早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語。 「早速」の意味は迅速や早々とどう違う?使い方と例文

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

「早速」の意味とは? 「早速」の意味は「行動や対応が素早いこと」 「早速」は「さっそく」と読み、「行動や対応が素早いこと」を意味する単語です。 すぐに取り掛かる・早い段階で行動することを「早速」と表現します。 「すぐに」「直ちに」「速やかに」などの意味で使うことのできる単語です。 なお、「早速」には、「さっそく」という読みの他「さそく」や「そうそく」という意味もありますが、先述の意味で使用する場合は「さっそく」と読むのが一般的です。 「早速」の使い方と例文 ビジネスメールでは「早速ですが」と本題・用件を切り出す ビジネスメールでは、挨拶文に続いて本題を切り出す際に「早速ですが」というフレーズをよく使用します。 「すぐに本題に入りますが」という意味もありますが、「起こし言葉」として、深い意味を持たない決まり文句と覚えておいても差し支えないでしょう。 早速ではございますが、現況についてご報告いたします。 早速ですが、先日の議事録を送付いたします。 なお、この「早速ですが」という表現は、メールに限らず口頭でも使用できます。 たとえば、プレゼンテーションの場などで「本日はお集まりいただきありがとうございます。 早速ですが、お手元の資料に沿って説明を始めさせていただきます」などといった使い方もよくある例です。 「早速のご対応・ご返信」と敬語でも使える表現 「早速」は「早速対応します」のように、自分の行動に対して使うこともできますが、相手の行動に対しても使うことができます。 この場合「早速」の後に続く言葉を敬語にすることで、失礼のない表現となります。 たとえば、「早速のご対応ありがとうございます」は、自分の依頼に対して素早く対応してくれたことへの感謝の意を伝える表現です。 また、(メールの返信に対して)「早速のご返信ありがとうございます」といった表現も、取引先とのメールでもよく目にします。 お忙しい中、早速ご対応いただき感謝申し上げます。 早速ご手配いただき、助かりました。 早速のお返事ありがとうございます。 なお、細かい点ですが、「早速ご対応いただき」とは言っても、「早速のご対応いただき」とは言いません。 「早速のご対応」という表現を使う場合は、「いただき」を使わず、「早速のご対応ありがとうございます」とします。 「早速取り掛からせていだたきます」もよく使うフレーズ ビジネスシーンでは「早速取り掛からせていただきます」というフレーズも大変便利です。 たとえば、取引先から仕事の依頼を受けた場合に「かしこまりました、早速取り掛からせていただきます」と返答すると、「すぐに対応します」という意味になり、良い印象を与えることができます。 他にも、「早速問い合わせてみます」「早速調べます」なども「すぐに対応する・行動する」という姿勢を伝えることのできるフレーズです。 「早速」の類語 「早々(そうそう)に」は「すぐに・急いで」の意味 「早々」は、「早々に(そうそうに)」と読む場合と「早々と(はやばやと)」と読む場合で意味が異なりますが、「早速」の類語としては「早々に」が挙げられます。 「早々に」とは、「すぐに・できるだけ早く」という意味です。 「新年早々に風邪をひいてしまった」というと、「新年になってすぐに風邪を引いた」という意味になります。 この「早々に」は、通常同僚あるいは部下など自分と同等以下の人にのみ使う表現ですが、すでに完了した行為に対しては目上の人にも使えるという特徴があります。 たとえば、「早々にお返事いただきありがとうございます」はOKですが、「早々にご対応ください」は失礼にあたるので注意が必要です。 なお、「早々と(はやばやと)」と読む場合には「急いで物事を行う」という意味があり「早々と帰宅する」などといった使い方が可能です。 「迅速」は「物事の進捗・行動が非常に速いこと」 「迅速(じんそく)」とは、「物事の進捗や行動が速いこと」を意味する単語です。 行動が素早いという意味では「早速」と似たニュアンスがありますが、「迅速」は「速」の字にもあるようにスピードが速い場合・スピード感を強調したい場合に用いる点が特徴です。 たとえば、「納期よりも3日も早く納品してくれた」という場合にはその対応スピードの速さに対して「迅速な対応」ということができるでしょう。 この「迅速」は自分の行為にも目上の人にも使える表現です。 迅速に対応します• 迅速なご対応ありがとうございます 「取り急ぎ」は異なるニュアンスの単語 「取り急ぎ、ご連絡しました」などに使われる「取り急ぎ」という表現は、「真っ先に・すぐに」といった意味がありますが、「早速」とは少しニュアンスが異なります。 「取り急ぎ」には、「急な事態に急ぐ」というニュアンスがあり、「細かいことは気にせず・準備は不十分だが・とにかく」という意味を含むのです。 そのため、特段急ぎではない用件に対し「取り急ぎ」と使うと準備不足の意味にとられることもあります。 「早急」は差し迫る様を含む単語 「早急(さっきゅう・そうきゅう)」とは、「非常に急ぐ様・差し迫っている様」という意味があり、「至急」と同様に急を要する場面で使用されます。 たとえば、「早急にご対応いただきありがとうございました」「早急なご対応のおかげで、無事、納期に間に合いそうです」などと使うことができます。 目上の人に対しては、すでに完了した事柄について使うことはできますが、「早急にお願いします」「早急に頼みます」といった使い方は「急いで」というニュアンスを含むため、失礼です。 「早速」の英語訳 「早速」は英語で「immediately」 英語で「早速」を意味する単語は「immediately」です。 「immediately」には、「すぐに・直ちに・早速」などの意味があります。 また、「promptly」も同様の意味を持つ単語です。 たとえば、日本語で言うところの「早速のご返信ありがとうございます」は、「Thank you for your prompt reply. 」と表現することができます。 また、「早速のご対応ありがとうございました」は、「I appreciate your prompt response. (早速のご対応に感謝します)」と表現することも可能です。 他にも「早速」のように「すぐに・迅速な」という意味の表現はいくつかあり、以下のように表すこともできます。

