古文 単語 ゴロゴ プレミアム。 ゴロゴネット

古文単語ゴロゴ プレミアム

古文 単語 ゴロゴ プレミアム

565は暗記が苦手な人と、理系向けだと思います。 いちど、志望先の過去問を解いてみることをすすめます。 選択肢の問題が多いようなら565でも対応できますが、選択肢の問題が少ない大学なら、学校で買った方をメインに覚えるほうがいいですよ。 覚えるときは、例文を声に出して読んでください。 文の中での使われ方がたいせつです。 覚えるのがよほど不得意な人は、例文と訳を交互に読む自分の声を、携帯で録音して、3回ほど再生してみてください。 はずかしさで、びっくりするぐらいよく覚えられます。 石川遼で有名な、英語のスピードラーニングの方法です。 この正攻法のほうが、敬語や訳し方のこつも頭に入って、一挙両得。 565はそういう意味でも邪道です。 「やばい」の意味が変わってしまうように、平安時代と室町時代では意味が違います。 565はその差に対応できません。 どの作品でどういう使われ方をしているかも感じ取るのが文系の勉強方法です。 もし、文系で、訳す問題が出るなら、時間をかけてやったほうがいいです。 あくまで、565は理科と数学で点を取れるつもりの人向きですよ。 マーチレベルですと、1点差で合否が決まります。 人生を賭ける気迫、単語一個で落ちる恐怖を、イメージしてください。

次の

【東大生おすすめ】古文単語ゴロゴの使い方・勉強法・評価・レベル

古文 単語 ゴロゴ プレミアム

・古文単語ゴロゴ 掲載単語565語のうち、 最重要単語168語にのみイラストや例文・詳細な解説がついている ・古文単語ゴロゴ with CD 通常の古文単語ゴロゴに「 音声CD」が付属している ・古文単語ゴロゴ プレミアム 565語全てにイラストや解説がついている 種類によって使われるゴロが少し違います。 今回紹介するのはプレミアムやCD付きではない、ただの「古文単語ゴロゴ」です。 古文単語ゴロゴの使い方 ゴロゴの種類を3つ紹介しましたので、次は ゴロゴの使い方を説明します。 意識することはたったの 4つ。 この4つを覚えて、古文単語ゴロゴを使いこなしてください。 ゴロゴの使い方1:まずは168語を覚える 古文単語ゴロゴは重要度によって単語をABCに分けています。 そのうち、まずは 最重要単語であるAランク168語の単語を覚えましょう。 なぜなら、Aランク168語の単語を覚えれば、長文に頻出の単語は大体カバーできるからです。 長文に出てくる頻出単語が分かるというのは、モチベーションアップにつながります。 さらに、B、CランクにはAランクの派生語もあるため、元となる1語を覚えておけば、 B、Cランクを覚える難易度が下がります。 ただし、Aランクを覚えたからといって油断はしないでください。 B、Cランクは難しい単語も多いですが、その分「 単語を知っているだけで解ける問題」がB、Cランクの単語から出てくることがあります。 つまり、B、Cランクの単語を完璧にすれば、それだけで得点源にできるんです。 ゴロゴの使い方2:ゴロなしで思い出せるを目指す 古文単語ゴロゴの魅力はゴロ合わせで単語と意味を覚えられることです。 特に、Aランクの単語にはイラストや例文もついているので、思っているより簡単に覚えられます。 B、Cランクにもゴロは用意されているので、しっかり覚えられますよ。 ですが、長文を読むときに 「ゴロ合わせ」で思い出していたら時間が足りなくなりますよね。 