小田原 市長 選挙。 堂々たる小田原市長選挙に向けて

小田原市長選挙2020の立候補者の公約と政策、情勢予想|日程と経歴、投開票5月17日|選挙ネット

小田原 市長 選挙

その都度、ご確認下さい。 ・各投票所には消毒液が設置されています。 ・投票所は換気し、記載台などはこまめに消毒を行います。 ・投票所の換気に努めます。 小田原市長選挙2020の立候補者のプロフィール(公約・政策) No 氏名 年齢 性別 所属政党 前職 新旧 1 加藤 憲一 カトウ ケンイチ 55 男 無 市長 現 2 守屋 てるひこ モリヤ テルヒコ 53 男 無 元県議会議員 新 加藤 憲一(カトウ ケンイチ)氏 【生年月日】1964年5月11日 【出生地】神奈川県小田原市 【学歴】京都大学法学部 【前職】会社経営者 【所属政党】無所属 【公約・政策】 「今こそ根源的な命題にしっかりと軸足を定め、 『持続可能な地域社会』を地域の現場から 創り出していかねばならない」と熱弁。 人口減少や少子高齢化対策 2. 各種社会インフラの老朽化対策 3. 地域経済弱体化対策 守屋 てるひこ(モリヤ テルヒコ)氏 【生年月日】1966年(昭和41年)11月9日 【出生地】神奈川県小田原市 【学歴】東京大学大学院修了 【前職】元県議会議員 【所属政党】無所属 【公約・政策】 「今後想定される人口減少や財政難では、 現在提供されている医療、福祉、教育、交通基盤などの 行政サービスの維持が困難になります。 地域でお金(経済)が循環し、将来にわたり 安全で安心な生活がおくれるような社会をつくらねばなりません。 また、あらゆる施策において、民間企業を含む市民の力が 最大限に活かせるように取り組みます。 」 引用元:守屋てるひこ氏ホームページより 1. 小田原市民の安心・安全生活向上プラン ・誰もがその人らしく100歳まで安心して暮らせるまちづくり ・子どもたちの未来のために ・災害に強いまちづくり ・24時間365日安心できる医療体制の確保 2. 小田原市の活性化・経済好循環プラン ・定住人口・関係人口の増加と地域経済循環型社会の構築 ・観光客倍増!何度でも訪れたくなる小田原 ・地球温暖化対策と森里川海の連携 ・スポーツの力を引き出す ・若者・女性の活躍 3. 市民に信頼され挑戦する市役所をつくる.

次の

小田原市長選挙、現職優位と見ます

小田原 市長 選挙

その都度、ご確認下さい。 ・各投票所には消毒液が設置されています。 ・投票所は換気し、記載台などはこまめに消毒を行います。 ・投票所の換気に努めます。 小田原市長選挙2020の立候補者のプロフィール(公約・政策) No 氏名 年齢 性別 所属政党 前職 新旧 1 加藤 憲一 カトウ ケンイチ 55 男 無 市長 現 2 守屋 てるひこ モリヤ テルヒコ 53 男 無 元県議会議員 新 加藤 憲一(カトウ ケンイチ)氏 【生年月日】1964年5月11日 【出生地】神奈川県小田原市 【学歴】京都大学法学部 【前職】会社経営者 【所属政党】無所属 【公約・政策】 「今こそ根源的な命題にしっかりと軸足を定め、 『持続可能な地域社会』を地域の現場から 創り出していかねばならない」と熱弁。 人口減少や少子高齢化対策 2. 各種社会インフラの老朽化対策 3. 地域経済弱体化対策 守屋 てるひこ(モリヤ テルヒコ)氏 【生年月日】1966年(昭和41年)11月9日 【出生地】神奈川県小田原市 【学歴】東京大学大学院修了 【前職】元県議会議員 【所属政党】無所属 【公約・政策】 「今後想定される人口減少や財政難では、 現在提供されている医療、福祉、教育、交通基盤などの 行政サービスの維持が困難になります。 地域でお金(経済)が循環し、将来にわたり 安全で安心な生活がおくれるような社会をつくらねばなりません。 また、あらゆる施策において、民間企業を含む市民の力が 最大限に活かせるように取り組みます。 」 引用元:守屋てるひこ氏ホームページより 1. 小田原市民の安心・安全生活向上プラン ・誰もがその人らしく100歳まで安心して暮らせるまちづくり ・子どもたちの未来のために ・災害に強いまちづくり ・24時間365日安心できる医療体制の確保 2. 小田原市の活性化・経済好循環プラン ・定住人口・関係人口の増加と地域経済循環型社会の構築 ・観光客倍増!何度でも訪れたくなる小田原 ・地球温暖化対策と森里川海の連携 ・スポーツの力を引き出す ・若者・女性の活躍 3. 市民に信頼され挑戦する市役所をつくる.

次の

小田原市長選挙!加藤けんいち候補「市民の命を守り・支えていく!!」

小田原 市長 選挙

任期満了に伴う小田原市長選挙の投開票が5月17日に行われ、新人の守屋輝彦氏(53)が、4期目を目指した現職・加藤憲一氏(56)を僅差で制した。 8年ぶりに投票が行われた市長選の投票率は46・79%で、2012年の選挙を約5ポイント上回った。 得票数は守屋氏3万7245、加藤氏3万6701で、その差は544票という接戦となった。 投票者数7万4543人(有権者数15万9323人)のうち期日前投票者は2万5902人で、全体の3割超。 当初予想されたコロナ禍による投票率の低下は2氏の激戦によって回避されたかたちだ。 命と暮らしを守る 守屋氏の当選が確実となった午後11時過ぎ、栄町の同氏事務所では支援者約80人から歓喜の声が上がった。 詰めかけた小澤良央県議や牧島かれん衆議院議員らからは新市政に対する期待などが語られた。 小田原の再生には政治決断ができるリーダーが必要と訴えてきた守屋氏。 コロナ禍で日々の状況が変化する中「進むべき道に何度も悩んだが、地域の医療を何とかしてほしいという声の大きさで使命を痛感した。 政治は命と暮らしを守るという思いで市政に取り組みたい。 その先に『世界が憧れるまち小田原』がある」と語った。 公務と選挙の狭間で 加藤氏は当日夜、栄町の事務所で「人口を増やし、経済を活性化させることに期待した人が多かったのではないか」と敗戦要因を語った。 また選挙期間中も新型コロナウイルス対応の公務を優先させたことで「政策を訴えきれなかった」と振り返った。 今後については「これまで築き上げてきた市民の歩みを止めないよう、市民の立場から貢献していきたい」と述べ、守屋氏に対して「ハードだけでなくソフトの面で、市民の力、地域の力を生かしてほしい」と期待を語った。

次の