限界突破wifi めっちゃwifi。 どんなときもWiFiと限界突破Wi

限界突破WiFi と めっちゃWiFi を徹底比較|口コミ・速度・電波・メリットとデメリットも解説します

限界突破wifi めっちゃwifi

この記事でわかること• 話題の「限界突破WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• めっちゃWiFi(公式): 読みたいところだけどうぞ• 事務手数料が無料になる限界突破WiFiの方が初期費用は安い ポケットWi-Fiを申し込むと、ほとんどの場合に事務手数料が3,000円ほど必要になります。 めっちゃWiFiも例に漏れず事務手数料は3,000円です。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が0円(無料)になります。 どちらも初月の月額料金は日割りになるため、結果として初期費用は限界突破WiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用も限界突破WiFiの方が少しだけ安い 月額料金はめっちゃWiFiの方が20円だけ安いです。 ところが、限界突破WiFiは事務手数料が無料になるため、2年間の合計費用で比べた場合、限界突破WiFiの方が少しだけ安くなります。 2年間の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 84,000円 86,520円 「限界突破WiFiの方が安いんだ!」と喜ぶのはまだ早いです。 めっちゃWiFiは端末補償がない 限界突破WiFiは月額500円で端末補償に入れますが、めっちゃWiFiはそもそも端末補償がありません。 よく持ち歩く方、ついつい落としがちな方は万が一に備えて端末補償に加入することをおすすめするのですが、そもそもめっちゃWiFiには端末補償がないのです。 めっちゃWiFiは弁済金が安い ところが、実は めっちゃWiFiは端末を壊した場合の弁済金がわずか5,000円という非常に良心的な料金設定になっているのです。 故障、水没、盗難、紛失など、兎にも角にもルーターをダメにしてしまった場合、5,000円払えばOKなのは非常に安いと言えるでしょう。 これなら端末補償がなくても安心と言えます。 限界突破WiFiは月額500円だが故障と水没のみ 端末補償がある限界突破WiFiですが、月額500円払っても補償対象となるのは故障と水没のみです。 盗難や紛失の場合は18,000円の弁済金が必要になります。 めっちゃWiFiの弁済金は5,000円なので、限界突破WiFiの端末補償10ヶ月分と同額。 端末補償の観点から考えれば、めっちゃWiFiの方がオトクになることがわかるでしょう。 2年使って端末を壊してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 96,000円 (端末補償代込) 91,520円 (弁済金込) 2年使って端末を紛失してしまった場合の合計費用 限界突破WiFi めっちゃWiFi 114,000円 (端末補償代+弁済金込) 91,520円 (弁済金込)• スマホと両手持ちになる• アプリやバッテリー機能を使えば使った分だけルーターの充電がなくなる おそらく多くの方が、スマホをよく手に持っているでしょう。 もしくは、すぐに取り出せるような場所(ポケットやカバンの上部)にしまってあると思います。 であれば、わざわざルーターでGoogleMap使ったり、翻訳アプリを使うメリットはほぼありません。 なぜならそのままスマホで行った方が手慣れている上に、最悪両手持ちになってしまうからです。 そんな不便な話はありません。 また、アプリはともかくモバイルバッテリー機能は一見すると便利に見えますが、そんなことはありません。 結果としてルーターの充電がなくなってしまっては元も子もないからです。 別途モバイルバッテリーを持った方が間違いないでしょう。 そもそも端末としての品質評価が低く、速度遅延やネットの切断も多い そして何よりも、この「 jetfon P6」という機種は非常に評価が悪いです。 より引用 見てわかる通り、ルーターとしての評価は最悪と言ってよいでしょう。 実際に使って確認していますが、速度があまり速くないのはともかく、 ネットの切断が非常に多かったです。 確かにというシステム上、多少の通信切断は起きます。 