ある日お姫様に 76。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の登場キャラクターまとめ

Free Life Fantasy Online ~人外姫様、始めました~

ある日お姫様に 76

やっぱり私は自分本位な人間だな…と感じる。 すっかり、このド派手カラー遊びにハマっちゃってるよね…。 前回よりシンプルよね?と私は言う。 みんな苦笑いするけど。 これで、またしばらく目立てます。 コロナ騒動で、あちこちの店が テイクアウトでの販売を開始しているということで… お店的には、かなりきついだろうな…と思いながら 消費者としては、あちこちのおいしいお料理を 自宅で食べることができるのでうれしいものですね。 先日は、とーっても豪華なオードブルをいただきました。 …どこだったっけ…。 肝心なお店の名前を忘れてしまっとる…。 画像は、1パックの3分の2です。 3分の1は別の日に食べちゃった…。 居酒屋でホルモン煮込みとか食べたいな…と 思ってたある日の夜… ホルモン煮込み作った!と うまうまそーな画像が届く。 なーんというタイミング。 透視能力があるのか?と思ったくらいナイスタイミング。 食べたーい!と申しますと… 取りにくるならあげるよ~!と言われる… 食べてみたかった噂のホルモン煮込み。 ちょうど食べたかったホルモン煮込み… ひょいひょい取りに行きますわよ。 ソッコー、すっぴんで家飛び出しもらいに行きました。 笑 料理うまい男子から いただいたホルモン煮込み 究極の大雑把でおっさんみたいな私より 女子力が高い丁寧なラップなどの包みにびっくりする。 こういうのが私には備わってないわね…。 かわいいキティちゃんのタッパーに大量に入ってるわよーん。 あっためて食べてとは言われていたんだけど… まだあったかい…。 そりゃすぐに食べるしかないよね~! 不覚にもビールまで開けてしまった…。 家で飲まないことの認知度がなかなか浸透しない アル中扱いの私には、最近またお酒が届く率が高い…。 だいぶ貯まってきたけど… 最近はたまに家で飲むので、いつものように年単位で 冷蔵庫に入れっぱなしで 賞味期限切れを友人たちが我が家に来て 飲んで処理するということにはならんかな…。 このホルモン煮込み… 話には聞いてたけど…激うまね! 箸が止まらなくなりまして… ホルモン煮込みは、普段あまり食べない息子殿も 食べだしまして… これうまい!と… おかわり2杯目で喧嘩勃発。 明日の分なくなるたい!とね…。 お互いさまじゃないかーい。 ということで 各2杯食べたところで強制ストップ。 わたくし… 息子殿が自分の部屋に入ったことをチャンス!だと 片付けるふりしてこっそり3杯目を食べたけどね。 朝ごはんは、ホルモンとビールだった…。 足りないので、もう2本飲んだ…。 おかげで1日身動き取れず なんか…すっごいダメ人間になった気がした。 (笑) また別の日には… 野菜摂取が半端なく少ない私のことを気遣って… 野菜大量のミネストローネが届いた。 だいぶ食べた後のタッパー画像で具沢山が伝わらない…w たーくさんの野菜が入ってて ウインナーとかベーコンもたーくさん入ってて こうすると野菜嫌いの私も野菜食べれるんですよ…。 …こうやっても食べれない味付けのものもあるけどw スープにすれば食べれる!とわかってはいるんだけど いろいろな野菜買って自分で作ることはしないよね。 このミネストローネもうまうまだった。 ブロッコリー出さずに食べて、 まずい…って言わなかったのは 初めてかもしれない。 笑 レンコンのきんぴらとかももらったけど 画像忘れちゃってるな…。 今回の騒動でも、いろいろな人に助けられながら わたくしあゆ姫、楽しく生きることができております。 こうやって載せてみると、いろいろもらいすぎてて ものもらいレベルだな…。 周りの人達に感謝!感謝! そして!!母の日には… 今年はパパと買いに行けんかったけんこれだけ!と 私の大好物、大量のZEROコーラと… なぜだか大量のお菓子を息子殿がくれました… 私…お菓子食べんけど…なんでだろ? 彼は…たまにこういう謎がある。 昔っから。 笑 でも…塩系は幾分食べるので選択はナイスだと思う。 でも気持ちが嬉しいよね~! 何をもらうかより自分でバイトしたお金で 買ってくれたってのがすごく嬉しい。 自分が好きなお菓子選んでるから 自分が食べる気なのかな?と思ったら 別に自分の分も買ってきてた…。 俺の分は別にある。 いらんなら俺食べるけど。 だそうで… 何でお菓子なんだろ…? …お菓子の謎がどうしても知りたいけど これ以上、何か下手に聞くと機嫌損ねそうなので 黙って全部食べた。 笑 息子殿には、ホント子供の頃から いろいろな負担ばっかりかけてますが こうやって気にかけてくれるのは、とっても嬉しいものですね。 私の息子にしては、もったいないくらい 上出来すぎる男になってくれたもんです! 笑 珍しく海の上でお菓子食べてたのもそのせいね。 おやつは。 1日ずーっと食べ続けてたね!と 先日、2度目に会う方から言われましたがね。 www 1日中一緒にいる人って限られてくるけど 初対面の人には、だいたい言われるもんね。 よく1日中一緒にいる人は、もう慣れっ子ね。 笑 ずーっと食べ続けてたね!と言われた その日に、そのお方の自宅へあがりこみ 晩御飯までがっつり食べまくって ホント1日中食べとるね!ってまた笑われたけどね。 爆 1日中食べてるのが、 この日、私1人ではなく2人だったので良し。 1日食べ続けてた2人で、晩御飯の時もずっと食べ続けた。 笑 この日、何が良かったかって… 早仕事なのに、とっても丁寧で綺麗に 魚がさばかれてゆく一部始終を 真横でガン見できたこと。 大雑把な私にできるかは別として 勉強になります。 最近、魚さばきがうまい人達の 魚をさばく光景を見る機会が 増えたけどすごく勉強になりますね…。 みんな自己流!って口をそろえたかのようにして言うけど 自己流のレベルの高さがみんなすごい。 父の教えで、自分が釣った魚は自分でさばいて 料理して食べる!が我が家の基本だったので 子供の頃から、魚をさばくことはできるんだけど 周りの上手な人達の仕事っぷりを見てると 私の魚さばきは、おままごと程度だったんだな…と思います。 笑 この騒動で、だいぶ釣り三昧な私は 今までにはないような頻度で魚さばいてるので、 これを機会にちょっと上達したいですね…。 笑 あゆ姫 2010年よりスタートした あゆ姫の食い倒れ放浪記。 食い倒れ放浪記 パート3を更新中。 食べ歩きと放浪、海が 大好きあゆ姫… いつの間にか 30代になりました。 生まれも育ちも 九州熊本です。 あまり文才はなく、 独断と偏見、偏食多数。 自由に記録を兼ねて 書き綴っていますので お楽しみいただければ幸いです。 また自分自身が旅に出る際に、 営利目的のブログではなく、 個人のブログを検索することが多く、 1つ1つの場所を詳しく 書いてあるブログが とても参考になるため、 旅に出た際には私自身も、 1つ1つの場所を 詳しく記事に するようにしています。 性格上、かなり適当な部分が 多々ありますが、 誰かの参考になれば 嬉しく思います。

