町田 バツイチ。 ハッピーウエディングK&K|東京、多摩の結婚相談所《ミドル・シニア・熟年》

町田市でバツイチ・子持ちでも安心して参加できるお見合いパーティーとは

町田 バツイチ

45歳~49歳の死亡率(人口10万人対)が、「157.3」に対して、 50歳~54歳になりますと、「249.7」に増加し、さらに 55歳~60歳になりますと、「383.5」と、 増加の一途をたどります。 50代と言えば、現役バリバリの世代でその分仕事のストレスも尋常ではないと思います。 一方で身体の衰えが顕著になり、会社の健康診断で注意すべき項目が何か所も見つかる事も多く、また何らかの病気で長期入院し、ご自分の命の事について考えた事がある方もいらっしゃるでしょう。 つまり、50代は現役世代でありながら、かつ今のご家族の為に、相続の事もしっかりと考えなくてはいけない重要な世代なのです。 2.前妻との子供との遺産分割協議が困難になる あなたが亡くなり相続が開始された場合、相続人間で遺産分割協議を行う必要があります。 ここで言う「相続人」とは、当然今のご家庭の奥様やお子様になるのですが、忘れてはいけないのは、前妻とのお子様もあなたの相続人になると言う事です。 前妻とのお子様と、今のご家庭との間に交流はありますか?再婚されている場合、お互いが交流している事はほとんど無いと思います。 と、言う事は、あなたの相続が開始された場合、今までほとんど会った事が無い者同士が、あなたの相続についての話し合いを行わなくてはいけないのです。 頻繁に交流がある者同士でさえ、相続についてもめる事があるのです。 今までほとんど交流が無い者同士の遺産分割協議がまとまるのか?その結果は容易に想像出来るはずです。 3.自宅を守らなくてはいけない 財産のメインがご自宅の場合、再婚された方にとって重要な問題が発生します。 上述したとおり、前妻との子供も相続人であり、かつ遺留分(最低限の相続分)があります。 何ら相続対策を行っていない場合を考えてみましょう。 あなたはご自宅を今の奥様やお子様に相続させたいと当然考えるでしょう。 しかし、相続が発生し、前妻との子供から遺留分を請求された場合、現金・預貯金があればそれで支払えば良いと思います。 しかし、財産が自宅のみの場合、前妻との子供からの遺留分の請求に対応する為、最悪、ご自宅を売却する必要があります。 それはつまり、今まで長年住んできたご自宅から今の奥様やお子様を追い出す事になるのです。 残される者の生活の基盤を確保する事は、財産を残す者の最低限の務めです。 今の奥様、お子様の事をしっかりと考え、ご自宅を守るようにしましょう。 4.最終的に前妻に財産が渡ってしまう 離婚した理由は人それぞれだと思うのですが、その理由が前妻に非がある場合(前妻が誰かと不倫した等)もあると思います。 あなたが前妻の事を快く思っておらず、それでも何ら相続対策を行っていない場合、相続人である前妻との子供に遺産が渡る事になります。 それはつまり、あなたがあまり快く思っていない前妻が、あなたの財産を手にする事になるのです。 5.まとめ このように、再婚をされている場合は相続人間でもめる可能性が非常に高く、今のご家族の為に、早急に対応しなくてはいけない問題です。 しかし、具体的にどのような相続対策を行うべきかは個別具体的な事情によって検討する必要がありますので、定型的な遺言の文章ではかえってもめる可能性もあります。 当事務所ではご相談者様のご事情を的確にヒアリングし、ご相談者様にとって唯一無二の相続対策をご提案します。 どうぞ、お気軽にご相談下さい。

