カロリー メイト。 カロリーメイトは体に良い? 悪い? 健康に悪いどころか, 太る…肌荒れ…様々な悪影響を解説します!

カロリーメイトは体に良い? 悪い? 健康に悪いどころか, 太る…肌荒れ…様々な悪影響を解説します!

カロリー メイト

健康面では朝食や夕食ほど注目される頻度が少ない昼食ですが、意外と大事なのでスルーは禁物です。 昼食の何が大事なのか・・・それは摂取カロリー量です。 ダイエット中であったり時間がなかったりで、「忙しいからカロリーメイトだけでいいや」「ダイエット中なので今日はおにぎり1個だけ」という風に済ませていませんか? お昼ご飯の摂取カロリーが少ないこと自体はそれほど問題ないのですが、そのせいで夕食の摂取カロリーが増えることがNG。 夕食の量が増えると太ってしまいますので、夕食の量を抑えるためにも昼食はある程度食べるようにしてください。 朝食を食べ過ぎることも昼食が減ってしまう原因の一つになりますので要注意です。 昼食はカロリーメイトだけでいい? 「昼食はカロリーメイトだけでもいい?」時々聞かれる質問ですが、答えは「ダメ」です。 上にも書きましたが、昼食を減らすと1日の食事のサイクルが乱れます。 そのため個人的には昼食は朝食と同じくらい食べてほしいところです。 もし、時間的に無理だという場合には、昼食を2回に分けて食べることをお勧めします。 カロリーメイトでいえば、半分ずつを2回に分けて食べるといった感じです。 ちなみに昼食がカロリーメイト1箱だとした場合、「」に当てはめると朝300kcal、昼400kcal、夕300kcalで合計1,000kcalですので太るということはありません。 というか少なすぎるくらいです。 ここまで1日の食事のサイクルという面からカロリーメイトを見てきましたが、栄養面からいうとカロリーメイトだけでは物足りない部分があります。 カロリーメイトの栄養成分は、チーズでいうと・・・4本入りで400kcal、タンパク質8. 4g、脂質22. 2g、炭水化物42. タンパク質がちょっと少ないです。 ダイエットという意味でも1回の食事でたんぱく質は15gは摂っておきたいところ。 可能であれば大豆系お菓子やチーズなどと合わせて食べることをおすすめします。 最近ではたんぱく質を多く含んだプロテインバーなどもコンビニでたくさん売られていますので利用するのもいいかもしれません。 カロリーメイトと同じくお菓子屋スプーンを使わないので時間がない時でもさっと食べられますよ。 脂質については1回の食事としてみるとちょっと多いですが、朝と夜の分を減らせばそんなに問題がある量というわけではありません。 ただし、夜が外食という場合にはやめておいた方が無難です。 特に居酒屋などの飲み会では揚げ物がたくさん出てきますからね。 お魚メインでも脂質は多くなりますので、夜飲み会の時は昼のカロリーメイトはNGだと考えておいてください。 カロリーメイトVSおにぎり 小腹が空いたときにパパっと手短に栄養を取りたいときに思い浮かべる食品としてカロリーメイトなどの栄養補助食品やおにぎりがあげられると思いますが、これら2つはどちらがダイエット適しているのか比較したいと思います。 栄養補助食品にはソイジョイやウィダーインゼリーなどいろいろとありますが、今回は引き続きカロリーメイトをご紹介。 上にも書きましたが、1箱のエネルギーは400kcal。 4本入りなので1本100kcalになります。 カロリーメイトには様々な栄養素が配合されていて、空腹だけど時間がないという時に重宝します。 手を汚さず食べられるのも便利ですね。 ただ、カロリーメイトは栄養補助食品ですから「エネルギー源」。 体を動かすエネルギーにするために、小麦粉・油脂・バターなどの食材が含まれています。 ダイエット中は、これらを食事でも摂っているのであれば不向きな場合もあります。 次はおにぎりについて。 おにぎりは1個150kcal程度。 と言っても、中の具に左右されます。 マヨネーズの入ったもの(ツナマヨなど)・お肉系(照り焼きチキンやソーセージなど)はカロリーが高く、コンビニなど場所によっては200kcalを超えます。 食事制限中は、梅、昆布、海苔、野沢菜などカロリーの低い具にしましょう。 時々であれば、鮭やおかかでも良いです。 また、ご飯を白米から玄米にすれば更にダイエット向き。 ミネラルや食物繊維が摂れる上に、歯ごたえがあるので良く噛むことで満足感が得られます。 おにぎりはコンビニよりも手作りの方がおすすめ。 週末など時間のある時にまとめて握って、冷凍保存しておくと便利ですよ。 総合的に見ると、ダイエットのためには中の具も調整できてカロリーを抑えられる「おにぎり」の方が適しています。 もちろん食べ過ぎは厳禁ですので注意してくださいね。

