給料 ファクタリング と は。 給料ファクタリングを東京地裁が違法と判断!弁護士が徹底解説!

給料ファクタリングを東京地裁が違法と判断!弁護士が徹底解説!

給料 ファクタリング と は

確認事項1. お借り入れしていませんか? もし、お借り入れをしている場合、信用情報機関に 必ず登録されます。 JICC 株式会社日本信用情報機関 やCIC 割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関 に情報が登録され、完済してから5年間は取り消されることはありません。 この場合住宅購入や車の購入など、新たにローンを組むことが非常に難しくなります。 確認事項2. カードの一斉申込みしていませんか? 短期間で複数社の申込みをしている場合、 警戒対象とされる場合も! クレジットカードを作ろうと思ってインターネットから一斉申込みをした場合や住宅購入のためにローン会社に一斉申込みをしている場合、ブラックリストには乗りませんが、「申込ブラック」と呼ばれ警戒対象になり受け付けてくれない場合もあります。 確認事項3. 携帯電話を割賦で支払っていませんか? 携帯本体の料金が実質0円!というウマく甘い 罠にかかっていませんか? 割賦請求をしていたためローンとみなされ買いたいと思っていた住宅を買い損ねてしまったという事例は実は良くある話です。 また、通信会社の手違いによる払い込みの遅延でも信用情報機関では遅延情報が記載されている可能性がございます。 もしブラックだったら・・・?それでもご安心ください! 給料の早期買取、個人向け給料ファクタリングならブラックでも給料債権を買い取ることが可能です! 個人向け給料ファクタリングは銀行の融資や消費者金融の貸金とは違い、給料債権を完全に買取るサービスです。 また、融資や貸金ではないため、信用情報機関に登録されることもございませんし、ご本人様と弊社の2者間での契約で完結するサービスなので、会社やご友人、ご家族に知られることなくかんたんにお手続きができてしまいます。 さらに、現在働いていて収入証明が確認できる書類をご提出いただける方であれば正社員でなくとも、パート・アルバイトでも即時審査を行うことが可能です。 なお、審査対象はご本人様ではなく、お勤め先の会社が審査対象となるため、ご本人様がブラックリストに登録されていても問題なくご利用いただく事ができます。 お給料買取サービスかんたんお手続きの手順• STEP1 お問い合わせお電話、またはメールフォームよりご相談・お申し込み。 STEP2 ヒヤリング現在のご状況をかんたんに、お話をお聞きいたします。 STEP3 審査契約書類を提出して頂き弊社審査部にて審査をいたします。 STEP4 ご売却・ご契約ご契約完了後にご指定の口座にお振込致します。 その後、お給料日に給料債権のお買戻しを行って頂き、取引の完了となります。 お給料は通常通りお勤め先からお客様に全額振り込まれますので、振り込まれたその日に弊社の指定口座にご入金(お買戻し)ください。 ご契約はご本人様名義のもと、 運転免許証や 住基カードなどの 身分証明書でご本人様確認をいたします。 ご用意頂くものは身分証明書の他に 社会保険証、直近2か月分の 給与明細または給料が振込されている 通帳のページ、 お申し込み書の3点です。 この取引契約はご本人様と弊社の 2者間取引契約となりますので勤務先やご家族、ご友人に知られずにご利用いただく事が可能となっております。 個人向けファクタリングよくあるご質問 給料ファクタリングとは何ですか? 給与ファクタリングとは「個人向けのファクタリング」で、簡単に言えば、毎月会社から受け取ることになる「給与」を、給料日前に資金化することのできる個人向けのファクタリングサービスです。 登録料などの利用料金はいくらですか? 登録の際にかかる費用や利用の際にかかる手数料などは一切ございません。 どのくらいの時間がかかりますか? 当日対応が可能です。 審査基準はありますか? 働いている方で(収入が)あればどなたでも対象です。 ブラックですが利用できますか? ブラックでも働いている方で(収入が)あれば問題ございません。 自己破産をしているのですが利用できますか? 自己破産をしていても働いている方で(収入が)あれば問題ございません。 主婦ですが利用したいです。 