グレイ アルトリア。 【ロード・エルメロイ2世の事件簿】グレイがかわいい!過去や正体、アルトリア顔の理由は?【fate】

【ロード・エルメロイ2世の事件簿】グレイがかわいい!過去や正体、アルトリア顔の理由は?【fate】

グレイ アルトリア

増殖の経緯 これはNotesの代表取締役であり、キャラクターデザインを担当した 社長の完全な趣味。 さすがに社長の女房役である脚本の氏も、「俺のセイバーを女にしやがった」と当初はイラッと来てしまったらしい。 加えて、 アルトリアのキャラクターデザインを練った時期、武内氏は騎士姫キャラにどっぷりとハマっており、自分の思いの丈をぶつけて生まれたのが、現在のアルトリアのデザインなのだとか。 増えるアルトリア顔 シリーズが人気作として成長し、アルトリアも「セイバー」の通称でシリーズの顔役となっていく。 何作かの派生・外伝を発表していく中、新シリーズ『』が製作される。 ここで真っ赤なドレスを着たややのセイバーらしき少女が登場したことで、また盛り上がりを見せる。 これと前後してシリーズの化の案が浮上するが、諸々の事情から没となる。 そしてそのメインヒロインとしてアルトリアによく似た紫色をメインカラーとする少女が登場し、一時期はというあだ名も頂戴していた。 その端っこで、エイプリルフール企画『』では「増え続けるセイバー顔を抹殺する謎のヒロイン」という、公式自らが増殖問題をネタにしたが登場。 さらには「けっきょくセイバーじゃねえか!ぶっとばずぞ武内!」と言わしめた『』出身のなど、着々とアルトリアと同じ顔が量産されていく。 この頃には 「セイバー顔じゃなきゃデザイン描かない! 」というが通じるまでに、武内氏の性癖は周知のものとなってしまっていた。 半ば、一番の箴言者である古参ファンさえ、もう諦めの境地に達しかけていた。 公式もここに来て積極的に自虐ネタにする、前向きさを発揮し始める。 伝承上でもアーサー王の落胤であるので似ていておかしくはないのだが、「技術による」というもっともらしい設定もひっ付けて、かなり似せている。 また、『』では読者投稿の英霊としてベトナムセイバーこと「黎利」が登場。 アルトリア顔になった理由は伝説が完全にアーサー王のそれであったため。 そして『』の配信とともに、 社長のエンジンはフルスロットルに。 つまり、 アルトリアの別側面の発掘という大義名分のもとにアルトリア顔の量産が可能になったことを意味する。 実際、配信直後からオリジナル・オルタ・リリィの三騎が実装され、クリスマスイベントのサンタオルタさん配布を皮切りに着実に数を増やし続けている。 アルトリア顔の括りに拡大すると、キャスターの水着ネロ、アヴェンジャーのジャンヌオルタ、アルターエゴの魔神セイバー 沖田オルタ が対象となり、ムーンキャンサーを除いた全クラスを網羅できる。 こんな状態なので、 【敵単体に超強力な〔アルトリア顔〕特攻攻撃】というメタい効果を発揮するヒロインXの「」は、なんと計29サーヴァントを対象にする始末。 各種特攻のなかでもかなり広範に効果を及ぼす宝具になってしまった。 現代パラレル系のバリエーションを除くと何気に初の英霊ではない現代人となる。 現在では、ファンも武内氏の性癖に呆れつつ 「次はどんなアルトリアが来るか」と、ちょっと楽しむ余裕が出てきている。 余談 「アルトリアとそっくりな顔立ち」というファン側の主観に寄るネタであるため、その定義は曖昧になりがち。 ひとつの目安としては、「FGOにおいてヒロインXの宝具の特攻対象になるサーヴァント」は公式公認のアルトリア顔と言っていい。 また、公式やファンというメタ視点からアルトリア顔扱いされるキャラクターが、必ずしも劇中においてもそうであるとは限らない。 アルトリア顔の代表格であるネロやジャンヌにしても、劇中キャラクターから「そっくり」と言及されることはほぼない(たとえばアルトリアをよく知るガウェインは、ネロを見ても特別な反応をしていない)。 あくまでイラスト上でそっくりなだけなのである。 逆にイラストで複数人並べて描かれる時は服装や髪型、各々の個性 表情や仕草 で描き分けされる。 また、 『空想科学読本』第11巻でが紹介された際には 版権の都合で セイバーらしさは抑えつつも、コレジャナイ感も上手いこと折衷されたセイバーが描かれている。 こちらはリボンが赤い。 二次創作 投稿者によるの中にもアルトリア顔を意識して作られたキャラが登場することがある。 アルトリアの 姉という設定のキャスター.