が、限界突破WiFiはあからさまにその頻度が多く、非常に気になるレベルだったのです。 こうなってくると 原因はルーター端末そのものにあるのではないか?と思ってもしょうがないと言えるでしょう。 めっちゃWiFiも時折ネットが切断されることはありましたが、限界突破WiFiほどではありませんでした。 正直言うと、この差はかなり大きいと考えています。 めっちゃWiFiで使われている「U2S」というルーターは、多くのクラウドWi-Fiで使用されている非常にベターな端末です。 モバイルWi-Fiとしての機能しかありませんが、それで十分だと個人的には思っています。 どちらのルーターも実効速度は10~40Mbps程度。 ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を使うので、劇的に速度が変わるということはありませんでした。 限界突破WiFiに比べて、めっちゃWiFiは非常に良心的な設定となっています。 2年以内の違約金が10,000円ほど差がある 更新月以外の違約金 限界突破WiFi めっちゃWiFi 1年目 18,000円 9,800円 2年目 18,000円 9,800円 3年目~ 5,000円 無料 ご覧のとおり、 限界突破WiFiは2年以内に解約すると18,000円も取られますが、めっちゃWiFiは9,800円だけで済みます。 1年目の18,000円はまだしも、2年目も18,000円もするのは他と比べても高い部類ですね。 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても無料 また、 めっちゃWiFiは自動更新がないので3年目以降はいつ解約しても違約金が取られません。 どちらとも更新月で解約すれば違約金は0円ですが、必ず更新月のタイミングで解約できるわけではありません。 長く使うことを考えるのあれば、解約するときのことまで考えて契約をするべきでしょう。 総合評価:めっちゃWiFiの勝利 総合評価としては、めっちゃWiFiの方が優れていることがわかりました。 逆を言えば「地図アプリが欲しい」「モバイルバッテリー機能が欲しい」人だけが、限界突破WiFiを選ぶべきと言えるでしょう。

次の

【公式】めっちゃWiFi

限界突破wifi めっちゃwifi

回線提供元の都合により、2020年4月10日にて競合クラウドWiFiサービスのMugen WiFiの新規申し込み受付が終了となりました。 現状、 全てのクラウドWiFiがMugen WiFiと同様にサービス停止となる予定です。 また、既に契約済のクラウドWiFiに関しましても上記都合により今後容量制限が設けられる可能性が高いです。 (限界突破WiFiの前例あり。 ) そのため、 これから新しくポケットWiFiを契約するようでしたら「WiMAX」の契約をおすすめします。 月間容量が無制限な上に、通信速度が非常に速く安定しています。 下記ボタンの飛び先で、31社のした結果、業界最安値で最もおすすめのWiMAX「」について詳しく解説しています。 ぜひ、チェックしてみてくだい。 そもそもめっちゃWiFiとは? そもそもめっちゃWiFiとは、容量無制限で使えて日本・海外場所を選ばずどこでも使えるモバイルWiFiのことです。 めっちゃWiFiは、月額3,480円で契約できるレンタルWiFiです。 WiMAXやポケットWiFiと違って完全無制限で使えることが特徴です…! また、月額も安い上に海外でそのまま使う事ができるなど優れている点が非常に多いことから、近頃非常に人気の高いモバイルWiFiです。 めっちゃWiFiとWiMAXやどんなときもwifiを比較! めっちゃwifi 月額料金 3,480円 4,380円 3,480円 最大通信速度 150Mbps 1. 3つのWiFiの大きな違いは通信速度と容量制限・海外利用料金にあります。 めっちゃWiFiは WiMAXと比べると最大速度が遅いのですが、その分容量無制限で何GBでも使えるメリットがあります。 どんなときもwifiと比べた場合は、海外での利用料金が安いですね。 めっちゃwifiは、どんなときもwifiの流行に乗った後発wifiなのでどんなときもwifiよりも若干安めに設定されていますね! 「めっちゃWiFi」の悪い評判・良い評判をネット上の口コミから解説! ここでは、めっちゃWiFiのネット上の口コミについて解説していきます。 