専業主婦で収入がない方でも、ご主人がお仕事をされており収入があれば利用可能です。 ただし、収入されている方の確認が必要となる場合がございますので一度ご相談ください。 契約って出向かなきゃダメ? お会いする必要はございません。 メールや電話でのご対応で完結いたします。 申し込みに必要なものはなんですか?• 顔写真付きの公的身分証明書(免許、住基カード)• 保険証(社会保険)• 支払いはどのようにすればいいですか? ご契約後お客様の指定する口座に弊社から契約した金額を振り込みます。 2者間での契約となりますので、給料日などお勤め先から振り込まれましたら 期日までに契約した金額を弊社にご入金ください。 個人情報の利用目的 当社は、お客様より取得した個人情報を、以下の目的以外には利用致しません。 各種診断審査に関る業務 2. 各種コンサルティング業務 3. 当社は、ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。 個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。 その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。 当社の個人情報の取り扱いにつきまして、上記の請求・お問い合わせ等ございましたら、 下記記載の当社までご連絡くださいますようお願い申し上げます。 受付番号 03-5340-7121 b. 受付時間 平日9時~19時(土曜日、日曜日、祝日、及び祭日を除く) c. 当社は、個人情報の取り扱いの全部または一部を第三者に委託する場合は、当該第三者について厳正な調査を行い、取り扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう当該第三者に対する必要かつ適切な監督を行います。 当社は、個人データの安全管理に関する法令ガイドライン等を遵守致します。 当社は、個人データの安全管理に関する規定を定め、必要かつ適切に処置を講じます。 当社は、個人データの漏えい等を防止するための技術的処置を講じています。 当社は、従業員に対して、個人データの安全管理についての教育・訓練を行い、日常業務における個人データの適切な取扱いを徹底いたします。 当社は、個人情報の適切な管理のため、「個人データ管理責任者」及び「個人データ管理者」を設置 7. 当社は、この基本方針の継続的な改善に努めます。 当社では、ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当社を訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。 当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。 ユーザーは、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。 クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピュータにファイルとして保存しておく仕組みです。 次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。 お客様がブラウザの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザからクッキーを取得できます。 なお、お客様のブラウザは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信した場合クッキーのみ送信します。 お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。 設定方法は、ブラウザにより異なります。 クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザの「ヘルプ」メニュー」をご確認ください。 すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。 住所:東京都豊島区南池袋1-9-10-102 屋号:ジェイエムマーケティング 電話番号:03-6388-0730 Eメールアドレス:info jm-m. jp 個人情報保護•