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

行為や物事に感謝を示す"appreciate" "thank"よりも フォーマルな表現である"appreciate"。 ビジネスの場ではかなり使用頻度が高い言葉ですので、ぜひメールでも使えるようになりましょう。 例文 We appreciate your inquiry. お問い合わせありがとうございます。 I appreciate your quick response. 迅速にご回答いただきありがとうございます。 We appreciate your help resolving the problem. 問題解決にご尽力いただき感謝いたします。 "thank"は「人」を目的語にしますが、"appreciate"は「行為そのもの」や「物事」に感謝する表現なので、"appreciate you"など人を目的語にすることはできませんので注意が必要です。 "の形で覚えましょう。 例文 Thank you so much for taking the time yesterday. 昨日はお時間いただき誠にありがとうございました。 Thank you for inviting us to the party. パーティーにご招待いただきありがとうございます。 Thank you very much for your quick reply. 迅速なご返信に感謝いたします。 " 〜ということを、光栄に思います。 " ~に対して 大変感謝しています。 " 〜ということに感謝しています。 避けて通れない!ミスや苦情に対する謝罪フレーズ ケース1:お客さまに商品が届いていない! ビジネスにおいて、失敗やミスを起こしてしまったときは、誠意のある謝罪をしなければいけません。 例えば、予想外のコンピューターのトラブルや交通事情で商品の配送が遅れる場合は、楽しみに待っているお客さまに失礼のない文面で謝罪しましょう。 また謝罪の言葉は"sorry"でも間違いではありませんが、 より誠意が伝わるように、"apologize"を使うことをオススメします。 例文 We apologize to you that the delivery of our product has been delayed. 商品の配送が遅れましたことをおわびいたします。 Due to transportation problems, there has been a delay in the delivery of your order. 輸送トラブルにより、商品の配送が遅れていることをおわびします。 We apologize for the delay and appreciate your patience in this matter. 遅延のおわびとともに、もうしばらくお待ちいただけるよう、お願い申し上げます。 ケース2 :スタッフの対応が悪い! 店舗などでスタッフの対応に問題があり、後日メールでお叱りを受けた場合は、まずは非礼をわび、今後改善のために取り組む旨を伝えましょう。 例文 We appreciate your bringing this issue to our attention. この件に関してご指摘感謝いたします。 We are sorry for the inappropriate conduct by our staff. 私どものスタッフの不適切な対応をおわびいたします。 We will strengthen staff training. 今後スタッフの教育を強化いたします。 We are sorry for the inconvenience we have caused you, and we will make every effort to never let it happen again. 今回のことは誠に申し訳ございませんでした。 再発防止に取り組みます。 覚えておくと便利!謝罪の言い回し 他にも、英語で謝罪をする場合、ある程度決まった言い回しがあります。 ビジネスに使える丁寧なフレーズを覚えて、シチュエーションごとに応用しましょう。 例文 We are sorry for the trouble. お手数をおかけしてすみません。 We apologize for the inconvenience. ご迷惑をおかけして本当に申し訳ございません。 Please accept our apologies. 心よりおわび申し上げます。 We will work this out soon. すぐに対処いたします。 このようなことが二度と起こらないことをお約束します。 We can assure you that we will work this out as soon as possible. できるだけ早く本件を解決することをお約束します。 謝罪メールはどんな状況であっても、まずはおわびの気持ちを伝えることが大切。 謝罪の意を示し、その後理由や原因、最後にどのように対応するかを説明しましょう。 謝罪メールの書き出し例: メールの返信が遅れた場合 We are sorry for our late response. 返信が遅くなり申し訳ございません。 We are sorry for not responding to your inquiry in a timely manner. お問い合わせにすぐに対応できずに申し訳ございません。 お忙しい中、(〜の問題について)ご連絡いただきありがとうございます。 気持ちを伝えるために正しい表現を覚えよう! 感謝の気持ちや心の込もった謝罪を伝えたつもりでも、言い方を一つ間違えれば逆効果になりかねません。 今回ご紹介したようなさまざまな表現を身に付ければ、ビジネスを円滑に進められるはず! 最近ではメール以外にもビジネスチャットやSNSの活用も進んでおり、それぞれに応じた新しい表現もどんどん生まれています。 またの機会にご紹介していきますので、ぜひ楽しみにしていてくださいね。 この記事をシェアする•

