ヴァン ガード if。 カードファイト!!ヴァンガード(2018年のアニメ)とは (カードファイトヴァンガードとは) [単語記事]

カードファイト!! ヴァンガード Wiki

ヴァン ガード if

リセマラ記事でも触れましたが、 まずは軽くヴァンガードZEROがどんなゲームなのかをご紹介。 TCGのヴァンガードを知らない人でもなんとなくわかりますよね……そう、 全国のファイター(プレイヤー)とオンラインでカードゲーム対戦ができるんです! もちろん、それだけじゃありません。 ヴァンガードを知らない方でも楽しめるように、ヴァンガードのストーリーを追体験できるストーリーモードがちゃんとあるので安心してください。 「マイルーム」という、ミニキャラが集まる部屋の飾り付けを楽しんだり、 フルボイスでのキャラ会話を聞いたりできるコンテンツもあります! また、 いきなりオンライン対戦するのは怖い方のためにCPU対戦モードも当然あります。 スマホゲーに合わせた新生ヴァンガード、それがヴァンガードZEROです。 キャラが動く会話パートはあるけれど、フルボイスではないわ。 キャラファイトをしてカードを生成 ショップでカードのパックを購入しただけでは、なかなかカードは揃いません。 そこで出てくるのが 「カード生成」機能。 「キャラファイト」でヴァンガードキャラと対戦して素材を集め、好きなカードを生成できるんですが…… 正直、高レアリティのカードを生成するのはかなり厳しいです。 最高レアであるRRRはもちろん、その一個下であるRRのカードも1枚生成するのにかなり時間がかかります。 とはいえ、よほど課金をしているのでもなければRやCのカードも不足していると思うので、 使えるRやCのカードを生成しましょう。 カードには 「クラン」……わかりやすく言うとテーマ・種族のようなものがあるんですが、 カード生成の素材はクランごとに分かれているのが余計生成のハードルを上げているんです。 そのあたりについては後ほど話します。 ちなみに ストーリーやキャラファイトはスタミナ制で、キャラファイトの上級難易度は回数制限もあり。 そう言われてみるとそうね。 カードゲーム部分じゃないから見逃していたわ。 チャレンジファイトで強力なデッキを体験できる! チャレンジファイトというコンテンツでは、現在実装されているカードで組める強力なデッキを使って体験できます。 報酬もありますし、 強いカードの使用感もわかるのでいいコンテンツ。 課金周り・不満なところについて さて、ここからは より本音全開で語っていきますよ! 無課金でも楽しめるのか? ハッキリ言って、2019年12月6日時点のバランスでは……無課金だとあまり楽しめないと思います。 まず、 パック周りの配布が少し厳しめということがあって、先ほども言ったように カード生成のハードルがかなり高いのが大きい! 簡単にカードが揃ってしまったらそれはそれで問題だとは思うんですが、少し厳しいかなーと感じました。 とはいえ、 長期的な目で見れば無課金でもしっかりカードを揃えていくことは可能。 そこそこのデッキを構築しようとしたら、RRRカードをあまり採用していなくてもかなり時間がかかります。 時間をかけてカードを集めていける方なら無課金でも問題ありません。 まぁ無課金で思い通りのデッキを作りたいというのは欲張りだけれど、ある程度最初から揃えられたら快適だったでしょうね。 オススメの課金要素は? 私は無課金でプレイしていますが、 とりあえず課金するのであれば 「14日間VIPパス」でしょう。 そこそこ課金する予定の方は「RRR確定チケットセット」と「初心者応援守護者セット」も合わせて購入するのがオススメ。 不満なところについて ある意味本題のコーナーなんですが……今回は少し不満とは違う話になると思います。 明確な不満点としては、やはり 「カード生成の難しさ」でしょう。 素材がクランごとに分かれている・キャラファイトの難易度がハード以上は難しすぎるなど。 ただこれは、先ほども話したように 少しバランス調整をしてもらえれば時間をかければいいだけなので、個人的にはそこまで大きい不満ではありません。 では……核心に触れます。 ヴァンガードZEROのルールは、TCG「ヴァンガード」のルールと全く違うんです。 ヴァンガードに詳しくない人もいると思うので、細かく伝えはしませんが…… ハッキリ言ってほぼ別物。 ネットのクチコミ・感想・評価・評判などを調べてみても、やはりここが1番大きい不満として挙げられていました。 私はTCGのヴァンガードも少しやっていましたが……正直なところ、不満というわけではありません。 なぜならこれは「ヴァンガードZERO」だから。 スマホゲー版ヴァンガードとして、再構築した結果なんだろうと思っていますし……事前情報でも別物ということは言われていたようです。 ヴァンガードが好きであればあるほど、そのままのルールで遊びたかったユーザーの気持ちはとってもよくわかるんですけどね……別物のヴァンガードとして楽しみましょう。 カード生成のハードルが高い• TCG版ヴァンガードのルールとかなり違う 最後に 以上、 本音レビューでした! 色々言いましたが、 個人的には「ヴァンガードZERO」として新たなカードゲームを楽しむくらいの気持ちでやれているので、決して悪いゲームではないと思いますよ。 ルールがかなり違っても許せる人やヴァンガードを知らない人にはオススメできるゲームです。 カード生成のバランスがもう少し良くなるといいですね! まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 序盤攻略記事や リセマラ記事もあるので、もしよければご覧ください。 ここまで聞いていただきありがとうございました! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

ヴィレッジヴァンガードで誕生日プレゼントを贈るならば?

