放言barリークス〜酒と政治とおカネと女〜。 有本香

索引「ほう」10ページ目

放言barリークス〜酒と政治とおカネと女〜

来歴 [編集 ] 出身。 その後、に転居。 卒業後、フリーランスを経て、1991年、産経新聞社に入社。 編集局整理部を経て、1995年退職。 その後、1997年に創刊されたの編集長を務めた。 1998年に産経新聞社に復社。 以後、2004年月刊「正論」編集部担当部長、2005年、同誌編集長、2006年11月付での編集長を2010年9月末まで兼任(統括編集長)にて歴任。 2014年7月31日付で産経新聞社を再度退社。 退社後はフリーのジャーナリストとして「大東亜戦争の研究」 など執筆・言論活動を継続。 上島が別冊「正論」の編集長時代にも、インタビューを掲載されている。 エピソード [編集 ]• 産経新聞社を一旦退職した過去があるが、その理由として尊敬していた先輩が会社を退職させられた事に対し、上司に抗議。 その後、抗議の意味を込めて自らも退職をした。 政治学者で名誉教授のから元月刊正論の編集長であったを追い出した張本人として、ブログの中で批判される。 また、その中で上島の最終学歴が高卒である事も晒された。 著作 [編集 ] 単著 [編集 ]• 『韓国には言うべきことをキッチリ言おう! 978-4870315488。 978-4905319269。 共著 [編集 ]• 『、靖国を語る 日本が日本であるためのカギ』、2014年。 聞き手• と『大東亜戦争「失敗の本質」』、2015年11月。 978-4870314825。 『「優位戦思考」で検証する、日本の勝機 真摯な敗戦の分析がこの国の未来を拓く』ワニブックスPLUS新書、2020年。 ISBN 978-4847061257。 出演番組 [編集 ] 現在 [編集 ] テレビ [編集 ]• Front Japan 桜() 過去 [編集 ] テレビ [編集 ]• () - 2016年7月26日、2017年4月18日、2018年11月20日• 放言BARリークス〜酒と政治とおカネと女〜(DHCシアター)• 桜プロジェクト(日本文化チャンネル桜)• () - 2017年11月19日 注釈・出典 [編集 ].

次の

放言BARリークス〜酒と政治とおカネと女〜とは

放言barリークス〜酒と政治とおカネと女〜

出演番組 現在 テレビ レギュラー• () - 2015年7月3日 - 不定期• () - 2018年4月8日、4月22日、5月13日、6月3日、10日、17日、7月22日• (フジテレビ) - 2016年11月11日、2016年12月9日、2016年12月23日、2017年1月13日、2月3日、3月3日、4月7日• () - 2017年6月17日、2018年7月7日、21日• (関西テレビ)- 2018年6月23日• (DHCシアター) - 2016年10月7日、2017年1月20日、2018年1月15日• 放言BARリークス〜酒と政治とおカネと女〜(DHCテレビ) - 2017年1月21日、28日、6月17日、2018年6月18日、25日 ラジオ レギュラー• () - 2018年4月3日 - 不定期• () - 2014年5月1日、12月4日(電話出演)• 桂春蝶のバタフライエフェクト() - 2014年8月5日、12月9日• () - 2016年1月8、15、22、29日(ぴたっとーく)• () - 2017年5月25日(電話出演) インターネット映像配信• () - 2017年7月29日、8月5日、2018年3月31日• (AbemaNews) - 2017年9月12日、10月9日、11月7日 過去出演番組 テレビ• () - 2012年10月9日 - 2015年3月24日• () - 2010年5月3日 VTR出演 、2013年9月9日、2017年1月29日、4月23日、6月18日• () - 2014年7月12日、8月30日、10月25日、12月20日、2015年1月17日、1月24日、3月7日、3月14日、3月28日、4月25日• () - 2015年7月5日• (読売テレビ) - 2015年10月14日、2016年2月25日• (フジテレビ) - 2015年11月11日 VTR出演 インターネット映像配信• 未来のミカタ() - 2015年10月1日- 2016年4月15日 ラジオ• () - 2016年8月2日 - 2018年3月29日 、2014年3月26日、5月7日、5月29日、8月14日 、8月27日、10月29日、12月3日、2015年2月18日、3月11日、6月10日、7月29日 著書 単著• 『中国茶 香りの万華鏡』、2003年3月1日。 『シンガポール美的亜細亜食堂(ダイニング)』小学館、2005年6月1日。 『中国はチベットからパンダを盗んだ』、2008年9月19日。 『なぜ、中国は「毒食」を作り続けるのか』、2009年1月30日。 『中国の「日本買収」計画』、2011年3月22日。 『「小池劇場」が日本を滅ぼす』、2017年6月9日。 『「小池劇場」の真実』幻冬舎、2017年11月15日。 『バブル崩壊で死ぬか、インフレで死ぬか』ワック、2010年9月1日。 『はじめての支那論 - 中華思想の正体と日本の覚悟』、2011年7月27日。 石平『リベラルの中国認識が日本を滅ぼす 日中関係とプロパガンダ』、2015年10月30日。 『「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史』 産経新聞出版、2018年12月28日。 百田尚樹 『「日本国紀」の天皇論』 産経新聞出版、2019年10月15日。 情報国際関係省『中国歴史偽造帝国 — チベットから60の反証』 、2010年5月。

