ディズニー混み予想。 ディズニーランドの一日の入場者数ってどのぐらいなんでしょうか?平...

ディズニーJTBギフト観光券とは?チケット利用法と景品も可能?

ディズニー混み予想

3月中旬まではキャンパスデー効果でアトラクション激混み 3月のディズニーランド・ディズニーシーは、2月に引き続き学生がとても多く、 アトラクションが激混みになります。 3月にもなると入試休み自体は少なくなりますが、もう受験が終わった中高生、授業のない中高生、すでに春休みの大学生など、学生は平日も休みになっているので、平日はとにかく混雑します。 キャンパスデーパスポートの効果も相まって、アトラクション目当ての学生が多くなります。 今年はイベント期間が終わる3月19日までは、ずっとこの傾向が続きます。 3月の混雑は春休みがピークで、そこに向けてどんどんと混雑していくため、 行くなら早めのほうが空いています。 イベントがない期間も油断はできない混雑に 3月20~26日は、ディズニーランドもディズニーシーもイベントがない期間になります。 キャンパスデーパスポート期間も終わるため、前週までと比べると学生がやや少なくなりますが、それでも混雑するのが3月。 春休みに向けて、学生以外の客層もどんどん増えていきます。 3月20~22日が3連休になっていますが、 この時期の3連休はそこまで激混みにはなりません。 ちょうどイベント期間が終わった反動で、空いているわけではありませんが、入園制限の可能性も高くないと予想しています。 むしろ、3月は平日がめちゃくちゃ混雑しているので、それと同じくらいで3連休だろうが大して変わらないと言ったほうが正確かもしれません。 春休みは毎日が入園制限レベル!とくにディズニーシーは激混み ディズニーランド・ディズニーシーが1年で一番混雑する、それこそダントツで、ぶっちぎりで混雑しているのがこの3月末の春休みです。 もう春休みになってしまうと曜日は関係ありません。 土日だろうが平日だろうが、毎日が入園制限レベルの混雑になると考えてください。 とくに注意しなければならないのがディズニーシーです。 春は毎年イベント『ディズニー・イースター』が開催されていますが、ディズニーランドは今年新エリアのオープンが控えており、集客はそちらで十分という判断だったのか、イベントがありません。 つまり、 27日からディズニーシーだけがイベントを開催しています。 ただでさえ混雑する春休み+イベントで、ディズニーシーはとくに入園制限がかかる可能性が高いです。 2019年(TDR35周年) 17日 日 TDS 12:00~14:30 24日 日 TDL 12:00~14:30 2018年 27日 土 TDSイベント初日 TDS 11:10~16:00 31日 土 TDSのみイベント TDS 11:40~13:50 2016年 20日 日 TDL 9:30~13:00 TDS 12:00~15:20 29日 火 TDL 8:25~16:30 TDS 11:00~17:00 30日 水 TDL 10:00~16:45 2015年 6日 金 TDL 12:15~16:30 7日 土 TDL 8:30~15:15 14日 土 TDL 8:00~19:30 TDS 10:00~14:00 15日 日 TDL 8:40~18:00 TDS 11:15~14:00 20日 金 イベント最終日 TDL 17:00~19:00 21日 土 TDL 10:00~18:00 30日 月 TDL 10:50~19:00 31日 火 TDL 9:50~19:00 3月は1年で一番混雑する月なので、過去5年だけでもこれだけ入園制限がかかっています。 だいたいが3月下旬に集中していて、イベントの有無に関わらず入園制限がかかっていることからわかるように、春休みはとにかく混雑します。 2015年は『アナと雪の女王』公開後、東京ディズニーランドで初めて開催されたアナ雪イベントで、 映画自体の流行も相まって過去に例のない混雑になった年です。 3月と言えどもこだけ入園制限がかかることは、極めて異例な例外と思って大丈夫です。 2020年3月のホテルを予約する.