ヴァン ガード if

リセマラ記事でも触れましたが、 まずは軽くヴァンガードZEROがどんなゲームなのかをご紹介。 TCGのヴァンガードを知らない人でもなんとなくわかりますよね……そう、 全国のファイター(プレイヤー)とオンラインでカードゲーム対戦ができるんです! もちろん、それだけじゃありません。 ヴァンガードを知らない方でも楽しめるように、ヴァンガードのストーリーを追体験できるストーリーモードがちゃんとあるので安心してください。 「マイルーム」という、ミニキャラが集まる部屋の飾り付けを楽しんだり、 フルボイスでのキャラ会話を聞いたりできるコンテンツもあります! また、 いきなりオンライン対戦するのは怖い方のためにCPU対戦モードも当然あります。 スマホゲーに合わせた新生ヴァンガード、それがヴァンガードZEROです。 キャラが動く会話パートはあるけれど、フルボイスではないわ。 キャラファイトをしてカードを生成 ショップでカードのパックを購入しただけでは、なかなかカードは揃いません。 そこで出てくるのが 「カード生成」機能。 「キャラファイト」でヴァンガードキャラと対戦して素材を集め、好きなカードを生成できるんですが…… 正直、高レアリティのカードを生成するのはかなり厳しいです。 最高レアであるRRRはもちろん、その一個下であるRRのカードも1枚生成するのにかなり時間がかかります。 とはいえ、よほど課金をしているのでもなければRやCのカードも不足していると思うので、 使えるRやCのカードを生成しましょう。 カードには 「クラン」……わかりやすく言うとテーマ・種族のようなものがあるんですが、 カード生成の素材はクランごとに分かれているのが余計生成のハードルを上げているんです。 そのあたりについては後ほど話します。 ちなみに ストーリーやキャラファイトはスタミナ制で、キャラファイトの上級難易度は回数制限もあり。 そう言われてみるとそうね。 カードゲーム部分じゃないから見逃していたわ。 チャレンジファイトで強力なデッキを体験できる! チャレンジファイトというコンテンツでは、現在実装されているカードで組める強力なデッキを使って体験できます。 報酬もありますし、 強いカードの使用感もわかるのでいいコンテンツ。 課金周り・不満なところについて さて、ここからは より本音全開で語っていきますよ! 無課金でも楽しめるのか? ハッキリ言って、2019年12月6日時点のバランスでは……無課金だとあまり楽しめないと思います。 まず、 パック周りの配布が少し厳しめということがあって、先ほども言ったように カード生成のハードルがかなり高いのが大きい! 簡単にカードが揃ってしまったらそれはそれで問題だとは思うんですが、少し厳しいかなーと感じました。 とはいえ、 長期的な目で見れば無課金でもしっかりカードを揃えていくことは可能。 そこそこのデッキを構築しようとしたら、RRRカードをあまり採用していなくてもかなり時間がかかります。 時間をかけてカードを集めていける方なら無課金でも問題ありません。 まぁ無課金で思い通りのデッキを作りたいというのは欲張りだけれど、ある程度最初から揃えられたら快適だったでしょうね。 オススメの課金要素は? 私は無課金でプレイしていますが、 とりあえず課金するのであれば 「14日間VIPパス」でしょう。 そこそこ課金する予定の方は「RRR確定チケットセット」と「初心者応援守護者セット」も合わせて購入するのがオススメ。 不満なところについて ある意味本題のコーナーなんですが……今回は少し不満とは違う話になると思います。 明確な不満点としては、やはり 「カード生成の難しさ」でしょう。 素材がクランごとに分かれている・キャラファイトの難易度がハード以上は難しすぎるなど。 ただこれは、先ほども話したように 少しバランス調整をしてもらえれば時間をかければいいだけなので、個人的にはそこまで大きい不満ではありません。 では……核心に触れます。 ヴァンガードZEROのルールは、TCG「ヴァンガード」のルールと全く違うんです。 ヴァンガードに詳しくない人もいると思うので、細かく伝えはしませんが…… ハッキリ言ってほぼ別物。 ネットのクチコミ・感想・評価・評判などを調べてみても、やはりここが1番大きい不満として挙げられていました。 私はTCGのヴァンガードも少しやっていましたが……正直なところ、不満というわけではありません。 なぜならこれは「ヴァンガードZERO」だから。 スマホゲー版ヴァンガードとして、再構築した結果なんだろうと思っていますし……事前情報でも別物ということは言われていたようです。 ヴァンガードが好きであればあるほど、そのままのルールで遊びたかったユーザーの気持ちはとってもよくわかるんですけどね……別物のヴァンガードとして楽しみましょう。 カード生成のハードルが高い• TCG版ヴァンガードのルールとかなり違う 最後に 以上、 本音レビューでした! 色々言いましたが、 個人的には「ヴァンガードZERO」として新たなカードゲームを楽しむくらいの気持ちでやれているので、決して悪いゲームではないと思いますよ。 ルールがかなり違っても許せる人やヴァンガードを知らない人にはオススメできるゲームです。 カード生成のバランスがもう少し良くなるといいですね! まだインストールしていない方は、下にリンクがあるのでぜひダウンロードしてみてくださいね! 序盤攻略記事や リセマラ記事もあるので、もしよければご覧ください。 ここまで聞いていただきありがとうございました! 新作ゲームの情報や記事作成など……そしてポニテへの愛を呟くツイッターのアカウントを作成しました。

