ルビーナ 命の母。 【更年期障害】市販薬ルビーナと命の母Aは何が違う?その成分・効果を徹底的に分析

【Q&A】ルビーナめぐりと命の母ホワイトの使用についての質問です[No23571]

ルビーナ 命の母

Contents• 命の母には更年期症状に対してどんな効果効能があるのかを詳しくチェック 女性特有の更年期症状に効果が期待されると評判の命の母A。 サプリメントではなく、東洋医学の観点から作られた漢方の医薬品です。 更年期は女性ホルモンの減少から自律神経の乱れによって引き起こされるものという考えに基づき、自律神経のバランスを整える作用があります。 具体的には東洋医学的な「血」「気」「水」の巡りをよくする生薬が配合されています。 それぞれの効能は以下の通り。 ・血 「お血(けつ)」といわれる血の滞りによって、女性特有の不調が現れると考えらています。 血が足りなくなりがちな女性のために、血を増やし、血行を良くします。 ・気 気が滞ると、気持ちが落ち込んだり頭がぼーっとしたり、耳鳴りやめまい、イライラなど、精神面の症状が現れやすくなります。 気の巡りを整えて精神面を落ち着けます。 ・水 体内の水が滞ると、だるさやめまい、頭重感などを感じやすくなります。 水の巡りを整えて精神面や冷え性などを改善します。 更年期の症状として多いのぼせやホットフラッシュ、多汗などのほか、イライラや気分の落ち込みへの効果も期待できます。 命の母Aに配合されている漢方の成分を知って更年期に備える 命の母Aは更年期症状の改善を目的としたお薬です。 東洋医学に基づいて生薬が配合されており、いわば「漢方薬」に近いと考えるとよいでしょう。 ところで東洋医学と西洋医学の違いとは? 現代の一般的な西洋医学は、目や耳、内臓など、体のある部分の疾患に目を向け、悪い症状を改善しようという考え方。 一方の東洋医学は体全体のバランスが乱れることによって不調が現れるという考えです。 ですから部分的に治癒を目指すのではなく、まず体のバランスを整えることで自然治癒力を高め、症状を改善するという医学です。 命の母Aには13種類もの生薬が配合されています。 それぞれの成分の効能は以下の通り。 ・血の巡りを整え、お血を改善する ダイオウ・センキュウ・コウカ ・血を増やし、貧血や冷えなどを改善する シャクヤク・トウキ ・気の巡りをよくする ケイヒ・コウブシ ・気の流れを自然の状態にすることで心を落ち着ける カノコソウ・ニンジン ・体内の水分の滞りを解消し、めまいやだるさを改善する ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュユ ・去痰やその他の症状を改善する ハンゲ 婦人科系のトラブルに対応する生薬が豊富に配合されているのが分かりますね。 命の母Aと命の母ホワイトは何がちがうのか成分や効能をチェック 女性特有のトラブルや悩みに寄り添う命の母シリーズ。 命の母Aと命の母ホワイトの違いはあるのでしょうか。 命の母Aは、中高年の更年期症状を軽減する作用があります。 13種類の生薬を配合し、さらにビタミン類をバランスよく加えているため、更年期の幅広い症状に対応します。 とくに更年期症状のイライラや憂鬱感など、精神的な症状にも効果が期待できます。 命の母ホワイトは、生理に関するトラブルに効果を発揮します。 生理痛や頭痛などのほか、PMS(月経前症候群)で起こるイライラや倦怠感、冷えや生理不順といった体質的な悩みも症状の軽減が期待できます。 東洋医学の、血が滞ることで身体の様々な不調が引き起こされる(お血)という考え方から、お血を改善するための生薬が多数配合されています。 命の母Aを効果的に服用するために覚えておきたい飲み方のポイント つらい更年期症状を改善してくれる命の母A。 効果を高める飲み方があれば押さえておきたいですね。 命の母Aは、生薬をエキス上にせずにそのまま錠剤にしています。 このため生薬が持つ効力が遺憾なく発揮されるというわけです。 命の母Aのめやす量は1回4錠を、1日3回に分けて服用します。 ちなみに15歳未満は服用できません。 1日当たり12錠を服用することを考えるとちょっと多いような気もしますが、漢方薬として、生薬の力をしっかりと取り込むための工夫なのですね。 飲むタイミングは食後で、水やお湯と一緒に飲みます。 一般的には漢方系のお薬は食前や食間の服用が多いのですが、命の母Aの場合には食後なのですね。 これは胃腸への負担を減らすため。 もちろん食前の服用でも効果が十分に確認されていますが、空腹で服用した場合には胃部の不快感など、消化器系の副作用が出る可能性がありますので注意しましょう。 命の母Aはビタミン類の配合を抑えているため、サプリメントと併用することも可能。 ただしサプリメントに配合されている成分と重複するものがあれば注意が必要。 医師や薬剤師に相談しましょう。 副作用が危険?命の母Aを控えた方が良いタイプの人について 婦人科系の不調改善に効果が期待できるとは言え、生薬配合の命の母Aにはホルモン剤ではありません。 安全性の高い命の母Aですが、体質によっては副作用に似た症状が現れる場合があります。 ・皮膚 発疹・赤み・かゆみ ・消化器 胃部の不快感・吐き気・食欲不振・嘔吐・腹痛や腹痛を伴う下痢 特に胃腸が弱い人は食後に服用するなどして、消化器の負担を減らすと良いでしょう。 命の母Aはどこで売っている?またその価格はいくらか 命の母は第二類医薬品で、ドラッグストアや薬局で気軽に購入することができます。 身の回りのお店で取り扱いがない時には、販売元である小林製薬のサイトから購入も可能です。 ネットショップや大手通販サイトなどでも取り扱いがありますのでチェックしてみると良いですね。 製品のラインナップとしては、4種類展開されています。 ・1週間分(84錠)…税込756円 ・3週間分(252錠)…税込1,944円 ・5週間分(420錠)…税込2,808円 ・10週間分(840錠)…税込5,076円 大容量になるほど、1錠あたりの単価が下がりますので、長期で飲み続けたい人は大きめのものを購入するのもおすすめです。 命の母Aの口コミ評判.