次の

朝食はカロリーメイトだけの生活は危険?4年間続けて分かったこと

カロリー メイト

カロリーメイトの栄養について調べてみました。 バランス栄養食と宣伝されていますが本当?実は豊富な栄養素を含むカロリーメイト、その役割は宣伝の通り、バランス栄養食、という立ち位置がベストのようです。 管理人は、もう何度も何度も食べ飽きるくらいに食べてきたカロリーメイト。 本当にかつてお世話になりました。 そんなかつての経験を元に書いた、カロリーメイトの記事が下記。 「カロリーメイトはダイエット用?それとも太る?経験から言えること」 10月に書いた記事ですが、有難いことに息長く多くの方に読まれている記事となっているようです。 で、かつてのカロリーメイトの記事を読んでいてフト思った、 カロリーメイトのカロリーの話は分かった、じゃぁ栄養的にはどうなのよ? そーか栄養について殆ど前の記事は触れていません。 もうこれは調べるしかない! ということで、カロリーメイトシリーズ第2弾。 カロリーメイトの栄養について、調べてみました! カロリーメイトシリーズ、第2弾です! Contents• カロリーメイト1袋(2本)の栄養素 カロリーメイトを1箱を1食として食べると日常生活ではカロリー高いんじゃないか、と前回書いているので、今回の検証は、カロリーメイト1袋(2本)で行うことにしました。 選んだカロリーメイトは、管理人も一番好きで、尚且つ一番好まれている、「カロリーメイト チョコレート味」。 カロリーメイトと言うと、プレーンのイメージが大きいと思われますが、実は一番人気あるのチョコレート味だったりします。 そんな「カロリーメイト チョコレート味」の1袋(2本)あたりの栄養価は下記の通り。 「カロリーメイト チョコレート味 2本(40g)の栄養成分」 ・エネルギー:200kcal ・タンパク質:4. 3g ・脂質:11. 4g ・カリウム:85mg ・カルシウム:100mg ・鉄:1. 25mg ・マグネシウム:25mg ・リン:45mg ・ビタミンA:112. 25mg ・ビタミンB2:0. 3mg ・ビタミンB6:0. 25mg ・ビタミンB12:0. 75mg ・パントテン酸:1. さすがバランス栄養食、と宣伝しているのは伊達ではありません。 ただね、じゃぁこれって本当に必要な量を満たしているか?と言われれば、箱に書いてある数字並べるだけじゃ分かりません。 Sponsored Link 1日に必要な栄養摂取量と比較してみた カロリーメイト1袋(2本)の栄養価が、成人男性が1日に必要とする栄養摂取量をどの程度カバーできているのか?このお話、カロリーメイトで1日に必要な栄養摂取量がカバーできる、ということになれば、極端な話、3食カロリーメイトを食べれば健康に生きていける(カロリーは別問題としても)、という結論になります。 調べた結果は下記。 左数字が必要量-右数字がカロリーメイト1袋(2本)、()が1日の必要量から見た%です。 ・エネルギー:2,650kcal - 200kcal(7. 5%) ・タンパク質:60g - 4. 3g (7. 2%) ・脂質 :62. 5g - 11. 2g (17. 9%) ・糖類 :100g -20g (20. 0%) ・食物繊維 :19g - 1g (5. 3%) ・ナトリウム(食塩相当量):9g未満-0. 4g ・カリウム :2,500mg -85mg (3. 