーが控えている場合でも戦うことができるようになる。 トリパで使う場合は性格を「ゆうかん」にしよう。 技は「じしん」と岩技は確定。 個人的におすすめは「ロックブラスト」。 こちらがダイマックスして厄介なのは「みがわり」による時間稼ぎ、 それが読めた場合に「ロックブラスト」を撃つといい。 「がんせきほう」も「ダイロック」の威力が「ロックブラスト」・「ストーンエッジ」より20も高くなるため選択肢となる。 残りの技構成は自由。 環境に多い ナットレイ・アーマーガアに刺さる「ほのおのパンチ」の優先度が高め。 「ダイバーン」を撃て防御特化 ナットレイも一撃で倒せる。 火傷させられると機能停止してしまう。 よって、攻撃を上げられる「つるぎのまい」、攻撃力が関係ない「つのドリル」の優先度も高め。 HP244、特防204振りで トゲキッスのわるだくみ+ダイフェアリーを1発は確実に耐えることができる。 それ以外の特殊アタッカーに対しても十分な特殊耐久が得られ、「ダイロック」や「ダイアース」を使えば特殊耐久を更に上げられる。 攻撃にはわずかにしか触れなかったがそれでも火力はそこそこ高く、物理耐久もある。 多くの相手に繰り出すことが可能で、相手の攻撃を耐えつつ反撃して負荷を与えることができる。 技は「じしん」と岩技は確定。 残りの技構成はパーティメンバーとも相談して決めていこう。 火力はそこそこあるとはいえ攻撃には振っていないので、突破できない相手用に「つのドリル」の優先度が高め。 環境に多い ナットレイ・アーマーガアに刺さる「ほのおのパンチ」の優先度も高め。 耐久型が高いのを活かせる「メタルバースト」も選択肢としてありえる。 素早さ196振り補正なしで100族のリザードンなどを抜く調整にしているポケモンまで抜ける。 最速にすれば130族抜きも可能だが、ドラパルトは抜けない。 素早さは100族抜き抜きまで振り、残りを耐久に回すのをおすすめする。 第7世代以前と異なり、ロックカット後にダイマックスすることで手薄な耐久をある程度補うことができる。 技は「じしん」と岩技は確定。 「ばけのかわ」や「きあいのタスキ」対策に「ロックブラスト」を覚えておくのが個人的にはおすすめ。 突破できない耐久型の場合や火傷させられた時の機能停止を防ぐために、「つのドリル」の優先度が高め。 環境に多い ナットレイ・アーマーガアに刺さる「ほのおのパンチ」の優先度も高め。 スポンサーリンク ドサイドンのパーティメンバー考察 ドサイドンは弱点が水・草・氷・格闘・地面・鋼と多い。。 「じゃくてんほけん」で弱点をつかれるのも作戦とはいえるが、耐えきれない攻撃もあるためやはりこれらのタイプを受けられるポケモンをパーティに入れておきたい。 おすすめは水・飛行タイプの ギャラドスだ。 ドサイドンの弱点である水・格闘・鋼を半減でき、地面は無効、草・氷も等倍で受けられる。 また、ドサイドンは ギャラドスの弱点である電気を無効、岩を半減することができる。 ドサイドンは素早さが低いので、最遅にしてトリパで運用するのも選択肢となる。 その場合は当然、トリックルームの始動用のポケモンが必要。 ドサイドンの対策 注意点 ・非常に高い火力と物理耐久。 ・特性「ハードロック」と耐久の高さ、弱点の多さを活かした「じゃくてんほけん」での火力強化。 ・型が読みづらい。 物理アタッカー、耐久型、ロックカット型など様々。 対策方法 倒せもしないのに弱点をつくと「じゃくてんほけん」を持っていた場合は超火力で攻撃されてしまうのが怖い。 氷・格闘・地面・鋼のアタッカーの場合はむしろ危険ですらある。 特殊耐久が脆いので4倍弱点である水・草タイプの特殊アタッカーで攻撃するのが有効な対策。 ただし、ダイマックスされれば、それすら耐えてくることもある。 「とつげきチョッキ」を持っていたり、「ダイロック」・「ダイアース」で特殊耐久を上げてくる場合もあるので注意しよう。 ダメージ量や相手の行動から努力値振りや道具を見極めることが大切だ。 火傷にすることで物理アタッカーとしての機能停止を狙うことも可能。 ただし、「つのドリル」、「つるぎのまい」、「ラムのみ」などに注意したい。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の