年賀状 書き方。 はがきの書き方:はがきの表裏、宛名の書き方のマナーや豆知識「年賀状・暑中見舞いドットコム」

年賀状を職場の上司に出す際の書き方と例文【NG例あり】

年賀状 書き方

お世話になった方への新年の挨拶に、毎年欠かさず年賀状を送っている方も多いでしょう。 年賀状には正しい書き方があり、よく使われる文面が実は間違った表現だったというケースも少なくありません。 本記事では、年賀状の正しい書き方と、避けるべき表現や書き方、年賀状に関するマナーについて解説します。 年賀状の書き方の基本 まずは、年賀状の表面と裏面に書く、基本的な構成要素を確認しましょう。 表 宛名 面の構成要素 はがきの表面には、郵便番号、宛先と差出人の住所・氏名を記入します。 はがきの右側から中央に宛先の住所、氏名を書き、差出人の住所・氏名は左下の郵便番号枠に収まるように書きます。 ただし、差出人の住所や氏名に限っては、はがきの裏面に書いても構いません。 私製はがきや年賀はがき以外を使う場合、切手の下に「年賀」と朱色で朱書きします。 はがきに貼る切手は、なるべく年賀用にするのが望ましいでしょう。 裏 通信 面の構成要素 年賀状の裏面の文章は、以下の5つの要素で構成することが基本です。 書き漏れのないよう、それぞれの項目における書き方をチェックしましょう。 賀詞 賀詞とは、新年を祝う言葉のことです。 代表的な言葉は、「あけましておめでとうございます」、「賀正」、「謹賀新年」などが挙げられます。 お礼や感謝などを述べた文 日頃の感謝やお世話になったことなど、具体的な内容の文章を記入します。 たとえば、「旧年中は大変お世話になりました」、「旧年中は何かとお世話になり大変有り難うございました」といった文章がよく使われています。 今後の良い関係を願う文 この項目では、相手との良好な関係を願う言葉を書きます。 たとえば、「本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い致します」、「本年もご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます」などが代表的です。 相手の幸せを願う文 相手の幸せや繁栄、健康などを願う旨の文章を書きます。 たとえば、「皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」、「皆様のご多幸と繁栄をお祈り申し上げます」などが一般的です。 日付 文章の結びに、「令和〇年元旦」または「20〇〇年1月1日」と記入します。 裏面に差出人の住所と氏名を入れる場合は、郵便番号も忘れずに記入しましょう。 メッセージ 基本的な文章構成を印刷する場合、相手へのメッセージを手書きで付け加えるといいでしょう。 友人や知人なら、出産や転職などの近況報告や、趣味や仕事などの共通の話題がおすすめです。 お世話になった上司や恩師に年賀状を送る場合、新年の抱負や今後の目標を書くと良いです。 また、「Happy New Year」は、若い方や友人宛てに使う方が多く、手書きで書きやすいという意見があります。 「賀正」は恰好が良いという理由で人気が高く、「迎春」は女性らしい、春っぽいといったやわらかいイメージが理由で人気があるようです。 賀詞を使う際の注意点 上司や恩師などの目上の人に年賀状を送る場合、賀詞の使い方には注意を払うようにしましょう。 「賀正」や「迎春」といった人気の賀詞は、4文字の賀詞を省略したものなので、目上の人に使うと失礼になります。 そのため、1文字や2文字の賀詞は避けるとともに、「恭」や「敬」など、目上の人を敬う文字が入った賀詞を使いましょう。 また、賀詞が既に書かれた年賀状にメッセージを添える場合、「あけましておめでとうございます」と書かないことが基本です。 同じ内容が重複するので、メッセージを書く際は注意しましょう。 宛名の書き方 年賀状は上司や同僚などの仕事関係、親戚、友人知人など、さまざまな人に送ります。 相手によって宛名の書き方にマナーがあるので、以下の内容をチェックして正しい書き方を実践しましょう。 宛名の書き方 宛名の住所を書くポイントは「書く位置と数字の表記」にあります。 宛先の住所を書く際は、はがきの右端と郵便番号枠から1文字分の余白を取り、郵便番号枠の下2桁の中心位置から書き始めましょう。 住所は都道府県から略さずに書き、アパートやマンション名がある場合も省略せずにすべて書きます。 アパート名を書くときは、住所の2行目に1行目よりも小さめの文字で書くのが基本です。 1行目の書き終わりの位置を目安にして、住所よりも位置を下げて書くとバランスが良くなります。 また、住所の数字表記は、縦書きの場合は「漢数字」、横書きなら「アラビア数字」を使うと統一感が出ます。 友人や知人、親戚などの個人に宛てるときの書き方においては、会社、先生、子供、連名で書く場合、敬称や書き方が以下のように異なります。 会社宛ての場合 取引先などの会社に宛てる場合、「株式会社〇〇 御中」と記入しましょう。 また、会社組織に属する個人に宛てる場合、「部署、役職、氏名(様)」と書くのが基本です。 会社側の立場で差出人を書く際は、「会社の所在地・会社名・部署・氏名」の順に書きます。 先生宛ての場合 保育園や学校の先生に年賀状を送る場合、宛名の敬称は「様」もしくは「先生」と書きます。 また、担任以外の先生を含めたいときは、「教員御一同様」と書きましょう。 