めっちゃWiFiのTwitterでの悪い評判と良い評判についてまとめて、めっちゃWiFiの口コミについて解説していきます。 「本当に容量制限は無いの?」「速度はどの程度?」など契約前に気になる疑問に答える口コミをピックアップしていきます。 是非読んでいってくださいね…! 「めっちゃWiFi」の悪い評判について調べてみました! ちょっと待て…『どんなときもWiFi』に似たようなやつで『よくばりWiFi』『めっちゃWiFi』もあるのか! 料金体系的にはめっちゃWiFiが良さそうだが、サービス開始間もないせいかレビューが少ないので不安。 悩む… — サラリーマンTAKEYA 12. webから申し込んで早3日、メールも、何も連絡が無い。。 — sti sti36082604 めっちゃwifiの 悪い評判を調べた結果、「速度が遅い」「レビューが無くて不安」といった内容が多かったです。 速度が遅い点に関しては、人によるようです。 レビューが無くて不安については、その通りですね。 実際に、「申し込んだのに連絡が無い」という人もいます。 めっちゃwifiは最近始まったばかりのサービスで口コミが少ないです。 ですが、 比較的悪い評判が多めでした。 契約するなら、もう少し様子を見て口コミが出そろってからの方が良いでしょう! 「めっちゃWiFi」の良い評判2つ! 本日の速度 — Zodiac ZodiacXIII めっちゃwifiの満員電車での速度。 梅田駅 使用中のインターネットの速度は: 12Mbps. お使いのインターネットの速度はどのくらいですか? 良い口コミで投稿されている内容のほとんどが、速度に関する評判でしたよ!ただし、投稿アカウントが画像未設定でIDが英語の羅列のアカウントが多かったです…汗 若干、ステマ臭のする口コミですので全部が全部信用するのは危険そうですね。 悪い評判でも言いましたが、 めっちゃWiFiの契約は口コミ評判がもう少し増えるまで待った方が良いです。 「めっちゃWiFi」の評判まとめ めっちゃWiFiの悪い評判と良い評判をまとめて分析してみました。 結果、どちらかと言えば悪い評判の方が多かったです。 めっちゃWiFiの評判としては 「速度が遅い」「口コミが少なくて不安」「速度が速い」といった内容が多かったです。 前者の悪い評判2つについては、投稿している人も多かったです。 特に、口コミが少なくて不安と感じている人は多いですね。 一方で「速度が速い」といった良い評判を投稿している人も多かったです。 口コミの全体数が少なく、これだけで性能を判断するのは危険です。 契約を考えている場合、 もう少し口コミの数が増えるのを待った方が良いです。 「めっちゃWiFi」の3つのデメリット… めっちゃWiFiの3つのデメリット• ここでは、めっちゃWiFiの3つのデメリットについて紹介していきます。 それぞれのデメリット毎詳しく解説していきます。 是非、参考にしてくださいね!それでは、本文に入っていきましょう。 最近では、縛りなしWiFiやSPACE WiFiなど縛り期間がほとんど無いWiFiも増えてきました。 その点 めっちゃWiFiは旧来の2年縛りがあり、ちょっと損に感じますよね。 例えば、「突然海外に引っ越す事になった」「家にを引いてwifiが不要になった」などの場合2年縛りで解約違約金がかかることはネックになりますよね。 そのため、2年間の縛り期間があることはめっちゃWiFiのデメリットの1つであると言えます。 めっちゃWiFiは配送までに最短で3営業日の時間がかかります。 一方で、 競合サービスを見てみると「最短即日発送」がメジャーですね。 申し込んでから発送までに3日も差がある事はデメリットと言わざるを得ません。 速い時は100Mbpsでることもあります。 例えば、 YouTubeやUNEXTなどで高画質の動画を見る場合などWiMAXの方がストレス無く見る事ができます。 そう考えると、WiMAXと比較して通信速度が遅いことはめっちゃwifiのデメリットであると言えますね。 「めっちゃもWiFi」の5つのメリット! めっちゃWiFiの5つのメリット• めっちゃWiFiのデメリットついて解説したところで、めっちゃWiFiの5つのメリットについて紹介していきます。 それぞれのメリット毎に詳しく解説していきます。 是非、参考にしてくださいね!それでは、本文に入っていきましょう。 2018年までは、無制限WiFiは存在しませんでした。 