それに、長文を読みながらゴロ合わせを思い出そうとすると、 読んでいた長文の流れが分からなくなることがあります。 ですので、ゴロで意味を把握したら、そのあとはゴロがなくてもすぐに意味を思い出せるようにしてください。 ゴロなしで瞬時に意味を思い出せるようになれば、 最強の武器になりますよ。 ゴロゴの使い方3:単語以外の部分は使わなくてもいい 古文単語ゴロゴの巻末には助動詞や古文常識が載っています。 単語以外にも古文に関する情報が得られるので非常に便利ですが、 ここは読む必要はありません。 なぜなら、 それは他の参考書でやるからです。 助動詞は「文法の参考書」でやりますし、古文常識は「便覧」などで学びます。 の記事で紹介したような「他の参考書をまともに使わない!」という勉強法をしない限り、その分野に特化した参考書で勉強しましょう。 でも、「せっかく書いてあるのにもったいない!」と考える方もいますよね。 それなら、 「他の参考書で得た知識の答え合わせ」として使うのをオススメします。 ゴロゴの使い方4:とにかく繰り返す 古文単語ゴロゴに載っているのは565語。 決して少ない数ではないので、 最後の単語を覚える頃には最初に載っている単語は忘れています。 それに、単語が難しかったり意味が多かったりで「どうしても覚えにくい単語」もいくつか出てきます。 ですので、時間のある限り何周もしましょう。 古文単語ゴロゴの下ネタはどのレベル? 私が使った「古文単語ゴロゴ」では、下ネタが使われているゴロは大体2割前後でした。 下ネタのレベルは、「 少しでも下ネタに耐性があれば問題ない」くらいですね。 「生徒会役員共」というアニメを見て普通に笑えるなら何の問題も無いレベルです。 イラストがあるAランク168語にはあまり下ネタゴロはありませんし、ゴロだけのB、Cランク単語のゴロは、「下ネタ……?」と一瞬悩んでしまう程度のものばかり。 ただ、耐性なんて人次第ですよね。 それに「あそこ」や「舌使い」という割と直接的な単語もありました。 ですので、参考までに「古文単語ゴロゴの下ネタ」についての、画像付きツイートを下に載せます。 「これが2割か……」と考えて自分に合っているか判断してください。 まずは168語を覚える 2. ゴロなしで思い出せるを目指す 3. 単語以外の部分は使わなくていい 4. とにかく繰り返す 古文単語ゴロゴは著者が逮捕されたり下ネタが多かったりと、悪い印象がついています。 しかし、下ネタに耐性があって問題なくゴロゴを使えるのであれば、非常に使える参考書です。 古文の攻略に単語力は必須です。 古文単語の参考書の中で、「565語」を覚えられる古文単語ゴロゴは非常に網羅性が高いと言えますので、単語を完璧にしたい方はぜひ古文単語ゴロゴを買って使いこなしてください。 古文単語ゴロゴの使い方【余談】 私は古文単語ゴロゴの ゴロとイラストが気に食わなくて、後半はずっと巻末にある「古文単語の一覧表」を使っていました。 ゴロが「それを覚えられれば苦労しないんだよ!」ってレベルだったり、イラストの絵が生理的に受け付けられないものだったり……。 ですので後半はもう使わなかったんですが、 嫌なものって頭に忘れにくいんです。 そのせいで、あるいはそのおかげでイラストがあるAランクの単語は完璧にできました。 結果的にすごく助かってMARCH合格ができたので、そういう意味でもゴロゴはオススメですよ。

