いしのようこ死因。 いしのようこ(石野陽子)と石野真子は姉妹!現在も志村けんと同棲中?

AV事件簿|あの事件の概要と亡くなったAV女優・今後の業界の傾向まとめ

いしのようこ死因

来歴 [ ] に『』でとしてデビュー(同期は、、、、、など)。 「 アイドル・石野真子の妹」ということでデビュー時から注目を浴びていた(『テディーボーイ・ブルース』がとの作詞・作曲コンビというところからも力の入りようが伺える)。 『』への主演や『』でのとの息の合った夫婦コントでとして人気を博す。 なお、志村とは偶然にも誕生日が一緒(2月20日)である。 Vシネマでは『』シリーズに出演した。 人物 [ ] はAB型。 特技は、趣味は。 2019年7月29日に放送された「人生イロイロ超会議」にて、一歳年下の男性と事実婚であることを明かした。 出演 [ ] テレビドラマ [ ]• (1985年8月19日)• 転校生! おれがあいつであいつがおれで2(1986年4月21日)• セーラー服恋愛教室 愛のレッスンA! (1986年1月6日)• (1986年1月10日 - 3月28日、) - 主演・紺野冬美 役• (1986年 - 1987年、)• 第5話「美少女は俺がヤル! 」(1987年、テレビ朝日) - 鷲尾茜 役• (1987年、フジテレビ)• (1989年10月2日 - 1990年3月31日) - 深見圭子 役• (2003年9月29日 - 2004年3月27日) - 稲本栄子 役• (2016年10月3日 - 2017年4月1日) - 村田琴子 役• (2020年度後期 - ) - 富川菊 役• (1990年7月7日 - 9月29日、)• 第43話「清がサーカスにやってきた」(1990年、)• (1992年、)• 「一般職OLの悲哀」(1993年、フジテレビ)• (1994年1月6日 - 3月17日、テレビ朝日)• (テレビ朝日)• 「地底から生きかえった男」(1990年7月21日) - 順子 役• 「15・那須高原に消えた美人ダンサーの秘密」(1995年11月18日、) - 中原由美子 役• 「」(1996年3月30日) - 松葉絵里子 役• 「」(2010年12月18日) - 長井真美子 役• 「3 透明人間の完全犯罪!! 」(2011年10月29日) - 長谷川潤子 役• 「4」(2012年4月14日) - 松井悦子 役• 「25 鹿児島指宿〜フルムーン旅行連続殺人!! 」(2013年5月4日) - 泉幸子 役• 「37 パラシュートで舞い降りた美女の死体復讐殺人? 」(2013年11月9日) - 大原冬美 役• 「15 死を呼ぶスケッチ旅行!? 終着駅で炎上する名画の謎!! 」(2015年4月4日) - 篠崎昌子 役• 「9 仕組まれた医療ミス殺人の謎!! 身長差10cmの犯人の完全犯罪!? 」(2015年6月20日) - 桐生由利子 役• 「18 世界自然遺産・知床半島! オホーツクに沈む夕陽天に続く道、大自然の秘湯!! 」(2016年8月13日) - 高橋陽子 役• 第12話「四国逃避行・囮になった女」(1995年、テレビ朝日)• (1996年6月 - 7月、) 主演• (2002年4月1日 - 5月24日、) - 主演 佐伯妙子 役• (2006年、毎日放送) - 田丸愛子(カカ)役• (1997年10月2日 - 1998年3月26日、TBS) - 奈々 役• (日本テレビ)• 「7・憎悪の化石」(1997年)• 「」(1998年)• 「」(1998年)• 「」(2000年)• 「29」(2001年) - 加藤奈々子• 産婦人科医 南雲彩子 産む女、産まない女(2003年)• 「」 第19作「未亡人が暴く仮面夫婦の18年間 死者からの着信記録と強盗犯発生で勾留8日で取調べ中止」(2003年) - 長谷部マヤ• (1998年4月9日 - 6月25日、テレビ朝日) - 水野弥生 役• 正しい遺言相続教えます! ついに太郎が政界にメスを入れるため神戸へ(1999年6月21日、TBS) - 加藤伸子 役• 第24話「1分間だけの不倫!? 三度襲われた女! 