なので、FUJI WiFiの300GBやWiMAXの3日で10GBが最も容量が多いWiFiという状態でした。 ですが、めっちゃWiFiは「完全無制限」でWiFiを使うことができます。 そのため、 容量を心配することなくゲームや動画が見放題なんですよ! 2018年の情況と比べると、容量無制限で完全使い放題な点はめっちゃWiFiの大きなメリットと言えますね。 モバイルWiFiは「WiMAXならWiMAX回線」「PocketWiFiならSoftBank回線」のように使える回線が決まっています。 ですが、 めっちゃWiFiはクラウドSIMを採用しており「SoftBank」「au」「ドコモ」の3つのキャリアの回線を利用して通信できるんです。 そのため、「対応エリアが広い」「容量制限が無い」「海外でも使える」などの様々なメリットがあります。 表に、競合サービスとの比較をしました。 表を見て頂ければわかりますが、 めっちゃWiFiの解約違約金が9,800円に対して競合サービスは10,000円以上の解約違約金がかかってしまいます。 解約違約金が高いと、非常に解約しにくいですよね。 それに、何かの事情で解約せざるを得なくなった際に大きな損をすることになります。 そのため、解約違約金が安く解約のハードルが低い点はめっちゃwifiの大きなメリットの1つであると言えます。 上記表に代表的なの海外利用料を比較しました。 人気のサービスどんなときもwifiと比べるとめっちゃwifiの海外利用料は非常に安く設定されていますよね! 海外利用料が最安の限界突破wifiと比較すると、若干高く感じますがそれでも業界全体では安い方に分類されます。 海外でも使う可能性があることを考えると、めっちゃwifiの海外利用料の安さは大きなメリットであると言えます。 上記からわかった!「めっちゃWiFi」をおすすめする人しない人 ここまで解説してきたメリット・デメリットを踏まえて、メリット・デメリットから言えるめっちゃWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説していきます。 「おすすめする人」「おすすめしない人」それぞれについて一覧形式で紹介していきます。 めっちゃWiFiの契約を考えている人の参考になれば幸いです。 速度が速いWiFiを契約したい人• なるべく評判の良いWiFiを契約したい人 めっちゃWiFiを特におすすめできない人は「速度が速いWiFiを契約したい人」です。 めっちゃWiFiはWiMAXと比べると通信速度が遅く、 YouTubeやUNEXTなどで高画質動画を見る際はストレスを感じることがある可能性があります。 また、「評判の良いWiFIを契約したい人」も避けた方が良いです。 めっちゃWiFiはサービス開始まもないので、 口コミが少なく評判があまり安定していません。 上記2点の「おすすめしない人」に当てはまるようでしたら、めっちゃWiFi以外のモバイルWiFiを検討することをおすすめします。 「めっちゃWiFi」をおすすめする人 めっちゃWiFiをおすすめする人• 繋がりやすいWiFiを契約したい人• 安定して速度がでるWiFiを契約したい人• 海外旅行に行くことが多い人• 月額料金が安いWiFiを契約したい人• 容量制限の無いWiFiを契約したい人 めっちゃWiFiを特におすすめする人は「容量無制限のWiFiを契約したい人」や「月額料金が安いWiFiを契約したい人」です。 めっちゃWiFiは多くのWiMAXやレンタルWiFiと違って本当に容量制限がありません。 光回線などと同様に完全無制限のインターネットなので、容量を気にせずネットが使いたい人におすすめです。 その上、 月額料金は2年間一律で3,480円と業界最安値の水準です。 容量無制限でたくさん使いたい人や、月額料金をなるべくお得にしたい人にはとてもおすすめのWiFiと言えます。 「めっちゃWiFi」を損せずに契約するまでの全手順を徹底解説! めっちゃWiFiの申し込みページにアクセス! 利用規約を確認する! 重要事項説明書を確認する! めっちゃWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説できたところで、どんなときもWiFiを損せずに契約するために注意すべき全手順について解説していきます。 注意すべきポイントを3ステップに分けて詳しく解説していきます。 めっちゃWiFiの申込先は、公式HPからのネット申込だけなので 電話窓口などはありません。 