ショッピ小説。 受け 漫画 我々だ ショッピ

我々だ 漫画 ショッピ

ショッピ小説

〇〇の主役は我々だコミュニティ の主役は我々だ宣伝垢 グルッペンtwitter 鬱先生twitter トントンtwitter コネシマtwitter オスマンtwitter ひとらんらんtwitter シャオロンtwitter 兄さんtwitter ゾムtwitter ロボロtwitter ショッピtwitter. 魔界の主役は我々だ16話のネタバレ 華麗なるウツの踊り 処刑玉砲本番大先生の応援しに行かなな 面白いものが見られそうな気がするとチーノとショッピは観戦をしに行く そしてウツの様子を見てみるとーーーーそこには華麗に踊りながらボールを避けているウツの姿があった. ショッピくん おしゃれまとめの人気アイデア Pinterest Anzuu 画像 の主役は我々だ 我々だlog ユートのイラスト pixiv. 我々だ 漫画 ショッピ. 駅イラスト無料イラストなら 最も人気のある 我々だ イラスト の主役は我々だ 我々だlog ユートのイラスト pixiv 我々だ イラスト google 検索 我々だ我々だ イラスト我々 我々. この作品ショッピ同志の死人が出るバイク講座はwrwrd の主役は我々だ小説500users入り等のタグがつけられた小説です ショッピくんつべの企画考えてくんね 嫌です スピーカー越しの単調な返事にグルッペンは軽く肩を落とす. ショッピ at peacewrwrd チーノ at c1nowrwrd 多分本物 我々だ告知用twitter at oowareware1945 category entertainment show more show less loading. Bloveビーラブは投稿したbl小説漫画イラストなどの作品同士がつながるbl創作コミュニケーションサイトです の主役は我々だ ショピコネ コネシマ宅にてーーー そろそろお開きにするか そうやな時間も時間やし. Pixiv japan ショッピ 449 novels found. Find more works related to zomu and fan work. 20200209 pinterest で yukinamorita さんのボードショッピくんを見てみましょうショッピくん我々だゾムのアイデアをもっと見てみましょう.

次の

大掃除してた:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ショッピ小説

サンタさんにA110が欲しいと祈りながらここ数日過してましたが 起きたら増車されてたなんてことはないまま今日でした ショッピです そろそろ冬休みや仕事収めの時期ですが 皆様どうお過ごしでしょうか 私は年末なので普段掃除しないものも綺麗にしようと 月初くらいからキーボードのキートップを外して洗ったり チマチマと大掃除的なことをしてました で、キートップを外した時になぜか ヨッシャ! ついでやしキー配列変えたろ!! と変なテンションになり キーボードの配列を変えたせいで 今月は家で何をするにも手間取るようになり 萎えて大掃除やめました 一ヶ月経った今 漸くブラインドタッチが出来るようになりました 今までも何度かキー配列を変えて遊んだことはあったのですが 忙しい時期にやるもんじゃないですね 逆に クリスマスに引き続き年末年始も予定がないって人は 暇な時間を利用して新しい配列を試してみることをオススメします めっちゃ時間溶けます ちらみに私の推しはEucalyn配列です いつも通り無駄話をしてましたが なんか今回の記事が 私が今年担当する最後のブロマガらしいですよ なので諸先輩方に倣って 各メンバーへのメッセージでも書きたいと思います かこつです。 流石のサンタさんも車は無理だったようですね…。 私も部屋の掃除をと思ったのですが行動に移す間もなくこんな時期です。 やばい キー配列変え、キー外す時に壊しそうで怖くて出来ないのです… お二人の後をついて色々なさるショッピさんを見るのは面白くて好きなのでぜひ今後もそうなさってください 個人的にチーノさんの誤字はわざとかなと思っていますが、気になりますね どの方に対する文でもさりげなく毒気があるというのがショッピさんらしい感じで、読んでいて微笑ましくなりました 今年一年、色々な動画や配信でたくさん楽しませて頂きました。 ありがとうございます こちらこそ来年もよろしくお願いします お忙しいとは存じますが、くれぐれもお体にお気をつけて過ごしください そして良い年をお迎えください。 次回更新も楽しみにお待ちしています 遅くにコメントしてしまいすみません。 お疲れ様です。 私もそろそろ年末の大掃除をしなければいけない時期ですが未だに掃除を進められずに部屋もまだいつも通りです。 良いお年をお過ごしください。 来年の活動にも期待しております。 お願い事が車…… ꒪ꇴ꒪ ꒪ꇴ꒪ ꒪ꇴ꒪ ; ざ、残念でしたね。 ミニカーでしたら鬱先生からワンチャンあったかもしれませんよ 観賞用。 キーボードの配列は変更ができるのですね。 今年のショッピさんは後輩 ヨイショ 感と、しょーてんやわれしゃべの回答がすきで、われしゃべはTSを 忘れがちでしたが 心がけるようになりました。 とても面白かったです。 また、我々式TRPGもすごくすきです。 ありがとうございました。 執筆お疲れさまでした。

次の

大掃除してた:ブロマガの主役は我々だ!:チャンネルの主役は我々だ!(○○の主役は我々だ!)