」(1999年、テレビ朝日) - 和田真知子• (1999年、日本テレビ) 第6話ゲスト• (TBS)• 「」(2000年5月1日)• 「6・逆恨み」(2001年4月9日) - 新井奈津子 役• (2000年、NHK)• XI〜春のスペシャル(2001年 - 2004年、テレビ朝日) - お杏 役• 4「喪服の女・連続香典泥棒に秘められた謎! 」(2002年2月28日、テレビ朝日) - 山本雅 役• 「」(2003年)• 「3」(2004年) - 早坂奈津美• 闇に沈む殺意 誰にも言えない 函館旅情サスペンス(2003年、フジテレビ)• (2004年8月16日 - 9月6日、NHK) - 坂本美鈴 役• (2004年、TBS) - 嶋村昭子• (2004年、日本テレビ)• (2005年1月6日 - 4月1日、) - 水島静子 役• (2005年7月 - 、NHK) - 坂本美鈴 役• (2006年12月4日、TBS) - 浅田啓子 役• (2007年、日本テレビ)• (2007年10月29日 - 12月28日、TBS) - 宇喜田礼子 役• (2008年9月29日 - 12月26日、東海テレビ) - 加賀見映子 役• (TBS)• 「24 津和野殺人事件」(2008年9月29日) - 樋口久美 役• 「2」(2011年4月25日) - 北條あおい 役• 「死者恋」(2009年7月26日、) - 三ヶ崎しのぶ 役• (2009年10月22日、日本テレビ) - 被告人の妻 役• シーズン8 元日SP! (2010年1月1日、テレビ朝日) - 芝木美都代 役• ・編(2010年1月13日、、再放送・2010年2月7日、) - 大林素子の母親・弘子 役• ( - 、東海テレビ) - 秀ふじ 役• (フジテレビ)• 「2 無関係な死」(2011年9月2日) - 安川初音 役• 「3」(2014年2月14日) - 磯沼喜代子 役• (テレビ東京)• 「9 笛吹川連続殺人事件」(2011年11月30日) - 柴田美鈴 役• 第12話(2011年12月22日、テレビ東京) - 星川敏子 役• (2012年9月3日 - 11月2日、東海テレビ) - 赤木豊子 役• 第3話(2012年4月23日、フジテレビ) - 大場夏美 役• 開局55周年記念ドラマ (2013年6月27日、読売テレビ) - 山本雪子 役• 第4夜「仁志野町の泥棒」(2013年9月22日、WOWOW) - ミチルの母 役• 第6話(2013年11月21日、テレビ朝日) - 冴島理佐 役• (2014年4月10日 - 6月5日、NHK) - お里 役• 特別ドラマ「」(2014年10月24日、日本テレビ) - 井上麻弓 役• 「カシオペアのエンドロール」(2014年12月29日、TBS) - 吉川かなえ 役• 第8話(2015年12月3日、読売テレビ) - 富田令子 役• (2016年2月1日 - 3月31日、東海テレビ) - 花井照 役• 第6話(2016年2月14日、) - 横峯悠子 役• スペシャルドラマ 「」(2016年9月11日、テレビ東京) - 矢吹恵 役• 「32」(2018年4月22日、テレビ朝日) - 下城加奈子 役• (2020年1月11日 - 3月28日、・) - 天野幸子 役 Vシネマ [ ]• 13 「詐欺師潰し」(1996年)• ミナミの帝王14 「銃撃の復讐」(1997年)• ミナミの帝王15 「堕ちる女」(1998年)• ミナミの帝王16 「偽装結婚」(1995年)• ミナミの帝王17 「劇場版VII・先物取引の蟻地獄」(1996年)• ミナミの帝王18 「劇場版VIII・詐欺師の運命」(1996年)• ミナミの帝王19 「劇場版IX・保険金横領」(1997年)• ミナミの帝王20 「劇場版X・待つ女」(1997年)• ミナミの帝王21 「スペシャル劇場版・ローンシャーク・・・追い込み 」(1995年)• ミナミの帝王22 「特別編 密約」(1996年)• ミナミの帝王23 「長編版1〜5」(1997年)• ミナミの帝王24 「嘆きのニューハーフ」(1998年)• ミナミの帝王25 「消えない傷跡」(1999年)• ミナミの帝王26 「劇場版XI・追憶」(1998年)• ミナミの帝王27 「劇場版XII・逆転相続」(1998年)• ミナミの帝王28 「破産・金融屋殺し」(1999年)• ミナミの帝王29 「システム金融」(1999年)• ミナミの帝王30 「アリバイ証明の罠」(1999年)• ミナミの帝王31 「劇場版XIII・リストラの代償」(1999年)• ミナミの帝王32 「劇場版XIV・借金極道 」(1999年)• ミナミの帝王33 「劇場版XV・商工ローン-保証人の落し穴」(2000年)• ミナミの帝王34 「トイチの身代金」(2000年)• ホステスNo. 