次の

女性ならではのプチ不調はコレで解消! 読者が選んだ「女性の健康サポートサプリメント・医薬品」ベスト3を発表!

ルビーナ 命の母

Contents• ルビーナは古い歴史を持つ更年期障害緩和のための医薬品!具体的な効能は ルビーナは、タケダ漢方でおなじみの、武田コンシューマーヘルスケア株式会社から発売されている漢方薬です。 ルビーナは1974年から発売されている伝統的な商品。 武田コンシューマーヘルスケア株式会社も江戸時代創業で、230年以上の歴史を持つ老舗です。 ルビーナは更年期障害の症状に対応したお薬で、効能としては更年期の諸症状やめまい、立ち眩みや動悸、息切れ、貧血などです。 更年期障害の症状としては ほてりやのぼせ、突然汗が大量に出るなどのホットフラッシュ、冷え性や倦怠感、不眠や便秘、腰痛肩こりなどが挙げられます。 人によって効き目の感じ方には個人差があるものの、ルビーナの効果は医師の診断のもとで行われた臨床試験で効果が確認されています。 ルビーナが効果を発揮する更年期障害とそのサインについて 更年期のサインは、40代を過ぎ、体が閉経に向けて準備をはじめたころから徐々に始まります。 まず生理の周期が短くなり、その後不規則な周期が続いた後、今度は周期が長くなります。 生理周期が2~3か月に一度となって、最終的には生理が停止します。 この停止状態で1年以上すぎると「閉経」となるとされています。 閉経は女性ホルモンであるエストロゲンなどの分泌が減少するのが原因です。 生理不順だけでなく自律神経が乱れることで、血管の拡張が起こったり、体温の調節機能が不安定になることがあります。 ・突然わけもなくのぼせる ・顔や首がほてったり、赤面したような感じになる ・顔は熱いが手足が冷たい ・気温と関係なく大量の汗をかく これらの症状が起きるようになったら、更年期のサインの可能性があります。 ルビーナで更年期のセルフケアを始めるとよいでしょう。 漢方薬のルビーナに配合されているのは婦人科系に作用する生薬たち ルビーナの元になっているのは、江戸時代に日本で考案された「連珠飲(れんじゅいん)」という漢方処方です。 体を温め、水分代謝や自律神経を整える2つの処方を組み合わせたもので、その内容と処方成分は以下の通りです。 ・四物湯(しもつとう)…血の巡りを促し、体を温める トウキ・センキュウ・シャクヤク・ジオウ ・苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)…水分の代謝や自律神経の働きを調整する ケイヒ・ブクリョウ・ソウジュツ・カンゾウ 漢方医学には、ある原則にのっとって2種類以上の漢方処方を組み合わせることで、より複雑な症状に対処できるという「合方(がっぽう)」という考え方があります。 更年期障害はまさに様々な症状が複雑に絡み合うため、合方を取り入れたルビーナが効果的なのです。 更年期症状でよくみられるのが、顔はほてるのに手足は冷えているという、冷えのぼせの状態。 お風呂で例えると、上が厚く下が冷たい状態です。 そんな時にルピーナを飲むことで、お風呂のお湯をかき混ぜてちょうど良い温度になるうように全身を整えるのです。 更年期症状を緩和する漢方薬のルビーナと命の母の違いを検証 更年期症状に特化した漢方薬の2トップともいえるのが、武田コンシューマーヘルスケアから発売されている「ルビーナ」と、小林製薬から発売されている「命の母」です。 