4%) ・カルシウム:800mg -100mg (12. 5%) ・鉄 :7. 0~7. 5mg -1. 25mg (16. 7~17. 9%) ・マグネシウム:340~370mg-25mg (6. 8~7. 4%) ・リン :1,000mg -45mg (4. 2%) ・ビタミンB1:1. 4mg -0. 25mg (17. 9%) ・ビタミンB2:1. 6mg -0. 3mg (18. 8%) ・ビタミンB6:1. 4mg -0. 25mg (17. 9%) ・ビタミンB12:2. 8%) ・ナイアシン:15mg -2. 75mg (18. 3%) ・パントテン酸:5mg -1. 4mg (28. 8%) ・ビタミンC :100mg -20mg (20. 0%) ・ビタミンD :5. 7%) ・ビタミンE :7. 0mg -2mg (28. jp ()の%部分を見ると分かりますが、確かに万遍なく栄養素が入っているカロリーメイトではありますが、1日の必要量から見ると殆ど足りていません。 少なくとも上記数字からは、3食を全食カロリーメイトにしても1日の必要とされる栄養摂取量を満たすことができないので、ダイエット等の事情はあっても、3食全部をカロリーメイトにすることはオススメできない、とは言えそうです。 豊富な栄養素を含むカロリーメイトですが、種類豊富な食事には敵いません 価格:3,218円(税込、送料込) 「豆乳クッキー」はダイエット食品として有名ですが、小腹がすいて何か食べたいけどカロリーは控えたいという時にピッタリです。 カロリーメイトは栄養補助食品として考えれば優れている 3食全部をカロリーメイトに置き換える、というような極端なことをしなければ、豊富な栄養素を含んでいるカロリーメイト、十分にお役に立てます。 あと、カロリーに気を付けること。 そう考えると、やはりカロリーが適度に合って+栄養素がバランスよく入っているので、非常食としてカロリーメイトは秀逸と言えます。 そしてカロリーを考えながら食べれば、豊富な栄養素を含んでいるカロリーメイトは栄養補助食品として優れているのではないかと。 カロリーメイト、ダイエットや朝食・おやつといった特定の食べ方に絞ると、カロリー高い、とか、必要な栄養素は満たされません、という結果になりますが、日常の食生活を送った上で、栄養補助食品として食べるのであれば、上記数字から見ても、バランス栄養食としての役割を充分に果たすことができそうです。 極端な方向に走りすぎるのはよくない、というありがちな結論ではありますが、カロリーメイト、改めて調べてみると思った以上に栄養は豊富でした。 食物繊維は少なそうだなぁ、と思っていましたが、これまた、やはり、という結論。 健康のためには、極端な方向に走るのではなくバランスのとれた食生活が必要 カロリーメイト、非常に手軽に取れるバランス栄養食ですが、日常的には(非常時とか山等のハードな運動の時以外)あくまでも補助的な食品、としてとらえた方がよさそうです。 日常の食事で足りない栄養素を補うことができる=栄養素をバランスさせる=バランス栄養食。 まさに名前の通りの食べ物です。 奥の深いカロリーメイトの世界、栄養素を調べてその奥深さを再認識。 カロリーメイトシリーズ、また機会とテーマがあれば調べて書いてみます。 以上、カロリーメイトシリーズ第2弾、「カロリーメイトの栄養について」でした。