ショッピ小説

ショピコネ• コネシマ宅にてーーー 「そろそろお開きにするか」 「そうやな。 時間も時間やし」 グルッペンの提案に、ゾムがいち早く賛成する。 今の時刻は大晦日前の23時。 先程まではメンバー全員ではしゃぎまくっていたが いそいそと他のメンバーも 帰り支度を済ませていく。 「シッマ後片付け頼むな!」 とロボロが玄関先で言うので、 「人ん家でやっといてそりゃないやろ!」 と怒鳴り付けてやった。 その言葉も虚しく、扉は閉まってしまった。 いつもは毎年全員で年を越すのだが、自然と 各自バラバラで過ごすようになった。 それがちょっとさびしいと思う自分がいる。 「さぁて、片付け開始やな……っと?」 振り替えると、何やら人影があった。 「あ、先輩……」 ショッピくんや。 全員帰ったとばかり思ってたわ…… 「なんや、まだいたんか」 「まぁ、はい」 だが返事をするだけで、本人は帰ろうとしない。 「どうしたん?ボーッとして。 帰らんの?」 「……まだ、大晦日じゃないじゃないですか」 ショッピくんは下を向いてボソッと言った。 「そうやけど…まぁ、ええわ。 二人で年越しやな」 俺はそう言うと、さっきまで4人で過密状態だったこたつに足を入れた。 「ほらショッピくんも」 「わかりましたよ」 ショッピくんは緊張した顔をしながら足を入れた。 何がそんなに嫌なんや? 「まだ鍋残ってるな……アイツらほとんど 食べてないねんな……俺の料理を」 鍋の中をお玉で探ってみると、きのこやら白菜ばかり残っている。 「アイツらガキか、肉ばっか食っとるわ……」 「…笑」 ショッピくんが微かに笑った。 そういやショッピくんと二人きりは久しぶりやな…… なぜか妙に緊張してしまう。 「もうすぐ年越しやな」 「…はい」 俺はショッピくんの態度に違和感を覚え、 「何や?何緊張してるん」 「緊張……じゃないですよ」 ショッピくんは具をよそりながら、 「二人で年を越せるのが嬉しいな、と」 目を反らしながら言った。 嬉しい、か。 コイツもそんなこと言うんやな。 自分の後輩として迎え、早10ヶ月。 メンバーにも馴染んでくれたし安心している。 「皆さんと過ごすのも勿論楽しかったんですが、 やっぱりコネシマさんとが一番落ち着きますね」 「……おぉ、なんかありがとうな」 「料理美味しいです」 ショッピくんは湯気をフーフーと冷ましている。 なんかかわええな笑 「……かわえぇな」 「……はい?」 あ、しまった。 言葉に出てしもうた…… どうにかしてごまかさんと……と思っていた矢先、 「不意打ちって……そりゃないですわ……」 と、ショッピくんが聞こえるか聞こえないかの ような声で呟いた。 さらに顔が赤い。 「い、今の忘れてくれ!どうかアイツらには」 チクられたら終わりや。 きもがられるわ…… 「え。 忘れるって……今のはなんだったんですか」 「や、だから冗談やって」 「冗談なんですか……」 今度は何やら落ち込んでしまった。 今日のショッピくんはやっぱりおかしい。 「いや可愛くないわけではないで?ただ本音が」 いや、待て。 本音じゃない。 これは。 でも、確かに可愛いと思ったのは事実…… 「っはー……」 ショッピくんは額を押さえてため息をついた。 さらに顔が赤い。 誤解されたら大変やな…… 「ショッピくん大丈夫?ほら、もう0:00に、」 ショッピくんの背後の壁にある時計の針が 12を指すのを見届けようと、見上げていると、 口に異物が当たり、何やら目の前が暗くなった。 「……ん??」 これは……柔らかい? え、待て、これ……キスやん、 ショッピくんとキスしてるんか、俺 途端に体が熱くなった。 ショッピくんから俺に…… しばらくして、俺の口は解放された。 「ハッピーニューイヤー……」 こたつ越しに、ショッピくんの 真っ赤な顔が見えた。 「ショッピくん……」 「すみません、いきなり。 タイミングがこれしか」 キスされた?てことは…… 「告白します。 ……僕は先輩が好きです」 突然のことだらけで、頭が真っ白になりかけた。 俺のことを?ショッピくんが? 前からショッピ君は気になっていた。 だが性別的にあり得ないとほぼ諦めていた。 なのに、相手から告白されるなんて。 想像するわけないやんか…… 「……返事は?」 いやぁ、これは、ショッピ君はずるい…… 「俺も、好きやで……前からずっと」 そう答えると、互いの顔が赤くなるのが分かった。 「もう一回、いいですか」 「ええで」 そう言い、ショッピ君は俺の唇に重ねた。 「また、一年間よろしくお願いします」 「」 俺は無言でうなずいた。

次の