メルペイ 振込手数料 改悪。 メルペイ残高があったので「松飲み」をやっってみた|岡部 健|note

ゆうちょ銀行の振込手数料が一部改悪。ATMからは1回目から振込手数料が発生します。対策はゆうちょダイレクト。

メルペイ 振込手数料 改悪

みずほ銀行の口座をお持ちのお客さまが無料でご利用いただける会員制サービスのみずほマイレージクラブにつきまして、 2020年3月1日 日曜日(2020年1月31日 金曜日のお取引条件判定)より、内容を改定することといたしました。 詳細はみずほ銀行のサイトでご確認いただくとして、気になるポイントを見ていきます。 セブン銀行ATMとローソン銀行ATMの無料特典が終了 コンビニATMの時間外手数料・ご利用手数料の無料特典は、イーネットATMご利用時が対象となります(セブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMをご利用時の無料特典は終了させていただきます)。 僕はよくセブン銀行ATMを使っていたので、無料特典の終了はかなり残念です。 イーネットATMってあまり知らなかったのですが、こちらは無料特典として引き続き利用できるようです。 いつでもどこでもお気軽にご利用いただけるよう、お近くのスーパーやコンビニをはじめ、さまざまな場所にイーネットATMを設置しています。 他行宛て振込手数料の無料条件が厳しくなりすぎ 資産運用商品(投資信託[MMF・MRFなどを除く]・金銭信託・外貨預金[特約付き定期預金を含む]・公社債・株式・保険など)の月末残高が合計100万円以上のお客さま 資産運用商品の残高が、 「残高あり」から「残高100万円以上」に変更されます。 僕的にはこれが一番厳しいです。 これまでの条件では、投資信託の口座に残高があればよかったので、1円だけ入れていました。 これは、投資信託の商品を買ってすぐに売却することで残高1円にしていました。 この残高が100万円以上も必要になるので、一気にハードルが上がります。 みずほ銀行を使い続けるべきなのか? みずほ銀行をメイン銀行にしており、特典をうまく活用して他行への振り込みをしていましたが、このままだと2020年3月以降は同じことができなくなります。 100万円以上もみずほの投資信託に突っ込むのは、僕の金銭事情では現実的ではないです。 そうなると、メインバンクを他行に変えざるを得なそうです。 住信SBIネット銀行が有力候補 僕はサブ銀行として、住信SBIネット銀行も使っています。 スマプロランクというランク制度があり、ランク1でも月1回の他行振り込み無料、ランク2で月3回まで無料です。 条件は複数ありますが、ランク2は給与振り込み口座にして、ハイブリッド預金に少し残高を残しておけば条件クリアです。 これならいけそうな気がします。 以下1~11の条件のうち2つ該当 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり 2. 仕組預金の月末残高あり 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり 4. 純金積立月末時点でご契約あり 5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり 6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり 7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント) 8. BIG・toto購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上 9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント) 10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント) 11. 当社口座からプリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント) まとめ みずほ銀行のマイレージクラブの特典が改悪 いつかこんな日がくるのではないかと思っていましたが、とうとう来てしまいました。 みずほ銀行もいろいろ大変なのでしょうが、ここまで大胆にやってユーザー離れは大丈夫でしょうか。 まだ数ヶ月は時間的な猶予があるので、どこの銀行を使うのがベストか、もう少しじっくり考えてみたいと思います。 もし、今日考えた住信SBIネット銀行以外の結論になった場合は、このブログでご報告したいと思います。 2020年4月3日追記.

次の

【メルカリ改悪】振込手数料が有料化、メルペイからSuicaへチャージしよう!