次の

亀寿姫 持明院様 じめさぁ ~お参りすると美人になる鶴嶺神社

ある日お姫様に 76

姫街道(ひめかいどう)は、の北側、を経由して()と(東海道)を結ぶである。 道程約60キロメートル。 古くは東海道の本道で、 二見の道(ふたみのみち)と呼ばれていた。 中世以降、浜名湖南岸の往来が盛んになると長距離を移動する利用者は減り、地震などで浜名湖南岸が通行不能になった後に迂回路としてよく利用された。 に街道が整備され、には東海道に付属するとされ、が置かれた。 幕末頃から 姫街道の呼称が定着し、明治以降、新道が出来て本坂峠はで通過するようになり、峠越えの道は廃道となっている。 概要 [ ] 江戸時代後期になり、幕藩体制が衰えてなどの機会に女性が比較的監視の緩い脇道を通り抜ける機会が増えた頃から、本坂道は 姫街道と呼ばれるようになった。 呼称の由来は、東海道の本道である新居(今切)の、関所での取り調べ、舟での渡海、もしくは「今切」の語の縁起が悪いことを嫌って利用した女性が多かった、古くからある道という意味の「ひね」街道が転訛した、本道を男、脇道を女と見なした、など諸説ある。 明治維新政府によって全国の関所と、東海道の宿駅伝馬所が廃止されると、姫街道は街道としての使命を終え、その後は地域の生活路として利用されるようになった。 明治以降に新たに敷設された新姫街道は、引佐峠を南に迂回して浜名湖岸を通り、本坂峠越えは廃されてを通過するようになった。 旧姫街道は廃道となったり、新旧姫街道が重なる区間では幅員の拡張工事が行なわれ、気賀から三方原追分にかけて道の両側にあった松並木の片側が取り払われた。 歴史 [ ] 古代 [ ] 詳細は「」を参照 静岡県西部から愛知県東部にかけて、本坂峠を越えて浜名湖の北側、三ケ日を通る経路は、先史時代から存在しており、周辺には縄文・弥生時代の史跡も数多い。 には、の下流はと呼ばれる湖で、東側にという湖もあったため、この道はの本道として利用され、 二見の道と呼ばれていた。 磐田海や大乃浦の水が引いた後、東海道が浜名湖南岸を通るようになり往来が盛んになると、二見の道はさびれていき、裏街道としての役割を担うようになった。 この頃のには、「板築(ほんづき)駅」(現在の浜松市三ヶ日町本坂ないし日比沢周辺)や、「猪鼻(いのはな)駅」(の瀬戸または)があった。 中世 [ ] 中世には、地震などで浜名湖の南岸が通行不能となったときに利用されていたことが知られている。 近世 [ ] 詳細は「」を参照 近世になって、16世紀初めに浜名湖南岸にができ、渡船が必要となったことが 本坂越の往来が再び盛んになる契機となった。 戦国時代にはの攻めや、遠州に攻め込んだの軍勢と徳川軍とのなどの際に軍勢が街道を行き交い、交通の要衝として関所が設けられた。 天正年間にはによって新宿が設けられ、街道として整備された。 (慶長6年)にによって宿駅の制が敷かれ、同じ頃、が置かれた。 本坂越の道は 本坂通、 本坂道、 本坂街道などと呼ばれた。 また東海道から天竜川の池田の渡しの間を南に迂回していた東海道の本街道に対し、見付宿から真西に進む 池田近道が徒歩の旅人に利用された。 のによるや、のなどにより南岸が通行不能となった際に、本坂通は迂回路として利用され、通行量が増加した。 明和元年(1764年)に、幕府は本坂通をの管轄とし、東海道の一部と位置付けて一定の通行量に耐え得るように整備し、から、、およびを経てに至る間の各を指定した。 江戸時代初期の本坂道は東海道の安間の一里塚からを経て気賀に至る経路をとっていたが、や浜松宿の繁栄に反比例して通行量は減少し、衰退していった。 お蔭参りと本坂通 [ ] 享保15年 1730年 にが流行したときには、では、女中たちの抜け参り が多かったため、気賀関所の命令を受けて、見張人を街道に沿う村の山へ毎日出したが、それでも抜け参りは絶えなかったとされる。 13年(1830年)に浜名湖北岸の気賀・三ケ日方面からお蔭参りが流行し、浜松方面にも波及した際には、多くの人が本坂通を利用した。 幕末には将軍・の正室となったが本坂通を通行した。 近代 [ ] 関所と宿駅制度の廃止 [ ] 明治2年(1869年)に、明治新政府の関所廃止令により諸国の関所は全廃され 、気賀関所も閉所した。 明治5年(1872年)1月には、太政官布告第10号により、東海道の宿駅伝馬所が廃止された。 山中を通っていた(旧)姫街道は、明治・大正時代の県道等の整備に伴い、通行量が減り、さびれていった。 輸送・旅行はほとんど鉄道に依拠するようになり、道路としての東海道は長距離輸送に果していた役割を終えてローカルなものに変質、駅周辺に中心街が移っていった。 明治29年(1896年)には、「姫街道鉄道」の起業が計画され、浜松の官線停車場(現・東海道線)から市野、有玉、小松、三方原、中川を通り、気賀、三ヶ日、宇利峠を越え、豊川に出て御油駅にいたる経路が予定されていたが、実現しなかった。 新姫街道 [ ] :姫街道の畳石(平石、姫岩)からの浜名湖の眺望のをお願いします。 ( 2016年12月) 1879年(明治12年)に、静岡県議会で、旧来の姫街道は県費支弁を受けられる道路に指定されたが、修理などは行なわれず、一里塚や松並木は荒れるに任されていた。 明治に入ってから、山合いを通り、引佐峠を越えていた旧街道 とは別に、気賀から三ケ日までの湖畔沿いに10キロメートル余りの道路が新設され、 新姫街道と呼ばれた。 旧街道は地元の農家が農作業に行く際に通る程度の通行量となっていた。 1919年(大正8年)に浜松の神明交差点から三方ヶ原を経て気賀を終点とする静岡県道静岡気賀線が「新姫街道」に指定された。 気賀から三方原追分にかけての三方原付近の旧姫街道の両側には土手と松並木があったが、新旧姫街道は同一路線に造られ、道幅を拡げるために東側の松並木が取り払われ、西側の松並木だけが残された。 1963年当時、気賀の姫街道は近く幅員を拡張する予定とされ、古い街道が幅4メートル足らずだったのを倍近くに広げることから、気賀関所の建物は存亡の岐路に立たされているとされている。 [ ]御油宿から少し東へ進んだ辺りから、姫街道は幅員を広げた「新姫街道」に拡張され、豊川を鉄橋で渡るようになった。 豊川から先、本坂山までは、新姫街道は旧道とほぼ同じ経路をとっていた。 豊川にができると、豊川の町は急速に拡大した。 戦後海軍工廠がなくなった後も、豊川稲荷の人気により新姫街道は豊川への街道筋として利用されている。 