間隔 を あける 英語。 勉強の間隔/時間をあけてしまった って英語でなんて言うの?

ワードで英単語を入力すると文字間隔が異様にあいてしまいます

間隔 を あける 英語

カナダの学校でビジネス心理学を学びましたが、その中に接近学(proxemics)がありました。 会話スペースは話者間の関係や文化や状況により広くなったり狭くなったりします。 話が長くなりましたが、「社会距離」はsocial distanceの直訳かつ、社会学の専門用語で解りにくいですよね。 現在は、感染防止のため「社会距離」と言う言葉が使われているので、捻りも何もありませんが感染防止距離が一番しっくりくると思います。 参照 ごもっともです。 すでに専門家や担当官庁で「社会的距離」と決めたのですから、もはや [No discussion] の類です。 英語の新しい用語を日本に持ち込む時には、その日本人担当者が最初に訳語を作ります。 たとえば、コンピュータ用語などは典型的です。 野球もそうですね。 遡ると江戸時代の「ターヘル・アナトミア(解体新書)」の翻訳でも、日本語用語化に苦労したそうです。 決めた後で、不満があっても、もう遅いですね。 今回は、また、[social] という 意味の広い word を持ち込んだので、「曖昧度」が増しました。 それでも、私なら、「人間(じんかん)距離」としますね。 車の「車間(しゃかん)距離」に倣って。 物理的な距離の意味で良いので、あっさりと! 「人間(にんげん)距離」と読みそうなので却下でしょうかね。 それでもいいですがね。 同じような意味だし。 「車間距離」という用語には、なぜその距離をとるかの意味が含まれていません。 ですから、同じように、「人間(じんかん)距離」。 社会的距離には意味が五万とあります。 あり過ぎます。 でも許します。 Social distancingは、確かに具体的な距離を指して言われていますけど、本来このような事態では、いつも以上にSocializing(Virtual が必要ですよね。 お互いの気遣いや心遣いが。。。 離れて家族や友人と電話やメールなどで近況を確かめ合ったりすることが。 社会距離とは本当にまずい訳だと思います。 「他人との物理的距離」という意味ですが、うまい日本語が出てきません。 「人と人の間隔確保」?? アメリカでは、6フィートと言われており、スーパーのレジの前の列なども、ガムテープなどで前の人との距離を示して確保するようになっています。 また比較的狭い(と言っても日本ほどではないですが)店では、一度に入店できる人数を20人から30人などと決めて、外で待たしていますね。 元々専門用語ですから文句を言ってみても意味がありません。 なお、メディアではできるだけ簡潔な表現が好まれますので、その意味でも問題はないでしょう。 日本語では「社会的距離」と訳されているようです。 これはそもそも心理学や社会学の用語です。 アメリカの文化人類学者、エドワード・T・ホール氏は1966年に、人と人との距離を親密距離、私的距離、社会的距離、公共的距離の4つのパターンに分けました。 そのうち、社会的距離は、相手に手は届きづらいけれど、容易に会話ができる程度の空間を指します。 もしも「距離を保つ」ことを求められたなら :あなた自身の安全のために 新型コロナウイルス感染者が日々増加する現在,あなた自身が「他者と距離を取る」必要が出てくる場合があります。 その時に,必要な社会的支援を受けつつ,より良い形で「距離を取る」ために役立つ考え方を,心理学から提案します。 世界中の政府が,新型コロナウイルス感染者,または感染者と接触した人々に, 感染の拡大を遅らせるために,社会的距離の確保(social distancing), 検疫,あるいは隔離措置の実施を求めています。 社会的距離の確保とは,他者と接触する際に安全な距離(約1. 8メートル)をとり, 学校,教会,コンサートホール,公共交通機関など人が集まる場所を避けることです。 訳者注)安全な距離について,WHOは1メートル(3フィート)としています(参考)。 先般の回答はさて置き、ここに示された「社会的距離の確保」というのが、日本語は兎も角も、 原義内容の本質を捉えているとは明白でしょう。 縦割りのアカデミズムにおいては、それぞれの分野における独自の訳語が存在するであろうことは、 想像に難くはありませんが、私個人の感覚においては「安全確保」という概念を投じることで、 一定の効果を有する訳語へと接近するのではと斟酌致します。 【私案】 social distance 対人間安全距離 social distancing 対人間安全距離の確保.