そのため、申込ページにアクセスしたらすぐに「利用規約」を確認していきましょう。 利用規約の本文は、画像赤枠内の「めっちゃWiFiサービス規約」のリンクからアクセスすることができます。 利用規約の場合と同じように、 画像赤枠内の「めっちゃWIFi重要事項説明書」をクリックすると重要事項説明書の本文を読むことができます。 一通り目を通すことができたら「重要事項説明事項に同意します」のチェックボックスにチェックを入れましょう。 その後、お客様情報などの必要事項を入力して「申込ボタン」を押せば申込完了です! 「めっちゃWiFi」の解約方法についても事前に理解しておこう! めっちゃWiFiの解約方法• 解約を希望する場合マイページ経由で解約希望である旨を伝えましょう。 その後、端末の返送方法や返送先について指示があるので指示に従って端末を返送します。 最後に、めっちゃWiFiから端末の返送確認と解約完了のメールが届いたら解約手続は完了です。 めっちゃWiFiとは無制限wifiのこと!• めっちゃWiFiの悪い評判で多いのは「口コミが少なくて不安」• めっちゃWiFiの良い評判で多いのは「通信速度が速い」• めっちゃWiFiの一番のデメリットは「WiMAXと比べて速度が遅い」• めっちゃWiFiはの一番のメリットは「解約違約金が安いこと」 今回の記事では、めっちゃWiFiの口コミやメリット・デメリットなどについてまとめてきました。 めっちゃWiFiの評判を調べた結果、悪い評判では「口コミが少なくて不安」良い評判では「通信速度が速い」といった内容が多かったです。 サービス開始からまも無いWiFiですので、口コミ評価が少なく全体的にどんなWiFiか把握しにくいのは事実です。 契約は、もう少し口コミが出揃ってからの方が良いでしょう。 現状でわかっている、めっちゃWiFiの一番のデメリットは「WiMAXより速度が遅い」ことです。 実測で10Mbps以上差があるため気になる人はきになります。 逆に一番のメリットは、 競合サービスと比べて解約違約金が圧倒的に安いことです。 そのため、いつでも気軽に解約したいならめっちゃWiFiはおすすめできるWiFiです。

次の

限界突破WiFiはおすすめ?他の無制限ポケットWiFiとも徹底比較

限界突破wifi めっちゃwifi

サービス開始当初は無制限に使えた所もあったんだけど、どんどん規制が厳しくなったよ 実際に回線Boyで把握しているだけでも、下記のような事象が起きています。 通信制限の内容 どんなときもWiFi 制限不明 但しネット上では速度制限がかかったという口コミ多数有 公式でも不具合を認めています。 クラウドWiFi東京 1ヶ月300GBで制限(2020年2月にテスト) どこよりもWiFi 1ヶ月300GBで制限(利用規約に記載) ギガWi-Fi 1ヶ月150GBで制限 ポケモバCloud 1ヶ月150GBで制限(2020年5月にテスト) 限界突破WiFi 3月6日から 1日5GB超えると速度制限。 24時を超えると制限解除。 WiMAX 直近3日間で10GBを超えた場合翌日の18時から2時は速度制限 上記の通り、無制限と言われているのに、なぜか制限がかかるという事があります。 そのため 月300GB以上使うという人には「ポケットWiFi」はおすすめできません。 但し、昼間のみ利用するという人の場合は「 WiMAX」という選択肢はあります。 無制限のポケットWiFiを選ぶ際の注意点• 1.契約期間・契約解除料は必ずチェック ポケットWiFiでは、• 契約期間の縛りがあるサービス• 契約期間の縛りがないサービス の2つに分かれています。 基本的には、契約期間の 縛りがあるサービスの方が料金は安めの設定となっております。 なお、契約期間はサービスによって変わってきますので必ずチェックしてください。 当サイトで契約者が多い無制限のポケットWiFiの契約解除料を比較してみます。 限界突破WiFi 1~24ヶ月目 18,000円 3年目以降 5,000円 更新月 0円 Mugen WiFi 1~12ヶ月目 9,500円 13~24ヶ月目 5,000円 25ヶ月目以降 0円 どんなときもWiFi 1~12ヶ月目 19,000円 13~24ヶ月目 14,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 0円 よくばりWiFi 1~12ヶ月目 18,000円 13~24ヶ月目 12,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 0円 めっちゃWiFi 1~24ヶ月目 9,800円 3年目以降 0円 上記の通り、Mugen WiFiが1年以内の解約でも9,500円と安いです。 