肉離れ あざ。 肉離れから回復する方法: 9 ステップ (画像あり)

肉離れから回復する方法: 9 ステップ (画像あり)

肉離れ あざ

はスポーツのひとつで、筋肉が部分断裂または完全断裂することをいいます。 下肢の筋肉に起こることが多く、急なダッシュやジャンプをしたときに発症しやすい怪我です。 今回は順天堂大学医学部整形外科学講座の講師であり、サッカークラブのチームドクターを務める齋田良知先生に肉離れの症状や、肉離れと間違いやすい場合についてお話を伺いました。 肉離れとは とは、筋肉が引き伸ばされると同時に収縮するときに起こる筋肉の断裂です。 部分的に断裂することが多いですが、まれに筋肉が完全に断裂してしまうこともあります。 たとえば、ダッシュをしようとするときハムストリングス(太ももの裏の筋肉)はぎゅっと収縮しますが、ここから走り出して膝を伸ばす動きをすると、収縮している筋肉は無理やり引っ張られる状態になります。 このときに、収縮する筋力が引っ張られる筋力に負けることで肉離れが起こります。 肉離れが起きやすい部位 は筋肉であればどこにでも起こり得ますが、特にハムストリングス(太ももの裏の筋肉)や大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)、下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)に起こることが多いです。 サッカーでは内転筋(太ももの内側の筋肉)にもよくみられます。 また、まれではありますが上肢や腹筋に肉離れが起こることもあります。 肉離れが起きやすい場面 は急なダッシュやジャンプをしたときに発症することが多く、このような動きを伴うスポーツであればどのようなスポーツであっても発症する可能性があります。 肉離れになりやすい状態は? 筋肉が硬くなっているときにはに注意が必要です。 筋肉が硬いと、引っ張られた力に対して筋肉が縮もうとする力が強い状態にあります。 このとき筋肉が伸びないため、筋肉が破断して肉離れを発症してしまうのです。 肉離れの症状 受傷時の症状 を発症したときには「ぶちっ」「ばちっ」という断裂音を自身で感じることがあり、痛みを伴うことが多いです。 肉離れの痛み 肉離れによる痛みには主に以下の3つがあります。 伸ばしたときの痛み(ストレッチ痛)• 押したときの痛み(圧痛)• 力を入れたときの痛み 痛みの度合いは、肉離れの重症度によって異なります。 筋肉が完全断裂しているような重症な肉離れでは、安静にしていても痛みを感じることがあります。 外見上の変化 肉離れでは患部に外見上の変化がみられることがあります。 腫れやへこみ、また内出血を起こしている場合には青くなる症状がみられることもあります。 肉離れの検査と診断 の診断や重症度判定の際には、MRI(磁気を使い、体の断面を写す検査)やエコー(超音波検査)などの画像検査を行います。 MRIでは筋肉が損傷している部分を確認することができます。 同じ肉離れであっても損傷している部分によっては重症な肉離れであると診断されます。 たとえば、羽状筋(うじょうきん:鳥の羽のように筋繊維が斜めになっている筋肉)に肉離れが起きている場合には重症な肉離れであると判断します。 また、筋肉内にある筋内腱という部分に生じる肉離れも重症であると判断されます。 エコーでは肉離れによる出血の有無や出血量を確認します。 肉離れと間違いやすいものは?見分けるポイントは? こむら返り と間違いやすいものには、(足がつること)が挙げられます。 特にふくらはぎに起きた場合には見分けが難しいことがあります。 肉離れとこむら返りを見分けるときには、まず発症時の状況を確認します。 