次の

給料ファクタリングとは?会社員が給料を前借できる個人向け給料ファクタリングの仕組み、メリットデメリット

給料 ファクタリング と は

誰でも素早く資金調達できる給料ファクタリングですが、個人が給料ファクタリングを利用するとき、人によってはお金を返済できない事態に陥ることがあります。 理論的に考えると、給料ファクタリングは確実に返済が可能な仕組みになっています。 ただ場合によっては、支払いを滞納させることによって払えない状況に陥ることがあるのです。 そうしたとき、延滞させることで支払いを待ってもらったり、分割払いによる返済が可能だったりすることはあるのでしょうか。 または、より状況が深刻な場合は「払わないことでの踏み倒しは可能か?」と考えるようになるかもしれません。 これについて、実際のところはどうなのかを含め、ここでは「給料ファクタリングで返せないときの対処法」について解説していきます。 もくじ• 本来は確実に返済可能な給料ファクタリング 借金とは大幅に異なる仕組みとなっているのが給料ファクタリングです。 融資に比べて内容は少し複雑ですが、給料ファクタリングでは以下のような流れになります。 手数料を差し引き、給料ファクタリング会社から給料日より早めにお金が振り込まれる• 勤務先から給料が支払われる• 支払われた給料分について、給料ファクタリング会社へ返す 早期買取してもらった給料分については、給料ファクタリング会社のものになります。 そのため振り込まれた給料のうち、 早期買取部分に関する給料は給料ファクタリング会社へ返さなければいけません。 勤務先から振り込まれた給料について、そのまま給料ファクタリング会社へ払うだけです。 そのため理論的には、給料ファクタリングを実施するうえで「払えない」という事態に陥ることはありません。 返済日はいつ?返すまでのタイムリミット このとき給料ファクタリングの返済日については、多くのケースで「給料の支払日」となります。 または、「給料支払日の次の日まで」としているケースもあります。 例えば、「末日締め、翌20日払い」で給料を受け取っている人がいるとします。 この場合、6月分の給料を計算する場面であれば、6月分の残業代や手当などを計算して7月20日に支払うことになります。 以下のような給料支払いとなるのです。 そうしたとき、給料ファクタリング会社によって早期の給料買取をしてもらったのであれば、 給料の支払日である7月20日(または、その次の日の7月21日)までにお金の返済を完了しなければいけません。 なぜ、このようになっているのでしょうか。 それは、これまで説明してきた通り、給料買取をしてもらった時点で給与債権は給料ファクタリング会社のものになっているからです。 他人のお金(給料ファクタリング会社のお金)について、最初はあなたの銀行口座に勤務先会社から振り込みされるため、給料ファクタリング会社としてはすぐにお金を回収したいと考えるのは当然だといえます。 そのため返済日というのは、あなたが給料を受け取る日になります。 業者へお金を払えなくなる理由 ただ中には、返済できない状況に陥る人もいます。 具体的には、以下のようなケースがあります。 ・使い込みで返済できないのはよくあるパターン 最もよくある返せないパターンとしては、使い込みがあります。 本来はすぐに給料ファクタリング会社へ返済しなければいけないものの、お金を返すのではなく、そのまま自分のために勤務先から振り込まれたお金を使い込んでしまうのです。 ただ当然ながら、給料ファクタリングを実施した時点で「対象の給与債権は給料ファクタリング会社のもの」になっています。 そのため使い込みをするのは明らかな違反ですが、実際のところ 使い込みによって給料ファクタリングで返済できないケースは多いです。 ・二重譲渡すると高確率で延滞・滞納する また 二重譲渡についても給料ファクタリングのトラブルで多いです。 同じ給与債権について、2社以上の給料ファクタリング会社へ譲渡する行為が二重譲渡になります。 本来であれば、一つの給与債権は一つの給料ファクタリング会社しか買取できません。 ただウソの申告をすることで、給与債権を複数の業者へ譲渡することも可能です。 しかし、これをすると自分に入ってくる以上のお金の返済が必要であり、ほぼ確実に払えなくなってしまいます。 返済できないとき、延滞・滞納は可能か? それでは、給料ファクタリングで返済できない場合はどう対処すればいいのでしょうか。 起こってしまったことは仕方ないため、将来の対策を立てなければいけません。 これについて、最初に考えるものとして「延滞できるのか?」というものがあります。 これについて、 交渉によっては滞納することができます。 もちろん謝り倒す必要はあるものの、延滞によって返済時期を後ろ倒しにしてもらうのです。 サラリーマンであれば、残業代などによる多少の変動はあるものの、基本的には決まった金額の給料が毎月振り込みされるようになります。 そのため今月についてはお金の使い込みなどによって返せない状況だったとしても、来月であれば問題なく返済できることはよくあります。 そこで、「返済日を遅らせることができないか」について給料ファクタリング会社に提案するのです。 当然ながら、給料ファクタリング会社としては滞納を嫌がります。 ただお金が返ってこないよりはいいため、支払いの延滞について1ヵ月ほどであれば受け入れてくれる可能性が高いです。 ・延滞による手数料の上乗せは違法 なお、このとき悪徳業者によっては「延滞による手数料の上乗せ」をしてくることがあります。 ただ、これについては完全なる違法なので突っぱねるようにしましょう。 