ルビーナと命の母、2つの漢方薬にはどのような違いがあるのでしょうか、また、どちらを選ぶのが良いのでしょうか? ルビーナと命の母に配合されている主な生薬は大変似ています。 特に漢方の三大婦人薬に用いられる成分の トウキ・センキュウ・シャクヤク・ケイヒ・ソウジュツ・ブクリョウ は、2製品ともにしっかりと配合されています。 共通の成分は多いものの、その差は配合量。 1日当たりの有効成分の量は、ルビーナが圧倒的に多いのです。 一方配合されている成分の種類としては命の母に軍配が上がります。 これらのことから考えると、早く効き目を実感したい人はルビーナ。 じっくり優しい効き目で精神的な症状も緩和させたいという人には命の母が向いているといえます。 ルビーナで効果を実感するための飲み方や副作用の危険性について ルビーナを服用することができるのは、15歳以上です。 飲み方は1回3錠を1日3回、水またはぬるま湯で噛まずに服用するというもの。 服用のタイミングは、食後すぐが望ましいとのことです。 これは胃腸への負担を軽減させるためです。 もし飲み忘れてしまったら、無理に摂取回数を合わせようとせず、次の食後まで待って服用しましょう。 お酒を飲んだ後でも服用は可能ですよ。 ルビーナの副作用としては、公式サイトにジオウなどが引き起こす胃腸障害について記載があります。 そのため、より体に負担をかけないために食後服用が推奨されているのですね。 ちなみに食後服用の場合の効果と安全性は、臨床試験で確認済です。 とはいえ、人によっては胃があれたりアレルギー症状が出ることが考えられますので、胃腸が弱い人や体力が著しく衰えている人、妊娠の可能性がある人などは病院や薬局・薬剤師に相談するとよいでしょう。 また、飲み合わせとして気を付けたいのが、他の漢方薬や医薬品との併用。 成分の相性や重複によって思わぬ負担が体にかかることがありますので、服用前に専門家に相談しましょう。 ルビーナを実際に飲んでいる人の口コミをチェックしてみよう ここでルビーナを飲んでいる人たちの実際の声をご紹介しましょう。 ・飲み始めて1週間程度で体が楽になってきた。 眠りが深くなって不安が少し解消された ・数年前からホットフラッシュが始まり、日常生活に影響が出るほどだったため、口コミを見てルビーナを飲み始めました。 ホットフラッシュがあまり気にならなくなり、すっかり体調がよくなりました。 ・1年前から更年期症状に悩まされています。 いろいろなサプリや薬を試してみて、ルビーナだけが症状を改善してくれました。 飲み忘れると症状が出てしまうので、しばらくは手放せません。 やはりホットフラッシュや不眠などの症状が緩和されると、気持ちも安心するようですね。 ルビーナはどこで買えるのか?またその値段はいくら? ルビーナはドラッグストアや薬局薬店で取り扱いのある第二類医薬品です。 容量によって4種類から選ぶことができますよ。 メーカー希望の価格をご紹介します。 ちなみに価格は税込での表示です。 ・60錠…1,382円(約6日分) ・120錠…2,462円(約13日分) ・180錠…3,226円(約20日分) ・252錠…4,298円(約30日分) ルビーナの口コミ評判.