次の

朝食はカロリーメイトだけの生活は危険?4年間続けて分かったこと

カロリー メイト

カロリーメイトについて見直してみる 僕の小さい頃からあるカロリーメイトは個人的には味も好きで、当時としてはインパクトのある商品だったこともあって、結構な頻度でお世話になっていました。 最近あまり買わなくなったので、内容など変化があったのか調べてみると、内容自体は変わらないのですが、ネットの検索候補を見ると カロリーメイト 太る カロリーメイト 危険 こういったものも並んでいました。 個人的には カロリーメイトについてなんらかの誤解があるのでは? という思いがあったので、簡単にカロリーメイトについて書いていきます。 カロリーメイトの栄養的価値 カロリーメイトは1箱2本入りと4本入りの商品がありますが、1本は100㎉です。 4本入りを基本として400㎉です。 基本的に 1箱でおおよその1日に必要な栄養の1/3が摂取できる形となっています。 エネルギー・たんぱく質・食物繊維・リン・カリウム・マグネシウムは圧倒的に足りませんが。 手軽に摂取できる商品としては高性能だと言えると思います。 そしてこの小さいボディにエネルギーを詰め込まなければいけないので脂質は高めです。 脂質だけが1gで9㎉を確保できるので、どうしてもこういった手軽なエネルギー補給の商品は脂質が多めになります。 他の商品では、糖質でエネルギーを稼ぐためにお菓子のような味付けになっているものもありますが、これは仕方のない所です。 ゼリータイプのカロリーメイトは脂質控えめです。 ブロックタイプと同じカロリーを摂取しようと思うと2本飲まないといけませんが、運動時のスピード補給などには便利だと言えます。 カロリーメイトに関する誤解 では、エネルギーについては 1箱食べても1日のエネルギーの1/3が確保できないカロリーメイトで太るという誤解や、危険であるという話がどうして出るのでしょうか? これは対象になるサイトや記事を読むとすぐに分かるのですが、 カロリーメイトを完全栄養食品と勘違いしたこと自体や、勘違いしたダイエットを行った人たちが健康を損ねたという話から広がっています。 上記の栄養価の通り、カロリーメイトだけでは補えない栄養があります。 そしてたんぱく質については必須アミノ酸が全て摂取できるわけでもありません、 こういった前提を忘れて、1日3食をカロリーメイトに置き換えてしまう この愚行が全ての原因です。 栄養補助食とはなんだったのか・・・ 毎日同じ料理を食べるとカロリーメイトでなくても栄養失調になります。 足りないものが足りないままで日にちを重ねるため、体は少しずつ機能不全に陥ってきます。 カロリーメイトダイエットがダメなわけ 1日3食カロリーメイトを1箱食べると、1日1200㎉なので、短期的には痩せるというか体重減少が見られると思います。 しかし、たんぱく質が少なすぎるので、筋肉を増やす、維持することが困難になります。 血中のアミノ酸濃度も下がります。 こうなると体は新たにアミノ酸を必要として、体のたんぱく質(=筋肉)を壊してアミノ酸を作り出そうとします。 筋肉が減少することは、基礎代謝の減少と共に、無意識で使用するエネルギーの低下を意味し、痩せにくく、太りやすい身体になってしまいます。 そして、上記の不足する栄養もあり、体には悪影響が出てきます。 カロリーメイトが悪いわけではない では、やはりカロリーメイトは悪者かというと 勿論そんなことはなくて、 ・忙しすぎて食事をする暇がない ・スポーツの合間 こういった隙間時間に済ませる食事としては非常に高性能です。 ただ、前提として、他の食事はきちんと食べることができていることが重要になってきます。 特に激しいスポーツをしている人が間食として食べた際には、その他に3食食べるくらいの栄養が必要になります。 カロリーメイトは万能薬ではないという事です。 カロリーメイトの注意点 アレルギーのある人は注意が必要です。 小麦粉がメインで使用されていて、たんぱく質は植物由来で大豆と小麦 チーズ、バターの乳製品に卵と、アレルゲンが多く使用されています。 食品添加物もある程度使用されていますが、この手の他の商品に比べるとだいぶ控えめです。 便利というだけで利用するのではなく、自分に合っているかを検討して使用す必要がありそうです。 カロリーメイトが体に悪いことについて まとめ カロリーメイトに罪なはい! でも、本当に健康に気を遣う人であればお世話になる機会がないのではないかとも思います。 そういう人は食事に対する優先度が非常に高いように感じます。 一方で、そうはいっても食事の時間が取れない! そういう人のための商品がカロリーメイトなので、頼りすぎずに上手に使えると良いと思います。 ちなみに僕が最近食べないのは小麦粉が多いからです。 管理者 ぽちお 管理栄養士 社員食堂、大学病院を経て、現在は福祉施設での勤務 栄養、健康について思ったことなどを書いていきます。 詳細はブログタイトル下の運営者情報を参照ください。 Twitterアカウント カテゴリー カテゴリー アーカイブ• 17 ブックマーク•

次の