かぶめも。 あつ森のカブ価で大儲けする方法(※悪用厳禁な技も紹介します)

【あつ森】お金を稼ぐかぶツール『かぶめも』の使い方を解説!ウリの出現時間!【あつまれどうぶつの森】

かぶめも

1カブいくらか聞きます。 ウリは日曜日の午前中に島を歩いているのでそこでカブを買います。 カブを買ったら月曜日の午前から土曜日の午後までの株価が高い日を予測して、タヌキ商店で売ります。 株価の上がり方のパターンは前作のとび森では、波、ジリ貧、3期、4期の大きく分けて4パターンです。 簡単に説明すると、波型はあまり上下しないときで、ジリ貧型はどんどん株価が下がっていきます。 3期型と4期型はジリ貧型から株価が上がったあとに急に株価が上がります。 この2つの説明は少し難しいので詳しく知りたかったら調べましょう。 また、「かぶめも」というサイトを使えば簡単に判別できると思います。 3期型の画像を持っていたので貼っておきますね。 おそらく今作のあつ森でも同じ仕様だと思います。 カブを売る時の注意点ですが、カブを買ってから1週間を過ぎると腐ります。 また、時間を進めてもいいですが、戻してはいけません。 時間を戻すと腐ってしまいます。 カブは難しいですが、成功するとガッポリ稼げるので頑張ってください。

次の

カブ価統計データ

かぶめも

カブという名の沼 50000ベルが倍になることなんてザラ(むしろ稼げてないくらい) そもそも カブとは、まさに 現実の株と同じように買値と売値がその日によって変動する あつまれ最大の沼要素の一つです。 日曜日の午前中のみウリが島に来てくれるので、そのタイミングでのみ買うことができます。 しかし 売値の方は、 最安値は20ベルくらいで最高値はなんと600ベルを超えるというふり幅の大きさです。 また、 カブは1週間経つと腐ってしまい買った分だけ損してしまいます。 この カブに全財産を突っ込んでローンを完全返済する人や、逆に 全財産を失ってしまうという人もいます。 カブ価の変動には4パターンある これはおそらく波型か4期型のピーク カブ価の変動は 午前と午後の1日2回行われます。 そのため、 週に12回のチェックが必要になります。 そしてカブ価の変動には4パターンあり、• ジリ貧型• 3期型• 4期型 となります。 上の二つは名前の通りで、 波型は変動がランダム、 ジリ貧型は売値が下がるだけとなります。 3期型と4期型は特殊で、 一番大きく売値が上がるのが3期型となります。 ただし、これを予想するには自分でグラフを作り予想をしなければいけません。 おすすめのサイト「かぶめも」 そこでおすすめのサイトがというサイトになります。 名前の通り、もともとは版の用に作られたサイトみたいですが、 何パターンか試したところあつまれでも使えそうでした。 もちろん 週の途中でもそれまでのカブ価を覚えていれば入力することで予想ができます。 またかで ログインすれば、履歴なども見ることができます。 そういったときには で高値で買い取ってくれる他の人の島で売るのも手です。 これで カブで大儲けしてローン返済やら家具集めやらを楽しんでください。 tuntyo.