次の

PMS対策・ルビーナめぐりを購入してみた

ルビーナ 命の母

Contents• 命の母には更年期症状に対してどんな効果効能があるのかを詳しくチェック 女性特有の更年期症状に効果が期待されると評判の命の母A。 サプリメントではなく、東洋医学の観点から作られた漢方の医薬品です。 更年期は女性ホルモンの減少から自律神経の乱れによって引き起こされるものという考えに基づき、自律神経のバランスを整える作用があります。 具体的には東洋医学的な「血」「気」「水」の巡りをよくする生薬が配合されています。 それぞれの効能は以下の通り。 ・血 「お血(けつ)」といわれる血の滞りによって、女性特有の不調が現れると考えらています。 血が足りなくなりがちな女性のために、血を増やし、血行を良くします。 ・気 気が滞ると、気持ちが落ち込んだり頭がぼーっとしたり、耳鳴りやめまい、イライラなど、精神面の症状が現れやすくなります。 気の巡りを整えて精神面を落ち着けます。 ・水 体内の水が滞ると、だるさやめまい、頭重感などを感じやすくなります。 水の巡りを整えて精神面や冷え性などを改善します。 更年期の症状として多いのぼせやホットフラッシュ、多汗などのほか、イライラや気分の落ち込みへの効果も期待できます。 命の母Aに配合されている漢方の成分を知って更年期に備える 命の母Aは更年期症状の改善を目的としたお薬です。 東洋医学に基づいて生薬が配合されており、いわば「漢方薬」に近いと考えるとよいでしょう。 ところで東洋医学と西洋医学の違いとは? 現代の一般的な西洋医学は、目や耳、内臓など、体のある部分の疾患に目を向け、悪い症状を改善しようという考え方。 一方の東洋医学は体全体のバランスが乱れることによって不調が現れるという考えです。 ですから部分的に治癒を目指すのではなく、まず体のバランスを整えることで自然治癒力を高め、症状を改善するという医学です。 命の母Aには13種類もの生薬が配合されています。 それぞれの成分の効能は以下の通り。 ・血の巡りを整え、お血を改善する ダイオウ・センキュウ・コウカ ・血を増やし、貧血や冷えなどを改善する シャクヤク・トウキ ・気の巡りをよくする ケイヒ・コウブシ ・気の流れを自然の状態にすることで心を落ち着ける カノコソウ・ニンジン ・体内の水分の滞りを解消し、めまいやだるさを改善する ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュユ ・去痰やその他の症状を改善する ハンゲ 婦人科系のトラブルに対応する生薬が豊富に配合されているのが分かりますね。 命の母Aと命の母ホワイトは何がちがうのか成分や効能をチェック 女性特有のトラブルや悩みに寄り添う命の母シリーズ。 命の母Aと命の母ホワイトの違いはあるのでしょうか。 命の母Aは、中高年の更年期症状を軽減する作用があります。 13種類の生薬を配合し、さらにビタミン類をバランスよく加えているため、更年期の幅広い症状に対応します。 とくに更年期症状のイライラや憂鬱感など、精神的な症状にも効果が期待できます。 命の母ホワイトは、生理に関するトラブルに効果を発揮します。 生理痛や頭痛などのほか、PMS(月経前症候群)で起こるイライラや倦怠感、冷えや生理不順といった体質的な悩みも症状の軽減が期待できます。 東洋医学の、血が滞ることで身体の様々な不調が引き起こされる(お血)という考え方から、お血を改善するための生薬が多数配合されています。 命の母Aを効果的に服用するために覚えておきたい飲み方のポイント つらい更年期症状を改善してくれる命の母A。 効果を高める飲み方があれば押さえておきたいですね。 命の母Aは、生薬をエキス上にせずにそのまま錠剤にしています。 このため生薬が持つ効力が遺憾なく発揮されるというわけです。 命の母Aのめやす量は1回4錠を、1日3回に分けて服用します。 ちなみに15歳未満は服用できません。 1日当たり12錠を服用することを考えるとちょっと多いような気もしますが、漢方薬として、生薬の力をしっかりと取り込むための工夫なのですね。 飲むタイミングは食後で、水やお湯と一緒に飲みます。 一般的には漢方系のお薬は食前や食間の服用が多いのですが、命の母Aの場合には食後なのですね。 これは胃腸への負担を減らすため。 もちろん食前の服用でも効果が十分に確認されていますが、空腹で服用した場合には胃部の不快感など、消化器系の副作用が出る可能性がありますので注意しましょう。 命の母Aはビタミン類の配合を抑えているため、サプリメントと併用することも可能。 ただしサプリメントに配合されている成分と重複するものがあれば注意が必要。 医師や薬剤師に相談しましょう。 副作用が危険?命の母Aを控えた方が良いタイプの人について 婦人科系の不調改善に効果が期待できるとは言え、生薬配合の命の母Aにはホルモン剤ではありません。 安全性の高い命の母Aですが、体質によっては副作用に似た症状が現れる場合があります。 ・皮膚 発疹・赤み・かゆみ ・消化器 胃部の不快感・吐き気・食欲不振・嘔吐・腹痛や腹痛を伴う下痢 特に胃腸が弱い人は食後に服用するなどして、消化器の負担を減らすと良いでしょう。 命の母Aはどこで売っている?またその価格はいくらか 命の母は第二類医薬品で、ドラッグストアや薬局で気軽に購入することができます。 身の回りのお店で取り扱いがない時には、販売元である小林製薬のサイトから購入も可能です。 ネットショップや大手通販サイトなどでも取り扱いがありますのでチェックしてみると良いですね。 製品のラインナップとしては、4種類展開されています。 ・1週間分(84錠)…税込756円 ・3週間分(252錠)…税込1,944円 ・5週間分(420錠)…税込2,808円 ・10週間分(840錠)…税込5,076円 大容量になるほど、1錠あたりの単価が下がりますので、長期で飲み続けたい人は大きめのものを購入するのもおすすめです。 命の母Aの口コミ評判.

次の