1 再建屋みなみ(2000年) - 北斗みなみ 役 バラエティー番組 [ ]• (不定期)• 他多数 映画 [ ]• (1987年) - 松永美恵子 役• (1987年)• (1988年) - 杏子 役• (1988年) - 沢野未来 役• (1990年) - 女客 役• (1992年) - 藤堂綾乃 役• (1995年) - 山根ゆかり 役• マグニチュード(1997年)• (1997年)• 元気の神様(1998年) - 坂口由紀 役• (2001年)• (2005年) - 橋本染子 役• シリーズ• (2005年)• (2006年) - 植松妙子 役• (オムニバス)「夕映え少女」(2008年)• (2008年) - おきつ 役• (2010年) - オニツカの母 役• Heart Beat(2012年)• 〜「部屋替え」(2012年) - モモカの母 役 舞台 [ ]• 劇団ダンダンブエノ『バナナが好きな人』(2004年)• 7 (2012年)• 志村魂8 (2013年)• (2014年) - お絹 役• 悪名 The Badboys Return! (2016年) CM [ ]• カコナール(、1986年)• ゲーム [ ]•

次の

石野真子の若い頃からの旦那は長渕剛と大西靖人?現在は激太りで年齢は?

いしのようこ死因

本名:池内義弘 生年月日:1933年5月15日 出身地:京都府京都市右京区 身長:180cm 経歴 伊丹十三さんは、 映画監督・伊丹万作さんの長男として京都府京都市右京区鳴滝泉谷町で1933年に誕生しました。 1938年末に、父親の仕事の関係で一時東京都世田谷区に移住しますが、1940年に再び京都市に戻り、戦時中はそこで過ごしています。 その後、1950年に愛媛県松山市の寺院・多聞院に移り、そこで母と妹と暮らすようになります。 1954年3月、愛媛県立松山南高校を卒業した後に大学を受験するも失敗、上京して 新東宝編集部に就職します。 映画編集の仕事を経た後、一時は商業デザイナーとして働いたこともあったそうです。 1960年には、映画会社の大映に入社し、 「伊丹一三」の芸名で俳優活動をスタートさせました。 1961年に大映を退社した後、1963年の映画「北京の55日」、1965年の映画「ロード・ジム」など 海外映画に出演。 チャールトン・ヘストンら世界の大スターとの共演が話題となります。 この頃、海外映画出演時の経験などをまとめたエッセイ集「ヨーロッパ退屈日記」を発表し、大ヒットとなります。 そして、その後も次々とエッセイ集を出版し、 エッセイストとしても活躍の場を広げています。 1967年に公開された、大島渚監督映画「 日本春歌考」で共演した女優・宮本信子さんと結婚。 この年に芸名を、「一(マイナス)」から「十(プラス)」に変えるという意味を込めて、 「伊丹十三」に改名。 この頃から国内での俳優業に力を入れはじめ、名脇役として映画やドラマなどで活躍しました。 1970年代には、テレビ番組制作会社 「テレビマンユニオン」に参加、ドキュメンタリー番組を中心として映像制作の分野にも進出。 1977年からは、ワイドショー番組「アフターヌーンショー」のコーナー「未解決事件シリーズ」の レポーターを担当するなど、マルチな活躍を見せています。 1984年、 51歳の頃に映画監督に転身。 同年、初監督映画「お葬式」を発表すると大ヒットを記録しました。 「日本アカデミー賞」など30を超える映画賞を獲得し、高い評価を得ました。 