次の

ディズニーホテルをお得に予約!格安に利用するコツや裏技

ディズニー混み予想

東京ディズニーランド・ディズニーシーを含むディズニーリゾートが2020年7月1日 水 から両パークの再開を決定しました。 休園から4ヶ月、ディズニーファンの方は再開を心待ちにしていたことと思います。 久しぶりのディズニーランド再開とあって、7月の混雑予想やいつ空いてるのか気になりますよね。 まだまだ密を避けて生活しなくてはならない状況下の中、入場者数や入場制限がどうなるのか、人混み対策に関してもまだ心配な部分がたくさんあります。 行くまでにも、交通機関は高速バスに乗って移動しても大丈夫か心配ですし、電車が空いてる曜日や時間帯で移動したり、人が室内で密集する待ち時間は少しでも少なくしたいところ。 今回の再開で、平日土日や曜日に関係なく、エントランスのゲートに並ぶ時点でかなりの混雑具合が予想されます。 だからこそ、少しでも空いてる時期に行きたいですよね。 そこで、今回はディズニーランドの7月混雑予想といつ空いてるかについてと、入場者数や入場制限がどうなるのか予想しながらまとめていきます。 この夏に行かれる方は、ぜひ今回の記事の混雑予想を参考にしてください。 休園期間にも多くのショー・パレード、イベントが中止になっていましたが、再会後はどうなるのか気になりますよね。 さらに、4月15日に予定していた大規模開発エリアの開業がいつなのかも注目されています。 早速、ショー・パレード、イベントの状況からみていきましょう。 ディズニーランドショー・パレード開催日は? 季節ごとのディズニーランドのショー・パレードやイベントを楽しみにしている方も多いですよね。 再開後のショー・パレードやイベントはどうなるのか、ディズニーランドとディズニーシーで、それぞれ詳しく調査してみました。 また、多くの人がこれを目がけて予定を組んでいたであろう4月15日(水)に予定されていた大規模開発エリアの開業は、両パーク再開後の様子を見て決定されるとのことです。 最新情報が分かり次第、こちらの記事に追記していきます。 イベント関係が続々と中止になっているため、土日平日を問わず普段よりも比較的入りやすいのではないかと予想されます。 しかし、大規模開発エリアの開業や延期して実施される「ハッピーフェア・ウィズ・ベイマックス」が始まると、特にディズニーランドでは混雑してくるかもしれませんね。 ディズニーランド7月混雑予想いつ空いてる? 早速7月と8月のディズニーランドの混雑予想を紹介していきます。 <ディズニーランドの混雑予想カレンダー> 7月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 6月25日午後3時に7月分の日付指定の入場チケットが公式サイトで販売されましたが、早くも購入希望者がかなり殺到しています。 予想以上に来場者が殺到しそうですが、ディズニー公式では、7月のチケットを各日何枚販売するという発表をしていません。 そのため、ディズニーが想定しているよりも人数が上回る場合のみ、入場規制をかけると思われます。 上回らない場合は、夏休みが始まる頃に大混雑が始まると予測されます。 やはり狙い目は、平日ですが、それ以前にサイトに入れないという方も大勢いるため、早くサーバーの混雑状況も落ち着いてくれるといいですね。 ディズニーランド8月混雑予想いつ空いてる? 8月 日 月 火 水 木 金 土 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 待ち時間30分未満(空いている) 待ち時間30分〜(普通の平日並み) 待ち時間60分〜(混雑する期間の平日) 待ち時間90分(普通の土日) 8月は、再開後で待っていたディズニーファンが殺到することに加えて、夏休み真っただ中という状況で、かなりの大混雑が予想されます。 夏休みやお盆休みを加味すると、7月よりも8月の方が混雑する可能性が高いです。 