新姫街道は、静岡県・愛知県境にある本坂峠の旧道の下をトンネルで通過するようになった(旧)。 姫街道を守る会 [ ] の本坂峠、現在は各方面から自然歩道としてのコースが整備されている。 1965年(昭和40年)に、御油から見付までの姫街道通過6市町村の有志によって「姫街道を守る会」が結成された。 1972年7月には、「姫街道を守る会」の会員約40名が、本坂峠で、約半世紀間不通の状態となっていた本坂道(旧姫街道)を復元するためのを行い、の所在や、植物学上貴重とされたの原生群落地帯、復元のため修繕補修を要する箇所を確認した。 史跡指定 [ ] 1980年(昭和55年)には、文化庁の補助による「歴史の道」調査事業(昭和54年度事業)の一環として、静岡県の教育委員会により姫街道に関する調査報告書 がまとめられ 、その後改訂版も出版されて、重要な歴史研究資料となっている。 1996年にが古道の保存と活用をはかるため「」を発表し、本坂通 の西気賀から引佐峠 静岡県細江町 、本坂峠を経て当古 愛知県豊橋市~豊川市 に至る区間 [ ]が「歴史の道」に選定された。 姫様道中 [ ] 毎年4月の第1土・日曜に、細江町では、「姫様道中」という祭りが開催されており 、お姫様に扮した同町の新成人が駕籠に乗り、地元住民扮する侍、奥方、、などを従えて都田川堤を練り歩く。 1950年(昭和25年)に、清水自治会長の杉田某が、の各地域がそれぞれ開催していた祭りを統合して、気賀町全体で大規模な祭りを行なうことを構想し、各地域の自治会長・商工組合の組合長らを集めて実行委員会を組織。 その昔、公家や大名の姫様の行列が通ったという姫街道の故事にちなんで道中行列を再現することになり、祭りの名前を「姫様道中」として、都田川の桜堤 を練り歩くことにした。 1952年(昭和27年)4月4日-5日、気賀町観光協会が観光事業として第1回「桜まつり姫様道中」を開催。 それ以来、姫様道中は56年間毎年開催された。 2011年にはの影響で開始中止となった。 「姫街道」の呼称の由来 [ ] 「姫街道」の呼称の由来については諸説あり、, p. 20 は、1929年-1938年(昭和4年-昭和13年)にかけて、、およびの間で「姫街道論争」が展開された、としている。 時期 [ ] 「姫街道」の呼称が定着した時期について、は、宝永4年(1707年)の地震の後、本坂越を利用する公家の奥方や姫君・女中衆が増えたことによるとし、, p. 76は、18世紀初めの享保の頃から、誰がいうともなく「姫街道」と呼ばれるようになった、としている。 また白柳秀湖による「江戸初期から」、内田旭による「平安時代初期から」などの主張もあった。 しかし、万治元年(1658年)の『東海道名所記』や寛政9年(1796年)の『東海道名所図絵』、1802年の『』などでは、「本坂越」、「本坂道」、「二見の道」などの名称が用いられていて 、江戸時代の公文書に「姫街道」の呼称はみられない。 江戸時代末期になって、民間文書に姫の名を冠した呼称が登場するため 、「姫街道」の呼称はこの頃に定着したとみられている。 , p. 20 は、幕末の文書・記録に記載があるためこの点は決着済み、としている。 安政元年(1854年)のの後には、浜名湖の今切の渡しが停止して東海道の交通が麻痺したため、大名も本坂道へ迂回し、本坂越の交通量が増加した。 翌安政2年(1855年)にから母を伴ってやに参詣し、全国各地を半年かけて旅行したは、旅日記『西遊草』 の浜名郡三ケ日の項に、「此所は秋葉山へ往来の宿にて、往来もややあり。 且昨年よりして大名も新井を通らず、まま此処より上下するありとぞ。 すべて御姫様海道と名づけて、格別難儀にもあらざる道なり。 」として、本坂越が「 御姫様海道」と呼ばれており、40歳の母を連れた清河にとっても「特に大変な道でもなかった」と記している。 『浜松市史』第2巻は、安政3年(1856年)の絵図では、浜松宿から三方原追分に至る道を「姫街道」、安間一里塚から市野を経て三方原追分に至る道を「 市野道」と記していた、としているが 、この絵図は行方不明で未確認とされている。 万延元年(1860年)にが描いた『東海道五十三次勝景』の中に「東海道五十三次之内浜松順路並 姫街道木賀遠望」と題した浮世絵があり、同じ頃作成された「秋葉山参詣道程図」にも「 姫様街道」と記載があることから、この頃には「姫街道」の呼称が定着していたとみられている。 1889年(明治22年)に発行の大日本帝国の2万分の1地図では、「姫街道」の呼称が使用された。 1907年(明治40年)の『大日本地名辞書』 では、近世「姫街道」といわれるようになった、とされている。 1972年(昭和47年)には、「本坂道」よりも「姫街道」の呼称の方が有名になっている、とされている。 諸説 [ ] 「姫街道」と呼ばれるようになった理由については、• (説1)江戸時代、新居(今切)の関所を避けた女性が本坂越を選んだためで、女性が新居を避けた理由については、• (説1-1)新居関所の女性に対する取締りが厳しかった(入り鉄砲に出女の詮議が厳しかった)ため• (説1-3)「今切」が「縁切れ」に通ずるため縁起が悪く、不吉な感じを与えるから の各説があり 、また• (説2)古代から中世にかけて栄えた街道のため「古い街道」という意味で「鄙(ひね)街道」と呼ばれていたのが「姫」(ひめ)に転訛した、とする説 、• (説3)「姫」はを真っ直ぐに登る表坂を「男坂」と呼び、遠回りではあるが傾斜の緩い脇坂を「女坂」と呼ぶように、本街道の半分の規格で造られた脇道を「女道」「姫道」として「姫街道」と呼ぶようになった、あるいは「大きい」本街道との対比において「小さい」脇道を美称して「姫街道」と呼んだとする説 、• (説4)本坂峠の麓で父の墓守をしていた橘逸勢の娘の妙冲や、平宗盛の寵愛を振り切って天竜川畔で余生を過ごした熊野御前、近くは8代将軍の母・浄円院が大勢の人足を引き連れて通行したことなど、女性のイメージが強く残る街道だったため、特に「姫」の名で呼ばれたとする説もある。 説1 女性がよく通行したから説 [ ] , pp. 128-129,134 は、姫街道は起伏が激しく、また道程が東海道の本道より20キロメートルも長く、「姫街道」という名称から連想されるような、女性が選んで通りたがるような生易しい街道ではなかった、として、(説1-1)や(説1-3)の傾向があったにしても、何のためにわざわざ本道よりも悪条件の本坂道を選んだのか理解に苦しむとして、(説1)そのものを疑わしいとしている。 『気賀宿文書』によると、宝永5年(1708年)から寛政7年(1794年)までの80余年の間に「姫様」と呼ばれるような身分の女性が通行した人数は22人で、平均4年に1人程度だった(ので、頻繁に「姫様」が通行していたわけではない)とされている。 , p. 76 および, p. 178 は(説1-1)および(説1-2)を呼称の由来として挙げている。 , p. 21 は、特に女性の利用が多かったかを解明することは宿帳などが残っていない状況からして困難だが、の人々が本坂通を多く利用したことは間違いない、とし、事例として文政13年(1830年)にお蔭参りが流行した際に、本坂通が多く利用され、後に「気賀関所との関係で」問題になった、としている。 同書では、東海道の本道の今切関所に対して「畏怖の念」を示す意味で、脇道の本坂通を利用したのだろう、としている。 説1-1 新居関所の取調べ忌避説 [ ] , pp. 100-101 は、徳川家康は、江戸への武器流入や諸大名に対する「人質」として江戸に住まわせた大名の妻たちの脱走を防ぐ為に関所を設置したと言われ、「」の取り締まりは厳しく、東海道のは、特に女性に対して取り調べが厳しいことで有名だった、としている。 , p. 47 は、これに加えて、今切関所では江戸へ向かう「入り女」に対しても所定のを必要とした点を指摘し、, p. 173 は、関所破りは極刑という掟があったことを指摘している。 , p. 134 は、新居の関所には「改め婆」と呼ばれる、局部を視認して性別を改めるという風評もあり、女性の旅行者には敬遠されたのかもしれない、としながらも、旅人監視の厳しさでは、姫街道にも気賀関があり、本街道の新居関と差異はなかったのではないか、としている。 大山敷太郎は、女性が今切関所を避けて本坂通を通行したものの、気賀関所の検閲も厳重だったとしたとされ 、, p. 20 は大山の説を概ね支持するが、女性が東海道の本道を避けた理由は多様だった、としている。 , pp. 171-172 は、新井の裏関所である気賀関所の取り調べも厳しかったという反論があることに言及し、, p. 180 は、気賀関所の取り締まりは今切関所と何も変らなかった、としている。 , p. 172-175 は、もともと気賀関所の取調べは厳重であったが、江戸時代後期になると、幹線道路以外では関所の取調べがかなり緩やかになっており、関所手形を取得しにくい女性が通行する際に、関所破りをする例があったことを指摘している。 例として、前出の清河八郎『西遊草』では、関所手形を持たない母と同道したために関所破りを繰り返しており、新潟県・長野県境にあるのでは最寄の宿に一泊した後、夜明け前に宿屋の手引きで関所破りをし、善光寺から名古屋へ行く際にはがある中山道を避けてを迂回して同街道を女性の取締りが緩やかな「女人道」と表現、から中山道のに出るときには道の脇道であるを「女性を通さない関所だから」として関所の脇道を通過し、東海道では新居関所を避けて「御姫様海道」を来たものの、気賀にも関所があり「女中も容易に通さない」と聞いて、三ヶ日から舟を雇い、夜中に舟に乗って呉松へ渡る関所破りをしていた。 他にも夜中に浜名湖を個人が舟で渡り、気賀の関所を破っている例がある。 白柳秀湖は、気賀関所には「」があり、検閲に手心が加えられていた、としている。 134 は、道程でいえば姫街道は本街道よりも20キロメートルも長くなり、本坂峠の急峻な坂道や静岡側の気賀までの間にある低い丘をいくつも越えなければならず、加えて山道には追いはぎや強盗が出没する不安もあったため、船渡しがあっても路面が平坦な本街道のほうが通行しやすく、道中の不安も少なかったのではないか、としている。 の『遠江国風土記伝』 は「嶺頭少しく平なり、駕を休むる所、嶺頭に人家なく、駅路の人馬寒暑に苦しむ」として本坂越えの苛酷さを記し、新居関所の関守をしていた富永政愈の『今切御関所由来』では「本坂越は道狭く坂けわしくて、より難く、恰も難の地の如し、一度往く者は二度越えんことを思わず」と記されている。 , p. 180 は、今切渡船については「鳶も舞坂、天気(日和)も静か、名のみ荒井の 舟渡し」という諺があるほど普段は穏やかだったので、女性・子供でも特に不安はなかったはずだ、とし、, pp. 171-172 もこの反論に言及している。 は、宝永4年(1707年)の地震の後、浜名湖南岸を迂回するため本坂越の通行量が増加、幕府は宝永7年(1710年)に大名の本坂越を禁止したが、公家の奥方や姫君・女中衆はこの街道を使用し続けたことから、本坂道は「姫様道」「姫街道」と呼ばれた、としている。 , pp. 174-175 では、 説4 および 説1-1 を幕末に「女人道」や「女街道」の呼び名が生まれた由来としながらも、特に「姫街道」「姫様街道」のように呼ばれた理由としては、関所手形を持っているため関所を忌避する必要のない身分の高い女性が本坂道を利用した理由があったはずだとし、『本坂道宿村大概帳』の中で「京都から姫や宮方が江戸に行く時は気賀や三ヶ日、嵩山などの宿場で人馬が不足するから、加の触書を出さなくてはならない」として特に「姫や宮方」が本坂道を通ることを強調していることを指摘し、その理由は渡海を忌避したことにあったのではないか、としている。 同書はその例として、文政元年(1818年)の菅沼斐雄 『袖くらべ』の中に、「が舟を嫌うから荒井の渡しを避けて本街道より5里も遠回りになるけれど本坂越という山道を行く」旨の記載があることや、『東海道名所図会』の御油の項で本坂越が「荒井今切の海上を渡らずして陸路を行」く路と紹介されていることを挙げ、前出の清河八郎『西遊草』の記述もあり、渡海への不安に比べて、本坂越はさほど困難な峠道ではなかった、としている。 説1-3 「今切」呼称忌避説 [ ] , pp. 134-135 は、「今切」の語が縁起が悪いという話は、若い女性の旅行者には多少影響があったのかもしれないが、もともと若い女性の通行量は絶対数が少なく、数の割にはという印象から、冗談ぽく「姫街道」のあだ名が生まれたのかもしれない、としている。 , p. 180 は、強いていえばこの説が最も当を得ているのではないか、としている。 , pp. 171-172 は、近世になって急に忌むようになったというのはおかしい、との反論がある、としている。 説2 「鄙(ひね)街道」転訛説 [ ] , p. 135 は、東海道の表街道を「新しい」街道として、これに対応する「古い」街道を「ひね街道」と呼ぶのであれば、気賀から森町、掛川に至る山手寄りのかつての「二見の道」の古道筋を呼んだはずだが、湖北以外の遠州地方には「ひね街道」という呼び方が全く残っていないため、湖北だけに古道筋を「ひね」と呼ぶ呼び方が残ったとするのはおかしい、としている。 , pp. 171-172 は、「姫」のイメージと「古い」というイメージが大きく異なり、また「姫様街道」のような呼称も見られることから、「ひね」からの転訛ではないだろう、としている。 , p. 104 は、『豊橋市史』が(説2)をとっていることを紹介し、『吾妻鏡』などからは、中世まで、平地にある見通しのよい平坦な道は危険度が高いと考えられており、山沿いや山の中を選んで通っていたことが伺われることから、近世以降、平坦な道が選ばれるようになり、街道の概念が変化したときに、古い道、「ひね街道」とされたのではないか、としている。 , p. 21 は、17世紀を通じて、東海道の本道に「主要な大通行」が移っていき、本坂通の通行量が減って「鄙びた街道」となり、「鄙街道」と呼ばれていたのが「姫街道」に転訛したとする説もあるが、考えすぎだろう、としている。 説3 「男・大」街道との対比での「女・小」街道説 [ ] , p. 135 は、(説3)は明快で筋の通った説明だが、その割には江戸時代の道中記には全く現れないため、地域的な通称が一般化したものではないか、としている。 , pp. 171-172 は、男と女、剛と柔の発想が最も妥当かもしれない、とし、, pp. 174-175 では、 説1-1)との関連から、幕末には幕府の権威が衰えて支配力は弱まったが、主要な関所の機能は存続していたため、特に手形がなければ関所を通過できない女性が、関所を避けたり、抜けたりできそうな脇道を選ぶことが多くなり、関所を通らずに済む脇道を「女人道」や「女街道」と呼ぶようになったのだろう、としている。 なお、「姫街道」という名前で呼ばれる道は各地にあり、中山道の碓氷峠の関所を避けるは「姫街道」「女街道」、長野県松本市と新潟県糸魚川市を結ぶは「姫街道」、岐阜県の東海道の付属の街道であるも「姫街道」と呼ばれていた、とされている。 また, p. 92 は、愛知県にも、近代に尾西地域の織物工場で働く女性たちが通ったことから「姫街道」と呼ばれている小さな道があったらしい、としている。 説4 女性にちなむ伝説由来説 [ ] 内田旭は、古代から女性に関係する街道だったことを理由に挙げている。 江戸時代の経路と宿駅 [ ] 詳細は「」を参照 経路 [ ] 姫街道には、静岡県側に3つ、愛知県側に2つのルートがあったとされる。 静岡県側のルートは、• 東海道の安間新田にあった一里塚(安間の一里塚)を起点として、市野を通り、気賀に至るルート• 浜松城大手門前の高札から西北に進み、三方原追分で第1のルートと合流するルート• 見付宿から西へ向かい、池田の渡しで天竜川を渡り、富田村(浜松市東区白鳥町)から下石田村に出て市野へ向かうルート(池田近道) の3つで、第1のルートは江戸時代初期から幕府の正式な街道として認められ、『東海道巡覧』 や『東海道名所図会』にもこのルートが記されている(表1参照)。 明和元年(1764年)に幕府の道中奉行の支配となってからは、第2のルートが正式な本坂道となった。 愛知県側のルートは、• 嵩山から真西の御油へ向かうルート• 嵩山から吉田(豊橋)に出るルート の2つがあった。 表1:『東海道巡覧記』・『東海道名所図会』による本坂越の経路 宿場 距離 備考 御油 御油の「かけま」から 嵩山 御油より4里 渡船あり 三ヶ日 嵩山より2. 5里 山路 気賀 三ヶ日より3里 関所あり 茅場(かやんば) 気賀より4里 本街道、浜松より1里 全行程 13. 5里 出典:, p. 45 、, pp. 99-100 および, p. 176 により作成。 見付から御油に至るルートは、見付からでを渡り、、、を経由して、 を越え、を経由して、でを渡り、で東海道に合流する。 静岡県側では細江町から三ヶ日町にかけて を含む低い丘を5-6つ越え、本坂山の急な坂道を越えていく起伏のあるルートだった。 道程は、御油から見付までが15里14町(約63キロメートル) 、安間の一里塚から御油までは13. 5里(約54キロメートル)あった。 東海道の本道よりも約20キロメートル長かった。 旧姫街道の道幅は9尺(2メートル強)で、坂道の石畳や松並木も全線に渡って整備されたわけではなく、もともと交通量の少ない補助道路だったため、旅人の監視は本街道並みに厳格でも、設備は大分簡略化されていた。 また山・坂・峠越えが多い街道だったため、物資の輸送には不向きであり、愛知県側では江戸時代後期には本坂通よりも吉田から船で豊川を遡上して一鍬田村()で荷揚げし、を越えて三ヶ日宿まで運ぶルートが多く利用され、また静岡県側では、関所の取締りにより原則船運が禁止されていた浜名湖で、これに違反する船運が活発に行なわれていた、とされている。 経路図 [ ] 江戸時代の姫街道の経路を描いた絵図はいくつかあり、下記に挙げた絵図のほか、「本坂街道絵図」や東海道の種々の道中絵巻にも描かれている。 本坂通分間延絵図 [ ] 江戸幕府の道中奉行所が寛政年間に製作し、文化3年(1806年)に完成した1,800分の1の縮尺図「五街道其外分間見取延絵図」のうちの「本坂道分間延絵図(控)」 には、浜松から御油に至るルートが詳細に描かれている、とされているが 、1997年当時、が所蔵しているものの非公開で、公刊されていないため閲覧できないとされており 、2010年当時はのみに現存している、とされている。 2011年10月にで開催された「歴史の道 姫街道展」では本図の写真が展示された。 本坂道三方原回路図 [ ] 所蔵 の「本坂道三方原回路図」 は、江戸後期の手書き彩色の絵図で、吉田(豊橋)から長楽へ出て、本坂峠へ向かうルートが描かれている。 本坂道絵図 [ ] 細江町の個人所蔵の「本坂道絵図」には、静岡県側の一里塚や寺社、本陣などが描かれている。 宿場町 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2016年11月) 宿場・関所 江戸期の行政区分 現在の自治体 過去の自治体 特記事項 令制国 郡 都道府県 市町村 1 磐田郡見付町 東海道の宿場町。 天竜川を越え南下し安間の一里塚にて東海道に接続。 2 東区 長上郡市野町 本坂通の4宿(市野・気賀・三ヶ日・嵩山)の一つ。 2 中区 旧浜松市 市野の廃絶後、見附から浜松 - 追分 - 気賀の浜松道の利用。 3 北区 引佐郡細江町 本坂通の関所 4 引佐郡三ヶ日町 本坂関所跡、本坂一里塚、本坂峠を越え、嵩山宿に至る。 5 八名郡嵩山村 和田にて南下し吉田宿にて東海道に接続。 豊川を越え御油宿にて東海道に接続。 6 宝飯郡御油町 東海道の宿場町。 本坂通宿村大概帳 [ ] 「本坂通宿村大概帳」は、天保から安政年代(1830-50年代)にかけて、江戸幕府の道中奉行所が5街道やその脇道の各宿駅と街道筋の村落の状況 を調査してまとめた「」のうち、本坂通の状況についてまとめた資料で、道中奉行所によって使用されたとみられており、近世史研究の貴重な資料となっている。 一里塚 [ ] :三ヶ日町・本坂に残る一里塚のをお願いします。 ( 2016年12月) 「」も参照 一里塚は、1里ごとに道の両側に塚を築き、榎を植えて旅人の便に供したものだったが、1971年現在、浜松宿の近郷で往時の姿をとどめているのは三方ヶ原追分に近い道側に1基が残っているのみ、とされている。 