メルペイ 振込手数料 改悪

以前は10,000円以上の売上金があれば手数料無料で振込ができていたのですが、この改悪で 10,000円以上でも手数料がかかるようになりました。 以前の手数料は216円だったため、10,000円以下の振込に対しては値下げですが、メルカリで要らなくなったものを売る層からは• メルカリ便も値上げされた! 2019年4月から100円 というような不満の声が。 私もそう思います。 その上での振込手数料ですから、メルカリ民が怒るのも当然です。 ですがこの振込手数料、 メルペイでSuicaにチャージすればタダになりますよ。 しかも、Suicaとして利用することで利便性も高まります。 事前の設定を行う メルペイの設定 今回は iPhoneでのお話です。 Androidの方すみません。 でもAndroidでもGooglePayでできそうな気がするんだけどなあ…。 さて、ということで用意するのは Felica対応のiPhoneです。 iPhone7以降の機種であれば対応しています。 既にメルペイを設定していることが前提ですが、されていない場合はメルカリアプリの下にある 「メルペイ」をタップして、その先の画面にある 「売上金・ポイントをお店で使う」のバナーから設定を完了してください。 設定解説動画でもあるのかと思ったら、公式にはそういうのないんですね。 設定が完了すると、メルペイ画面に 「電子マネー iD を開く」というメニューが追加されます。 モバイルSuicaの設定 次に、 モバイルSuicaを設定します。 すでに設定済みの方は結構です。 設定はこちらのJR東日本のページで確認してください。 チャージを行う iPhoneでSuicaにチャージを行う場合、 Walletアプリまたは Suicaアプリを使いますが、今回は Walletアプリでの方法を紹介します。 今回使うのは左のWalletアプリ なぜかといえば、Suicaアプリではチャージできる金額が 500円以上で、その先も1,000円、2,000円のように 定額で決まっています。 一方、Walletアプリでは自分で金額を入力できるので、更に細かく設定ができ、500円未満でのチャージも出来ます。 私が試したところ 11円からできました。 10円ではダメでした。 もちろん、Suicaアプリで500円以上でいい、定額でいいという人であれば、この技は使えますよ。 で、チャージの方法ですが、Walletアプリから Suicaのカードを選択します。 Suicaカードの画面でチャージボタンをタップします。 チャージ画面で、好きな金額を入力します。 もしくは定額から選択 入力後に右上のチャージをタップ。 するとApplePayの画面になるので、支払いに使うカードを確認します。 使うカードは メルペイ電子マネーです。 メルペイ電子マネーでない場合は右の矢印をタップしてカードを選択します。 メルペイ電子マネーであることと入力した金額を確認し、承認します。 iPhoneX系の場合は横のボタンをダブルクリックしてFaceID認証、iPhone8系の場合はTouchID認証です。 これでSuicaチャージが完了します。 メルペイで残高を確認 メルペイのポイントが残っている場合は、 ポイントから引かれてチャージされます。 ポイントがなく、売上残高がある場合は残高が ポイントに変換された上でチャージされます。 どっちも残っていない場合は…わかりませんが、おそらく紐付いている銀行口座から引き落とされるのでは? ということで、メルペイ残高からSuicaにチャージする方法があることがおわかりかと思います。 しかも、この方法であれば 手数料ゼロ。 現金にすることは出来ませんが、Suicaであれば乗り物に乗ったり、買い物に使ったり、いろいろな使いみちがありますので、 かなり利便性が高くなります。 メルペイ残高やポイントのままではiDの使えるところしか利用できませんが、Suicaに変えることができれば使いみちがさらに広がりますね。 今回試してみて驚いたのは 11円以上であればチャージができるということ。 これなら売上残高やポイントが少なくても余すことなく利用できます。 節約したい方は是非試してみてください。