再開後もまだまだコロナの感染の恐れはありますが、多くの方が来園予定を立てられるのが、お盆と夏休みですよね。 入場制限がかかる場合、感染対策でどこまで混雑状況をおさえてくれるのかは、オリエンタルランドの方針にかかっています。 ディズニーランドのエントランスゲート混雑予想は? ディズニーに行った際に一番最初の「並ぶ」闘いは、エントランスゲートですよね。 東京ディズニーリゾートアプリでのファストパス取得が可能になってからは、このパーク入場する順番がファストパスを制する者になってきています。 以前はファストパス発券機までダッシュする光景が普通でしたが、今ではエントランス付近でスマホをいじっている光景が広がります。 しかし、休園明けのディズニーは当面の間(コロナ終息まで)、ファストパスの利用はできません。 エントランスゲートでのキャラクターの出迎えは中止されており、エントランスで並ぶ際もソーシャルディスタンスを保つための誘導に従う必要があります。 これらの対策や入場制限を考慮すると、そこまで混雑することはないでしょう。 エントランスゲートの待ち時間は? 問題は、個々人で動いている間ソーシャルディスタンスを保てるかどうか、密にならない工夫をすることです。 交通機関別の混雑状況を予測していきます。 <最も早い便で来る場合> 電車・モノレールを使う場合:大体6時過ぎ着が一番早いかと思います。 電車・モノレールは休園前もコロナの影響はほとんどなく、多くの方が利用をしていたそうです。 また、車のない学生は電車・モノレールで来園するので、この時間帯の人が一番多いかと思います。 なので、開演3時間以上前にパークエントランスゲートに到着できれば最前列に並ぶことができるかと思います。 ディズニーランドホテルやホテルミラコスタに宿泊している場合は、開場15分前にパークに入場することができるので、並ぶことなく一番に入園することができます。 しかし、ディズニーホテルは予約も取れない上にお値段もかなりのもの… ディズニーに行く日は、並ぶのも待つのも楽しい時間の一つとして、朝早起きを頑張りましょう! レストラン混雑予想は? ディズニーに行った時の楽しみの一つ、食事も大切ですよね。 できれば混雑を避けて、快適にストレスなく食事したいと思う方ばかりなはず休園明けのレストランの混み具合は来園者数も毎年の同時期と変わらない数が見込まれているので、かなりの混雑が予想されます。 ゆっくり広々と食事を楽しめる予約制のレストラン等は、元々大人気で予約困難なことに加えて、コロナ感染の危険性が少ないことからも予約を取ることはなかなか難しいでしょう。 食事時間をずらす等の策が一番ですが、ついつい連続してファストパスを取ってしまいがちなので、お昼時間を考慮してのファストパス取得を心がけましょう。 混雑を避けたい、食事は手っ取り早く済ませたいという方は、ワゴン販売の軽食でお腹を満たし、遅めのお昼を取るのがよいかもしれません。 食事中はマスクも外し、テーブルを囲んで密になって食事をとるので、コロナ感染の可能性も高まります。 ディズニーランドで発表されているコロナ対策なども詳しく調査してみました。 安全に過ごすためにも、ディスニーがどのような対策を取っているのか、早速みていきましょう。 ディズニーランドでは、当面の間あらかじめオンラインで日付指定のあるチケットを購入した人のみが入園できるようにすると発表しています。 合わせて、ソーシャルディスタンス確保のために入園時間が異なる3種類のチケットが販売されます。 日付指定チケット以外では入園することができませんので、入場者数が想定よりも上回る場合のみ、入場制限が行われると予想されます。 ここで気になるのが、ディズニーの普段の混雑状況まで入場者数のキャパをもたせているかということ。 人と人との接触や密度のリスクを減らすために、通常よりも入場者数の上限を低くしている可能性もあります。 入場者数は通常の50%以下に制限すると発表されました! 