アレクサンダー ズベレフ。 アレクサンダー・ズベレフの両親や兄弟は?すごい年収と彼女や経歴は?

サーブが信じられない方向へ。ズベレフ、ダブルフォルトの悩みが更に深刻に

アレクサンダー ズベレフ

「アドリア・ツアー」は13日と14日にセルビア・ベオグラードで、20日と21日にクロアチア・ザダルで開催。 ベオグラードでは4,000人の観客がソーシャルディスタンスなしで集まり、マスクをしている者も少数だった。 またジョコビッチら選手もマスクなしでハグなどの身体的接触を行う姿が見られていた。 しかし20日、ディミトロフが(クロアチア)との試合後に体調不良のため、急遽モナコへ帰国。 翌21日に検査の結果陽性であることが分かった。 これを受けて大会側は同日既に試合を行っていたものの、残っていた決勝を中止に。 22日には、ディミトロフと対戦したチョリッチが検査の結果、無症状ではあるものの、陽性であることが分かった。 その後も、ザダルでプレーしていたズベレフ、チリッチ、ルブレフも、それぞれ自身のTwitterで検査結果を発表。 陰性であることが分かっている。 またそれぞれ陰性ではあるものの、念のため自主隔離期間を設けるとしている。 一方大会側からは、ディミトロフの陽性が分かり21日の決勝を中止する旨を発表して以降、日本時間23日午前5時時点では更なる発表はない。 ジョコビッチは主催ということもあり、他の選手以上に他人との接触が多かったと思われるが、検査の結果どころか検査を受けたかどうかについても公式のアナウンスはされていない。

次の

ミーシャ・ズベレフ

アレクサンダー ズベレフ

「アドリア・ツアー」は13日と14日にセルビア・ベオグラードで、20日と21日にクロアチア・ザダルで開催。 ベオグラードでは4,000人の観客がソーシャルディスタンスなしで集まり、マスクをしている者も少数だった。 またジョコビッチら選手もマスクなしでハグなどの身体的接触を行う姿が見られていた。 しかし20日、ディミトロフが(クロアチア)との試合後に体調不良のため、急遽モナコへ帰国。 翌21日に検査の結果陽性であることが分かった。 これを受けて大会側は同日既に試合を行っていたものの、残っていた決勝を中止に。 22日には、ディミトロフと対戦したチョリッチが検査の結果、無症状ではあるものの、陽性であることが分かった。 その後も、ザダルでプレーしていたズベレフ、チリッチ、ルブレフも、それぞれ自身のTwitterで検査結果を発表。 陰性であることが分かっている。 またそれぞれ陰性ではあるものの、念のため自主隔離期間を設けるとしている。 一方大会側からは、ディミトロフの陽性が分かり21日の決勝を中止する旨を発表して以降、日本時間23日午前5時時点では更なる発表はない。 ジョコビッチは主催ということもあり、他の選手以上に他人との接触が多かったと思われるが、検査の結果どころか検査を受けたかどうかについても公式のアナウンスはされていない。

次の

アレクサンダー・ズベレフのプレースタイル

アレクサンダー ズベレフ

既に3個のマスターズ1000のタイトルを持つ、23歳で世界7位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)。 彼は昨年からダブルフォルトの多さに悩まされているが、解決するのはまだ先のようだ。 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が主催する非公式大会「アドリア・ツアー」で、20日に世界157位のDanilo Petrovic(セルビア)と対戦したズベレフは、またも課題を露呈。 1セットのゲーム数が短いにもかかわらず、12本ものダブルフォルトをしてしまったとテニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが伝えている。 ダブルフォルトの仕方も酷く、サービスラインどころかベースラインすらも越えてしまうもの、左のサービスコートに入れるべきものが右に大きく逸れてしまうものさえあった。 セカンドサーブのようなスピードでファーストサーブを打っても入らず、試合の終盤にはラケットを投げつけてしまう場面も。 その結果、この試合は3 2 -4、3 1 -4で敗れている。 新型コロナウイルスの影響でツアーが中断し、ロックダウンとなっていた時も、ズベレフはジムでトレーニングができ「サーブを改善したい」と語っていたが、その効果は出ていないようだ。 「何の前触れもなく、去年はサーブが課題になった。 その前はサーブに問題を抱えたことなんてなかった。 以前はいつでも自分のリズムを保てていたんだけど、去年からちょっと、サーブがうまくいかなくなると、どうにもならない感じになっている」と当時語っていた。 またこの「アドリア・ツアー」では、同日に出場していたグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)が体調不良を訴え、翌日新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出たことが発覚。 ズベレフもマスクなしでハグなどの接触を行っていたため感染が心配されたが、検査の結果陰性であることが分かった。

次の