禍と渦の違い。 コロナ禍って何て読んでどんな意味?コロナ渦間違いでコロナ鍋でもない!

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

禍と渦の違い

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の

今月のラジオポワロコロナ禍の「禍」と「渦」の違い

禍と渦の違い

「コロナ 渦」はなんて読む?の読み方や意味は? 「コロナ 渦」の読み方に迷ってしまう…そんな声も結構多く上がっています。 『 渦中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。 『コロナ 渦』の読み方や意味 調査した結果から、 『コロナ 渦』の読み方や意味について考えてみましょう! m3. 日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ 禍」を使ったネットニュースですね。 Twitter ツイッター上で「コロナ 禍」を最も早く使ったツイートです。 結局ばらまかれたけど症状は大したことないみたいになるんじゃないかなー? あと、感染源がヘビという話もあるけど、ヘビって発熱しないよね? ピット器官! —. nicovideo. オリンピック開催可否に関する内容ですね。 w yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね! 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトル&本文に使われている記事数比較 細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。 ちなみに、期間は2020年4月6日以前です。 コロナ 禍 = 約3600万件 コロナ 渦 = 約 290万件 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトルのみに使われている記事数比較 コロナ 禍 = 24000件 コロナ 渦 = 783件 比較結果 明らかに「 禍」の方が「 渦」よりも多いですね! タイトル&本文 では 約12. 4倍 の差 タイトルのみ では 約30倍 の差 「 禍=わざわい」という意味合いを表現として用いる方が状況にマッチしているんでしょうね。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

禍と渦の違い

コロナ禍とコロナ渦はどちらが正しい? ネットメディアなどを見ていると、「コロナ渦」と記載しているものも見かけます。 渦も「か」と読むので、おそらくこちらも「コロナか」と読むのでしょう。 本来なら、こういうケースでは「わざわい」を意味する「禍」を使うのが正しいのではないか?と思うのですが、意外と「コロナ渦」と書いているところも多いんですよね。 一部では、新型コロナだから「コロナ渦」と記載する、なんて書かれているものもありました。 コロナ禍について まとめ コロナ禍の意味や使い方について、ご紹介しました。 まとめると、• 禍の意味はわざわいや良くないこと• 現在は「コロナ禍」「コロナ渦」が混在している となります。 コロナ禍によって大規模なイベントが続々と中止になったり、オリンピックも延期が濃厚になりました。 世界でも多くの人が感染し、命を落としているコロナウイルス。 未知のものであるため恐怖はなくなりませんが、適切な対応でコロナ禍を乗り越えていきましょう。

次の