逆に、想定される入場者数を上回らない場合は、入場制限をかけないと予測されます。 園内ではゲスト同士のソーシャルディスタンスを保つため、パレードでは目印が書かれた位置にそれぞれ立つことになります。 アトラクションの入場制限やコロナ対策は? アトラクションは2割を休止しています。 時間予約のできるファストパスは利用できません。 並ぶ際も、各々距離を保ちながら列に並び、乗車の際もグループごとで座席の間隔を空けて座ります。 グリーティングは中止? 東京ディズニーランドは ある団体の"洗脳"出先機関 — あいひん BABYLONBU5TER エントランスでの出迎えの他、「ミッキーの家とミート・ミッキー」などのグリーティング施設での記念撮影も休止されています。 ただし、ミッキーはミニーマウス、プルート、ドナルドダック、グーフィーと一緒にフロートに乗ってパレードルートに登場します。 少し遠巻きながらもミッキーには会える可能性があるということで、嬉しいですね! ショップの入場制限やコロナ対策は? 各ショップでは、以下のような対応をする予定です。 東京ディズニーランドとディズニーシーが、2020年2月29日~6月30日までの休園を発表し、多くの人に衝撃を与えていました。 その影響で、休園前からディズニーランドやディズニーシーのアトラクション待ち時間やレストランやエントランスのゲートの混雑状況を危惧して、来園者数は減り空いていることが多かったようです。 それでも、多くの人が東京ディズニーリゾートのアトラクションやレストランを楽しんでいる様子がツイッターにもあげられているのが見受けられました。 普段から平日土日関係なく混雑し、空いてる時期がわずかと言われるディズニーランド。 7月と8月の混雑予想では、通常よりは比較的空いている日が多いものの、日付指定のチケットのみでしか入園できないので、計画的に来演したいところです。 入場者数や入場制限に対する対策もしっかり取られていますが、マスクの着用やアルコール消毒を徹底して、安全に過ごせるようにしたいですね。 アトラクション待ち時間やレストラン、エントランスのゲートの開場前の混雑状況が新型コロナウイルスの蔓延条件である「屋内で長時間大人数のいるとこにいること」というのをきっちり満たしているのが今一番の不安要素ですよね。 これから学校の夏休みが始まると、さらに来場者が増えることが予想されます。 不安があっても、おそらく休園明けには、多くの人が再開を喜んで平日土日問わず来園するかもしれません。 新エリア開業も待ち望まれる中、今後どのような動きを見せていくのか心配ですが、安心して東京ディズニーリゾートを楽しめるよう、空いてる時期・空いてるアトラクションや時間帯を把握して、今から準備をしておいてはいかがでしょうか?.

次の

【ディズニーランド】毎日更新!本日のパーク アトラクション リアルタイム 運営状況

ディズニー混み予想

春休みは混む?ディズニーランド3月の混雑予想 東京ディズニーランドの2020年3月の混雑予想カレンダーです。 () だんだんと暖かくなっていく3月は、年間を通してみても特に混雑しやすい月となっています。 キャンパスデー・パスポートという学生限定の割引チケットが販売されている時期であるうえ、小学生から大学生まで春休みに入るからです。 特に下旬は混雑が厳しくなりがちで、どのアトラクションもレストランも、長蛇の列を作ることになるでしょう。 2020年3月混雑予想カレンダー• A:空いている。 人気アトラクション30分待ち前後• B:普通レベル。 人気アトラクション45分待ち前後• C:やや混雑。 人気アトラクション60分待ち前後• D:かなりの混雑。 人気アトラクション90分待ち以上• E:大混雑。 人気アトラクション120分待ち以上• S:非常に混雑。 人気アトラクション150分待ち以上 イベント・祝祭日• 3月14日:ホワイトデー(祝祭日ではない)• 学生にとっては春休みですので、休日も平日も変わりません。 