結婚 式 トラブル。 次男の結婚式トラブル

メルパルク仙台の結婚式トラブル内容!式場トラブルで評判最悪で炎上!

結婚 式 トラブル

近年全国の消費生活センター等では、結婚式に関するトラブルが年間1,000件以上寄せられているんです! 具体的な内容としては、契約段階でのトラブルや、打ち合わせしたものと当日のものが違っていた、等様々なものがあります。 式場見学時にもらう見積書から100万円以上大幅な値上がりをさせられ、最終的に夫婦で話していた予算からものすごく料金が上がってしまったケースです。 こんなことが起こってしまう原因として、式場見学時にもらった見積もりは、 ドレス、カラードレス、タキシードのセット金額がもともと入っていましたが、最低金額のものだったので、試着をしてから各6. 7万ほど上がることがわかりました。 また2次会にもドレスを着たいと思っていましたが、割引がほとんどありませんでした。 全てを式場にお願いすると金額が上がってしまうので、全て提携外で探しました。 東京都:mayuさん 仮名 こちらのケースは、初回の見積もりからドレスの金額が大幅にアップしてしまったというもの。 またカラードレスも持ち込み料は出してくれるレンタルショップを見つけて節約することができました。 提携内のドレスショップで借りるよりも安く、しかも着たいドレスが着れてとても満足です。 私たちが契約したプランは、 見積もりでは30万のドレスを15万で借りられるというものでした。 契約後、 予約してもらった衣装店で上記プランであることを伝えると、衣装店担当者より「当店はあくまで式場さんと提携しているだけなので、料金は独自の割引が適用されます」と言われました。 半額以下の値引き率の衣装もありましたが、金額そのものは私たちが事前に伝えていた予算 15万 の倍近い金額を提示されました。 「気に入ったものは早く押さえておいたほうが良いですよ」という常套句にまんまと乗せられて契約してしまいました。 広島県:Yumiさん 仮名 こちらの花嫁さんは、その後式場のプランが適用される提携ショップを見つけましたが、適用されない一件目のショップで契約をしてしまい結局予算オーバーしてしまいました。 式場の提携先のドレスショップなら、当然どのショップでも割引が適用されると思ってしまいますよね。 式場見学はあらかじめ結婚式のイメージを情報収集したうえで式場見学に行きました。 プランナーさんからは当会場はやりたいことを可能な限り叶えますとのお話があり、私の希望等を含めて見学の後半に見積もりの話がありました。 自分が思っていたより高額だっため帰ろうとしたところ、何が不満か悩みどころは何かを聞かれ、ここでは挙げられないと思ったので、ハッキリ値段と他の会場も見たいとお話しました。 すると上長と確認すると言われて、ここだけの話しにしていただきたいのですが、やりたいことを10万円で全てやらせていただきます。 とのお話をいただき、それなら挙げられるからと式場を決めました。 しかし、打ち合わせも進み、会場内の装飾・装花・演出の打ち合わせの際にこれは追加料金がどんどん追加されました。 埼玉県:Minaさん 仮名 上記でも少し触れましたが、式場側はできる限りブライダルフェアに来たその場で契約をしてもらいたいため、当日割引をつけたりして勧誘してきます。 しかしこちらの方は、やりたい演出などの料金を割引してもらえるなら、と契約したにもかかわらず、実際の見積もりは全く割引されていなかったそうです。 普段からお世話になっている美容師さんにヘアメイクを依頼をしたい!と、担当してくれた方に伝えたところ、「うちは、動物と生の物 花や食べ物 以外は、なんでも大丈夫です。 」と言われ、美容の見積もりを0円 15万円相当 で契約をしました。 打ち合わせが始まり、プランナーさんは契約時と別な方でした。 初めましてでもあり、契約内容を確認していた矢先「当式場は美容部分を持ち込みされても、15万円は支払っていただいております。 」と一言。 一歩も引く気がなさそうだったので、一回目の打ち合わせは泣き寝入り状態で帰りました。 打ち合わせは計4回のみで、ようやく4回目 もう総額が決まり、値引きできるところがない段階 で、美容の部分の話になりました。 そこでも15万分は支払ってもらうの一点張りでした。 東京都:Aiさん 仮名 引き出物は宅配と決めていたが 契約後に引き出物は式場で頼まないと規約違反だという説明があり 違約金がかかってしまった。 プランナーさん式場と何度も話し合いをして違約金を払い外部のネットから注文できる引き出物宅配を手配しました。 その式場は以前は引き出物は外注でも大丈夫だったようですが〔ネットのブログで、確認済み〕、私達が式を挙げる年は提携先の引き出物しか注文出来ない、違約金がかかるという話だった。 違約金を払ってでも 引き出物宅配は参列者にとても喜ばれたし、親族、会社、友人引き出物の品数や大きさが違くても問題が無かった事 ネットからの注文だった為かなりの割引があり結果、節約にもつながり良かったです。 埼玉県:Wakakoさん 仮名 このケースのように、以前はOKだったことがNGになってしまうことは結婚式場ではよくあります。 この方は違約金を払うことになってしまいました。 何か持ち込みをしたい場合はあらかじめ契約前に確認するようにしましょう。 