姫街道の一里塚は表3の通り。 182 による。 構成路線名 [ ] 2003年現在、姫街道(旧姫街道)は、各地で都市化が進み、道路拡張などにより寸断されるなどしているが、地元住民の努力によって復元されている箇所もあり、特に浜松市西北部の細江町・三ヶ日町では昔の街道の面影が残っている、とされている。 - 見附宿から市野宿、三方原追分 を経て、気賀宿まで• - から市野宿まで• - から三方原追分まで• - 御油宿から豊川の西岸まで• - 豊川の西岸から嵩山宿、、三ケ日宿を経て、気賀宿まで• 史跡 [ ] 遺跡 [ ] 本坂峠を越える経路自体は、から存在していた。 街道近くの静岡県三ケ日町の石灰採石場では、新人段階の化石人骨()が見つかっており、縄文遺跡や弥生遺跡が数多く存在している。 欠間・分岐点の碑 [ ] 御油(豊川市国府)の東海道と姫街道の分岐点には、2003年現在、常夜灯が建てられているとされており 、1972年当時、古い石碑が立てられていたとされている。 鷺坂上の芭蕉句碑 [ ] 1972年当時、御油から程近く、の入口近くの姫街道の、かつて「鷺坂」と呼ばれた坂の上 には芭蕉の句碑が立っていた。 かげろうの わが肩に立つ 紙子 かな — 松尾芭蕉、姫街道の御油・鷺坂上に立つ句碑より 月ヶ谷城跡 [ ] (わちがやじょう) : (愛)を出したがにこの街道を支配するため築城。 には既に城ではない。 愛知県豊橋市嵩山町字山軍場。 [ ] 嵩山一里塚 [ ] 嵩山一里塚は、道の両側に残っており、どちらも直径10m、高さ2mほどでほぼ円形をしている。 2011年当時、豊橋市文化財の指定を目指していたとされ 、2012年に西側の塚が豊橋市の史跡に指定された。 嵩山の蛇穴 [ ] 嵩山の蛇穴は、嵩山から本坂峠への登り口近く にある深さ50メートルほどので、縄文前期の洞窟住居跡だったとされている。 国の指定史跡となっている。 鏡岩 [ ] 本坂峠の東側には、大きな磨いたような岩が垂直に立っていて、鏡岩(石)と呼ばれており、その下には、椿の原生林が続いている。 本坂一里塚 [ ] 現存する貴重な一里塚として、1992年(平成4年)に浜松市の指定文化財となった。 2003年現在、三ヶ日から本坂峠に至る区間は三ヶ日町内で最も保存状態がよく、本坂一里塚は当時の様子をよく残している、とされている。 姫岩 [ ] 旧姫街道の静岡県側から引佐峠へ登る途中に、「そこから見る浜名湖の景色が最も美しい」といわれている畳1畳ほどの平たい岩(石)があり、「姫岩(石)」と呼ばれている。 江戸時代、姫岩近くには茶屋が作られていて「平石御休憩所」と呼ばれており、大名行列が通行するときには近藤家の家臣が出向いて湯茶の接待をしたといわれている。 水は2キロメートル南にあった「殿様井戸」から汲んできていたとされ、1997年当時は「姫様井戸」と呼ばれていた。 1972年当時、姫岩や竈跡は、灌木に埋まり、探さなくては見つからない状態になっていたとされていたが 、1997年当時には、石の横に休憩所が設けられており、休憩所の前後には石畳が敷かれている、とされている。 ダイダラボッチの池と薬師堂 [ ] 小引佐峠を東から西に越えたところの岩根集落にの足跡だといわれている「ダイダラボッチの池」と天保6年(1835年)に再建されたがある。 薬師堂は小引佐峠を越えてきた旅人の休憩所として使用されていた。 姫街道の松並木 [ ] :姫街道の松並木のをお願いします。 ( 2016年12月) 1959年に、浜松市中区葵東の三方原追分(元追分)交差点から西区大山町までの約4キロにわたる松並木は同市の指定史跡となった。 1950年代-1960年代には300本以上の松が残っていたが、の被害などで年々4,5本ずつ減少したとされ 、2014年には240本余り 、2015年には206本が残っている。 2008年に浜松市は保存管理計画を策定し、将来的な補植や代替のためにで苗木を育成、2015年にで配布するなどしている。 関連項目 [ ]• 姫街道 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 若い男女が親にかくれ、奉公人が主人に無断で群集にまじって参宮をすること , p. 480。 , p. 480. , p. 194. , p. 223. , p. 226. 231. 170. 268. 宇志、駒場、大谷を経て引佐峠を越え、山田、小森・葭本(合併して跡川)、呉石を経て新道と合流する経路だった , pp. 152-156。 , p. 152. , pp. 53-54. , p. , p. 167. , p. 509. , pp. 268,509. , pp. 136,140. 140. , p. 141. 愛知大学綜合郷土研究所「」『愛知大学綜合郷土研究所紀要』第18号、愛知大学綜合郷土研究所、1973年3月15日、 113-114頁、 、 2016年12月4日閲覧。 熊井, 保「資料 「歴史の道」の調査について」『交通史研究』第19号、交通史学会、1988年3月、 46-58頁、。 児玉, 幸多「「歴史の道」の調査」『交通史研究』第12号、交通史学会、1984年12月、 63-69頁、。 198-199. , p. 180. , p. 168. , p. 180。 「(…)威風堂々の行列は、時代絵巻さながらの豪華絢爛さである。 」(同)。 , p. 133. 168-170. 128. , pp. 168-169,180. 岩波文庫、1993年、:• , pp. 168-169. , pp. 182-183. , pp. 169-170. , pp. 169-170、「秋葉山参詣道程図」は「歴史の道『秋葉街道』所載」とされている。 , p. 2339. , p. 100. 104. , pp. 100-101. 171-172. 231. , pp. 128-129, 134-135. 135. , p. 134. 172-175. , pp. 141-142。 静岡側の峠道は勾配が緩く長く続くため、富永の記事は、愛知県側からの峠道の感想だとみられている(同)。 美術人名辞典『』 - 2016年12月5日閲覧。 176-177. 『東海道巡覧記』蘆橘堂適志、野田弥兵衛・野田太兵衛、1751年。 , pp. 99-100• 176. 安間新田が正しい , p. 176• 54キロメートル , p. 176• 標高は、, p. 141 では400メートルほど、, p. 85 では380メートル、, p. 182 では330メートル、, p. 195 では326メートルとされている。 , pp. 36,126-127. , pp. 140,141. 