ギガ らく vpn。 VPNとは

NTT東日本の企業向けマネージドサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」にCisco Merakiを採用 【シスコ】

ギガ らく vpn

サービス概要 まず最初に、ギガらくWi-Fiのサービス概要について知らない方もいらしゃると思いますのでお伝えしていきます。 サービス概要については、NTT東日本のギガらくWi-Fiのを参考にさせていただきました。 ギガらくWi-Fiのサービスについて サービスの特徴を以下に簡単にまとめます。 ギガらくWi-Fiは、店舗や事務所にWi-Fi機器を設置するだけで、導入から運用まで一括してサポートしてくるサービスです。 「導入から運用まで一括してサポート」とは? 簡単に言うと、設定の変更や情報の追加などは、NTT側に連絡し行ってもらうサポートになります。 これは、電話一本で対応してくれるらしいので、管理者がいない企業や組織には非常に便利なサービスであると言えるでしょう。 CiscoのMerakiを使用 CiscoMerakiは、クラウドを通じてネットワークを統合管理するシスコシステムズのネットワークソリューションです。 端末をLANケーブルに接続すれば、後はブラウザ上で全て管理できる仕様となっています。 Wi-Fi機器としての機能 気になるWi-Fi機器としての機能を見てみましょう。 Cisco-MerakiMR33 Meraki本体の機能とNTTのサービスサイトで公表しているスペックを照らし合わせて確認したところ、「MR33」という機器を使用しているようです。 最大15個(推奨3個) 機能としてはこんな感じです。 機能としての強み Wi-Fiを導入するにあたって、最も重要な部分が機能です。 この機能面については見ていこう。 ギガらくWi-Fiの無線仕様について 無線仕様は、「802. 3Gbpsと出ている。 MACアドレスで接続できる端末を制限でき、同時接続時の推奨端末台数は50台とされている。 さらに、来訪者向けインターネット機能(ゲストポート機能)が付いているとのこと。 一応、ビジネスで利用するには一通りの機能がそろっているという印象を受けました。 普段こんなところを見る方は少ないと思いますが、実際に市販ルータや他社製品の機能を見てみましょう。 他社製品を見てもそれ相応の機能はあり、負けず劣らずといった印象を率直に受けました。 比較表を御覧ください。 Wi-Fi機能の簡易比較表 とはいえ、細かな機能や総合的な部分では、さすがシスコシステムズといった感じです。 また、最大の特徴であり、セールスポイントでもある クラウド管理機能(ギガらくWi-Fiサービスの場合はNTT東日本側で管理する)はブラウザ越しに管理、設定を行えますので、IT管理者にとっては非常に便利な機能だと言えます。 料金面について 気になる料金面についても確認していきましょう。 ギガらくWi-Fiについては、「ベーシックプラン」、「ハイエンドプラン」と大きく分けて2つのプランが存在します。 5年プランの場合。 料金体系は上記のようになります。 Wi-Fi機器は5年は機能が陳腐化しない状態で利用することを想定するため、• NTTに限らず、他ベンダーでも販売されていますがNTT東日本に関して言えば、シンプルにパッケージ化している。 という印象を受けました。 他社の場合、機器本体+クラウド利用ライセンスといった販売の方法が目立ちます。 