その後も、「タンポポ」「マルサの女」「ミンボーの女」「マルタイの女」など、自身の経験や社会問題を扱いつつ、コミカルで娯楽性に富んだ、オリジナリティ溢れる作品を次々と発表。 「伊丹映画」という新ジャンルとして認められるほどの、独自の世界観を作り上げたのでした。 伊丹十三の嫁・川喜多和子とは 伊丹十三さんは若い頃、世界的にも著名な映画製作者・川喜多長政さんの娘である 川喜多和子さんを嫁にしていました。 しかし、1966年10月26日に協議離婚し、1967年に映画「日本春歌考」で共演した女優・宮本信子さんと再婚しています。 宮本信子さんは、「お葬式」「タンポポ」「マルサの女」「ミンボーの女」「スーパーの女」「マルタイの女」など、 伊丹十三さんが監督したほぼ全ての映画作品に出演しています。 嫁であると同時に、映画製作における最高のパートナーとも言える存在でした。 伊丹十三の息子2人とは そして、伊丹十三さんと宮本信子さんの間には、 2人の息子がいます。 長男の池内万作さんは俳優として活躍しており、NHK朝ドラ「あぐり」や「どんど晴れ」、NHK大河「利家とまつ」など、数々のテレビドラマや映画作品への出演歴を持つ一流の俳優です。 そして、2019年現在も俳優として活躍されています。 もう1人の息子で、 次男の池内万平さんも若い頃は俳優として活動されていました。 現在は、俳優業は引退し、「伊丹プロダクション」の取締役や「伊丹十三記念館」の評議員として活躍されています。 伊丹十三が突然の自殺でこの世を去る 映画監督として確固たる地位を築き上げた伊丹十三さんでしたが、1997年12月20日に突然この世を去っています。 同日、午後6時40分頃、「伊丹プロダクション」の事務所として使っていた東京都港区麻布台のマンションの下で、 屋上から飛び降りたとみられる伊丹十三さんの遺体が見つかったのです。 事務所マンションの室内からは、 ワープロで打ったとみられる遺書らしきものが複数残されていたことや、室内に争った形跡がなかったことなどから、警察は自殺と断定しました。 しかし、伊丹十三さんをよく知る人物達の証言から、自殺と見るには 不自然な点がいくつも浮かび上がり、その死には現在でも強い疑惑が持ち続けられています。 伊丹十三の死因に疑問を抱く声が多数挙がる 伊丹十三さんの死因は、警察によって「自殺」と断定されました。 しかし、自殺報道を受けて、複数の人物から自殺を疑問視する声が挙がりました。 妻の宮本信子さんはスポーツ紙の取材に対して、「 そんな事(疑惑報道)で自殺する人ではない」と、自殺と断定されたことに対して疑問を呈しています。 また、伊丹十三さんをよく知る映画監督の大島渚さんや落語家の立川談志さんは、揃ってこの自殺断定に対しての疑問を唱えています。 宮本社長も「(報道を)思い悩んでいたら、私に相談するはず。 そんなことで自殺する人ではない」と首をかしげ、伊丹をよく知る映画監督の大島渚(65)や落語家・立川談志(61)も「 不倫報道ぐらいのことで、あいつは自殺しない」と口をそろえた。 さらに、「フラッシュ」の記事によれば、記者に不倫疑惑を問われた際、 伊丹十三さんは笑いながら「妻に聞いてみればいい(不倫疑惑は)いつもの事だから」と軽く答えたのだそうです。 このように、伊丹十三さんに疑惑報道を深刻に考えている様子が見られなかった事も、「伊丹十三がこの程度で自殺するはずがない」という大島渚さんらの発言に真実味を与えています。 また、「レタリングデザイナーとして一流を自負し、 自らの書き文字に人一倍のこだわりを持っていた伊丹十三さんが遺書を自筆ではなくワープロで書いた事はあまりにも不自然」との声も。 残されていた遺書は、何者かによって偽造されたものなのではないかという疑惑へとつながったのです。 伊丹十三の死因を警察が自殺と断定した理由 自殺とされた理由について まず、伊丹十三さんの死因が「自殺」と断定された理由としては「ワープロで打たれた遺書らしき文書が見つかった事」や「室内に争った形跡がなかった事」などが挙げられています。 伊丹十三さんが残した遺書らしきものの内容は、 「身をもって潔白を証明します。 なんにもなかったというのはこれ以外の方法では立証できないのです。 