こむら返り 予防 法。 足がつる(こむら返り)原因と対処・対策・予防法

こむら返りの原因は?足がつる・ふくらはぎが痛いときの対策法 [不眠・睡眠障害] All About

こむら返り 予防 法

体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど)• 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター)• 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める)• 偏食をしない(バランスよく食べる)• ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない)• 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の

こむら返りの原因と対処法|予防も覚えてふくらはぎに睡眠を|きになるきにする

こむら返り 予防 法

を再掲載しています。 こんにちは、美容研究家の境貴子です。 「こむら返り」、いわゆる「足が攣る(つる)」という経験は誰にでもあると思います。 この時期に地味に増えるお悩みの一つなので、今回は 足がつった時の対処法と予防法をご紹介します。 足がつった時の対処法と予防法 足がつる主な原因 足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象です。 原因は大きく2つあり、それは肉体疲労と栄養不足ですが、多くの場合は筋肉疲労、水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下など、いくつかの要素が重なって起きます。 肉体疲労が原因となる理由 アキレス腱を代表とする腱の中には、「これ以上筋肉を伸ばしてはいけない」という事を脳に伝達する機能があり、これによって私たちは適度な伸縮を繰り返し、体を動かしています。 しかし、筋肉を酷使したり疲れがたまりすぎていると、疲労物質である乳酸がこの伝達機能を低下させます。 これによって正常な信号が送れなくなるため、伸長のストッパーが外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして、足がつりやすくなるわけです。 栄養不足が原因となる理由 私たちは食物からバランスよく栄養を摂取することで、体内のイオンバランスを保っています。 ところが、ダイエットや偏食によって栄養が偏ると、このイオンバランスが崩れます。 脳に様々な伝達を送るのに必要なイオンが不足すると、やはり伸長のストッパー機能が外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして足がつりやすくなります。 境式・足がつった時の対処法 こむら返りは寝ている時に起こりやすく、それが原因で寝不足になる方もいらっしゃいます。 寝ぼけながらの対処は本当に辛いものですが、これだけ覚えておいていただければ、次回からは慌てずに対処できると思います。 体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど) 2. 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター) 3. 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める) 4. 偏食をしない(バランスよく食べる) 5. ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない) 6. 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の

