レタス 黒い粒。 茄子の【黒い種や斑点】どこまで食べられる?腐った状態の見分け方

レタス栽培で気をつけるべき害虫アブラムシとなめくじの対処方法

レタス 黒い粒

スポンサーリンク キャベツの葉っぱの黒い点々は何? キャベツの葉の先にポツポツと黒い点々がある事があります。 これが少しならいいですが、びっしり黒い斑点があったりしますね。 「まぁ素敵な黒いふちどり…」などと当然思える訳もなく、ただただこれは平気なのかと不安になります。 見た目がタイルの目地に発生する黒カビに似ていますから、まさかカビではなかろうかとも思いますよね。 このようなキャベツの葉っぱの先にある黒い点々の正体は何か調べてみました。 キャベツの葉先にある黒い斑点の正体 これは現在筆者の家にあるキャベツの一部。 参考までに。 きれいなキャベツですので、目立って黒くなっている部分はありません。 ですが、よーく見ると赤く丸で囲った所にわずかに黒い点があります。 ひどいとこういった黒い点々が一目でわかる位たくさんついていますよね。 そうなると気持ち悪いです。 まず、こういったキャベツの葉っぱの真っ黒で小さな点々、これはカビではありません。 ご安心下さい。 では何なのかというと、 「内部黒変症状」というキャベツの生理現象によるものです。 具体的に何かというと、いわゆる 冷凍焼けです。 この黒い点々、多くは春先に出回るキャベツに付きます。 春先のキャベツ畑の夜はとても寒いです。 夜間、畑のキャベツの内側の水分が寒さで凍り、葉っぱに氷が付きます。 そして朝になって太陽が昇り暖かくなると急激に気温の変化が起こります。 そうすると急な温度差で氷が付いていた部分の細胞が傷つき、黒く変色してしまうのです。 春は1日の寒暖の差が大きくなりますから黒い点々ができやすいのです。 もちろんこの現象は葉っぱの先以外でも起こります。 葉っぱの真ん中あたりに黒い点々があっても同じように氷によって変色した部分です。 このように黒い斑点が出ている部分も害はありませんので食べられます。 ですが味は悪いです。 そして見た目も気持ち悪いですし…その部分はちぎって捨てて使いましょう。 キャベツに黒いシミがある場合は食べられる? 黒い点々以外に黒い大きなシミのようになっていたりする事もありますよね。 これもやはり内側の葉っぱに突然現れたりします。 いきなり内側に大きな変色部分があると虫がいるんじゃないかと思ってドキドキしますよね。 このようにキャベツに黒いシミができている場合も、大体が水分が凍った事によるものです。 ただ点々と違うのが、そこから腐る可能性があるという事です。 その名も 「キャベツ腐敗病」。 実は大きく黒いシミになっている所は、元々は茶色い斑点でした。 そこの傷ついた部分から細菌が入り、たくさんの点々がつながって大きなシミになり、色も黒くなって最後にはその部分が腐っていきます。 黒くなっていても腐ったニオイはしません。 ちなみにJAあいちさんによると細菌に感染してはいますが、それはカビではないそうです。 そして基本的にそこより内側に被害が広がる事があまりないという事です。 このように黒くシミになっている場合も、その部分を取り除いてしまえば食べられます。 でも、人体に害はないとはいえ細菌がいた葉っぱですから、生ではなく火を通して食べた方がいいかもしれませんね。 もし黒いシミを発見したらすぐに取り除くようにするといいですね。 スポンサーリンク キャベツの茎に黒い筋がある場合は? 葉っぱにできる黒い点々、広がった黒いシミ、それ以外にもキャベツの葉っぱの固い茎の部分に黒い筋がある事もあります。 下手するとこの黒い筋はキャベツ一玉ほとんどの茎にあったりします。 何だか葉脈が黒くなっているように見えますから、変な物を吸い上げてないかと心配になりますよね。 でもこれもキャベツの生理障害ですので、 食べても問題ありません。 このように茎の部分に黒い筋が入るのは、いわゆるキャベツのカルシウム不足によって起こる症状、その名も「黒あざ症」です。 これはキャベツの他に大根などのアブラナ科の野菜に起こりやすい症状で、上手くキャベツがカルシウムを吸収できないと葉脈が黒く変色する症状です。 ひどくなるとキャベツの中心の部分が黒く枯れたようになり、茎の中は黒い空洞になります。 これも見た目は悪いですが問題なく食べられます。 黒いシミと違って細菌の感染もありませんから生で食べても大丈夫です。 最後に キャベツの黒い斑点やシミは大抵内側の葉っぱにあります。 外側の葉に隠れているので買う時にはわかりづらいです。 でも、やっぱり見た目と味が良くないですから、その部分は取り除いて食べる事をおすすめします。