毎日のように相当の混雑となりますので、覚悟していきましょう。 また、入園規制がかかることもありますので、できるだけ早めにパークに到着しておきましょう。 おすすめのイベント 3月には目立ったイベントは開催されていません。 2月と同じように、小さなキャンペーンがいくつか開催されているくらいです。 ですので、イベントが開催されている他の季節と比べると、それほどスペシャル感はありません。 そのほか注意事項 だんだんと暖かくなってきて、日によっては5月上旬並みの気温になったりすることもありますが、急に寒い日がやってくるなんてこともよくあります。 前日が暖かかったからと言って、当日が寒くならないというわけではありませんので、事前にちゃんと天気予報で最高気温と最低気温をチェックしてから遊びに行きましょう。 また、これは人によるのですが、もう一つ気をつけておきたいのが花粉症です。 毎年この時期には花粉の飛散量がピークを迎えます。 魔法の国とは言っても、花粉は防ぐことができませんので、ご自身でちゃんと対策をしていきましょう。 ティッシュやアレルギー用の目薬などもお忘れなく。 卒業を迎えたり、受験が終わって開放的になっているのか、混雑ぶりはなかなかだったと思います。 軽食を取ろうと並ぶとなかなか出てこれないですし、お土産を買おうとしても本当にたくさんの学生さんがお店にいて、一緒に来た友達をその場で探そうとしているのかちょっと邪魔でした。 正直混雑ぶりを見て、時期をずらせばよかったと反省しました。 学生さんは元気があっていいのですが、並びのマナーなどを守らない子も大勢いる(一人が並んでいたら、いきなり10人くらい前に貼られたことがある)うえ、それを注意する大人がいないんですよね…高校生くらいになると。 とは言いましても、2日間遊んだ訳ではありません。 実際に入場して、遊んだのは15日だけです。 長男が今年小学校を卒業するので、中学生になったら部活等も忙しくなり、家族揃って東京ディズニーランドへ遊びに行くことも難しくなるだろうとの思いから、その前の週にチケットを購入したのです。 天候が悪くては楽しくないだろうからと、日付指定をしないチケットにしました。 14日は家を早めに出発したものの、途中高速道路が3ヶ所も渋滞し、東京ディズニーランドへ到着したのは、開門直前でした。 その日は、入場制限が掛かる程の混雑で、外側のゲート付近で、入場を断られてしまいました。 そして、翌日再度チャレンジ。 出発を早め、高速道路のルートも変更し、確実に入場出来るよう準備して向かった甲斐があり、無事入場出来ました。 当日はどのアトラクションも長い列を作っており、また、ポップコーン1つ買うにも1時間以上待たされることもありました。 ショックだったのは、ファストパスを取ったビックサンダーマウンテンが夕方に停止になってしまったことでした。 何とか、家族での思い出作りにはなった1日でしたが、卒業シーズンの3月は非常に混雑するシーズンなのだと、改めて思いました。 天気はちょうど晴れていました。 3月の土日は混み合うというのは覚悟していたのですが、やはり結構人が多かったです。 人は多かったのですが、やはりディズニーランドに行くと、とてもテンションが上がります。 ファストパスを取って、うまく時間を使ったり、美味しい食べ物を食べたり、お土産を見たり、ディズニーランドにはもう何度も行っているのですがとても楽しいです。 3月は混み合いますが、しかし、天候も暑すぎず寒すぎず、ちょうどいい時期なので、この時期に遊びに行きたくなります。 そして、ちょうど、母親の誕生日なので、誕生日のお祝いとう意味合いも込めての旅行となります。 関西からディズニーランドに行きますので、どうしても土日しか行けないのですが、毎回楽しませてもらいます。 3月はちょうどいい気候なので、パレードをじっくり見たり、アトラクションに並ぶのも苦にならなくていいです。 3月は春休みに向かうに連れて混むと聞いていたので、長女の幼稚園の休みを利用して春休み前の平日に行きましたが、卒業旅行と思われる高校生グループが多く、かなり混んでいました。 