標高は、179メートル , p. 85 ないし180メートル程 , p. 101• では、約60キロメートル、としている。 , p. 178では、約58キロメートル、としている。 , p. 156. , pp. 19,21-23. , p. 106 では「本坂道分間延絵図控」、, pp. 176-177 では「本坂通分間延絵図」としている。 , p. 106. , p. 106。 もともと3部作成され、1部が江戸城内、2部が道中奉行所に置かれていた(, p. 135および, p. 106)。 郵政資料館は道中奉行所の資料のうち1部を、が江戸城内にあった資料を引き継ぎ、『延絵図』は東京国立博物館所蔵の原本をもとに東京美術から刊行されているが(同)、「五街道其外分間見取延絵図」のうち本図ほか4点は郵政資料館にしか現存していない , p. 106。 豊橋市美術博物館 2014年3月5日. 豊橋市美術博物館. 2016年12月6日閲覧。 , pp. 176-177 は「本坂道三方原之図」としている。 人口、戸数、本陣、旅籠の数、高札の内容、道路の広さ、橋、寺社、地域の産業、特産品など , pp. 105-106。 , pp. 105-106。 編注)「本坂通宿村大概帳」は 児玉, 幸多(校訂)『近世交通史料集 5 中山道宿村大概帳 』吉川弘文館、2013年、オンデマンド版。 に収録。 , p. 184. , p. 182 では「山田」• 引佐峠のふもとにあったが、1972年当時、鋤き返されて跡形もなくなっていた , p. 152• 1972年当時、跡かたもなくなっていた , p. 154• 文化庁 2016a. 文化庁. 2016年12月13日閲覧。 , p. 182 では「長楽寺」• , p. 182 では「市田」• , p. 182 では「御油」• , pp. 178-179. , p. , p. 188. , p. 136. 137. デジタル大辞泉『』 - 2016年11月30日閲覧。 豊橋市美術博物館 2014年2月14日. 豊橋市美術博物館. 2016年12月12日閲覧。 豊橋市嵩山町字浅間下92• , pp. 140-141。 同書では、深さ80メートルほど、としている。 文化庁 2016b. 文化庁. 2016年12月13日閲覧。 , pp. 140-141. 182. , pp. 196-197. 浜松市 2014年8月6日. 浜松市役所. 2016年12月15日閲覧。 181. 191. 153. , p. 153 は、或る大名の娘が通りがかりに輿から下りて景色を眺め、を催したとの逸話があり、以後それに倣って野点をする人が現れ、石を組んで湯を沸かした臨時の竈(くど)跡もあった、としている。 , pp. 191-192. , p. 188. 静岡新聞 2015年2月17日. 2016年6月13日閲覧。 浜松市 2014年8月6日. 浜松市役所. 2016年6月13日閲覧。 参考文献 [ ]• 『東海道名所図会』3、秋里籬島、吉川弘文館〈葵文会翻刻葵文庫〉、1910年。 浅井治平「研究ノート 赤石山地南部における幕末東海道の脇街道」『人文地理』第14巻第1号、人文地理学会、1948年、 99-105頁、 :。 井上卓朗「」 pdf 『郵政資料館研究紀要』第1号、郵政資料館、2010年3月、 96-126頁、 、 2016年12月4日閲覧。 大林淳男「 」 『研究紀要』第20号、豊橋創造大学短期大学部、2003年3月、 103-115頁、 、 2016年12月15日閲覧。 奥浜名湖商工会細江支所 2015年7月29日. 奥浜名湖商工会細江支所. 2016年11月30日閲覧。 奥浜名湖商工会細江支所 2015年7月29日. 奥浜名湖商工会細江支所. 2016年11月30日閲覧。 気賀関所, 浜松市 2016年9月6日. 浜松市気賀関所. 2016年11月15日閲覧。 気賀関所, 浜松市 2016年9月6日. 浜松市気賀関所. 2016年11月27日閲覧。 木下良「参河国府跡について」『人文地理』第28巻第1号、人文地理学会、1976年、 68-79頁、 :。 楠戸義昭「姫街道」『探訪日本の歴史街道』三修社、2006年、改訂新装版、76-80頁。 武部健一「招待論文 日本幹線道路網の史的変遷と特質」『土木学会論文集』第359号、土木学会、1985年7月、 1-16頁、 :。 橘敏夫「(例会報告要旨)本坂通の人馬賃銭」『交通史研究』第76号、交通史学会、2012年2月24日、 85-86頁、。 「浜名湖今切口の変遷」『防災科学技術』第35号、独立行政法人防災科学技術研究所、1979年9月25日、 15-20頁、。 , 郷土を研究する会『ふるさと豊田』豊田町郷土を研究する会、豊田町教育委員会〈郷土研究資料〉、1977年。 中部日本新聞社「姫街道」『日本の街道』中部日本新聞社、人物往来社、1963年、52-55頁。 内藤亀文「姫街道の今昔」『ふるさと百話』7、静岡新聞社、静岡新聞社、1972年、127-176頁。 『』1、浜松市役所、浜松市役所、1968年。 2016年12月6日閲覧。 『』2、浜松市役所、浜松市役所、1971年。 2016年11月30日閲覧。 『』3、浜松市役所、浜松市役所、1980年。 2016年11月30日閲覧。 本多隆成『近世の東海道』清文堂、2014年。 松浦律子「第2章 宝永地震による被害とその後 第2節 各地の被害と救援や復興策」『』中央防災会議 災害教訓の継承に関する専門調査会、、2014年、23-27頁。 2016年12月6日閲覧。。 宮川充史「(巡見報告)本坂通 姫街道 を歩く」『交通史研究』第76号、交通史学会、2012年2月24日、 92-93頁、。 渡辺和敏『東海道の宿場と交通』2、静岡新聞社〈東海道双書〉、2000年。 「江戸時代後期における三河・遠江間の内陸交通」『地域政策学ジャーナル』第1巻第1号、愛知大学地域政策学部 地域政策学センター、2012年3月、 19-31頁、。 関連文献 [ ]• 愛知県教育委員会, 文化財課『愛知県歴史の道調査報告書 2 本坂道 』第57集、愛知県教育委員会〈愛知県文化財調査報告書〉、1989年3月。 内山真竜『遠江国風土記伝』加藤菅根・皆川剛六訳、歴史図書社、1969年。 静岡県教育委員会, 文化課『静岡県歴史の道調査報告書 身延道・本坂通 姫街道 』第21・22集、静岡県教育委員会〈静岡県文化財調査報告書〉、1980年3月。 『浜松市史』浜松市、名著出版、1974年。 細江町観光協会、三ヶ日町観光協会『』 PDF 、2014年。 2016年12月9日閲覧。 「10 名物男 近藤登之助、同縫殿之助」『親分子分(侠客編)』千倉書房、1930年、改訂版、72-82頁。 「姫街道の研究、附気賀の関所について」『日本交通史の研究』本庄栄治郎、改造社、1929年、301-364頁。 渡辺和敏『東海道交通施設と幕藩制社会』岩田書院〈愛知大学綜合郷土研究所研究叢書〉、2005年、259-275頁。 外部リンク [ ]• 浜名湖魅力発信隊 2014年. 静岡県企画広報部 政策企画局 西部地域政策局. 2016年6月13日閲覧。 浜松NPOネットワークセンター 2011年. 浜松NPOネットワークセンター. 2016年6月13日閲覧。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」各エピソードネタバレ一覧|最新話まで