こむら返りは疲労や電解質不足で起こることが多く、発症時に筋肉がけいれんすることが特徴です。 そのため、痛みを感じたときに筋肉のけいれんを感じた場合にはこむら返りである可能性が高いです。 また、こむら返りの場合には筋肉が収縮した状態になるため、しばらくは力が入ったまま力を抜くことができません。 しかし、肉離れの場合には筋肉が損傷しているため、通常は筋肉に力が入らなくなります。 これらの違いをもとに、肉離れとこむら返りの鑑別を行います。 筋膜炎 筋膜炎(筋肉の膜に炎症が起こること)も肉離れとの見分けが難しいことがあります。 しかし、ほとんどの場合MRI検査で筋肉の状態を確認することで鑑別が可能です。 筋挫傷 筋挫傷は何かにぶつかったときなどに筋肉が損傷する怪我で、肉離れと似たような症状がみられます。 しかし、筋挫傷の場合は外からの強い衝撃が加わることで発症するという明らかな受傷機転があります。 そのため、患者さんから受傷時の状況を聞き取ることで鑑別を行います。 肉離れになったときの対処法 を疑う怪我を発症した場合には、ただちに応急処置を行いましょう。 応急処置の方法はPOLICE(ポリス)=Protection(保護)Optimal Loading(適切な負荷)Ice(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)が基本です(詳細は記事2をご覧ください)。 特に、内出血の拡大を防ぐために受傷直後のアイシングが重要です。 出血が拡大することで患部以外にも血腫(血の塊)が増えます。 すると、血液が体内に吸収されるのに時間がかかるため、結果的に治療期間が長引く原因となります。 ただし、過剰なアイシングには注意が必要です。 血液には血小板という組織を修復する作用を持つ細胞が含まれています。 患部を冷やしすぎると血流が滞り、損傷した部分に血小板が不足します。 そのため、一定間隔でアイシングを中断して患部に血流を戻すことも重要です。 肉離れを起こしたら、スポーツ再開はいつから? 痛みが完全に消失してから 先ほど、による痛みには「伸ばしたときの痛み」「押したときの痛み」「力を入れたときの痛み」の3つがあるとお話ししました。 これらの痛みのうち、肉離れが治っていくにつれて「伸ばしたときの痛み」と「力を入れたときの痛み」がはじめに消えていきます。 たとえば、ハムストリングス(太ももの裏の筋肉)の肉離れの場合、肉離れを起こした足を伸ばしてみて、正常な側の足と同じ高さまで痛みを感じずに挙げることができるかを確認します。 このときのストレッチ痛なく足を挙げることができ、さらに力を入れてみても痛みを感じなければ、まずは軽いウォーキングや、階段の上り下りなどから始めてみてください。 ストレッチ痛がなくなったからといっていきなり運動を再開してしまうと、肉離れを再発する危険性があります。 そのため、ウォーキングなどの日常生活動作に不安がなくなってから、ジョギングなどの軽い運動を行うようにしましょう。 患部を押したときの圧痛は最後まで残ることがほとんどです。 押したときの痛みも完全に消失してからスポーツに復帰するようにしていただきたいと思います。 再発防止のためには復帰前に筋力の回復も また、肉離れを起こしたあと筋肉を使わない状態が続くと、受傷前よりも筋肉が細くなってしまいます。 筋力が回復していない状態でスポーツを再開すると、再び肉離れを発症する恐れがあります。 そのため、受傷部分の筋力をしっかりと回復させてから復帰するようにしましょう。 大腿周囲径や下腿周囲径を計測し、これらがもとの太さに戻ってからスポーツを再開することをおすすめします。 順天堂大学医学部付属順天堂医院 整形外科・スポーツ診療科.