」 というものでした。 実は、伊丹十三さんが亡くなった2日後(1997年12月22日)に発売された週刊誌「フラッシュ」に、「目撃撮!伊丹十三監督が援助交際!?」とのタイトルの記事が掲載されています。 記事では、伊丹十三さんが当時 26歳のOL・A子さんと不倫援助交際疑惑が書かれており、伊丹十三さんとこのA子さんが2人で事務所に出入りする様子を捉えた写真も掲載されていました。 その後、一部週刊誌が続報として、 このA子さんがSMクラブに勤めており、伊丹十三さんがSMクラブ通いをしていたとの疑惑も報じています。 この一連の週刊誌報道の内容と、伊丹十三さんが残したと見られる遺書らしきものの内容から、伊丹十三さんは この報道への「抗議」のために投身自殺を図ったと推測されたのです。 伊丹十三さんの死因が、「他殺」という噂について紹介していきます。 死因に暴力団が関与している説 伊丹十三さんは1992年、暴力団による「民事介入暴力」をテーマに取り上げた作品「ミンボーの女」を発表しています。 そして、公開の1週間後に自宅の近くで 刃物を持った5人組の男達の襲撃を受け、顔や腕などを切りつけられ全治3ヶ月の大怪我を負っています。 その後、伊丹十三さんを襲撃した5人組は、警察の捜査によって 山口組系後藤組に所属する暴力団構成員だった事が判明します。 折しも、公開の2ヶ月前に施行されていた「暴力団対策法」をプロモーションしているかのような内容でした。 そのため、伊丹十三さんが暴力団構成員からの襲撃を受けた事件は、この映画の内容に対する暴力団からの報復行為だったと見られています。 こうした過去のいきさつもあり、伊丹十三さんの死の真相は、 暴力団関係者によって自殺に見せかけて殺害された「他殺」なのではないか?との疑惑が浮上したのでした。 病院ロビーでカメラを360度パンさせながら説明を始めたり、手近にあるものを病院と焼却処理業者の建物に見立てたり、途中のまとめを手帳に書いたりと見せ方が実に上手い。 — 吉田伊知郎/モルモット吉田 molmot 伊丹十三さんは死の5日前まで、「医療廃棄物問題」についての取材に取り組んでいました。 伊丹十三さんは、本来は法律に則って適切に処理すべき 「医療廃棄物」を 一部の医療関係者が空き地などに不法投棄している事を突き止め、その真相を追っていたようです。 伊丹十三さんはこの取材を通じて、 「薬害エイズ事件」並みの大スキャンダルに辿り着いており、これをテーマにした映画の構想を練っていたと噂されています。 そして、それを 表に出されては困る勢力が自殺に見せかけて伊丹十三さんの殺害に及んだというのが真相ではないかとの説が浮上しているのです。 伊丹十三さんがこの時取材した内容は、NHKによって再構成され、伊丹十三さんの死の3ヶ月後の1998年3月31日、「伊丹十三が見た医療廃棄物の闇」としてNHK総合で放送されています。 これも、他殺説を裏付ける根拠の1つに挙げられています。 つまり、伊丹十三さんが何者かに無理やりアルコールを大量摂取させられて昏睡状態になり、屋上に連れていかれて突き落とされたのではないか?との仮説が唱えられています。 まとめ 社会的メッセージを小気味好いコメディ調で描いた数々の作品を残し、人気を博した映画監督・伊丹十三さんについてまとめてみました。 伊丹十三さんは、映画監督として確固たる人気を獲得し活躍されていましたが、1997年12月20日、事務所として使用していたマンションから落下して突然この世を去りました。 事務所に遺書のような文書が残されていたことや争った形跡がないことなどから、自殺と断定されました。 しかし、伊丹十三さんをよく知る人々からは「伊丹十三が自殺するはずがない」との声が多数上がります。 そして、その他にも不可解な点が複数あった事から、その真相は自殺に見せかけた他殺なのではないかとの疑惑が浮上しました。 その鬼才ぶりは映画ファンから深く愛され、20年以上が経った現在でもその死を惜しむ声が止みません。 伊丹十三さんが残した名作の数々は、今後も語り継がれていく事でしょう。

次の

志村けんと優香の関係は?やりまくりだった?肺炎で志村魂が中止に?