プランナーさんの確認不足や情報共有の漏れ、式場側の対応に不信感をいだいている花嫁さんがとても多かったんです! こちら側がとても大事だと思って伝えたことが、式場側にはそこまで重要だと思っていなかったなど認識の違いから生まれてしまうトラブルも。。。 同じ結婚式場でも担当するプランナーさんによって満足度は大きく変わってきます。 確認・連絡漏れ 沖縄で挙式をする予定でした。 ドレスも決まり、アルバムやブーケ等の打ち合わせに入ったのですが、担当プランナーさんと本当に合いませんでした。 アメリカサイズだから1つ下のサイズで大丈夫ですと言われる。 1度目の時は電話で連絡をいただいたのですが、2度目の時はメールで連絡で謝罪もなし。 埼玉県:Ayuさん 仮名 担当プランナーさんの対応が悪かったケースです。 結局この方は本部やチーフの方と話し合いを重ねましたが、信頼できずに最終的にキャンセルをしたそうです。 初めて見学に行ったので色々わからないことが多かったのですが、 説明されるのはこちらが 求めていない情報ばかり。 一番肝心な見積もりもしてもらえず、勇気を振り絞って料金はいくらか尋ねるとその辺に置いてあった紙の裏に、このくらいですかね!と適当に殴り書きで金額を書かれたのみでした。 その時点で不安はあったのですが、もうこの日しか空いていません!この日にしましょう! とろくな説明もないまま強引に仮契約をさせられそうになりました。 この仮契約をキャンセルした場合いくらかかりますか?と聞くと5万円とのこと。 その説明もなしに、 夫や家族、友人に確認もせず日にちや会場を自己判断だけで決めることや、こちらの知りたい情報を適切に伝えず、契約を強要されたことは、詐欺に近いと感じました。 北海道:Namiさん 仮名 主人が私に内緒で披露宴の最後にサプライズで手紙を読む予定でプランナーさんと話をしていたらしいんですが、式の1週間前にプランナーさんから当日の流れが書かれた紙が送られてきて、先に私が見たら最後に新郎からサプライズレターありとネタバレが書かれていました。 普段からサプライズが苦手で、人生初の試みだったのでネタバレされてしまい、主人は相当ショックを受けていました。 長崎県:Yukiさん 仮名 せっかくのサプライズが、プランナーさんのミスでネタバレしてしまったという悲しいトラブル。 結婚式のサプライズは式場側の協力が必要不可欠。 いくら本人が内緒で準備をしていても、式場側のミスで台無しにされては、どうしようもないですよね。。 こちらの方は、ご主人は怒りが治まらなかったので、終わった後にプランナーさんの上司の方に直接説明していました。 が、その方は他人事のような感じで平謝りだけであまり重大な事だと感じてないようでなんともモヤモヤした気持ちになってしまったそう。。 未だに結婚式の話をすると一生に一度のサプライズが失敗したことを思い出して悲しい気持ちになってしまうそうです。。 ウェディングケーキは勧められて1人1700円の60名分の「レモンが乗った キャラメルソースのネイキッドケーキ」をオーダー。 当日オーダーした通りのケーキが届き、ケーキドリップとファーストバイトを行った。 最後のデザートでゲストに提供されたのはただのショートケーキ。 ゲストにあのキャラメルソースの乗ったケーキが出なくて残念、どこにいったんだー?と言われてショックを受けた。 式場に問い合わせたら 一部の人に配ったと言われる。 60名のテーブルの人それぞれに聞いたけど キャラメル味のレモンのケーキを食べた人はいないと言われた。 その他さまざまなありえない言い訳をされました。 ソースを塗って出したからキャラメル味はするはず、こちらはオーダーされた通りにした等 オーダーしているケーキが一部の人に配られるのはおかしいと主張したが 式場はオーダーしたケーキを作って提供したの一点張りで 式後 幸せな気持ちに浸れず 本当に辛い思いをした。 大阪府:Nahoさん 仮名 当日、ウェディングケーキがゲストに振舞われていなかったケース。 ゲストは食べていないと言っているのに、式場に問いただしても、オーダーしたケーキを配ったと一点張り。 認識の違いがトラブルを生んでしまいました。 プランナーさんからあらかじめ休暇の連絡を教えてもらうのが一番ですが、トラブルを防ぐためにはできるだけ打ち合わせ時に相談したいことや確認したいことを直接話せるようにしておくのが無難です。 しかしどうしても連絡したいときも出てくると思うので、プランナーさんが不在の場合は、代わりにどこに連絡すればいいのかをあらかじめ確認しておくと安心です。 初期見積もりから大幅な値上がりをしないためには? A. 契約前に貰う見積書に抜けている項目がないか確認する! 初回の見積もりはドレスや料理などのランクが一番下のものになっていたり、演出系が含まれていない場合が多いです。 持ち込みを可能にするためには? A. 持ち込み関係は必ず『 契約前』に交渉することが鉄則です!! Q. 式場側の対応に困ったときには? A. 式場の上の人や消費生活センターのプロに相談する! 担当プランナーさんが合わない、信頼できない、、と感じた場合は思い切って担当を変えてもらうのも手です。 本人には言いづらい、、ということなら、式場の上の人に直接連絡して対応してもらいましょう。 金銭面でのトラブルに対して式場から理不尽な対応をされるなど、自分たちでは対処できない場合は消費生活センターなどプロに相談するのもおすすめです。 画像提供:.