次の

間隔(かんかく)の類語・言い換え

間隔 を あける 英語

A ベストアンサー 「書式」「段落」を開くと、配置が「両端揃え」になっていると思います。 日本語の場合、単語の途中で改良するのはありありなので、それで問題ないのです。 1の方が書かれているように、段落の設定を「左揃え」にすれば、上記のような間はあかなくなります。 標準スタイルの段落設定を左揃えに設定すれば、文書全体にその状態が適用されます。 その代わり、行の右端に(ページ設定の余白で設定した所まで)間があきます。 モニタ上では上付きの小さな丸が表示されますが、印刷されない半角スペースになります。 (もしかしたら、このスペース使うと校正などのツール使えないかもしれません。 確認してませんのでご了承ください。 )このスペースは、続けてアルファベットを打っているのと同じ扱いのスペースなので、Wordが自動でする文字間の余白取りの対象外になります。 A ベストアンサー 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパーのタイトル、自分の名前を真ん中部分に書きます。 で、下のほうに教授の名前とクラス名、それと日付。 本文の最後には別ページで参照文献のリストも必要です(もしあれば) あと英文を書く上での常識ですけど、段落の最初はスペース5つですよ(笑) あとは上の部分をホッチキスで止めて(プラスチックファイルはいやがる人もいます)提出かな? 念のために自分の分もプリントアウトしておいたほうがいいかもしれないですね。 ちなみに、wordの文法チェックはあてにならないので、うっとおしいならきっといたほうがいいですね。 スペルチェックは最後に確認程度で使うのがいいかな?自動修正するようにするとこれもうざったいです。 じゃーがんばってくださいね。 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパー... A ベストアンサー 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent the first line of each entry three spaces. -------------------------------------------------- とありますが、本全体ではfive spacesが主流のようです。 この本はHunter College, City University of New York いわゆるCUNY の教授によって書かれています。 これが標準と考えて差し支えないでしょう。 Raimes, Ann. Keys for Writers. 2nd Edition. New York: Houghton Mifflin. 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent...

次の

間隔をあける:Webサイト作成.com

間隔 を あける 英語

A ベストアンサー 「書式」「段落」を開くと、配置が「両端揃え」になっていると思います。 日本語の場合、単語の途中で改良するのはありありなので、それで問題ないのです。 1の方が書かれているように、段落の設定を「左揃え」にすれば、上記のような間はあかなくなります。 標準スタイルの段落設定を左揃えに設定すれば、文書全体にその状態が適用されます。 その代わり、行の右端に(ページ設定の余白で設定した所まで)間があきます。 モニタ上では上付きの小さな丸が表示されますが、印刷されない半角スペースになります。 (もしかしたら、このスペース使うと校正などのツール使えないかもしれません。 確認してませんのでご了承ください。 )このスペースは、続けてアルファベットを打っているのと同じ扱いのスペースなので、Wordが自動でする文字間の余白取りの対象外になります。 A ベストアンサー 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパーのタイトル、自分の名前を真ん中部分に書きます。 で、下のほうに教授の名前とクラス名、それと日付。 本文の最後には別ページで参照文献のリストも必要です(もしあれば) あと英文を書く上での常識ですけど、段落の最初はスペース5つですよ(笑) あとは上の部分をホッチキスで止めて(プラスチックファイルはいやがる人もいます)提出かな? 念のために自分の分もプリントアウトしておいたほうがいいかもしれないですね。 ちなみに、wordの文法チェックはあてにならないので、うっとおしいならきっといたほうがいいですね。 スペルチェックは最後に確認程度で使うのがいいかな?自動修正するようにするとこれもうざったいです。 じゃーがんばってくださいね。 他の方がほとんどお答えになってますが、一応アメリカで現役の大学生なので参考までに… フォントは10~12ptがいいと思います。 あとダブルスペースはマイクロソフトのwordであればctrl+2のショートカットキーで簡単にできるので、最後にすればいいと思います。 マージンなんかは特に指定がないのであれば、常識的に見ておかしくない程度であればいいと思いますよ。 アメリカではMLA形式というのが一般的ですけど、手元にあるwritingの本を参考にすると、まずタイトルページを最初につけて、ペーパー... A ベストアンサー 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent the first line of each entry three spaces. -------------------------------------------------- とありますが、本全体ではfive spacesが主流のようです。 この本はHunter College, City University of New York いわゆるCUNY の教授によって書かれています。 これが標準と考えて差し支えないでしょう。 Raimes, Ann. Keys for Writers. 2nd Edition. New York: Houghton Mifflin. 気になったので昔読んだ本でindicationについて調べてみました。 どうやらOne-half inchまたはfive spacesのようです。 -------------------------------------------------- Begin the first line of each note one-half inch or five spaces from the left margin. Do not indent subsequent lines of the same note. -------------------------------------------------- ただ、同じ本のChicago Style Endnotes 巻末 の項目には -------------------------------------------------- Indent...

次の