いしのようこ死因

石野真子のプロフィール(年齢は?) 本名:石野真子(いしの まこ) 別名:石野眞子(いしの まこ) 生年月日:1961年1月31日( 満58歳) 出身地:兵庫県 血液型: A型 身長:156cm 職業:タレント 近親者:いしのようこ(石野陽子) 事務所:フロム・ファーストプロダクション デビューのキッカケ:1977年「スター誕生」決戦大会で合格 デビュー曲:狼なんか怖くない 石野真子さんは2019年で年齢が58歳になるようですが、写真を見る限りお若くて可愛らしいですね。 タレントの いしのようこさんの お姉さんでもありますが、姉妹揃ってハーフのような美人系です。 そんな美人姉妹のお姉さんの石野真子さんですが、結婚している旦那さんは今現在いるのでしょうか。 若い頃の旦那は長渕剛と広岡瞬 石野真子さんは、以前、 長渕剛さんと 結婚し 離婚し、その後、 広岡瞬さんと 再婚しましたが再び 離婚しました。 そして 現在は独身で、結婚している旦那さんはいません。 最初の旦那さんの長渕剛さんとの結婚は、当時大々的に報道されました。 本名:長渕剛(ながぶち つよし) 生年月日:1956年9月7日( 2019年で63歳) 血液型: A型 出身地:鹿児島県鹿児島市 職業:フォークシンガー それは 1981年9月のことで、当時 石野真子さんは 20歳で 長渕剛さんは 25歳と、当時でも若すぎるアイドルの結婚でした。 石野真子さんと長渕剛さんの 馴れ初めは、 ラジオ番組「オールナイトニッポン」で パーソナリティを務めていた 長渕剛さんが、ゲストに 石野真子さんを呼んで欲しいという希望があり、ゲスト出演した石野真子さんと長渕剛さんは 話が合い、いい感じになって 交際が始まったと言われています。 その後、結婚し結婚に際して、旦那の長渕剛さんからは、 専業主婦になってほしいとの 要望があり、石野真子さんは 芸能界を引退し結婚します。 旦那さんの長渕剛さんから芸能界を辞めることを要求されて、長渕剛さんの言った通りに引退できるのですから、石野真子さんは当時相当長渕剛さんに惚れていたのでしょうね。 その後結婚生活をしていくわけですが、 1983年3月、 2年という短い期間で石野真子さんと長渕剛さんは 離婚することになるのです。 離婚理由に関していろいろ言われていました。 結婚生活における 意見の違い• 長渕剛さんの 暴力• 義母との 確執 以上の3点が挙げられています。 結婚当初の、専業主婦になって欲しいという要望に、長渕剛さんからの石野真子さんに対する執着を感じられ、石野真子さんとしても結婚後、その執着が息苦しくなったのかも知れません。 さらに長渕剛さんからの暴力や義母との確執があったら、離婚したくなる気持ちもわかります。 石野真子さんは 離婚後、 芸能界に復帰し、離婚から 7年後の1990年に再婚します。 再婚の 相手は、俳優の 広岡瞬さんです。 本名:山田秀樹(やまだ ひでき) 芸名:広岡瞬(ひろおか しゅん) 生年月日:1958年11月28日(2019年で61歳) 出身地:東京都 職業:俳優 1990年石野真子さんは、広岡瞬さんと 再婚します。 当時の 石野真子さんは 29歳で 広岡瞬さんは 32歳で、 馴れ初めは石井ふく子演出の 舞台で 共演し、広岡瞬さんと 意気投合し、その後 結婚しました。 結婚式は豪勢に ロンドンで行われ、結婚後は長渕剛さんとの結婚で失敗した 専業主婦という道はとらず、芸能界で 仕事をしながらの結婚生活でした。 しかしこの広岡瞬さんとの結婚も、 約6年で破局となるのです。 