給与債権の買い取りが給料ファクタリングであるため、後になって手数料を加えるという概念は存在しません。 例えば5万円の給与債権の買い取りをしてもらったのであれば、将来に返すべき金額は5万円のみです。 それ以上でも、それ以下でもありません。 それにも関わらず、 買い取りしてもらった給与債権以上のお金の返済を要求するのは闇金と同じであり、完全なる違法です。 そのため、たとえ延滞・滞納したとしても追加の手数料は必要ありません。 給料ファクタリングは分割払いで返せない ただこのとき、滞納による返済をするにしても注意点があります。 それは、「 分解払いでの返済ができず、一括でお金を返さなければいけない」ことです。 借金であれば、分割払いによる返済が基本です。 しかし、給料ファクタリングでは不可になっています。 なぜ、分割での返済が不可なのでしょうか。 これは、分割払いを可能にしてしまうと「実質的に融資(借金)と同じ」と判断されてしまうからです。 融資の場合、法律によって上限金利が明確に決められています。 具体的な上限金利としては以下のようになります。 一方でファクタリングの手数料について、キャッシングやカードローンなどの融資に比べると高くなっています。 そのため融資の判定を受けてしまうと、給料ファクタリング業者としては「法律で定められた金利よりも高いお金で貸し付けをしている」となってしまいます。 そのため、あくまでも給与債権の買い取りという立場であり、分割ではなく一括払いでの返済のみにしています。 給料ファクタリングを利用するうえで、分割払いを了承してくれる業者は存在しません。 もし承諾してくれる会社があるとすれば、闇金などの違法業者のみになります。 踏み倒しで払わないと勤務先・家族に連絡が来る こうしたことを踏まえたうえで返せないときは延滞・滞納し、分割ではなく一括にてお金を返済することを考えましょう。 ただ中には、給料ファクタリングしたお金について踏み倒しを行い、払わないことが可能かと考える人もいます。 これについては、どうなのでしょうか。 しかし、これについては当然ながらおすすめしません。 払わないという選択をすると、勤務先に電話がかかってくるようになります。 これについては当然であり、契約違反をしたことになるからです。 給料ファクタリング業者の公式サイトについても、以下のように明記されていることがあります。 そのため、いまの会社での勤務を継続することを考える場合、踏み倒しすると確実にトラブルへと発展します。 ただ中には、「会社を辞める直前に給料ファクタリングを利用した」という人もいます。 その場合、以前の職場に連絡が入っても大きな被害はありません。 しかし、この場合は家族に連絡がいくようになります。 もちろん独身で親などに知られても問題ない場合はいいですが、そうでない場合は覚悟しなければいけません。 また、給料ファクタリングでは電子契約書にサインすることになりますが、 このときの契約は「不正をした場合、あなた本人へ買取分の金銭を請求できる」という内容に必ずなっています。 そのため借金ではないとはいっても、手続きを踏まない限りお金の返済義務は消えないと考えるようにしましょう。 払えない場合は法律事務所の利用が基本 それでは、本当に払えない場合はどうすればいいのでしょうか。 滞納をしたとしても、返済できない場合は個人の力でどうにかなるものではありません。 これについては、最終手段として法律事務所の利用があります。 法律事務所を利用すれば、以下のことについて交渉してくれます。 勤務先・家族への通知の阻止• 分割での返済交渉• 和解やお金を返す方法の交渉 また 法律事務所へ依頼する場合、給料ファクタリングによる過払い金の請求が可能になります。 給料ファクタリングについては、実をいうと「給与債権の売買」というのは正式なファクタリング取引ではありません。 そのため、払い過ぎた手数料を取り戻すことができるのです。 事実、給料ファクタリングは以下のように違法だと司法当局が判断しています。 出典:朝日新聞 そのため法律事務所に依頼するとはいっても、それまで多くの手数料を支払っている場合、そのような高額なお金は不要であり、むしろお金が返ってくると考えるようにしましょう。 さらには、裁判で給料ファクタリングは闇金と同じと判定されたわけですが、こうした闇金だと「元本返済すら不要」になっています。 そのため法律事務所を利用すれば過払い金請求&元本返済不要になると理解しましょう。 返せないときの対処法を理解する 何度も給料ファクタリングを利用し、使い込みや二重譲渡などによって払えない状況に陥ってしまっている人もいます。 給料ファクタリングは手数料が高額なため、何度も利用していると返済できなくなってしまいます。 そうしたとき、どのように対処すればいいのか考えるようにしましょう。 もっともいいのは、滞納によって支払い時期を遅らせることです。 支払いを遅らせたとしても、違法業者以外は手数料の上乗せ要求をしてきません。 ただ 法律事務所を利用すれば、支払いを遅らせるどころか、給料ファクタリングのすべてのお金について踏み倒せるようになります。 理由は既に述べた通り、裁判で「給料ファクタリングは闇金と同じ」と判定されたからです。 闇金の場合、元本を含めて返済不要になっています。 そこで法律事務所を利用するべきですが、おすすめの法律事務所は平栁司法書士事務所です。 自ら法律事務所を探してもいいですが、給料ファクタリングに詳しい専門家は稀です。 そのため、優れた専門家を知らない場合は平栁司法書士事務所で依頼するといいです。