高校生が好きな絶叫系も2時間待ちは当たり前の状況でしたが、小さい子どもが乗るメリーゴーランドやアリスのティーパーティーも常に30分待ち、ダンボは60分待ちでした。 通路も人が溢れていて、ベビーカーを持って行っていたのでたくさんの人にぶつかってしまい迷惑だったと思います。 特に、今年はアナと雪の女王のパレードとワンスアポンタイムが20日まで(ワンスは延長されましたが)というものあって、混んでいたのではないかと思います。 それでも、私たちはバケーションパッケージでファストパスを持っていたため、まだ効率よく回ることができた方だと思います。 その日の気温は、ダウンを着ていれば寒さを感じることはなく過ごせたのでよかったです。 二歳の娘はディズニーデビューです!混雑をさけて、飛行機とホテルのパックを予約したのですが、なんと当日は雨の予報。 予約なので日にちをずらすわけにもいかず、晴れ間がでることを祈って行きましたが、なんと一日中雨のディズニーランドでした。 娘にはカッパを着せて、ベビーカーには専用の雨よけをかけて、完全防備でのぞみましたが、やはりまだ三月だし雨だし寒くて大変でした…。 遠方からの旅行で、いつもの混雑しているディズニーを知らないため、当日は雨なのに何でこんなに人がいるのー!と驚いたのですが、キャストの方いわく空いている方とのことで、また驚きました。 アリスのティーカップやイッツアスモールワールド、プーさんのハニーハントなど、娘の喜ぶアトラクションはほぼ雨は関係ないものばかりだったので良かったです。 また、雨でもトムソーヤ島はものすごく楽しそうに散策していたので、晴れだったらもっと楽しかっただろうな…とは思いましたが、雨のディズニーもまた良い思い出になりました。 天気は良く晴れて過ごしやすく、上着を脱いでも寒さを感じない程度でした。 当時、娘は生後9ヶ月で、トゥーンタウンにある授乳室を初めて利用させてもらったのですが、ミルクを作るお湯はもちろん、哺乳瓶を冷やす氷水まで設置されてあって、さすがはディズニーだなと思いました。 氷水が置かれているところは他に見たことがありません。 広々としてて快適に利用できました。 また、午後のパレードは1時間近く前から席を取っていたので、シンデレラ城を背にして前から2,3列目を確保することができました。 右側からパレードが来るかたちですが、非常にいいアングルで写真撮影ができてよかったです。 1時間ほど前でここまでいい席を確保できたということは、さほど混んでいなかったということかもしれません。 やはりインパークするなら平日に限りますね。 本来、行く予定は無かったのですが、子供手当てが入ったこともあり、娘が行きたいと行っていたのでせっかくだからと遊びに行くことにしました。 ランドとシーのどっちがいいかと考えた結果、ランドに行くことに決まりました。 行く前から、必ず乗りたい乗り物を決めて、乗る順番とご飯の時間などを決めました。 当日は3月ということもあってかまだ寒い時期でしたが、意外と暖かくて、持っていったダウンは日中は邪魔でした。 ただ、シンデレラ城のライトアップなんかを見たかったので、夜の気温を考えるとダウンなどの上着は持っていって正解でした。 また、3月中旬の土曜日ということで混雑もすごいかなと思いましたが、私が想像していたよりは混んでいない気がしました。 これがあと1~2週間くらいしたら、卒業した学生さんたちが友達同士で遊びに来て混むのかなと思いました。 母は50代、私は20代、息子は2歳でした。 ちょうど息子が3月生まれなので、そのお祝いも兼ねてのディズニーランドでした。 私たちが行ったのは3月中旬でしたので、それはそれは混んでいました。 春先のお出かけ日和で、天気も良かったです。 その分、人もとても多かったです。 子供が小さいので、アトラクション系は諦めていましたが、人気のアトラクションは2~3時間待ちのものがいくつもありました。 