次の

あつ森攻略 カブの値段パターンと売り時

かぶめも

パターン2-B(四期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 4期目でピークとなるパターン。 ピーク後は暴落し、低価格で推移する(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 「変調」、「変調1期」などについては下記参照。 なお 四期型は2期目に1期よりもカブ価が下がることもある。 その後、3期には回復し、1期よりも高いカブ価となる。 パターン2-C(三期型) はじめは「パターン2-A(ジリ貧型)」と同様2~6ベルずつ下落していくものの、木曜午後までに急に値上がり(変調1期)し、 3期目でピークとなるパターン。 ピーク後は下落し、低価格で推移(下がり続けたり、多少上がったりすることもある)。 いわゆる「高騰型」で、600ベル以上を記録することもある。 変調について 上記「パターン2-A(ジリ貧型)」のように小幅な値下がりで推移していたものが、木曜午後までのある時点で急に値上がりすることを「変調」という。 この場合「水曜午前に『変調』した」ことになる 「変調」が起こった時点(例では水曜午前の112ベル)を「変調1期」という。 以下、1期が午前ならその日の午後を、1期が午後なら翌日の午前を「変調2期」と定義(例では水曜午後196ベル)する。 「3期」(例では木曜午前576ベル)も同様。 「パターン2-C(三期型)」は、変調3期にピークを迎えることから、「三期型」と呼ばれている。 「四期型」も同様。 「変調」が起こると、『パターン2-B(四期型)』または『パターン2-C(三期型)』のどちらかになることが確定する。 変調は木曜午後までに起こる。 木曜午後まで値下がりが続いた場合は『パターン2-A(ジリ貧高騰無し型)』確定。 あくまでも『パターン2-A(ジリ貧型)』の推移から急に値上がりすることを「変調」というのであって、 『パターン1(波型)』の推移の中で値上がりしたことを「変調」とはいわない。 なお、「月曜午前変調四期型」は月曜午前に「変調」をする(とみなす)ことから、「小幅な値下がり後の急な値上がり」というパターンでなく、 月曜午前から火曜午後まで値上がりするパターンとなる(四期型のパターンとして、変調2期目(この場合月曜午後)に値下がりすることもある)。 これは「月曜午後変調四期型」(月曜午後に変調、水曜午前まで値上がり)、「月曜午後変調三期型」(月曜午後に変調、火曜午後まで値上がり)も同様。 例) 「月曜午前変調四期型」=月曜午前に「変調」したとみなす。 その後の動きは四期型で火曜午後にピークとなる。 その後の動きは四期型で水曜午前にピークとなる。 その後の動きは三期型で火曜午後にピークとなる。 月曜日午前 今作では月曜日午前の値でパターンを推測することは難しくなっています。 ちなみに前作までは、以下のような大まかな見極めが可能でした。 午前が 65ベル以下 or 92ベル以上 なら確実にパターン1(波型)。 午前が 66~67ベルor 88~91ベル ならほぼパターン1(波型)。 それ以外はパターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)。 今回は月曜午前が65ベル以下でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』になる例が報告されています。 また、月曜午前が92ベル以上でも『パターン2(ジリ貧型、三期型、四期型)』となる例が報告されています。 ここまでの報告を見る限り、月曜午前がだいたい110ベル以上の場合は『パターン1(波型)』となることが多いようです。 月曜午前の値だけでなく、月曜午後以降の動向をチェックしてパターンを推測することが賢明かと思います。 火曜午前が月曜午後よりも上昇していれば『パターン1(波型 』、早めに変調する『パターン2-B(四期型)』、『パターン2-C(三期型)』の可能性がある。 変調1期が月曜午後となるパターン(変調については上記参照)。 火曜午後まで上がり続けて220ベル以上ならおそらくこのパターン。 変調1期が月曜午前で、4期目の火曜午後にピークとなる。 変調1期が月曜午後で、4期目の水曜午前にピークとなる。 これらは『パターン1(波型 』との判別が難しい。 迷った時は火曜午後、水曜午前などピークとなる時まで待ってみるのも手。 上記のいずれもに当てはまらない場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前に月曜午後よりも大きく下落した、または火曜午前まで上がり続けても火曜午後に下落や横ばいとなったときは『パターン1(波型 』。 火曜午前以降に2~6ベルの範囲外での大幅な下落があった場合は『パターン1(波型 』。 月曜午後から引き続き木曜午後まで2~6ベルの下げ幅で減り続けた場合は『パターン2-A ジリ貧高騰無し型 』。 月曜午後から引き続き2~6ベルの下落が続いた後、木曜午後までのある時点で急に値上がりしたら、 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の可能性が高い。 『パターン2-B 四期型 』か『パターン2-C 三期型 』の判別は下記参照。 上記の「変調」があり、2期目に若干の下落があれば『パターン2-B 四期型 』 この場合、2期で若干下落しても3期目には1期よりも高い値にまで回復する。 それ以外の動きをする場合は『パターン1(波型 』。 火曜午前以降、2~6ベルの範囲外での上昇があっても、下記『パターン2-C 三期型 』や『パターン2-B 四期型 』の動きに当てはまらず、上昇後すぐに大きく下落したりランダムな動きをする場合は『パターン1(波型 』 三期型、四期型の判別 変調前から1期にかけての変化ではパターンはわからない。 1期から2期にかけて、• 1期目よりも2期目の方が低かったら、間違いなく『パターン2-B 四期型 』。 1期目から2期目の上昇幅が小さかったら『パターン2-B 四期型 』の可能性が高い。 1期目から2期目の上昇幅が70ベル以上ならおそらく『パターン2-C 三期型 』。 2期から3期にかけて、• 3期目のカブ価が207ベル以上なら、おそらく『パターン2-C 三期型 』• 3期目のカブ値が150前後なら、おそらく『パターン2-B 四期型 』• 2期目から3期目の上昇幅が小さければ(13以下?)『パターン2-B 四期型 』の確率が高い• 2期目から3期目の上昇幅が大きければ(88以上?)『パターン2-C 三期型 』の確率が高い.

次の