次の

髙山正之『放言BARリークス』#61

放言barリークス〜酒と政治とおカネと女〜

デイリースポーツ online 株式会社 デイリースポーツ. 2020年4月13日. daily. 愛称はラジオ大阪(ラジオおおさか)、略称はOBC(オービーシー)で、ラジオ欄などではこちらが、主に使われている。 1958年 2月5日 - 第1回設立発起人会、免許申請準備開始。 トラブルチョコレート(ビッグバーン) ぶぶチャチャ(1999年 - 2001年、ブルロボ、ディントン氏)- 2シリーズ ポケットモンスター(1999年 - 2000年、おじさん、 カネヨ の召使い) Bビーダマン爆外伝V(アレキボン、鏡の精) ワイルドアームズ トワイライトヴェノム(ロータス) 2000年 アルジェントソーマ(高官A) グループ再編。 株式会社 読売新聞社を 株式会社 読売新聞グループ本社(グループ持株 会社 )と 株式会社 読売新聞東京本社に、 株式会社 よみうりを 株式会社 読売新聞西部本社と 株式会社 読売巨人軍に 会社 分割。 中部本社はよみうりから読売新聞東京本社に分割承継(中部支社に格下げ)。 大阪本社( 株式会社 読売新聞大阪本社)も 株式 セ・リーグで優勝経験のなかったヤクルトが球団創立29年目で初優勝を決める。 決定後、ファンがグラウンドになだれ込み広岡達朗監督を胴上げ。 10月7日 - 歌手、南沙織が調布市民 福祉 会館でのコンサートをもって引退。 10月12日 - 西武グループの国土計画がクラウンライターライオンズを買収し、球団名を西武ライオンズとし、本拠地も 和に入り製塩業が廃れ、塩田の跡地や臨海部には大規模工場の進出が相次ぎ、近年ではマツダ、ブリヂストンなど輸送関連工場の進出している。 また防府市にあった カネ ボウ防府工場は閉鎖され、その工場跡地にはイオンタウン防府ショッピングセンターが建設され2008年3月14日にオープンした。 市内にはマツダ防府工場のほ 2015年10月20日、2016年4月19日、6月10日、9月13日、9月27日、2017年5月11日(skype参加)、5月30日 放言BARリークス〜酒と政治とお カネ と女〜 DHCシアター - 2016年12月17日、24日 Front Japan 桜(日本文化チャンネル桜) - 2016年4月 - 杉田水脈の男どき女どき(日本文化チャンネル桜) スタメントシュピーゲル』は角川スニーカー文庫(角川書店)より刊行され、イラストはオイレンシュピーゲルが白亜右月(原案:島田フミ カネ )、テスタメントシュピーゲルが島田フミ カネ。 『スプライトシュピーゲル』は富士見ファンタジア文庫(富士見書房)より刊行され、イラストははいむらきよたかが手がける。 ウッドフレンズ エイチーム エスケーアイ エスポア NDS エムジーホーム オータケ 岡谷鋼機 尾張精機 買取王国 カゴメ カジ・コーポレーション カネ 美食品 カノークス 川崎設備工業 菊水化学工業 木曽路 キムラユニティー クリップコーポレーション クロスプラス クロップス ケイティケイ ゲオホールディングス 企業データ.

次の