どんなときもWiFiは1年以内18,000円ですから比較すると倍近く違います。 さらに、Mugen WiFiは 25ヶ月目以降はいつでも解約金0円なのに対して、 どんなときもWiFiは更新月以外は9,500円取られてしまいます。 このように契約解除料もシッカリチェックしておかないと、後々後悔してしまう事もあります。 2.クラウドSIM系は約9割ソフトバンク回線 ポケットWiFiの無制限と記載している業者の殆どが「クラウドSIM」を利用しています。 10Mbps以上出ていれば、動画視聴等にも影響はないと言って大丈夫だよ! 当サイトのテスト環境で、50Mbps以上の速度を計測したのは、• GMOのWiMAX• ネクストモバイル• エヌズカンパニーのポケットWiFi となっており、どれもクラウドSIMではなく、物理SIMのポケットWiFiサービスです。 先ほども記載しましたが、10Mbps~30mbpsと速度が出ていれば、通常利用では問題ありませんが、 少しでも速度の速いポケットWiFiを使いたいという人は、 クラウドSIM系のサービスは避けたほうが良いです。 上記は2020年3月19日に計測しましたが、見てのとおりWiMAXはかなり速度が速いです。 そういう人が多いから、ここではキチンと説明するね。 最近で炎上しているのが「どんなときもWiFi」と「限界突破WiFi」です。 「どんなときもWiFi」は 2月、3月と度重なる通信障害が発生しています。 この理由は定かではありませんが、恐らくユーザーが増えすぎたため、一人あたりの通信量を確保できなくなりました。 「限界突破WiFi」でも、3月6日頃から密かに 1日3GB制限になったり、3月19日時点では 1日5GBの制限があるという噂です。 上記2社に限らず、少なからず制限をかけてくるサービスが殆どです。 今、無制限に使えるから〇〇というWiFiは良いよという話も聞きますが、数か月後どうなっているかはわかりません。 そのうえで「無制限」と言われている「WiFi」を契約するのであれば、 月300GB迄と思った方が良いです。 そうだね。 でも、無制限WiFiの殆どが 3,250円~3,480円となってるから、大きく料金は変わらないよ。 では、どのような点を重視した方が良いのかというと、• 契約期間• 契約解除料• その他に他と違う点 となっております。 「契約期間・契約解除料」については、既に「契約期間・契約解除料は必ずチェック」にて説明しましたので省きます。 3番目の「その他に他と違う点」について解説していきます。 当サイトで一番人気のある「Mugen WiFi」は契約解除料が安いのはもちろんですが、30日間お試しキャンペーンを行っております。 このキャンペーンでは、条件は多少ありますが、 30日以内であれば返却手数料1,000円を支払う事で全額返金して貰えます。 実際にポケットWiFiを利用して、• 速度が遅い• 電波が入らない• 思っていた物と違った といった時に、30日以内であれば、泣き寝入りをせずに1,000円支払う事で全額返金してもらう事が出来ます。 月額料金にこだわって、安い所ばかり探していると、 途中解約の料金が高かったり、 契約期間が長かったりと良いことがない場合もありますので気をつけてください。 まず、速度制限についてお話ししますが、WiMAXの速度制限は月間での制限は設けていません。 直近3日間で10GBを超えると 翌日の18時~2時迄が1Mbps前後の速度まで低下するという制限内容です。 そのため、2時から18時までの間であれば、 速度制限にかかっていも高速通信が可能という特徴もあります。 さらに、サービス運営側で急に制限をかけられるよりも、予め3日で10GB使うと速度制限になるというのがわかっていた方が、大事な仕事や見たいオンデマンドがある時にも 通信量を調整して使う事ができます。 「 3日で10GBで十分」「 昼間しか使わないから関係ない」という人には、WiMAXはおすすめです。 そうなんだよ!クラウドSIMを利用したポケットWiFiの場合、いつ速度制限になるかわからないから、WiMAXという選択も考えてね。 