足がつる(こむら返り)原因と対処・対策・予防法

こむら返り 予防 法

「イタタタ・・・!」と就寝中に突然足がつって、驚いて目が覚める。 「痛いし、寒いし・・・」真冬の明け方に、こんな風に目が覚めるのは、できれば避けたいものです。 痛い、足つり! つった時の救世主 漢方薬「芍薬甘草湯」 ご存じでしたか?漢方薬は即効性がないイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、漢方薬「芍薬甘草湯」は漢方薬の中でも 「急激に起こる足のつり」に効果を発揮します。 ・寝ていて突然こむら返りを起こした ・久々の運動中、いきなり足がつった ・筋肉がけいれんして、急に痛みが出た こんな方に役立つ漢方薬です。 「芍薬甘草湯」に配合される芍薬と甘草の組み合わせが 筋肉のけいれんを抑制してくれます。 できれば、足がつった時にすぐ服用できるのがベストですが、難しい時はつってしまった後に服用しても効果が期待できます。 また、「前兆」があることが多い症状ですので、「前兆」を感じたら早めに服用してください。 急な足のつり、こむらがえりにおすすめの漢方薬「芍薬甘草湯」がどのように効くのか解説します。 どうして冬は足がつりやすいの? 足がつる時ってどんな時でしょう?「寒い冬の朝に足がつりやすい」という方も多いのではないでしょうか?この季節につりやすい原因は 「冷え」が大きく関係しています。 漢方では「冷えは万病の元」と捉えていますが、足のつりも引き起こしやすくします。 冷えて、この ふくらはぎの筋肉が凝り固まってしまうと、血流が滞り血行不良を引き起こしやすくなります。 血行不良は足がつる要因の一つでもあります。 真冬の朝方は気温がとっても低いので、自分でも気づかないうちに猫のようにぎゅっと縮こまって寝ていることもありますよね。 すると筋肉は緊張状態となり筋肉の収縮に必要な栄養素が十分に届きにくくなります。 急に足を伸ばすと「!」となってしまうのです。 水分代謝とミネラルのアンバランス 漢方では、人のカラダは「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えています。 そのうち、「水(=血液以外の水分や体液を指すもので、飲食物中の水分を消化吸収によってカラダに必要な形にし、カラダをうるおしているもの)」に含まれるミネラルは筋肉が働くための重要な役割をしています。 ミネラルバランスが乱れると足の筋肉が硬直しやすくなると考えられています。 また、「水」が不足していると「血」を巡らせることもできません。 この「水」と「血」のバランスが乱れた状態が、足をつりやすくさせます。 冷えると水分代謝が悪くなりむくみやすい、というのはイメージしやすいですよね。 実は「水」が少なくても足がつりやすくなってしまうのです。 足のつり、こういう日は特に気をつけたい 激しく運動した日 寒い時には運動をして、カラダを温めるのはとても良いことですね。 ですが、たくさん汗をかいたり、筋肉を使った日は少し注意が必要です。 汗とともに筋肉の動きを調整するミネラルが排出され、筋肉疲労が起こりやすくなります。 すると老廃物が溜まり、筋肉への血流も不足しがちです。 そのままの状態で夜、寝てしまうと筋肉がゆるまず夜中に足がつりやすくなってしまいます。 「運動した日は足がつるんじゃないか」と不安になって運動不足になってしまっては本末転倒。 運動をしないと筋肉が衰え、血流が滞り余計につりやすくなってしまいます。 特にカラダが冷えた日 真冬は特に底冷えし、足元から冷えが襲ってきます。 しっかり防寒していても一日中外に居てはカラダの芯から冷え切ってしまいます。 そんな時は要注意です。 筋肉がカチカチに硬直してしまっているので、必ずお風呂に入ってカラダを温め筋肉を緩めてから休みましょう。 「今日はちょっと足がつりそうだな」と思ったら、早めの予防策 足のつり予防策1:足湯 足裏にはたくさんのツボがあります。 ツボは温めることでも刺激になるので、足元だけの足湯でもカラダ全体がポカポカしてくることでしょう。 足のつり予防策2:ストレッチ 足首を向う側へ倒したり手前に曲げたりと数回ゆっくり繰り返します。 寝ながらできるので寝る前におすすめです。 足のつり予防策3:締め付けないレッグウォーマー 冷え対策として靴下を履く方もいますが、締め付けの強いものだとかえって血行を悪くしてしまうことも。 ふんわりと包み込んでくれるレッグウォーマーで足首を冷えから守ります。 足のつり予防策4:就寝前の一杯の常温のスポーツドリンク 人は睡眠中も発汗します。 お休み前にスポーツドリンクなどを飲んで水分と栄養分を補給しましょう。 ただし、この時期の水分補給の仕方にも気をつけてください。 水分は必要ですが、飲みすぎると逆にカラダを冷やしむくみや足のつりにつながります。 できるだけ常温か温かいものを一口ずつゆっくり飲むようにしましょう。 とにかく温めて、水分と栄養分を補給することが大事なのです。 足のつり予防におすすめの食べ物 足のつりを予防するためには、筋肉疲労に役立つ タウリンやビタミンB1が含まれた食材や、カリウムを含んだ食材がおすすめです。 鶏肉・牛肉・魚・大豆製品・酢など、漢方では赤い食材は血を増やし、血流を良くして体を温めるとされています。 また、 クコの実・なつめ・赤身のお肉なども積極的に摂るようにすることもおすすめです。 まだまだ寒い日が続きますが、日頃から冷え対策をしっかりとしましょう。 そして、ご紹介した予防対策を日常にとりいれ、足のつりにくいカラダづくりを心がけたいものですね。 急に足がつってしまうと痛くて慌ててしまうので、万が一の時の漢方薬も常備しておくと安心かもしれません。 では、カラダを冷やさないための生活アドバイスをたくさんご紹介しています。 カラダを温める食べ物・飲み物から、すぐ実践できる末端の冷えに効く「ツボ」やお手軽なカイロ活用法など。 のから気になる記事を探してみませんか? 急な足のつり、こむらがえりにおすすめ.

次の