次の

バツイチ同士でも高い成婚率!【町田市で再婚相手を探すならこの結婚相談所!】: 婚活ブログ

町田 バツイチ

バツイチの男性は珍しくありませんが、バツニとなると数は減りますね。 そんなバツニの男性ですが、どんな人なのでしょうか。 1度するのも大変な結婚を2度も、結婚より大変だと言われる離婚も2回している訳です。 やはり性格的に特徴があるのかもしれません。 バツニの男性の多くは割りと女性に対してガツガツしています。 結婚は基本的に男性からプロポーズする事が多いので、女性に対し積極的ではないと2回も結婚できません。 逆に言うと、女性に惚れっぽく単なる女好きである可能性もあります。 単なる女好きというだけは何度も結婚できません。 やはり何かしら人を惹きつける魅力を持っています。 マメな所だったり、優しい所だったり、どこに惹かれるかは人それぞれでしょう。 二度も離婚しているわけですから、悪い癖があると考えられます。 酒癖やギャンブル癖だったり、暴力をふるうという可能性もあります。 こういうタイプは女性に見限られて離婚されやすいのでバツニになりやすいです。 バツニの男性は魅力もあるけどマイナス要素もあります。 過去は過去と割り切って、覚悟を決めて付きあうのが良いのかも知れません。 バツニ以上の男性が持つ共通点は? 何度も結婚と離婚を繰り返す男性はいるものです。 実は結婚、離婚を繰り返すバツニ以上の男性には共通点があると言われています。 今回はその共通点を詳しく紹介していくので参考にして下さい。 バツニ以上の男性の持つ共通点の一つ目は、自己主張を曲げない所です。 端的に言うと頑固で、自分を正当化する傾向があります。 謝るのが苦手なので間違いに気付いても、言い訳を言ったり、責任転嫁をします。 このようなタイプと夫婦生活は長く続けられないので要注意です。 バツニ以上の男性の持つ共通点の二つ目は高収入で華やかな仕事という点です。 少し意外に思うかもしれませんが、離婚を繰り返すタイプは高収入な事が多いです。 また大企業で若くして高収入、あるいは実業家というケースも多いです。 お金があるから養育費や慰謝料など気にせず何度も別れることが出来るという側面もあります。 また、お金があるが故に家庭を省みずに休日を過ごしてしまう傾向もあるようです。 女性にだらしないと言うのも共通点の1つです。 しかも女癖はなかなか治らないと言うのが更に厄介です。 バツニの男性と再婚の前に気をつけたいこと バツイチの男性は珍しくありませんが、バツニの男性となるとそう多くはありません。 バツニと言うと余り良いイメージは持てないかもしれません。 ただ二度の結婚を経験したことによる大人の魅力に魅かれる女性もいるはずです。 そんなバツニの男性に魅かれ再婚を考えている女性に、気をつけて欲しい事があります。 まずは金銭面です。 二度も離婚を経験しているとなると、慰謝料、養育費などお金がかなり発生している可能性があります。 毎月支払う慰謝料、養育費などで家計が圧迫され、自分達の生活に支障が出る恐れもあるのでチェックすべきです。 離婚理由については聞きづらいかもしれませんが、はっきりさせておいた方がいいでしょう。 これは結婚に失敗した理由を本人が自覚しているか確かめるためでもあります。 離婚理由を聞き、お付き合いをするなかで、失敗を教訓にしているか確かめましょう。 バツニの男性と再婚するとなると、どうしても障害が多くなる物です。 バツニの男性だからと避ける必要はありませんが、再婚を考える前に相手を冷静に見直す事は必要でしょう。

次の

50代バツイチ男性が遺言を書くべき4つの理由

町田 バツイチ

45歳~49歳の死亡率(人口10万人対)が、「157.3」に対して、 50歳~54歳になりますと、「249.7」に増加し、さらに 55歳~60歳になりますと、「383.5」と、 増加の一途をたどります。 50代と言えば、現役バリバリの世代でその分仕事のストレスも尋常ではないと思います。 一方で身体の衰えが顕著になり、会社の健康診断で注意すべき項目が何か所も見つかる事も多く、また何らかの病気で長期入院し、ご自分の命の事について考えた事がある方もいらっしゃるでしょう。 つまり、50代は現役世代でありながら、かつ今のご家族の為に、相続の事もしっかりと考えなくてはいけない重要な世代なのです。 2.前妻との子供との遺産分割協議が困難になる あなたが亡くなり相続が開始された場合、相続人間で遺産分割協議を行う必要があります。 ここで言う「相続人」とは、当然今のご家庭の奥様やお子様になるのですが、忘れてはいけないのは、前妻とのお子様もあなたの相続人になると言う事です。 前妻とのお子様と、今のご家庭との間に交流はありますか?再婚されている場合、お互いが交流している事はほとんど無いと思います。 と、言う事は、あなたの相続が開始された場合、今までほとんど会った事が無い者同士が、あなたの相続についての話し合いを行わなくてはいけないのです。 頻繁に交流がある者同士でさえ、相続についてもめる事があるのです。 今までほとんど交流が無い者同士の遺産分割協議がまとまるのか?その結果は容易に想像出来るはずです。 3.自宅を守らなくてはいけない 財産のメインがご自宅の場合、再婚された方にとって重要な問題が発生します。 上述したとおり、前妻との子供も相続人であり、かつ遺留分(最低限の相続分)があります。 何ら相続対策を行っていない場合を考えてみましょう。 あなたはご自宅を今の奥様やお子様に相続させたいと当然考えるでしょう。 しかし、相続が発生し、前妻との子供から遺留分を請求された場合、現金・預貯金があればそれで支払えば良いと思います。 しかし、財産が自宅のみの場合、前妻との子供からの遺留分の請求に対応する為、最悪、ご自宅を売却する必要があります。 それはつまり、今まで長年住んできたご自宅から今の奥様やお子様を追い出す事になるのです。 残される者の生活の基盤を確保する事は、財産を残す者の最低限の務めです。 今の奥様、お子様の事をしっかりと考え、ご自宅を守るようにしましょう。 4.最終的に前妻に財産が渡ってしまう 離婚した理由は人それぞれだと思うのですが、その理由が前妻に非がある場合(前妻が誰かと不倫した等)もあると思います。 あなたが前妻の事を快く思っておらず、それでも何ら相続対策を行っていない場合、相続人である前妻との子供に遺産が渡る事になります。 それはつまり、あなたがあまり快く思っていない前妻が、あなたの財産を手にする事になるのです。 5.まとめ このように、再婚をされている場合は相続人間でもめる可能性が非常に高く、今のご家族の為に、早急に対応しなくてはいけない問題です。 しかし、具体的にどのような相続対策を行うべきかは個別具体的な事情によって検討する必要がありますので、定型的な遺言の文章ではかえってもめる可能性もあります。 当事務所ではご相談者様のご事情を的確にヒアリングし、ご相談者様にとって唯一無二の相続対策をご提案します。 どうぞ、お気軽にご相談下さい。

次の