導入についての是非 導入について検討されている方は、「Wi-Fiの管理部分をクラウドシステムでNTTにしてもらう必要があるかどうか」をよく考える必要があると思います。 中小規模を想定した場合、一旦導入したWi-Fiの設定を頻繁に変更するケースは考えにくいです。 考えられるケースとしては、MACアドレスによる制御を実施している場合で、新入社員が入社したときや退職者が出た場合にホワイトリストを変更するくらいでしょうか。 ただ、そこまで行なう会社であれば、自社で機器の管理マネジメントができる状態にあると思います。 導入に関して、ただ「速度や電波が強い」といった理由で考えるのであれば控えた方がよさそうです。 繰り返しますが、この機器の一番優れている点は、クラウド上でWi-Fiネットワークの管理マネジメントができる点です。 代理店による過度な営業活動 過度な営業活動にも注意が必要です。 機能面については、ベーシックなものについては、そこまで数値上の差はありあせん。 しかしながら、ギガらくWi-Fiにしかないような機能として話を持ちかけたり、標準的に搭載されているWi-Fiのセキュリティ機能を他のWi-Fi機器には存在しないような話の持っていき方をします。 インターネット周辺に関する知識が薄い高齢者が経営をされている組織が特に狙われているみたいですので注意して下さい。 導入の判断ポイント 導入にあたっての判断ポイントを総括すると、• Wi-Fiシステムのマネジメントを委託したい• Wi-Fiシステムの設定変更を頻繁に行なう予定がある• 業務用の安定したWi-Fi環境を利用したい これらの場合は、ギガらくWi-Fiの導入は大きなメリットとなるでしょう。 一方で、• Wi-Fiシステムのマネジメントをする環境が整っている(人員・システム等)• Wi-Fiシステムの設定変更を頻繁に行う予定はない• 業務用の安定したWi-Fi環境を利用したい この場合は、YAMAHAアクセスポイントWLXシリーズなどの業務用Wi-Fiを購入し、設置するのがいいのではないでしょうか。 他社もクラウドで管理できるシステムを 最近では、YAMAHAが(Yamaha Network Organizer)をリリースして、YAMAHAルータ配下にあれば、クラウド型の管理システムを活用してクラウド越しにAPを管理できるようになりました。 管理者側からしてみれば、非常にありがたいサービスですし、ギガらくWi-Fiと類似のサービスを提供することもできるようになりました。 「自社でもAPの管理ができ、かつクラウドからサポート対応も可能になる」こんなことが可能になりました。 個人的には、ネットワーク系の管理が自社では一切できない点が、ギラらくWi-Fiの最大の弱点ではないかと思っています。 とはいえ、自社でAPやネットワークの管理ができない場合は、普段から仕事を依頼している会社に頼むなどの対応が必要になりますので、同じことではあります。 APの管理については、一度設定した場合は、原則設定をいじることはほとんどありません。 ただし、端末個体のアクセス制限をかけるMACアドレスフィルタリング機能を活用する場合は、接続端末が増えたり減ったりする場合に都度設定が必要になります。 スマホの普及に伴い、Wi-Fi環境はなくてはならないものになりました。 事務所のネットワーク環境やセキュリティ対策と同時にWi-Fi環境にもこだわっていきたいところですね。