次の

結婚式費用でよくあるトラブル事例 [結婚のお金] All About

結婚 式 トラブル

結婚式はあなたの同窓会ではありませんと言いたい。 私の結婚式はあなたの同窓会ではありませんと言いたいです。 自己中にもほどがあります。 常識はずれです。 一大イベントなのに嫌な思い出になりそうです。 二次会を頼んだ友人が「誰もやらないなんて言ってないじゃん!」と逆ギレ... いわゆるキューピットです。 旦那様とは高校からの友人で男性ですが、なんでも話せる友達です。 友人も保育園からの付き合いで、二人の結婚式では、スピーチを頼まれやりました。 その後私の結婚が決まり、二次会の幹事を二人にお願いしたところ「内容によってはやる」との返事。 二人には色々してきたつもりだったのに内容によってはやらないって事?と思い。 「大変そうなら他の人にお願いするからいいよ。 」と返事をしたところ、 「誰もやらないなんて言ってないじゃん!」と逆ギレされました。 こちらも悪かったと思い、すぐに勘違いしちゃってゴメンね。 と謝ったのですが「はぁ?何言ってんの?」と全く仲直りする感じがありません。 その友人には結婚式にも来てもらう予定で招待状を送ったのですが、先日その喧嘩腰のやりとりの後買い物中友人の旦那様に偶然会い、ゴタゴタが起きちゃってるんだけれど、家の中で何かあったの?と少し話をしました。 数日後招待状の返信ハガキが届いたのですが、欠席に丸があり、「うちの旦那とコソコソ会って何してんの?私がもしあなたの旦那に勝手に会って悪口聞かされたらどう思うの?そんな人の結婚式には出られません」と悪口が書かれていました。 ほんとに気分が悪いです。 今まで長い付き合いですが、こんな事を書かれて悲しい気持ちでいっぱいです。