次の

振込手数料なんて払いたくない!という人向け メルカリの売上金はSuicaにチャージすれば手数料回避可能&利便性が高まりおすすめ

メルペイ 振込手数料 改悪

超久しぶりに不要ガジェットをメルカリで売ってみたら、なんか売上金の残高がメルペイなるものに統合されていました。 なんだよ、メルカリまでペイペイやりだしたのか!?という感じです。 以前ならばメルカリの売上金1万円以上は銀行振込手数料も発生しなかったのですが、メルペイ統合以降は数百円手数料が発生するようになっているようで改悪だ!と思っていました。 ちょっと調べるとメルペイはスマホのiDと統合されているようで、手数料ロスなくSuicaにチャージできるみたいな記事を見たのでこれは良いと思い、早速やってみようと試みましたができません。 さらに調査するとiPhoneのApplePayしかできずAndroidではできない、ということでした。 最近こういうの多いですね。 マクドナルドのモバイルオーダーのLinePayもiOSでしかできないとか書いてありました。 詰んでいます。 手数料ロスを発生させないためには、もうメルペイをガチで直接使うしかありません。 こうやってペイエコにメルカリユーザを取り込む策略に見事にはまってしまっています。 メルペイはiDに対応しており幅広い店舗で使えるみたいなので、どんな感じかなとググっていると、 こんなやつが出てきて、得だな!今日までか!と思いました。 上限1000円の還元ですが、要するに今日2000円分の消費が1000円になるということなので2000円消費してみようと思いました。 メルペイはなんとなくわかるのですが、気になるのが「メルペイスマート払い」というやつです。 調べて見ると電子マネーのクレジット月末締め後払いということで、微妙に借金システムです。 大体1万円くらいまでメルカリ残高を「前借り」というか借金させてペイエコの消費を増やそうという微妙にやばい匂いを感じました。 アメリカの消費がクレカ借金で支えられているのと同じ構図です。 ただクレカ銀行口座引き落としと違って良いのは、月末締め、翌1ヶ月のいつでも支払えるということです。 支払いタイミングは手元のスマホで自由にコントロールできるようです。 どうせ月締めで、翌日は1日で速攻で今あるメルカリ残高から支払えばいいだろうので、使ってみることにしました。 松屋です!前までは牛丼屋はカード決済もどうせできないし、チャラチャラ小銭の現金でやるのがうざい、スマートじゃない情報弱者が集う飲食店だろうという強い偏見もあり倦厭していました。 しかもどうも最近の牛丼屋はどこでもスマホキャッシュレス決済が可能、さらにどこもかしこもトンデモナイ還元率で超コスパが良いです。 さらに、最近は場末マイブームが到来しており、街の場末感が漂う牛丼屋へのメンタルブロックが消滅しているので利用する機会が激増!というかしょっちゅう行くようになってしまいました。 ペイ履歴を見ると結構な金額を松屋に使っていますwテクノロジーの進歩は人の行動を変えますね! メルペイスマート払いのキャンペーンは1月末でおしまいですが、翌日2月からは今度はPayPayが同じ感じなのをやるみたいです。 PayPayの残高も結構あるので2月はこれで松屋に行こうと思います。 2000円分にせまる勢いで松屋で消費するには酒を頼めばいいだろう、と思いました。 王将や回転すし屋とかで酒を頼むと支払いが跳ね上がる感覚があるからです。 牛丼屋では酒とか飲んだことは一度もありませんでしたが、最近ネットで見る「ちょい飲み」「松飲み」というのをトライしてみることにしました。 いい感じに場末感も向上するはずだろうという目論見も当然あります。 時間は深夜10時過ぎです。 仕事帰りの勤め人が多い感じです。 2000円分を目指しているので、まずはこんな感じです。 なんか「ちょい飲み」用プランなんでしょうが、ハイボール小ジョッキつきの牛皿で、ご飯はついてなかったので牛丼並を追加してみました。 ハイボールも牛肉も味付けも普通に美味しいです。 1040円です。 やっぱ安いですね。 手軽に場末感を満喫しつつ、清潔な環境でちゃんとした品質の料理と酒がすぐ出てくる日本という国は素晴らしいですね。 ただ2000円には程遠いです。 このハイボール小ジョッキはセットに組み込まれているので値段がよくわかりませんでした。 このグラスはスマホより小さい感じで飲みたりないし追加で、少ジョッキのハイボールとビールをまた券売機のところへ行ってオーダーします。 150円だったようです。 ちょい飲みって超安いですねw生ビールは190円ですが、やっぱ安いです。 ごちそうさまでした。 飲み散らかして飲みすぎのように見えますが、小ジョッキは量が少ないのでちょうどよいです。 結構全力を出したつもりだったのですが結果、2000円にはまったく届きませんでした!! うーん松飲みって安上がりですね。 しかも50%ほぼリアルタイムでメルペイに還元されているようなので、実質半額の690円でした。 ほんとうに良いんですか??のレベルです。 というわけで、皆さんもペイ関連の還元で松屋とか吉野家とか利用すると、かなり安上がりで飲めたりするので、場末飲みに抵抗がない方々には特におすすめです。

次の