WiMAXで一番安く使えるのが「GMOとくとくBB WiMAX(月額割引)」プランとなっております。 2.契約期間なし!「縛りなしWiFi」 縛りなしWiFiは契約期間の縛りがありません。 そのため3ヶ月や半年で解約しても 契約解除料及び解約金は0円です。 気軽にポケットWi-Fiが持てるという点でおすすめです。 縛りなしWiFiのプランは3つ用意されており、• 通常プラン:1日2GB• ライトプラン:1ヶ月20GB• WiMAXプラン:3日で10GBの制限のみ となっております。 WiMAXプランなら月間無制限となっており、3日間で10GBを超えない限り速度制限になりません。 3日間で10GBを超えても速度制限は18時から2時までと時間が決まっておりそれ以外の時間帯では高速通信が可能となっております。 そのため縛りなしWiFiで 大容量通信を検討している人は 「WiMAXプラン」がおすすめです。 縛りなしWiFiの料金については以下の通りです。 月額料金 通信量 通常プラン 3,300円 1日2GB迄 ライトプラン 3,000円 1ヶ月で20GB迄 WiMAXプラン 3,800円 月間無制限 (3日で10GBの制限有) 全体的に料金も安めとなっております。 契約期間の縛りがないから、気軽に解約出来ておすすめ! \契約期間の縛りがないため、いつでも解約OK/。 3.動画見放題!無制限に使える!「ゼウスWiFi」 ゼウスWiFiはクラウドSIMを利用しており、1日3GBや3日で10GBといった速度制限なく、 ポケットWiFiが無制限に使い放題です。 私も実際に試してみましたが、1日10GB以上利用を2週間続けましたが、速度制限にかかることなく快適に動画視聴ができました。 さらに、ゼウスWiFiの特徴として、• softbank、au、docomoの3キャリアに対応• 月額料金が無制限WiFiの中で最安値級• 端末はレンタルのため無料• 30日以内解約事務手数料0円 となっており、無制限WiFiの中でもコスパが良いです。 なお、 30日以内は解約事務手数料0円となっておりますので、契約したけど思ったより速度が遅いという場合には気軽に解約ができます。 それ以外の時間帯は高速通信が可能です。 月額料金 (ギガ放題) 3,980円(税抜) 初期費用 3,000円(税抜) 本体代 19,200円(税抜) キャッシュバック 15,000円 契約期間 1年間 1年以内の解約違約金は1,000円 2年目以降は違約金無料 支払い方法 クレジットカードまたは口座振替 サービス開始翌月に15,000円キャッシュバックキャンペーン中! 6.初期費用0円!端末貰える「限界突破WiFi」 限界突破WiFiは1日3GBの速度制限で一時期炎上していましたが、現在は下記の表の通り1日5GB迄高速通信、10GB迄快適通信、10GB以上で速度制限となっております。 但し、このように速度制限を設けておりますので、 いきなり速度制限がかかったという事態を避けることができます。 上記にて 在庫切れと表示される場合、下記の申込フォームより申込可能です。 7.契約解除料が安い「めっちゃWiFi」 めっちゃWiFiの最大の特徴は、• 契約解除料が安い• 25ヶ月目以降は解約金0円 という点でしたが、「Mugen WiFi」が同じような内容のサービスを始めてしまったため、「めっちゃWiFi」は人気が出ませんでした。 「Mugen WiFi」と「めっちゃWiFi」を比較してみます。 月額料金 契約解除料 その他 めっちゃWiFi 3,480円 1~24ヶ月目9,500円 25ヶ月目以降0円 特になし Mugen WiFi 3,280円 1年未満:9,000円 2年未満: 5,000円 25ヶ月目以降0円 30日全額返金補償有 上記の通り、比較すればわかりますが、料金・契約解除料・全額返金補償有という点で「Mugen WiFi」の方が良いです。 そのため、めっちゃWiFiを選ぶという人が少ないです。 そんな「めっちゃWiFi」ですが、他よりも優れている点もあります。 それは、海外での利用料金が安いです。 東南アジア17ヵ国 1日850円• それ以外の地域 1日1,250円 という料金設定になっており、他のクラウドSIMを利用したポケットWiFiよりも安く利用できます。 他のポケットワイファイが2年や3年といった契約期間を設けている中で、 3ヶ月や半年で解約しても解約金はなしです。 