次の

結婚式前後のトラブルが忘れられない、前向きになりたい

結婚 式 トラブル

イメージしていたメイクと全然違う! プロのメイクアップアーティストにお任せすれば、すごい美人にしてくれるだろうと思っていました。 でも結婚式当日になってメイクしてもらうと、イメージとまったく違ってまるで別人! ショックを受けたまま結婚式を迎えることになってしまいました。 イメージ通りのメイクをしてもらいたいなら、メイクリハーサルを行うのがおすすめ。 メイクリハーサル時には、普段自分でしているメイクを踏まえた上で、 「こうなりたい」 というイメージを具体的に伝えましょう。 さらに、 着る予定のドレスの写真もしくは実物を、メイク担当の人に見せておくともっと良いですよ。 そうすれば、ドレスにぴったりの素敵なヘアメイクをしてくれるはず! スピーチする人がドタキャン! 結婚式当日になって、スピーチ担当の友人が急な体調不良で不参加に! 時間もなかったので、プランナーを通じて別の友人にお願いしました。 いきなりスピーチをお願いされた友人は慌ててしまって。 友人のしどろもどろなスピーチを聞きながら、 『スピーチは無しで良かったかも』 と思ってしまいました…。 結婚式では、スピーチをお願いしていた人が急にキャンセルする可能性もあります。 この場合は、代理スピーチをお願いする、もしくはスピーチを無しにする、このどちらかに決めなければいけません。 代理スピーチを頼むなら、普段から話し上手な人や、特に親しくしている人など、快く引き受けてくれそうな人にお願いを。 また、スピーチをする人が変わったことをプランナーに伝えるのも、忘れないようにしてください。 新郎の名前が間違っている! 披露宴で流れるのを楽しみにしていたプロフィールムービー。 始まってみると、自分の名前が間違っていてびっくり! これまで何度も間違われたことはありましたが、まさか結婚式で間違われるとは・・・ 凍りつく新郎の顔が目に浮かぶようなエピソードですね。 プロフィールムービーをプロや友人にお任せする場合、でき上がりは披露宴で見たいという気持ちになるのはわかります。 ですが、間違いがあるとそのまま当日ゲストの前で流れることに・・・ 事前に軽くチェックしておいた方が安心です。 同様に、二人でプロフィールムービーを作る場合も、間違いがないように確認しておくことをおすすめします。 DVDが届いてない! 結婚式当日になって、披露宴の演出用に作ったDVDが会場に届いてないことがわかり、大慌て! せっかく時間をかけて作ったのに、DVDを流せないまま披露宴はお開きになってしまいました。 まだDVDは手元にありますが、悔しくて再生できないままでいます。 いつかこのDVDが日の目を見る時はくるのでしょうか。 なんともやりきれないトラブルですね。 結婚式では、事前に持ち込むものがたくさんある人もいるでしょう。 持ち込みたいものを前もって式場へ送る場合は、「同封物リスト」を作って添えておくのがおすすめです。 プランナーから到着確認の連絡をもらったら、リストを見ながら中身のチェックを一緒にすると良いですね。 挙式の最中にお腹の調子が… 結婚式当日、メイクも終わってドレスを着ようという時に、急におなかの調子が・・・。 前日までは健康だったので、お薬も持ってきていなくて、そのまま結婚式に突入してしまいました。 一日じゅう、腹痛と戦っていた記憶しかない結婚式。 だからこそ緊張が高まって、体調を壊してしまうということも。 急な体調不良に備えて、常備薬は持参するようにしましょう。 また結婚式前日は、早めにベッドに入ることを心がけて! 自分なりのリラックス方法を見つけておくのもおすすめです。 消えたご祝儀… いただいたご祝儀の額と、ご祝儀袋の外側に書かれた金額にズレがありました。 受付をお願いしていた人が盗むとは考えにくいし、いったいどこにいったんだろう?とモヤモヤした気持ちが、今も心の中に残っています。 ご祝儀は親族に預かってもらうか、式場に貸金庫がある場合はそちらへ預けておくのをおすすめします。 見積もりと請求額が違う! 見積もりでは割引がついていたのに、請求書を見ると、割引なしの金額になっていました。 式場に問い合わせると、向こうのミスだったようで・・・すぐに正しい請求書を出してもらいました。 支払いをする前に気づけたのは、不幸中の幸いでしたね。 これは気をつけたいエピソードですね。 結婚式の費用って、けっして安いものじゃありませんし… 結婚式場のスタッフも人間です。 時にはミスが起こることもあるでしょう。 全部スタッフに任せてしまうのではなく、大事なところは自分たちでしっかり確認するようにしたいですね。

次の