次の

工事費について

ギガ らく vpn

土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円(税込:3,300円)がかかります(分割払いの場合は、初回にお支払いいただきます)。 ただし、お客さま宅内の配線設備などを再利用し、かつお客さまご自身で回線終端装置などを設置する工事の場合を除きます。 ひかり電話など、オプションサービスをご利用になる場合など、工事の内容によっては別途工事費が発生する場合があります。 また、年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。 詳しくはお問い合わせください。 分割払いの場合も一括払いの場合も、支払総額は同額です。 分割払いの場合は、途中で残額を一括でお支払いいただくこともできます。 工事費の内訳は、以下のとおりです。 「基本工事費」「交換機等工事費」「屋内配線工事費」「回線終端装置工事費」• 「学校向け特別料金」が適用される場合のフレッツ光の工事費については、9,600円となります。 フレッツ光解約時のご注意• 分割払いの途中でフレッツ光を解約される場合、初期工事費の残額を一括でお支払いただきます。 にねん割の更新月(利用期間満了月の翌月と翌々月)以外で解約された場合、解約金(戸建て向けサービス:9500円、集合住宅向けサービス:1500円)をお支払いただきます。 「にねん割」について詳しくは「」をご確認ください。 「フレッツ 光ネクスト」のタイプ変更時(サービスタイプ(戸建て向け/集合住宅向け)変更を含む)の工事費 「フレッツ 光ネクスト」から「フレッツ 光ネクスト」へ別のタイプにご変更の場合 変更後のタイプ フレッツ 光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ ファミリー・ギガラインタイプ ファミリー・ハイスピードタイプ ファミリータイプ 変更前のタイプ フレッツ 光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ 2,000円(税込:2,200円) ファミリー・ギガラインタイプ 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) ファミリー・ハイスピードタイプ 2,000円(税込:2,200円) 2,000円(税込:2,200円) ファミリータイプ 2,000円(税込:2,200円) 集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ 18,000円(税込:19,800円) マンション・ギガラインタイプ マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ 光配線方式 VDSL方式 LAN方式 法人 ビジネスタイプ 7,600円(税込:8,360円) プライオ10 プライオ1 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) 変更後のタイプ フレッツ 光ネクスト 集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ マンション・ギガラインタイプ マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ 光配線方式 VDSL方式 LAN方式 変更前のタイプ フレッツ 光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ 15,000円(税込:16,500円) 7,600円(税込:8,360円) ファミリー・ギガラインタイプ ファミリー・ハイスピードタイプ ファミリータイプ 集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ 2,000円(税込:2,200円) 15,000円(税込:16,500円) マンション・ギガラインタイプ 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) マンション・ハイスピードタイプ 2,000円(税込:2,200円) 2,000円(税込:2,200円) マンションタイプ 光配線方式 2,000円(税込:2,200円) VDSL方式 15,000円(税込:16,500円) LAN方式 15,000円(税込:16,500円) 法人 ビジネスタイプ 15,000円(税込:16,500円) 7,600円(税込:8,360円) プライオ10 プライオ1 変更後のタイプ フレッツ 光ネクスト 法人 ビジネスタイプ プライオ10 プライオ1 変更前のタイプ フレッツ 光ネクスト 戸建て ギガファミリー・スマートタイプ/ファミリー・ギガラインタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) 集合住宅 ギガマンション・スマートタイプ/マンション・ギガラインタイプ/マンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ 18,000円(税込:19,800円) 法人 ビジネスタイプ 2,000円(税込:2,200円) 7,600円(税込:8,360円) プライオ10 2,000円(税込:2,200円) プライオ1 7,600円(税込:8,360円) 「フレッツ 光クロス」から「フレッツ 光ネクスト」へタイプ変更の場合 変更後のタイプ フレッツ 光ネクスト 戸建て 集合住宅 ギガファミリー・スマートタイプ ファミリー・ギガラインタイプ/ファミリー・ハイスピードタイプ/ファミリータイプ ギガマンション・スマートタイプ マンション・ギガラインタイプ/マンション・ハイスピードタイプ マンションタイプ 光配線方式 VDSL方式 LAN方式 変更前のタイプ フレッツ 光ライト 戸建て ファミリータイプ 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) 15,000円(税込:16,500円) 7,600円(税込:8,360円) 集合住宅 マンションタイプ 18,000円(税込:19,800円) 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) 15,000円(税込:16,500円) フレッツ 光ライトプラス 7,600円(税込:8,360円) 2,000円(税込:2,200円) 15,000円(税込:16,500円) お客さま宅内の配線設備などを再利用し、お客さまご自身で回線終端装置などを設置する場合の工事費は2,000円(税込:2,200円)となります。 