ある日お姫様に 76

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「」作画Cotton、原作Siya、原題나는 이 집 아이 娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。 魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。 毎週月曜に最新話が公開されます。 前回のあらすじは、エステルは下町ショッピングに、ロイとアンを誘う。 話題がエメルの厳しい訓練についてに変わり、ロイに誘われてエステルは、普段のエメルの様子を観察することに。 そこには別人のように、人を見下し踏みつける、恐ろしい彼の姿が。 エステルは思わず立ち上がってしまい、エメルと目が合う。 エステルは走って逃げる。 ロイから、エメルに失望したかと聞かれる彼女なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」68話のネタバレ エメルに失望したかと聞かれ、そんなことない、ロイのおバカと返事するエステルなのだった。 後日、エステルのもとへリドルから手紙が届いた。 うさぎのキャンドルまで贈ってくれるリドルに、皇太子はお嬢様が好きなのではと盛り上がるジェーン。 だが毎回このように送られてくるので、エステルは少し負担に感じていた。 アイリス皇女様とは文通が途絶えてきたし、リドルからも皇女様について何も言ってこない。 皇女が一人で寂しいのではないかと気になるエステル。 今回の手紙の内容は、成人式に合わせて、リドルとゼオンがこちらに来るというものだった。 領地巡回で多忙なカルルについて、兄は騒がしいのが嫌いだから、成人式間際にくるだろうとエステルが言うと、ジェーンは、カルル様はお嬢様がいなければ成人式すら参加しないと言う。 エステルの机の上には、下町ショッピング用にケルソンが用意してくれた、エステルの財布があった。 エステルはまだ硬貨の価値がよくわかっておらず、足りないだろうかと心配するが、よほどのものを買わない限り大丈夫だと教えてもらう。 その後エステルはアンの所へ行き、もし買い物に行くのが嫌なら教えてほしい、いつも一人静かに過ごしているアンに嫌な思いをさせたくないからと言う。 そんなことないと言うアンはエステルの手を握り、ただたまに自分がお嬢様の親友になったと勘違いしてしまって、舞い上がってしまうのだと打ち明ける。 エステルは親友でしょうと言い、今だって親友に私の愚痴を聞いてもらいたかったんだからという。 二人は笑いながらテーブルに。 アンは、それはもしかしてエメル様のことですかと、いきなり核心をついた。 エメル様の訓練を見に行くと言っていたじゃないですかと言われ、エステルは今回のことを説明する。 アンは、エメル様はお嬢様と他の人では全く接し方が違う、初めて会ったときに彼が自分に向けた顔は今でも覚えていると話す。 お嬢様の傍に自分のような得体のしれないイリアルがいれば、そうなるのも仕方がないと言うアン。 今は違うかもしれないが、あのときははそうだったからだと。 アンは、それでエメル様に怒っているのですか、失望したのですかと聞く。 エステルは、自分に怒って失望したと答える。 はじめはエメルに騙されたのだと思っていたが、私が公女だからそのように接するしかなかったのだろう、でももし彼が気楽に接することのできる関係だったらこんなことにならなかった、そのような関係を築けない自分にガッカリしたのだと、エステルは話す。 偽りの優しさが嫌なのかと聞かれ、偽りの優しさと本当の冷たさを選ぶならばと考え、偽りの優しさが嫌なわけではないと答える。 だがエメルに変な気遣いをさせたくなかった言うと、アンは、愛は偽りで作り上げることはできないという。 お嬢様はご自分にそんな価値はないと勘違いされているようだが、ご自分が皆に愛される存在だというのを自覚したほうがいいと指摘する。 自分は混ざった存在だ、アンの前でこんな話してごめんなさいというエステル。 痛みの大小で遠慮する必要はない、人の痛みはそれぞれ違う、私にとってお嬢様は大切な人だから、エステル様の悩みはとっても重要なことなのだと、アンは話す。 エステルは、大好きと言ってアンに抱き着く。 馬鹿らしい考えかもしれないが、いつかお前は家族じゃないと言われて追い出されるのではないかと怖いのだと話すエステル。 このように不安定な気持ちなので、常に最悪のケースを想像してしまうのだという。 アンは、自分はイリアルだから毛嫌いされて当然だと言うと、エステルは、そのようなことはないと言いきる。 それはお嬢様も同じ、何か有る度に自分が環境がと諦めれば気が楽かもしれないが、それでは辛すぎる、光があれば影もある、光という答えの裏には影があるものですと、アンは説明する。 エステルは、自分とそんなに年齢差が無いのにアンはすごいと尊敬する。 アンは、では尊敬ついでに少しきつい一言を良いですかと前置きし、お嬢様が子供のままでいたがるのも、幼いままでいないと愛されないと思っているからですかと指摘する。 エステルの胸に突き刺さる一言なのだった。 漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」68話の感想 いつものほんわかエピソードではなく、重たいこってり系のエピソードでしたね。 普段のエメルをのぞき見したことで、ここまでエステルの内面がぐらつくとは思いませんでした。 アンの指摘も最もで、アンはエステルにとって無くてはならない存在ですね。 エステルは公女だから皆が優しく接して当たり前で、どこまでが本心かわからないという悩みは、いつまでも孤独を感じてしまい辛いですね。 だからよりアイリス皇女の孤独が気になるのでしょう。 リドルはエステルに頻繁に贈り物をしているようですが、カルルに近づくためにエステルから攻略しようとしているのか、単純にエステルに好意があるのかどちらでしょうね。 また、エステルは、いつか皆に捨てられるのではないかという不安から、皆に愛されるよう幼く振舞っていたようです。 まさかの指摘に言葉もないエステル。 どのように答えるのか気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の