次の

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

早速 の ご 返信 ありがとう ござい ます 英語

「早々のご対応」の意味と敬語 「早々」の読み方は「そうそう」「はやばや」 「早々」は「 そうそう」「 はやばや」という二つの読み方が存在します。 「早々」は「はやばや」と読むのが、古くからの慣用読みで、「はやはや」と読むこともありますが、かなり稀です。 このように、「早々」は漢字の読み方によって、使い方に少々違いがありますが意味は同じです。 「早々ご対応」の場合は「そうそう」と読みます。 「早々」の意味は「すぐ・直後」「できるだけ物事を行おうとする気持ちを表す 「早々(そうそう)」の場合は、名詞と副詞の二つの品詞があります。 「早々のご対応」の場合は、副詞として使用されています。 「ご対応」は「対応」の尊敬語なので社外でも使える 「ご対応」は、「 相手や周囲の状況に応じて物事を行う」という意味の言葉です。 「対応」という言葉に尊敬を表す接頭語の「お」をつけた尊敬語であるため、目上の人や、社外でも使用することができる言葉です、 また、話し言葉としてだけではなく文章でも使用することができる丁寧な言葉なので、ビジネスメールでの返信の際にも使用できます。 「早々のご対応」のメールでの使い方と例文 「早々のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早々」は、「 早々のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 例文 「ご多忙の折、早々のご対応ありがとうございます。 大変助かりました」 「早々のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただき今週中にお返事いたします」 「早々のご対応、感謝申し上げます」 「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早々にご対応ありがとうございます」は、「早々にご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、「 〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早々にご対応を頂き」とも書かれることがありますが、「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの 動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「先日は、お忙しいところ早々にご対応いただき誠にありがとうございます」 「予期せぬトラブルだったにも関わらず早々のご対応とアドバイスをいただき誠にありがとうございます」 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 例文 ・早々のご対応感謝いたします。 ・突然の依頼にも関わらず早々にご対応いただきお礼申し上げます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 例文 ・お忙しい中早々のご対応ありがとうございます。 ・ご多忙の折早々のご対応いただき感謝申し上げます。 「早々のご返信」もよく使う 「早々のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 例文 ・お忙しい中早々のご返信ありがとうございます。 ・突然の連絡だったのにも関わらず早々のご返信感謝申し上げます。 自分が目上に対応するときは「早々にご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「 早々に対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早々にご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 例文 「恐れ入りますが早々にご対応いたしますので少々お待ちいただけますか」 「何か問題があった場合は早々にご対応いたしますのでご安心ください」 「お客様からのご期待に応えられるよう、早々にご対応いたします」 「早々のご対応」の使用上の注意点 「早々の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早々の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に 尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早々のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早々のご対応いただき」は誤った日本語 「早々のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早々のご対応をいただき」または「 早々ご対応いただき」になります。 「早々[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早々のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早々のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早々のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早々のご対応」の類語・言い換え 早速のご対応 「早速」の読み方は「 さっそく」です。 「早速のご対応」の場合の「早速」は、「対応」という動詞を修飾している副詞として使用されています。 副詞での「早速」の意味は ・すぐに ・直ちに ・すみやかに ・対応が早いさま となります。 つまり、「早速のご対応」は「 対応が素早いこと」を意味する言葉であるといういことがわかります。 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 迅速なご対応 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することが可能です。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「 早急のご対応」は「非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早々のご対応」の英語 「早々の」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「早々の対応」の英語の例文.

次の