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円(税込:3,300円)がかかります。 ただし、お客さま宅内の配線設備などを再利用し、かつお客さまご自身で回線終端装置などを設置する工事の場合を除きます。 上記の工事費は標準的な工事費です。 ひかり電話など、オプションサービスをご利用になる場合など、工事の内容によっては別途工事費が発生する場合があります。 また、年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。 詳しくはお問い合わせください。 サービス変更により一部サービスがご利用いただけなくなる場合や、ご利用機器の交換、再設定などが必要となる場合があります。 なお、インターネットご利用時の通信速度は、お客さまのご利用環境や回線の混雑状況などにより異なります。 初期工事費および移転工事費の分割払いの途中でタイプ変更をされる場合、残額の分割払いは継続となります(残額を一括でお支払いいただくこともできます)。 分割払いの途中で「フレッツ光」を解約される場合は、初期工事費および移転工事費の残額を一括でお支払いただきます。 ご利用のプロバイダによっては、プラン変更の手続き費用が必要な場合もございますので、詳しくは各プロバイダにお問い合わせください。 戸建て向けサービスでひかり電話をご利用中のお客さまが、集合住宅向けサービス(フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプを除く)に変更し、NTT東日本がレンタルで提供するひかり電話対応機器をお使いいただく場合は、ひかり電話対応機器利用料(450円(税込:495円)/月)がかかります。 フレッツ 光ネクスト プライオから変更される方へのご注意• 「フレッツ 光ネクスト プライオ」で標準サービスとして提供している24時間365日の保守対応を、プライオ以外のサービスにて継続してご利用される場合は、別途「」をお申し込みください。 土日休日に工事を実施する場合は、上記に加え3,000円(税込:3,300円)がかかります(分割払いの場合、初回にお支払いいただきます)。 ただし、お客さま宅内の配線設備などを再利用し、かつお客さまご自身で回線終端装置などを設置する工事の場合を除きます。 上記の工事費は標準的な工事費です。 ひかり電話など、オプションサービスをご利用になる場合など、工事の内容によっては別途工事費が発生する場合があります。 また、年末年始に工事を実施する場合は、料金が異なります。 詳しくはお問い合わせください。 申込期間は延長されることがあります。 本割引は2015年4月から継続して実施しております。 割引適用についてのご注意• 移転費用一括払いの場合も本割引は適用されます。 移転工事費は分割払いのほか、一括払いもお選びいただけます(支払総額は同額です)。 分割払いの途中で残額を一括でお支払いいただくこともできます。 サービス変更により一部サービスがご利用いただけなくなる場合や、ご利用機器の交換、再設定などが必要となる場合があります。 なお、インターネットご利用時の通信速度は、お客さまのご利用環境や回線の混雑状況などにより異なります。 初期工事費および移転工事費の分割払いの途中でタイプ変更をされる場合、残額の分割払いは継続となります(残額を一括でお支払いいただくこともできます)。 分割払いの途中で「フレッツ光」を解約される場合は、初期工事費および移転工事費の残額を一括でお支払いただきます。 ご利用のプロバイダによっては、プラン変更の手続き費用が必要な場合もございますので、詳しくは各プロバイダにお問い合わせください。 戸建て向けサービスでひかり電話をご利用中のお客さまが、集合住宅向けサービス(フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプを除く)に変更し、NTT東日本がレンタルで提供するひかり電話対応機器をお使いいただく場合は、ひかり電話対応機器利用料(450円(税込:495円)/月)がかかります。 フレッツ 光ネクスト プライオから変更される方へのご注意 「フレッツ 光ネクスト プライオ」で標準サービスとして提供している24時間365日の保守対応を、プライオ以外のサービスにて継続してご利用される場合は、別途「」をお申し込みください。 フレッツ 光ネクストギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプのホームゲートウェイの設置・設定工事費• フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプをお申し込みの際、NTT東日本にホームゲートウェイの設置、設定をご依頼頂く場合は、本ページに記した工事費に加え以下の工事費がかかります。 工事の内容によっては、別途派遣費用が発生する場合があります。 詳しくはお問い合わせください。 工事費 工事内容 設置工事 1,500円 (税込:1,650円)• 単体型ホームゲートウェイの設置• 無線LANカードの設置 設定工事 1,000円 (税込:1,100円)• インターネット接続設定(PPPoE用ID・パスワード設定)• 無線LAN設定(SSID設定、チャネル設定)• 接続試験など.