次の

レタスの病気・害虫

レタス 黒い粒

リーフレタスが掛かる病気の要因と多い症状 リーフレタス は乾燥には強いのですが、多湿を極端に嫌う野菜です。 日当たりが良く冷涼な気候を好みますので、気温が高い多湿の時期に栽培すると 病気の発生 が多くなります。 畑の水はけを良くして多湿にならないように注意しましょう。 また、キク科の野菜を植えた後にリーフレタスを連作すると 病気が発生 しやすくなります。 リーフレタスに発生する病気 の主な症状は 葉が黄色くなる・葉に水じみが出来る・外葉の縁が褐色になる・根元が腐る・葉に穴が空く・葉が萎れる・葉が枯れる・株がブヨブヨになる・成長が悪くなる などです。 リーフレタスの斑点細菌病 リーフレタスの外葉の縁に水が染みたような 褐色の斑点 が出来る。 発生しやすい時期 :4~11月 特徴 :土壌感染するので早急な治療が必要 発生条件 :細菌による病気で外葉に不整形の褐色の斑点が出来始め症状が進むと葉が枯れる。 治療方法 :薬剤による治療が可能。 リーフレタスの腐敗病 リーフレタスの結球した外葉に黒光りの 不整形な褐色の病斑 が現れて腐敗する。 発生しやすい時期 :10~11月 特徴 :細菌が原因の病気で最近の種類により出る症状が異なる。 最後は株が腐敗してしまう。 発生条件 :高温で多湿で多発します。 治療方法 :薬剤による治療のみ可能。 リーフレタスの灰色かび病 リーフレタスの葉の縁に 灰色のカビ が生えて徐々に病斑が広がっていく。 発生しやすい時期 :6~10月 特徴 :他の株にも伝染する。 切り取った葉を地面に残しておくとそこでも菌が繁殖してしまう。 発生条件 :気温が低く雨が続くと多発する。 治療方法 :薬剤での治療が可能。 リーフレタスが掛かるその他の病気は? 根腐病:根の表面に病斑が出来る べと病:葉に染みたような斑点が出来る 軟腐病:株の根が腐る リーフレタスの病気の発生を防ぐための対策は? リーフレタスの病気を予防するには多湿にならないように乾燥気味で育てる事が大事です。 用土は有機系肥料(堆肥)を多めに施してふかふかで水はけの良い土壌作りを心掛けましょう。 細菌が発生原因の病気は菌自らが野菜に伝播することは出来ません。 人為的な感染・害虫による感染・自然現象による感染などで病気が発症します。 これらの原因によって病気が感染するのを防ぐために、使用した道具の消毒を行い、害虫を駆除する、切り取った葉や果実は畑の外に持ち出して処分するなどは徹底して行いましょう。 リーフレタスは乾燥には強いのですが多湿を極度に嫌いますので、水やりは用土の表面が乾いた時に少量だけ細目に行うようにします。 水はけが悪い土壌で雨が多い気候で病気が多発しやすいので、梅雨時期と秋の長雨時期の水やりは極力控えることも病気を防ぐ上で重要なポイントです。

次の

レタスの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

レタス 黒い粒

バイエル クロップサイエンス(株)で合成・開発された、新しい系統の殺虫剤で、きゅうり、ナスなど野菜の定植時に植え穴処理をすることによって、アブラムシ類やミナミキイロアザミウマを長期間防除することができます。 ネオニコチノイド系の薬剤で、作用機構も有機リン剤、カーバメイト剤、合成ピレスロイ ド剤などとは異なり、これらの剤に抵抗性を持った害虫に対しても優れた効果を示しま す。 浸透移行性があり、きゅうり、なすなど果菜類の定植時の植穴処理で難防除害虫のアブラ ムシ類やミナミキイロアザミウマ、タバココナジラミの発生を長期間抑え、これらの害虫 に対する生育期の防除回数を低減できます。 稲のツマグロヨコバイ、ヒメトビウンカが媒介するウイルス病(萎縮病、縞葉枯病)や黄萎 病の感染防止効果があります。 かんきつ(苗木)の株元に散布するだけで、ミカンハモグリガを長期間防除します。 だいこんのは種時に播溝施用することでアブラムシ類の防除ができます。 こんにゃくの培土処理により長期間アブラムシの発生を抑えます。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。 5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。 蚕に対して長期間毒性がありますので、絶対に桑葉にかからないようにして下さい。 ミツバチに対して影響がありますので、ミツバチの巣箱およびその周辺にかからないようにして下さい。 本剤の作物への処理後、ミツバチの訪花活動に影響を及ぼす恐れがありますので注意して下さい。 養蜂が行われている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチの危害防止に努めて下さい。 きくのミナミキイロアザミウマに使用する場合、生育期後半に使用すると効果が不十分になる場合がありますので生育期前半に使用して下さい。 本剤をだいこんに使用する場合、間引き菜またはつまみ菜として食用には供さないで下さい。 トマト、ミニトマト、なす、ピーマン、とうがらし類、きゅうり、メロンの育苗期後半に使用する場合は、直径9cm以上のポットで育苗した苗に使用することとし、それ以外での使用は薬害を生じる恐れがありますので避けて下さい。 かんきつに使用する場合には、今期に収穫の見込みのない苗木に使用し、散布後灌水をして下さい。 効果発現が遅れることがありますので、対象害虫発生前に使用して下さい。 本剤を稲及びれんこんに散布で使用する場合には、湛水状態で均一に散布し、散布後少なくとも7日間はそのまま湛水状態を保ち、落水、かけ流しはしないこと。 本剤の使用に当っては使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、とくに初めて使用する場合には病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 適用作物群に属する作物またはその新品種に本剤を初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用して下さい。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 安全使用・保管上の注意• 取扱いには十分注意して下さい。 誤って飲み込んだ場合には吐きださせ、直ちに医師の手当を受けさせて下さい。 本剤使用中に身体に異常を感じた場合には直ちに医師の手当を受けて下さい。 使用の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用して下さい。 また粉末を吸い込んだり浴びたりしないよう注意し、作業後は手足、顔などを石けんでよく洗い、うがいをして下さい。 直射日光を避け、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管して下さい。

次の