離婚理由に関しては、石野真子さんと広岡瞬さんの両者とも口を閉ざしたままで、本当の離婚理由は わかっていません。 ただ、石野真子さんと 離婚した広岡瞬さんは、その後 芸能界を引退し イギリスで、 レストラン事業を開始したそうで、この広岡瞬さんのイギリスに渡ってレストラン事業を始めたことが、もしかすると石野真子さんと広岡瞬さんの 離婚のひとつの原因になっているかも知れません。 許可された大西靖人との不倫 2度の結婚と離婚を繰り返した石野真子さんですが、 2002年(41歳の時)には 不倫報道が世間をざわつかせました。 その不倫相手は 大西靖人さん( 当時44歳)です。 本名:大西靖人(おおにし やすと) 生年月日:1958年7月7日( 2003年44歳没) 出身地:大分県 職業: 極真会館元空手選手(全日本王者)、 岸和田市議会議員 石野真子さんと大西靖人さんの 交際の始まりは 1998年で、石野真子さんが 当時37歳の時で、 不倫をし 愛人関係となり、 都内のマンションで暮らすことになります。 その都内のマンションには、 大西靖人さんの 息子さんも同居し、石野真子さん、大西靖人さん、息子さんの 3人で生活していたそうです。 一方、不倫された 大西靖人さんの奥さんですが、特に激怒することはなく、記者のインタビューにこう答えています。 「 主人が魅力を感じて付き合っている方でしょうから、別に構いません」 どのような心境で大西靖人さんの奥さんはこのように語ったかわかりませんが、夫に対する執着感は全く感じられず、信頼している感じさえ伺えるコメントですね。 石野真子さんと大西靖人さんの不倫が報道された翌年 2003年1月22日、 大西靖人さんは 亡くなります。 死因は 肝臓がんということで、病院で検査したときにはすでに手遅れだったということです。 大西靖人さんが亡くなる時には、愛人の 石野真子さん、大西靖人さんの 奥さんと息子さんの3人で 看取ったということです。 現在の石野真子さんはフリーのようですが、特別恋心を忘れたわけではないようです。 「 今でも、愛するパートナーが欲しいです」 2019年現在で58歳の石野真子さんですが、これからも恋愛や結婚には前向きに進むようです。 若い頃よりも現在は激太り? 2度の結婚と離婚、愛人とのお別れという人生経験を重ねてきた石野真子さんは、2019年で年齢は58歳になり、 現在は 激太りしたと言われています。 画像を見る限り、激太りという感じは見られません。 こちらの画像は20歳前後のものですが、この頃から張りのある頬をしています。 太っているという感じではありませんが、ぽっちゃりしています。 若い頃と現在の画像を比べると、特に 激太りしていることは ないようです。 逆に 若い頃よりも痩せた感じはあります。 年齢を重ねると代謝が悪くなって太ることが多いですが、石野真子さんは逆に痩せて見えますので、芸能人として 美的に気を使っているように思われます。 石野真子のまとめ 石野真子さんは、 2度結婚し離婚しています。 1度目は 長渕剛さんで2度目は 広岡瞬さんです。 広岡瞬さんとの離婚後は、格闘家で政治家だった 大西靖人さんと 不倫しますが、大西靖人さんの 奥さんは石野真子さんとの不倫を 認めていました。 大西靖人さんが亡くなる時には、愛人の石野真子さんと大西靖人さんの奥さん、息子さんの3人で天国へ見送ったそうです そんな石野真子さんの 現在は、 激太りしたと噂されていますが、画像で比較する限りでは、これといって 太った感じは無く、逆に 痩せたようにも見えます。 いろいろ人生経験を積んできた石野真子さんは、今も芸能界で活躍されています。 今後のご活躍も期待しています。

次の