春休み中の学生や、家族連れが非常に多かったです。 大学生のカップルやグループ、中高生の子達、赤ちゃんから小学生くらいまでの子供を連れた親子を多く見かけました。 3月のディズニーランドは、気候の良さと春休みでかなりの混雑を覚悟したほうがいいと思います。 私も母も人混みが苦手なので、着いた時点でグッタリしてしまいました。 子供は楽しそうだったので良かったですが、誕生日とはいえ来年は、少しずらして行こうかなと思っています。 娘の希望で、ビビデバビデブティックでベルに変身しました。 お天気が午後から雨で悪かったのですが、午前中はドレス姿で色々と周れました。 雨が降ってもカッパを着れば意外と大丈夫で、ドレスで乗れないアトラクションは特にありませんでした。 ノースリーブのドレスなので、ヒートテックの長袖(白)を着せて、白いマントを羽織らせました。 この日はそんなに寒くは無かったのですが、冬のように寒い日は更に腹巻をすると冷えなくて良いかなと思います。 春休み中で混雑してましたが、バケーションパッケージでポリネシアンテラスレストランの予約も済んでいましたので、とても効率良く楽しめました。 パッケージにファストパスが付いていましたので、プーさんのハニーハントで利用しました。 7歳の娘はまだジェットコースターは苦手でしたので、イッツアスモールワールドやダンボ、そしてゴールデンカルーセルといった定番物で大満足でした。 そして午後、シンデレラ城の白雪姫の井戸を眺めていた時のことです。 何と、ベルの姿の娘の前に白雪姫の王子が現れて、娘をエスコートしてくれたのです!これは本当にラッキーで、親子ともに大感激でした。 夕方からエレクトリカルパレードまでの間は、ディズニーランドホテルのビュッフェで夕飯を済ませ、最後まで歩いたりアトラクションを楽しんだりしました。 娘にとりましては、今までで一番最高の誕生日だったと思います。 当日は晴れでしたが、まだまだ肌寒かったです。 ディズニーランドホテルに宿泊していたので、ハッピー15エントリーで通常開園の15分前に入園。 その後、FPを取りながら空いた時間で乗れそうなアトラクションを、スマホを使って待ち時間検索して、効率よくまわりました。 14時にプレミアムガイドツアーを予約してあったので、1日でかなりの数のアトラクションにライドすることができました。 また、同行者に車椅子の人がいたので、ガイドツアー中はFPルートよりさらに短いスタッフ専用ルートで行けました。 そのおかげもあって、かなり楽でした。 夕食はれすとらん北斎で食べましたが、当日はとにかく凄い混雑だったので事前にPSで予約しておいて本当によかったです。 エレクトリカルパレードもプレミアムガイドツアーの特典で専用スペースで鑑賞できたので、1時間前から場所取りすることもなく、ゆったり観ることができました。 朝はヒヤッとしましたが、日中は程よく暖かく、パーク日和となりました。 しかし、やっぱり3月下旬。 皆さん考えることは同じです。 たくさんの家族連れ、高校生らしき団体、修学旅行らしき、地方の学生さんたち、大学生層の大騒ぎな人たちなどで大混雑でした。 入場するにも長蛇の列で、遠くからキャラクターが見えるのですが、もうそのキャラクターの前にも列ができていました。 キャラクターとの写真をあきらめ、ファストパスを取るため走りました。 それでも、人が多すぎて、うまく走ることができませんでした。 やっと着いたバズライトイヤーのアトラクションのパスを取り、その後、プーさんに走りましたが、もう手遅れでした…。 ファーストパスは終了。 まだ、朝の9時半なのに…。 かなりショックでした。 こんな日はどこに行っても2時間待ちが平均で、退屈でした。 そのかわり、待っている間に、新しいフレイバーのポップコーンを食べたり、食べたことのなかったおやつをみんなで分けながら、いろいろ試し、感想を言い合ったりして過ごしました。 こんな過ごし方もありかなと思いました。 ただ、子供にとっては、いくつ乗ったかが問題なわけで、たいして乗れなかったことはかわいそうに思いました。 