次の

古文単語ゴロゴプレミアム+ / ゴロゴネット編集部【編】

古文 単語 ゴロゴ プレミアム

古文なんて日本語だから解けるだろ!…と調子に乗っていた結果、筆者は 0点を取り、泣き崩れて暴れた経験があります。 しかし、そんな古文の基礎となる単語、古文単語。 これを覚え身につけるだけで古文の読解力は着実に上がっていきます。 筆者も、単語と文法の基礎を固めるようにしてから偏差値が20程上がりました。 ということで今回は、そんな古文の基礎である古文単語を分かりやすく身につけられる 『古文単語ゴロゴ』について紹介していきます! 当記事を読むことで、『古文単語ゴロゴ』の特徴や効果的な使い方を知り、今後の勉強に活かしていくことができるでしょう。 これを読んで、受験生であるあなたの手助けになれれば幸いです。 「 古文単語ゴロゴ」をやる目的を考えよう! 参考書というのは、取り組む人によってやる目的もやり方も変わってきます。 たとえば、『古文単語ゴロゴ』でいうと ・古文単語勉強の1冊目として、『古文単語ゴロゴ』を使う人 ・2冊目以降として、覚えきれていない単語を覚えるために『古文単語ゴロゴ』を使う人がいます。 そして、それぞれの人がやる目的・やり方も違うのです。 1の古文単語集として100万人以上を合格に導き、また、古文が苦手だった生徒『ゴロゴ』を 1週間で覚えて偏差値を20以上アップさせるなどという伝説も数多く生み出してきました。 引用:古文単語ゴロゴ 使い方にもよりますが、 この1冊を全てマスターすることができれば、いわゆる早慶〜東大レベルの古文にも対応することができます。 ただ、「これ1冊やれば早慶レベルの古文が解ける!」というものではありません。 あくまでも古文単語はなくてはならないものであって、 読み方(文法)や古文常識を知った上で実践を繰り返していくことが必要です。 しかし、上位の大学を目指すのであれば、古文単語に関しては1冊マスターできていれば十分です。 ですから、1冊を着実にこなし、盤石な土台を身につけましょう! 「 古文単語ゴロゴ」の特徴・デザイン・構成・分量 この本は、大きく分けて4つのパートに分かれています。 メインは古文単語なので、 キッチリと古文単語565を覚えることが肝になります。 分量に関しては、タイトル通り565語。 単語部分に関しては、 単語1つ1つにイラストと例文、語呂が載っているため、非常に覚えやすくなっています。 この本では覚えやすいゴロだけでなく、それをイメージ化してさらにインパクトのあるものにするため、イラストを付けました。 引用:古文単語ゴロゴ このように、非常に覚えやすい構成になっているため、 古文単語書の中では良書と言えるでしょう。 Amazonでも以下のようにレビューされています。 塾講師です。 古文単語はなんといってもゴロゴがお薦め! 古文に関しては、とにかくゴロゴでてっとり早く単語の意味を覚えることからスタートするように指導しています。 たった一週間本気でやれば見たことない単語がほとんど無くなるのですから、ゴロゴを使わない手はないでしょう! ゴロになっている単語の意味は絞り込まれていますが、ほとんど出ない意味を省くことで学習効率をアップさせてあるのは明らかで、ニーズに合います。 受験生は古文マニアになる必要はないです。 Aランクしか例文がないですが、同シリーズの読解ゴロゴを使って実際の文中で単語学習を積むことで定着を図っています。 今回、電子書籍やドリルが無料で使えるようになり、お得感が増しましたね。 引用:Amazon「古文単語ゴロゴ」 「 古文単語ゴロゴ」の具体的な勉強方法 英語に限らず、単語は繰り返し覚えるのが鉄則です。 一朝一夕で覚えられるものではないので、2〜3周は繰り返し覚えて、ばちっと頭の中に落とし込んでいきましょう! 目標は1週間で565語!頑張って集中すれば、不可能なことではありません。 古語と現代語訳の確認 当然ですが、まず 載っている古語と現代語訳を確認しましょう。 ここでのポイントは、 きちんと漢字も見ておくことです。 例えば、 「うし」という言葉。 現代語訳では 「つらい」という意味ですが、これだけで覚えると忘れやすいです。 しかし、ここで漢字を確認しておくと「うし」は 「憂し」という漢字から来ていると理解することができます。 このように単語は 理解することが大切で、「うし」といって丸暗記し牛なのかなんなのか分からなくならないようにする工夫が大事になっていきます!実際に入試で漢字のまま表記されることもあるので、これは意外と大事なところです。 古語の語源とゴロを理解する 次に、語源を理解します。 古文単語ゴロゴには、古語の語源や理解するための説明がしっかり書いてあります。 あかず(飽かず)=もの足らない。 嫌にならない。 「 あかずの扉じゃっ もの足らない。 赤ずきん、着ていても 嫌にならない。 」 「飽かず」と漢字を当てる。 動詞「あく(飽く)」は、「満足する」と「飽きる」の対象的な2つの意味を持っている。 引用:古文単語ゴロゴ ゴロや説明を読んで理解するだけでも、定着率がかなり違ってきます。 一見めんどくさそうな作業に見えますが、きっちりと「あかず」という言葉を見たときにイメージが湧くように説明を理解しておくことが、むしろ効率的に覚えることができます。 実際に例文を読み、答えを見ずに理解してみる では、以上の手順を行った上で 例文を見てみましょう。 