子供宛ての場合 子供個人に宛てる場合、敬称は「様」にするのが基本です。 夫婦とその子供に宛てるときは、子供の名前に「君」や「ちゃん」を使っても問題ありません。 ただし、小学校低学年までに留め、小学校高学年以上の子供は「様」を使いましょう。 目上の方の子供に使うと失礼にあたるので、まだ小さくても「様」を使うのが無難です。 連名の場合 夫婦に送る場合、夫の名前は苗字込みで書き、妻は下の名前だけを左側に揃えて書きます。 それぞれに「様」の敬称を必ず付け加えましょう。 また、家族全員に宛てる際は、「〇〇家御一同様」と書く方法もあります。 差出人住所の書き方 差出人住所は、左下の郵便番号枠の中央を目安にして、郵便番号枠からはみ出さないように収めて書くことが基本です。 差出人の氏名と住所は下を揃え、氏名は大きめの文字で、住所はやや小さめの文字で書きましょう。 差出人が夫婦の場合は、敬称なしの連名で書きます。 子供がまだ小さい場合は、名前のふりがなと年齢を付け加えるといいでしょう。 また、差出人の住所も、都道府県名とアパート名は省略せずに書くことが基本です。 氏名の書き方 宛先の氏名を書く場所は、郵便番号枠の3桁の下が位置の目安です。 宛名は住所よりも文字を大きめにして、苗字と名前の間に1文字の間隔を空けてバランス良く記入しましょう。 会社の個人に宛てる場合は、氏名がなるべく中央に来るように、社名や部署名を右側に寄せて書きます。 また、相手の役職を書く際は、名前のうえに小さめの文字で書きましょう。 年賀状で避けたい表現や書き方 年賀状には避けるべき表現やマナーがいくつかあります。 相手にとって失礼にあたるので、以下の内容は必ずチェックしておきましょう。 縁起が悪いとされる忌み言葉 去年・死・病など、不幸を連想させる言葉は使わないことが重要です。 昨年のことを「去年」と書いてしまいがちですが、「去る」という縁起の悪い言葉が含まれているので、「旧年中は~」という表現を使いましょう。 修正ペンを使用する 年賀状を書いている際に間違ってしまった場合、修正ペンや修正テープ、二重線などで修正したものを送ると失礼にあたります。 書き損じた場合は修正せず、新しいはがきに書き直してから投函しましょう。 また、書き損じたはがきは、郵便局で手数料を払うと新しいものと交換することができます。 買い替えるよりも安く済むので、郵便局で交換してもらうことをおすすめします。 句読点を使用する 文章に句読点を打つことは基本ですが、年賀状の場合はマナー違反となります。 なぜなら、句読点は「終わり」を意味するため、新年のお祝いの挨拶をする年賀状には不適切とされているからです。 上司や取引先などの目上の方に宛てる場合は、句読点を打たない正式な書き方を心がけましょう。 しかし、若い世代や友人同士で年賀状を出し合う際は、句読点を使用することが増えてきています。 親しい間柄なら、句読点にそこまでこだわらなくても問題はないでしょう。 書き方以外で気をつけたい年賀状のマナー 年賀状は書くだけでなく、出すときと受け取ったときにもマナーがあります。 今後のお付き合いに影響する可能性があるので、正しい対応を知っておきましょう。 年賀状を出していない人から年賀状が届いた場合は 年賀状を出していない人から年賀状が届いた場合、遅れたとしても必ず返信するのがマナーです。 後出しになることが気まずいと感じるかもしれませんが、何も返信しない方がかえって失礼にあたります。 遅れて年賀状を出す場合は、年賀状を頂いたお礼や、返礼が遅れたお詫びの言葉を添えます。 喪中ということを知らずに年賀状を出した場合 相手が喪中の場合に年賀状を出してしまった場合、電話や手紙などですぐにお詫びの連絡を入れます。 年明けの1月7日以降に改めて、お悔やみとお詫びの旨を書いた寒中見舞いを出すようにしましょう。 また、喪中にも関わらず年賀状を受け取った場合、喪中であったことを寒中見舞いで伝えましょう。 寒中見舞いを1月7日以降に出すのは、「松の内」が終えてからという決まりがあるからです。 松の内とは、1月7日までは門松を出しておく期間になり、7日まではお正月として見なされます。 そのため、年末や年明け後に喪中を知ったとしても、松の内が明ける前に寒中見舞いを出さないよう注意しましょう。 年賀状はいつまでに投函すれば問題ない 年賀状を元旦に届くようにするためには、12月25日頃までに投函する必要があります。 しかし、年末は忙しいこともあり、この期間に投函が間に合わなかったという場合は、松の内の1月7日までに相手に届くようであれば送っても問題ないです。 1月1日に年賀状が間に合わない場合は、年賀状には「元日」や「元旦」と記載しないようにしましょう。 その代わりに下記に挙げた言葉を使用すると失礼にあたりませんので、参考にしてください。 年賀状の書き方を抑えて素晴らしい1年のスタートにしましょう! 年賀状は、新年のお祝いを伝える正式な文書です。 賀詞の選び方やメッセージ、宛名の敬称など間違いのないように注意しましょう。 また、書き方だけでなく、適切なタイミングで送ることが大切です。 1年の始まりになる年賀状を正しく書くと、今後のお付き合いもより良好になります。 今までの年賀状の書き方を見直して、間違っていた書き方をしていないかチェックしましょう。 当社は、当サイトの内容に関するいかなる誤り・不掲載について、一切の責任を負うものではありません。