次の

ヴィレッジヴァンガードで誕生日プレゼントを贈るならば?

ヴァン ガード if

電子マネー 各店舗ごとに違う 楽天Edy、WAON、iD、QUICPayは使えるところが多い。 その他入っているモールで使える電子マネーは使えることが多い(イオンモールならWAONやSuicaなど)。 交通系電子マネー 各店舗ごとに違う 一部の主要店舗や入っているモールによっては各種交通系電子マネーも使える。 デビットカード 使える 商品券・ギフトカード 図書カード クレカ系ギフトカードは利用不可。 ポイントカード なし 貯まりやすいポイント 特になし 現金いらず得点 3. 5点(5点満点中) 全店舗共通で使える電子マネーができたら嬉しい。 公式HP 概要• ヴィレッジヴァンガードで使える電子マネー ヴィレッジヴァンガードでは全店舗共通で使える電子マネーはありません。 主要店舗では楽天EdyやWAON、iD、QUICPay、交通系電子マネーのSuicaや相互利用可能なPASMOといった電子マネーが利用可能なことが多いです。 特に楽天Edyは愛知本店や下北沢店など、ヴィレッジヴァンガードを代表する店舗で利用可能など使える店舗が多いです。 レジでは使える電子マネーの表記がない店舗もあって、聞かないとわからないこともある模様です。 その他、入っている施設、モールに準じた電子マネーが使える形。 例えば、イオンモールの中に入っているビレッジヴァンガードではWAONが使えます。 独自の電子マネーがありそうなものですが、現状だとありません。 au PAY プリペイドカード、ソフトバンクカード、LINE Payカードといった国際ブランド付き電子マネーも使えます。 ヴィレッジヴァンガードでクレジットカード使える? ヴィレッジヴァンガードではVISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersなど各種クレジットカードが使えます。 下北沢など都内のいくつかの店舗では実際に確認しましたが、公式HPには記載がないのでもしかしたら使えない店舗もあるかもしれません。 イオンに入っている店舗ではポイントアップが受けられたりするので欲しいものがある場合には狙っていくと良いかも。 ヴィレッジヴァンガードで使える商品券・ギフトカード ビレッジヴァンガードが何屋だと言われて答えられる人は少ないかもしれませんが、いちおう書店という肩書きもあり、多くの店舗で図書カードが使用できます。 嬉しい事に 本以外でも図書カードで買い物が出来るため、使い道に困っている図書カードを持っている人はヴィレヴァンにGOです。 J CBギフトカードやVJAギフトカードといったクレジットカード系ギフトカードは使えない店舗が多い模様です。 下北沢店などに問い合わせましたが、図書カード、図書券は使えますが、クレジットカード系のギフトカードは使えないというご返答でした。 ヴィレッジヴァンガードで使えるQRコード決済 ヴィレッジヴァンガードではQRコード決済のメルペイがほぼ全店で使えます。 その他、西葛西店やヴィレッジヴァンガードダイナーではPayPayが利用可能です。 ヴィレッジヴァンガードで貯まるポイント ヴィレッジヴァンガードではポイントカードというものは存在していません。 イオン内の店舗ではWAONポイントが貯まるなど、それぞれ入っているモールで、そこのポイントカードが使えるくらいです。 クレジットカードは問題なく使えますし、電子マネーは店舗によって異なりますが、多くの店舗で何かしらの電子マネーが使えるのでよく使う店舗ではチェックをしておきましょう。 せっかくなので独自の電子マネーやポイントカードも開発してしまって欲しいところ。 図書カードが余っている人の使い道としておすすめです。

次の