問題が何もなければ、上位で掲載したい位、良いサービスなんだけどちょっと勿体ないね。 在庫切れのため 新規受付を停止しています。 再開は5月6日以降を予定しております。 その理由として3つあります。 1.月額料金が安い Mugen WiFiの料金は、月額3,280円となっており、他社と比較しても安い水準になっております。 月額料金 Mugen WiFi 3,280円 どんなときもWiFi 3,480円 限界突破WiFi 3,500円 毎月100円位までの違いなら気にすることはないと思いますが、 「どんなときもWiFi」と比較すると200円、「限界突破WiFi」と比較すると220円違いますので、この料金の違いは大きいですね。 2.契約解除料が安い Mugen WiFiの契約解除料は、• 1年未満の解約の場合:9,500円• 1~2年未満の解約の場合:5,000円• 25ヶ月目以降:0円 となっており、急遽ポケットWiFiを解約しないといけないと言う時でも、解約金が安く設定されていますので、 気軽に解約できるのが特徴です。 そうだよ!返金手数料として1,000円請求されるけど、それ以外は 全額戻ってくるよ! 他のポケットWiFiでは7日以内の初期契約解除制度は設けられていますが、7日という短い期間だと、試す間もなく解除期間が終わってしまいますので、 Mugen WiFiの30日間全額返金補償はありがたいですね。 気になる速度制限ですが、当サイトの計測では300GB迄は問題なく使えているのを確認しております。 大容量通信のポケットWiFiを一番お得に使えるのは「Mugen WiFi」です。 再度、特徴を確認しておきますが、• 料金が安い(月額3,280円)• 契約解除料が安い• 30日間全額返金補償有 となっており、他の無制限WiFiと比較しても頭一つ抜けている感じです。 初月の月額料金が0円• 契約事務手数料0円 という嬉しいキャンペーン内容となっております。 そのため、 無制限のポケットWiFiを少しでも安く使いたいという人におすすめです。 hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは、• 通常プラン:月額3,355円• セレクトGプラン:4,255円 という2つのプランが用意されていますが、特に何もなければ「通常プラン」の契約で問題ありません。 そうだね。 キャンペーンを適用するには 月額380円の端末補償が加入必須だよ! なお、端末補償も2ヶ月間は無料で利用できますので、2ヶ月無料で使っておいて 「端末補償」だけ解約するというのも有りです。 そうすることで、 月額料金2ヶ月無料キャンペーンも適用されて安く利用することができます。 月額料金 3,450円 事務手数料 3,800円 キャンペーン 2ヶ月無料キャンペーン 25ヶ月目以降解約金0円 25ヶ月目以降端末返却不要 注意点としては、よくばりWiFiは 契約事務手数料が3,800円と少しだけ他のポケットWi-Fiよりも高いです。 その分 2ヶ月間無料キャンペーンとなっておりますので、総額で考えればよくばりWiFiは安く利用できます。 12.通信障害有?CMを流していても気をつけて「どんなときもWiFi」 今ネット上を騒がしている「どんなときもWiFi」です。 その理由として、 無制限と記載してあるのに、速度制限がかかったという事です。 上記の通り何回も通信障害が起きており、どんなときもWiFiのユーザーは速度制限を強いられて困っている人が多いです。 どんなときもwifi どんなときもこんな感じ 詐欺だよな — 38. テレビCMを行っており、知名度はありますが、実情は回線が混雑していてまともに使えない人が多いです。 どんなときもWiFiについて詳しく知りたい人は「」をご覧ください。 まとめ このページで紹介している大容量(無制限)のポケットWiFiは、全て契約して実際に試しています。 少しでも正確な情報をお届けできたらと思っていますが、万が一情報に誤りがある場合は「」よりご連絡いただけると助かります。 繰り返しになってしまいますが、ポケットWiFiを決める前には必ず「」を読んで頂けると幸いです。 何に注意したら良いのか、無制限WiFiとは本当に無制限か等記載しております。 営業マンの巧みな言葉に騙されないように気をつけてください。 最後になりましたが、無制限のポケットWiFiと言って沢山の業者から販売されていますが、本当に良いと言えるのはごく一部です。

次の