次の

年賀状に消印が見えないのはなぜ?使用済みとの見分け方は?

年賀状 書き方

年賀状(年賀はがき)を職場の上司に送る際にも、忘れてはいけないビジネスマナーがあります。 職場の人に出す場合は、年賀状においてもビジネスパーソンとして良識のある内容にすることを心がけてください。 最近ではさまざまなデザインの年賀状がありますから、自分の個性を出すために少し奇抜なデザインやかわいい年賀状を使いたいと考える方もいるかもしれません。 しかし、個性的過ぎる年賀状を職場の上司に出すのは避けましょう。 職場の上司に送る年賀状は、できるだけ無難なデザインなものを選ぶのがベターです。 年賀状に書く文章は、後程ご紹介する文例を参考にしてください。 職場の上司に子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避ける よく勘違いされている人も多いと思いますが、職場の上司や目上の方への年賀状で、子供や家族の写真入り年賀状を送るのは避けましょう。 少し手間がかかるとは思いますが、職場の上司用に別バージョンの年賀状を用意してください。 特に、職場の上司や目上の方でビジネス上での付き合いしかない人に年賀状を送る場合、この点には十分に気をつけておきましょう。 ただし、家族付き合いをしている職場の上司や目上の方のご家庭に出す場合だったり、出産祝いを頂いた上司や目上の方の場合などは、子供や家族写真を入れて年賀状を出すことはいいので、ここもおさえておきましょう。 職場の上司に送る年賀状の書き方とは 職場の上司に年賀状を送る際に気をつけておきたい事があります。 それは年賀状を書く時の文言です。 年賀状の言葉遣いには、間違った認識を持っている人も多いと思いますので、是非注意して確認しておきましょう。 「迎春」「賀正」などの賀詞は目下の人に対する表現 「迎春」「賀正」などの漢字1~2文字の賀詞を使う場合には十分に気をつけておきましょう。 この賀詞は、目上の人から目下の人宛の言葉です。 職場の上司や目上の人にあてた年賀状に書くと、失礼にあたりますので使わないようにしましょう。 「迎春」や「賀正」は、デザインとして取り入れられていることが多いですよね。 職場の上司や目上の人に送る年賀状として、これらの言葉がデザインされたものは選ばないようにしましょう。 もちろん、これらの言葉を年賀状に書くことも避けるべきです。 四字熟語の表現は便利 年賀状に使える言葉遣いで特に便利なのが、「謹賀新年」という四字熟語での表現です。 この謹賀新年は、「謹んで新年のお祝いを申し上げます」という意味があります。 誰にでも使える表現ですから、是非職場の上司や目上の方へ出す年賀状では、四字熟語を使ってみてください。 職場の上司に送る年賀状に使える便利な四字熟語を紹介 【年賀状に使える便利な四字熟語】 ・謹賀新年 ・謹賀新春 ・恭賀新年 ・恭賀新春 職場の上司に送る年賀状では、以上の四文字の賀詞を使うのが一般的です。 「謹(つつし)んで」や「恭(うやうや)しい」の言葉が入っているので、目上の方への賀詞として最適です。 職場の上司に送る年賀状の文章には是非この四文字熟語を使いましょう。 最後に、職場の上司に送る年賀状の文例をご紹介しますので、参考にしてください。 昨年は公私ともにお世話になりまして 心より感謝申し上げます 本年も、ご指導のほど 何卒よろしくお願い申し上げます。 お願い申し上げます。 職場の上司に出す年賀状は文例を参考にビジネスマナーと言葉遣いに注意しよう! 職場の上司に年賀状を送る時の書き方の注意点と文例をご紹介しました。 プライベートで送る年賀状と、上司に送る年賀状は全く別のものと考えるように考えるように心がけてください。 年賀状ひとつとってみても、そこにビジネスマナーがありますので、しっかりこの機会に覚えておきましょう。 書き方に悩んだら、年賀状の文例を参考にすることをおすすめします。 また、こういった文化の風習を大事にして上司に年賀状を送ることは、今後の仕事にも生きてきますので、是非送る気持ちがあるのであれば出しておきましょう。 とくに目上の人や取引先などに出す年賀状は、喜ばれたりします。