次の

給料ファクタリング被害にご注意

給料 ファクタリング と は

経営者は常に債務や支払いと戦い続ける方がほとんどではないでしょうか。 一般的な社長のイメージといえばお金持ちで常に余裕のあるイメージが付きまとうものですが、その水面下はそうではない、というケースも多く聞かれます。 そして社長さんの最も大きな関心事の一つは従業員に給料を支払えるかどうか?ではないでしょうか。 ここではファクタリングを利用することによって、従業員への支払いを問題なく済ませるためのスキームや方法そしてメリットをご紹介いたします。 最強の債務・給料債務 給与債権・給料債権などと呼ばれるものですが、社長、つまり経営者が最も気にしなければならない人件費。 給料や給与の類については何があっても支払わねばなりません。 仮に全ての支払いの合計金額が会社の支払い能力を超えており、いわゆる「資金パンク状態」を起こしていたとしても真っ先に支払わなければならないのが人件費や、これらの費用となります。 ちなみにこの類の費用は仮に裁判沙汰になった場合、かなりの優先度で処理されることになりますから、支払いから逃れられることはまずありません。 踏み倒しの類はまず不可能だと思っておかなければなりません。 仮に会社が潰れたとしても、支払わなければならない確たる理由があるものとなります。 もちろん法的には自己破産や債務整理など様々な経営者や元経営者のための救済措置などもありますが、原則的にこれらの債権は消滅することがほとんどない債権と思っておく必要があります。 従業員への支払いが遅れると発生する問題は? 支払いが遅れると、様々な問題が発生します。 大前提として、従業員への支払い遅れは発生させては本来なりません。 それでもどうしても従業員への給料遅れなどが発生している場合は、速やかに1日でも早くこれらを解決する必要があるわけです。 ほとんどの場合、会社の経営が傾いてくると従業員への給料やボーナスなどの支払いが遅れたり、あるいは1ヶ月そのまま支払えなかったりすることが出てきます。 この段階までくると、従業員にはほとんど会社の経営状態が知れ渡ってしまうことでしょう。 会社の従業員に会社の経営状態が知れ渡ると、まず懸念しなければならないのは情報の流出です。 つまり、社員が他社の従業員や外部の人間に「給料が入っていない」ということを暴露し始める可能性があるわけです。 社員数の少ないベンチャー企業などであれば、従業員に一人一人事情を説明することによって情報流出を防ぐことができるケースも中にはあります。 しかしそんな感動的な人間関係を構築できている会社はそうそう多くはないでしょう。 特に中小企業などの場合、まず間違いなく給料の遅れが出ると取引先への信頼的なダメージも発生することになります。 このように打算的に考えると、給料遅れは絶対に起こしてはならないという理由がおわかり頂けるのではないでしょうか。 「武士は食わねど高楊枝」という言葉がありますが、まさしく社長のための言葉ではないでしょうか。 給料の遅配・欠配発生前にファクタリングで解決する方法? 給料の遅れや、そもそもの欠配が発生すると先にご紹介した通り、会社の信頼度やイメージダウンは避けられません。 社員のモチベーションダウンに関しては、もはや「言うまでもない」でしょう。 このような状態まで落ちてしまうと、会社の経営を立て直すのはかなりのハードな作業となります。 しかし、会社の経営的な問題が「人に知られていない状態」であれば、様々な手段で会社の経営を立て直すチャンスはあると言えます。 