きっと理解していれば、すぐに古文を理解することができるはずです。 その後、小さく書いてある現代語訳で確認。 この地味な作業で単語の意味を覚えていきましょう。 何周もしながら、関連語も覚えていく 以上の手順でまずは168語を3日で、次に10語ずつまとまった残りの397語を4日で、と古語の意味を覚えていきましょう。 ここで大切なのは、 理解しながら覚えることです。 なんの関連性もないものを無理やりくっつけると覚えにくいので、きちんと理解していきましょう! 1周目は辛いですが、2周目3周目となるにつれ確認が早くなるはず。 そこで関連語や細かい部分も覚えていけば、さらに難しい古文にも対応することができるはずですので、心折れず頑張っていきましょう! 1日1時間の勉強で1週間あれば、あらかたのゴロが頭に入ります。 自然とゴロが口をついて出るまで繰り返してください。 引用:古文単語ゴロゴ 「 古文単語ゴロゴ」をおすすめする人 「 古文単語ゴロゴ」は、こんな方におすすめです。 古文のこと、何もわからない!• 文法や読解、常識は学んだけど、うまく問題が解けない! 古文のことが何もわからない! こんな方には、最初の1冊にこの「古文単語ゴロゴ」がおすすめです。 というより、 古文単語に関してはこの1冊で十分です。 古文は、他にも 文法や 常識など覚えるべきことがあるのですが、 単語もまたその中の重要な要素の1つ。 古文単語を学ぶにあたってイラストやゴロで覚えやすいこの本は、最初の1冊には文句なしにおすすめです! 文法や読解、常識は学んだけど、うまく問題が解けない! 上と同じ理由ですが、古文単語のとっかかりとしては「古文単語ゴロゴ」は非常におすすめ。 以上のように、とにかく「古文の勉強はしているけど、解けない」という方は 古文単語が不足している可能性があります。 きっちりここで意味を覚えて実践に臨みましょう! 参考書のやり方がわかっても、本当にできるのか不安なキミへ 「参考書のやり方がわかっても、自分ひとりで勉強していけるか不安……」 「いままで散々ネットとかでやり方を調べてきたのに、うまくいった試しがない……」 当記事を読んでも、「本当にこの参考書を終わらせることができるのか……」と不安に思う人も多いことでしょう。 ぼく自身も勉強を進めていく中で、 「本当にこの参考書のやり方で進んでいっていいだろうか……」 「勉強法ばかり調べて、実際にうまく勉強できたことがない……」 と思い悩むことが多々ありました。 かといって相談できる人もおらず、1人でずっと不安を抱えながら勉強する日々。 自分で勉強しても模試の結果も思うように伸びず、勉強へのモチベーションもどんどん下がって行きました。 もしキミも同じような悩みを持っているなら、難関大学に受かった経験があり、なおかつ自分の受験をしっかりサポートしてくれるコーチのような存在を見つけることが大切です。 自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいれば勉強はグッと楽になります。 ぼくもコーチのような存在が見つかってから、勉強すればするほど点数が上がるようになっていきました。 もし周りに自分の勉強をしっかり把握してくれて、適切なアドバイスをしてくれる人がいなければ、センセイプレイスの無料体験指導をぜひ受けてみてください。 センプレの無料体験指導では、今抱えている悩みを解決し、志望校に向けて勉強をどのように変えていけばいいのかを学べます。 抱えている悩みをスッキリすることができて、勉強計画の立て方などをキミだけに合わせて話します。 難関大学を突破した経験があり、多くの受験生の悩みを一緒に解決してきたセンセイプレイスのスタッフに、どんな事でも相談することができます。 無料体験指導を受けた人たちの声は、以下の画像からご覧になることができます。 無料体験指導はオンラインで行うので、全国どこからでも受けることが可能です。 下のボタンから申し込んでいただき、ぜひ無料体験指導に申し込んでみてください!担当スタッフが対応致します!• 人気の参考書を、オススメの使い方で勉強したのに、知識が定着しない• 志望校に向けて何からはじめたらいいかわからない 実に多くの受験生が、このような状況に陥っています。 そして、他者を 真似た勉強が 上手くいかないのには、 明確な理由があります。 だから、そうした 「違い」を無視して 誰かの勉強法を真似しても、自分にぴったりハマることはなく、成果にはつながりません。 成果の出る本物の勉強とは、自身の学力などの現状を 客観的に把握した上で、• 「どんな教材を、いつまでに、どんな方法で」勉強するのか、具体的なアクションに落とし込み• 実際に行動して得た結果を材料に、より良い学習計画に改善していく という サイクルを生み出すことです。 そして、それを 自らの意志で継続的に回し、磨いていくことが成功の鍵です。 センセイプレイスは、 志望校合格から逆算した、戦略的な学習の進め方を指導。 「どの参考書がオススメか」ではなく、それを「いつ・どんな目的で・どう使うか」という『実践』の部分に最も注力。 専属のコーチが マンツーマンで、 1人ひとりに合った勉強のやり方を指導します。 皆それぞれ状況が違うのだから、100人100通りのやり方があって当たり前。 参考書に、また闇雲に手をつける…その前に、いま立ち止まって『勉強のやり方』を180度変える体験をしてみよう!.

次の