次の

はがきの書き方:はがきの表裏、宛名の書き方のマナーや豆知識「年賀状・暑中見舞いドットコム」

年賀状 書き方

ご存知の通り1月1日に宛先に届くように出すのが基本です。 1月1日に宛先に届く年賀特別郵便の投函受付期間は、 12月15日~25日 ごろです。 変動があるので、毎年郵便局のホームページでチェックしましょう。 万が一出しそびれた場合は、お詫びはせずに、いただいた年賀状に対するお礼の気持ちだけを追加で添える方がスマートです。 遅れても「松の内」(関東では1月7日頃、関西では1月15日頃)までには着くように出し ましょう。 受付期間中に出せるか不安な人は、「 投函代行サービス 」を利用する手もあります。 宛名情報を入力する必要がありますが、思いついた時に簡単に注文でき、投函の手間が不要になります。 ぜひチェックしてみてください。 投函代行とは? 会社の上司や取引先への年賀状 基本を押さえたところで、ビジネス用年賀状の注意点をご紹介します。 デザインで迷う方が多いと思いますが、 カジュアルすぎないものであれば特に気にする必要はありません。 ただし、家族ぐるみでお付き合いがある場合を除き、子どもや家族などの 写真入りの年賀状は出さない方が無難といわれています。 また、取引先宛の場合は、 差出人の欄にも自分の会社名・部署名 などを入れるのを忘れないようにしましょう。 また、上司に送る場合でも、大きな会社では部署名を入れた方が分かりやすこともありますので、状況によって記載しましょう。 自宅宛に送る場合は敬称のみで問題ありません。 親族や友人・知人への年賀状 こちらも基本を押さえた上で、作成時のポイントを紹介します。 デザインは、親しい友人や先生、会社の先輩、高齢の方など、受け取る人の好みに合わせて選ぶようにしましょう。 プライベートでも親しくしている上司には、基本的にはプライベート寄りの年賀状で問題ありま せん。 また、ビジネスの場合とは異なり、 写真入りの年賀状は、より親近感を伝えることができ好印象です。 特に前年中の結婚・出産・転居等の報告には写真を添えるのが効果的です。 応用として、親戚・友人家族宛に送るような場合は、 連名 にすることもできます。 主となる人のフルネームの左側に奥さんやお子さんの「名」と「様」を、「名」の頭を揃えて記載します(みほん画像を参照)。 「賀正」「新春」お正月のテレビや年賀状でよく目にするこちらの賀詞。 賀正…正月を祝うこと 新春…新年(を迎えること) という意味であることを知って使っていた方、どれくらいいらっしゃいますか? このふたつの意味を見てみると、固いというか見出し調というか、単に行為を述べたもので、相手への敬意といったものが省力されていることが分かりますね。 親しい友人などには使用してもよいと思いますが、目上の人に送る年賀状となると、漢字一文字や二文字では言葉としての敬意が足りず、失礼な言い方になってしまいます。 目上の方に年賀状を送る場合は「謹賀新年(謹んで新年をお祝いします)」「恭賀新年(恭しく新年をお祝いします)」といった相手に対しての敬意と丁寧な気持ちの言葉が必要になってきます。 このことから、目上の方に送る年賀状には四文字の賀詞が望ましいということがわかりますね。 こちらの挨拶文、違和感ないという方が結構いらっしゃるのではないでしょうか? 「あけましておめでとう」とは、新しい年が明けておめでとうの意味になります。 新年=新しい年となりますので「新年あけましておめでとうございます」となると「 新しい年新しい年が明けておめでとう」と 新しい年が重複してしまいます。 せっかく日本の伝統としての年賀状を出すのであれば正しい日本語を使用したいですものね。 A HAPPY NEW YEAR! 友人など親しい仲の相手には、この文章から年賀状を書き出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。 最後に豆知識として 「一月一日 元旦」と年賀状の最後に日付を書いていませんか。 元旦という言葉は、一月一日の朝のことを指しますので、上の例だと「一月一日」を二回書いていることになります。 日付を入れる場合は、そのため平成31年 元旦、日付を入れる場合は2019年1月1日といったように書くのが正しい書き方となっています。

次の