今度は、平日の、しかも人気のない季節に思いっきり遊べるようにしたいです。 当日は天気も良くお出かけ日和だったので、ものすごく混雑していました。 もちろん予想はしていたのですが、思っていた以上の混雑に正直ビックリしました。 ハニーハントとビッグサンダー・マウンテンはMAXで150分待ちくらいまでいったと思います。 混んではいたものの、そこはやはり夢の国と言うこともあり、とても楽しい時間を過ごすことができました。 今度はもうちょっと空いている日に行って、アトラクションをもっと満喫したいです。 笑 上旬はそんなことないと思うのですが、中旬から下旬はそれはもうすごい混雑となります。 実際にゴールデンウィークやお盆休みに行ったことがないので比較のしようがありませんが、おそらくゴールデンウィークやお盆休みと同じくらいの混雑だったのではないかと思います。 モンスターズインクもハニーハントもバズも昼前にはファストパスが発券終了となっていたと思います。 もし可能であればもうちょっと後の4月頃に遊びに行くことをおすすめします。 わたしが「もう二度と行きたくない」と思うのは春休みです。 3月の終わりに何度か行ったことがあるのですが、混雑具合が半端ないです。 春休みは休みが短いことや卒業旅行などで、とにかく混みます。 アトラクションの90分待ちや120分待ちは当たり前で、150分や180分待ちなんてのもザラでした。 食事も思うように摂れないし、小さいお子様のいるご家族は春休みは避けたほうが無難だと思います。 ただ、卒業旅行のシーズンなので、若者が多いせいか園内はどことなく華やかです。 待ち時間に聴こえてくる若者たちの会話が、結構愉しかったりしました。 晴れていましたが、まだ肌寒い時期でした。 人気のアトラクションはやはり1時間から2時間だったりしましたがそんな中、頑張って乗る事ができた定番の「ビッグサンダー・マウンテン」と「スペース・マウンテン」は楽しかったです。 トゥモローランドにあるスペース・マウンテンは、なかなかスリルがありました。 そして、お土産ですが、色々ある中、私のおすすめは缶入りクッキーです。 パッケージがかわいいので、家で小物入れとして使っています。 3月の大混雑している日に遊びに行き、アトラクションやレストランの待ち時間も長かったのですが、それでも楽しかったです。 本当にいつ行っても新しいイベントで楽しませてくれるので、何回行っても飽きることがありません。 今度はもう少し空いているときにでもまた行きたいですね。 それは東京ディズニーランドのアトラクション・エリアの中で、トゥーンタウンのお兄さんお姉さんは特に笑顔が素晴らしいということです。 ここに集まるお客さんの多くが家族連れという事もあると思いますが、とにかくここの従業員さん達の笑顔がズバ抜けて優しく、愛に満ちあふれているように思います。 仕事とは言え、アッパレです。 私も子供ができたら、絶対ここに連れて行こうと思っているくらいです。 春休みで天気も良いということもあって、あちこち大混雑でした。 人気アトラクションも120分待ちは当たり前のような状況です。 ファストパスを取りに走ったり、ちょこまかする姪と甥を大人しくさせたり…としているうちに私も兄もへとへとになってしまいました。 そんな時に気が付いたのは「トムソーヤ島」というアトラクションです。 いかだ風のボートに乗ってトムソーヤ島に行けるのですが、つり橋や洞窟やツリーハウスなどといった子供心をくすぐるものがたくさんあるのです。 それに、このトムソーヤ島はあまり広くない小島なので迷子の心配も少なく、はぐれても少し探せば見つけられます。 それこそランドではぐれてしまったら大騒ぎですからひと時も目が話せませんが、トムソーヤ島なら場所を決めて自由に遊んでもらいつつくたびれた大人は休憩してました。 他のアトラクションに比べればインパクトに欠けますが、お子さんがいるならおすすめのアトラクションです。

次の