次の

NTT東日本、企業向けSDxサービス「ギガらくVPN」「ギガらくスイッチ」を発表

ギガ らく vpn

インターネット接続環境があれば、外出先や自宅からオフィスの社内ネットワークに安全に接続でき、"オフィスを持ち歩く"新しい働き方ができます。 既設のLANで外部からのリモートアクセスを遮断している場合など、ご利用いただけないことや、別途お客さまにてネットワークの設定変更が必要となることがあります。 リモートアクセス装置1台で、事前設定済みの端末を25台まで接続できます。 特徴1いつものパソコンでオフィスにアクセスできる いつも使っているオフィスのパソコンを持ち出して外出先からインターネットを介して社内システムにアクセスできる(社内LAN接続) 特徴2オフィスのパソコンを操作できる 持ち出し用タブレットや自宅のパソコンからインターネットを介してオフィスの自席のパソコンを操作できる(リモートデスクトップ接続) 特徴3安心・安全のリモートアクセス 接続に必要なパスワードはサポートセンターによる一元管理で安心 特徴4むずかしい設定はおまかせ リモートアクセス装置などはオペレーターが遠隔で設定し、パソコンやタブレットの設定もサポート 外出先からオフィスのデータにアクセスして、経営をスピードアップしたい インターネット接続環境があれば、• 出張中のすきま時間に、営業日報を見て、商談状況から従業員に的確な指示が出せます• 移動中の新幹線の中から、メールや稟議書を確認して、スピーディーな意思決定ができます お客さまへのタイムリーな提案で、販売機会を逃さず売上アップしたい インターネット接続環境があれば、• 商談中、その場で在庫システムへアクセスして商品を確保できます• 4kg 通信許可が必要なポート番号 TCP:80, 443, 7734, 7752 UDP:53, 123, 1812, 7351, 9350 付属品 ACアダプタ、LANケーブル リモートアクセス装置の設置イメージ リモートアクセス装置をWi-Fiアクセスポイント装置と同じLANに接続• 既設のLANで外部からのリモートアクセスを遮断している場合など、ご利用いただけないことや、別途お客さまにてネットワークの設定変更が必要となることがあります。 ご利用料金 5年タイプ 最低利用期間60ヵ月 4,500円(税抜き) 2年タイプ 最低利用期間24ヵ月 5,500円(税抜き)• 最低利用期間の途中で解約された場合、残月数に応じた所定の解約金を一括でお支払いいただきます。 お申し込み後のタイプ変更は、各オプションの「2年タイプ」から「5年タイプ」へ変更する場合のみ可能です。 その際は各オプションの「2年タイプ」の利用開始日から60ヵ月が最低利用期間となります。 「ギガらくWi-Fi」オプション一覧 ギガらくWi-Fiではクラウド上での映像保管ができる「カメラオプション」や外出先や自宅などからアクセスできる「リモートアクセスオプション」、24時間365日故障対応の「訪問修理オプション」など便利なオプションがご利用いただけます。 Wi-Fiアクセスポイント装置の電波が届く場所で電源に接続するだけ。 撮影場所の動きや音に反応して一定時間にわたり自動録画。 ギガらくWi-Fiのサポートセンターでサポート。 夜間・早朝にも故障に対応します。 日中は本来業務で忙しい店舗や宿泊施設などにおススメです。 機器故障時の交換に、プロが現地を訪問して対応してくれるので安心です。 いつものパソコンでオフィスにアクセスできます。 オフィスのパソコンを操作できます。 接続に必要なパスワードはサポートセンターによる一元管理で安心。 むずかしい設定はおまかせ。 LANケーブルでWi-Fiアクセスポイント装置に給電できます。 LANケーブルで給電するため、新たな電源工事が不要。 装置の設置から配線工事までNTT東日本におまかせも可能。 (別途費用がかかります)• 導入から運用まで、任せて安心。 年中無休、9時~21時のNTT東日本による安心サポート。 さまざまな業種に特化した対応センサーデバイスや対応クラウドサービスをまとめて提供。

次の