次の

肉離れの見分け方は?軽度~重度の症状を解説!筋肉痛との違いは?

肉離れ あざ

肉離れで出るアザは内出血と関係があるのでしょうか? 肉離れで出るアザは内出血と関係があるのでしょうか? よく肉離れを起こした際に内出血を伴っていることがあります。 そのあとにアザが出ることもあり、内出血とアザは無関係のものではありません。 アザは打撲などでできることもあり、人生の中で誰しもが経験したことがあると思います。 しかし内出血というのは経験の無い方もおられるので、肉離れを起こして内出血するとけっこう心配される方も多いのです。 ここでは肉離れを起こした際の内出血とアザについて解説していきます。 ご参考下さい。 理学療法士や作業療法士、実業団選手も来院する整体院 肉離れの症例や実績は全国でもトップラクラスの整体院です。 肉離れを起こした際の内出血について 肉離れを起こした際の内出血について解説していきます。 肉離れで内出血を起こしている方はときどきおられます。 肉離れだけならまだしも、内出血を起こしているとびっくりされる方も多いようです。 上が肉離れで内出血を起こしている場合の写真です。 これは筋肉に急激な負荷がかかりダメージを受けた際に、筋肉の毛細血管が切れて出血してしまっている状態です。 しかし大きな血管が損傷しているわけではないので、安心して大丈夫です。 写真だけ見ると非常に痛々しい感じですが、内出血は日数が経過するごとに良くなっていき、最終的にはきれいに元通りになります。 あまり気にしないようにして経過を見守りましょう。 肉離れで内出血している際の処置はアイシングで冷やす 肉離れを起こして内出血している場合の処置としては、アイシングで冷やすことで基本的に問題ありません。 冷やすことで肉離れを起こした患部の炎症を抑え、内出血している場合でも有効な手段です。 治療についてですが、内出血している場合では治療は始めないほうが無難でしょう。 当院の場合でも肉離れで内出血を起こして3日が経過してない場合には、4日目以降に治療を受けるよう勧めています。 炎症のピークといわれる3日間だけはアイシングで冷やすようにし、肉離れの治療は4日目以降がよいと思います。 筋肉の状態を把握するためにも、肉離れで内出血している場合は整形外科でお医者さんの診察を受けられるのもよいでしょう。 肉離れの内出血は心配しなくても大丈夫 肉離れの内出血は心配しなくても大丈夫です。 内出血はけっこう気にされるて心配される方も多いのです。 そういった体験はなかなかないだめに不安があるのだと思います。 しかし肉離れの内出血は毛細血管が切れているだけなので、日数が経過するごとに自然と落ち着いてきます。 そして日数が経過してくると、内出血を起こした跡が下に移動していきます。 これは重力によって内出血した跡が下に落ちてきてしまうためです。 最終的にはきれいに無くなるので問題ありません。 そして内出血が落ち着いたあとは、しっかりと肉離れの治療を受けましょう。 しっかりした治療を受ければ、内出血していた肉離れでも完治することはできますし、またスポーツにも復帰することができます。 内出血していたとしても、筋肉の炎症さえ落ち着いていれば通常の肉離れと大差はありません。 肉離れ後のアザについて 肉離れ後のアザについてです。 これもときどき見られるので心配することはありません。 アザができているのは皮下出血のせいです。 肉離れで内出血した後にアザができることが多いのですが、これは特に気にすることもないでしょう。 中には気にする方もおられますが、通常のアザと同様に日数が経過するごとに少しずつ消えていきます。 肉離れ後のアザはよく見られますし、治療を受ける際にも差し支えないので気にしないようにしましょう。 もちろんアザができている場合の肉離れでも完治することはできます。 肉離れで内出血していたりアザがある場合のまとめ 肉離れで内出血していたり、アザがある場合のまとめです。 しかし通常の肉離れと大差はありませんので、何も不安になることはありません。 当院に肉離れで来院される方の中にも内出血されている方はときどきおられますが、3日以上経過していれば施術も通常どうり行いますし、普通に完治されて運動やスポーツに復帰されています。 内出血しているからといって必ずしも重症というわけではありませんので、極端に心配しすぎないようにしましょう。 お気軽にお問い合せ下さい。

次の

身に覚えがない『あざ』ができる原因は6大病気の警告サインかも!?

肉離れ あざ

スポンサーリンク 激しい運動などをする場合、その部位の筋肉は激しい収縮を起こすことになります。 これが許容範囲内を超えてしまった場合に、筋繊維が耐えきることができずに損傷してしまう、というのがいわゆる肉離れの症状です。 ここでは、この肉離れの治療について紹介します。 【肉離れは内出血が起こっている】 まず基本的な部分ですが、肉離れというのは内出血が起こっている症状である、というように考えるべきものです。 筋繊維自体に対する損傷がどの程度であるのかによって、肉離れとそれによる内出血についても、どの程度のレベルで発生しているのかに違いがあることは考えて置かなければなりません。 歩くのも厳しい、というような症状が出ているならば放置することはないかと思いますが、そうでない場合、要するに軽度である場合には放置してしまいがちです。 それでは、軽度の肉離れによる内出血であれば、放置してしまって自然治癒を目指して問題がないのでしょうか? スポンサーリンク 【内出血は放置すべきではない】 最初に結論から述べておきますが、内出血を放置によって自然治癒させようとするのは、あまり良い方法というわけではありません。 確かに軽度のものであれば比較的短期間で自然治癒することが可能であるため放置によって治らないわけではありませんが、正しい方法ではなく放置を行っている場合、それがクセとなって残ってしまう可能性があります。 つまり、同じような場所にまた肉離れや内出血が発生し易い状態になってしまいやすい、ということです。 そういった症状の再発などを抑える事を考える上でも、やはり放置をすることは推奨できることではありません。 放置せずに病院にかかり、症状を診てもらうようにした方が安心できるでしょう。 基本的に自然治癒を目指すべきではない症状である、ということがおわかりいただいたかと思います。 それでも時間がなく自然治癒を目指することになってしまう場合については、しっかり痛みが消えるまで安静にするようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の