次の

アルトリア・オルタのフェアリーテイル

グレイ アルトリア

概要 [ ] 『』とのコラボイベント『レディ・ライネスの事件簿』で、「」のとして登場した。 略歴 イベント『レディ・ライネスの事件簿』にて登場。 状況を把握できないままサーヴァントとして召喚されてしまうが、らの窮地に駆けつける形で合流、共に事件の解決を目指す。 人物 の内弟子。 フードを目深に被った少女。 フード下の素顔は英霊とうり二つ。 基本的に人見知りで引っ込み思案。 田舎育ちで都会に慣れておらず、すこし離れたところから見守る癖がある。 もっとも、根は温和で我慢強く、意外と人好きのする性質のため、大抵の場所にしばらくすれば馴染んでいく。 ただし、嫌悪感と恐怖心を抱いている自身の顔について言及されるとダメらしい。 アサシンのクラスになっているのは、アッドの「武器を隠している」という特性がクラスの判定に適用されたため。 ライネスからは全く似合わないと言われてしまっている。 なお、ライネス曰く「グレイはまだしも、私やルヴィアにはサーヴァントになるような経歴がない」とのことなので、グレイ自身は「出師表」なしでもサーヴァントとなる可能性はゼロではなかったのかもしれない。 アッドを様々な形状に変化させて戦う。 スキル「王の映し身」により、現代人としてはありえないほどの高いステータスを誇る。 事件簿本編では宝具を除けばサーヴァントと互角に渡り合うほどの力までは持っていなかったようなので、サーヴァントとなったことで戦闘力の底上げがなされていると思われる。 ちなみにアーサー王の肉体の再現ではあるが、竜特性は所持していない。 世界の表裏を繋ぎ止める錨であり、彼女が扱う槍はその錨の影。 影でさえ本来は人間であるグレイの手に余るため、普段は封印礼装のアッドの内側に封じられている。 必要に応じて封印は解放される。 アッドが様々な形状の武器に変わるのも、この聖槍から溢れる力を利用したもの。 アッドの他にも更に「十三拘束」と呼ばれる封印がかけられているが、『Grand Order』中では解放されていない模様。 十三の拘束と封印礼装によって、二重に力を制限されてもなお、かの聖槍の輝きが失われることはない。 真名:グレイ [ ] ウェールズにある霊園「ブラックモアの墓地」の秘術を受け継いだ少女。 その正体はかつて、とある一族がつくりだそうとした王の器。 その肉体は、忠実に往古の英雄を再現しており、現代の人間にはあるまじき性能を発揮する。 しかし、グレイ本人にしてみれば、それらの変化は幼い頃急激に起こったもので、いまだ自分の顔だとは受け容れられていない。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 期間限定イベント『レディ・ライネスの事件簿』開催に伴い実装。 イベント報酬。 お互いがサーヴァントとなってもその関係性に変わりはない。 師匠の義妹の疑似サーヴァント。 の疑似サーヴァント。 言動は元とそっくりだとか。 「生前」の自分がなるはずだったもの。 やはり複雑な感慨を抱いている。 かつて師匠が召喚したサーヴァント。 やはり思い入れがあるのか、見た途端テンションが上がって師匠に報告しに行こうとするほど。 上記のイスカンダルの若い頃の姿のサーヴァント。 かなり戸惑ってはいたが、それでも仲良くしたいと思っている模様。 バレンタインの贈り物にファッジを作る際、エミヤ共々協力してもらったとのこと。 ……実際のところ、「生前」に時計塔で対面した経験があってもおかしくないのだが、今のところそれについては言及されていない。

次の

グレイ (宇宙人)

グレイ アルトリア

2019年夏アニメ 『ロード・エルメロイII世の事件簿』より、メインキャラクターの1人である グレイについてまとめました! エルメロイII世の内弟子で世話係、そして何より本作の助手的な立場にある彼女の背景や人となり、フードを被る理由をお届けします! グレイ キャラクター概要 出典 : Amazon. jp 『ロード・エルメロイII世の事件簿』に登場する女性キャラクター。 ウェールズの辺境の霊園「ブラックモアの墓地」出身の少女で、年齢は15歳前後。 エルメロイII世が第五次聖杯戦に備え協力者として対霊専門家を探していた際、案内役として彼女が選任され、そこで起こった事件を経てエルメロイII世の門下生となり、時計塔に入学しました。 外見上における最大の特徴は、 目深に被ったフードです。 ただし髪は灰色(銀色)なので、常時全く同じ外見という訳ではありません。 周囲に人がほとんどいない閉鎖的な環境下で育った生い立ちが人格形成に多大な影響を与えており、内向的で無口な性格に加え、人の多い場所も苦手。 時計塔の生徒になったものの、立場は魔術師見習いであり、魔術や魔術師社会に関する知識もほぼ皆無だったこともあり、自分に対する自信が全く持てず、自己評価はかなり低めです。 その反面、魔術を使用しない 戦闘技術は優れており、魔術礼装 「アッド」が変化した姿の大鎌 「死神の鎌(グリム・リーパー)」を武器として戦います。 自分を村から連れ出し、人生を一変させてくれたエルメロイII世を慕っており、彼の身の回りの世話をする時計塔での生活に深い思い入れを持つようになります。 その日常の中で彼女自身も少しずつ変わり始め、当初と比べると感情表現も豊かになり、精神的な成長を見せています。 対霊戦においては死神の鎌(グリム・リーパー)によって霊体や魔力を補食し、身体能力を大幅にアップさせることも可能。 ただし、当の本人は霊体に対する感応性が極めて強く、霊の本質が見え過ぎるがため 幽霊が大の苦手のようです。 エルメロイII世の義妹、 ライネス・エルメロイ・アーチゾルテとは良好な関係を築いており、一緒に食事したり映画を観に行ったりする仲。 エルメロイ教室における人間関係はまだまだ改善の余地があり、兄妹弟子の フラット・エスカルドスと スヴィン・グラシュエートに対しては 苦手意識を持っています。 ただし彼女に対する周囲の目は決して冷ややかではなく、特にスヴィンからは共感と 恋愛感情を抱かれているようで、ストーカーのようにつきまとわれています。 右手に忍ばせているアッドは 自我らしきものを持つタイプの珍しい魔術礼装で、人語を解するため幼少時から友達のように接しています。 毒舌家かつ皮肉屋のためグレイのことを悪し様に言うことも多々ありますが、関係性に何ら影響はないようです。 一人称は「拙(せつ)」。 魔術属性は「地」。

次の