自らチャンスを潰すよりは、少しでもチャンスを残した方が良いのは自明の理というものです。 それならば、従業員の給料が遅れる可能性がある場合にはファクタリングで資金調達をするのは当然のことと言えるでしょう。 金融機関に頭を下げる必要はありません。 またファクタリングは融資審査ではありませんので、スピーディーに結果が出ます。 素早く結果が出るということは、早ければその日のうちに現金が手に入る可能性もあるというわけです。 そのため、従業員の給料日が25日だと仮定しましょう。 その場合でも、25日の朝に申し込みを行い、25日の夕方に現金が入ってくれば、最悪の場合は従業員一人ひとりに手渡しとすることもできるのではないでしょうか。 特に建設業などの場合は職人さんや従業員に現金手渡しで給料を支払うということができるケースもあるでしょう。 創業間もない小さな建設業、個人事業から法人成りした企業様などについてはこのスキームが利用できる可能性があります。 この場合通常通りのスキームではないので、もちろん従業員からは何かしら不思議に思われたり疑いの目を向けられることもあるでしょう。 しかし給料が遅れなければ、人間の心理としては不思議なもので、多少のことには目をつぶる可能性はグンとアップします。 この方法を組み合わせることにより会社の経営状態がかなり悪化していたとしても、モチベーションの悪化や人材の流出リスクを最低限に抑えることもできてしまいます。 ファクタリングは違法なのか? 昨今、様々なところで「ファクタリングは違法である」といった内容が取り沙汰されるようになりました。 各地でファクタリングの利用者が裁判を起こしている、といった報道がなされているのを目にしたこともあるのではないでしょうか。 しかし、これは明確に違います。 今回取り沙汰されているのは「法人向けファクタリングのスキームをそのまま個人の給与所得者向けに転用した給料ファクタリングと呼ばれるようなスキーム」です。 ファクタリングとは明確に別物なのです。 そもそも日本には古来から「手形割引」というファクタリングと同じようなスキームが存在します。 しかも、手形割引の方が事業者にとってのリスクは大きく、万が一の際の責任を取らなければならないというデメリットがありました。 しかしファクタリングにはこのようなデメリットはありません。 そればかりか、国が推奨している資金調達スキームの一つであり、ファクタリングの全体的な統括を行っている業界団体のようなものまで存在します。 つまリファクタリングというスキーム自体、違法性のあるものでは一切ありません。 ですから、経営者は大手を振って「個人にはできない資金調達方法」を利用してしかるべきなのです。 ファクタリングでその日のうちに現金を受け取る権利が社長様にはあります。 ただし、翌月または翌々月までの支払い期日の請求書を保有していることが条件です。 請求済みの債権があり、入金待ちという状態でなければファクタリングを申し込むことはできません。 とはいえ、日本の中小企業のほとんどはBtoBであれば、売掛商売が主流ではないでしょうか。 このような日本古来からの商慣習も手伝って、潜在的に「実はファクタリングを利用して資金調達をすることができた」という経営者は極めて多いという印象です。 ちなみに、ファクタリングはあくまでも売買契約です。 ですから、会社の貸借対照表の借り入れなどが増えるわけではありません。 あくまでも売買契約で債権を譲渡したことになるわけですから、煩わしい処理なども必要ないわけです。

次の