コロナ 弱毒化。 【朗報】 新型コロナウイルスが弱毒化。コロおじ涙の就職へ

新型コロナウイルスは弱毒化して終息する

コロナ 弱毒化

新型コロナウイルスの感染リスクが最も高いのが中国人と日本人 なぜそう説明できるのか 新型コロナウイルス(COVID-19)は、2019年12月に中国の湖北省武漢で特定された。 そして、中国で数万人に致命的な発症を引き起こした。 この新型コロナウイルスは、受容体であるアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)との関係なおいて、SARS と共有すると報告された。 これは、公開されたデータベースと最新の細胞 RNA の解析技術、正常なヒトの肺における ACE2 RNA の発現プロファイルに基づいている。 その結果は、ACE2 ウイルス受容体の発現が、II型肺胞細胞(AT2)の小さな集団に集中していることを示している。 研究により、この ACE2 を発現する AT2 集団は、驚くべきことに、ウイルスの繁殖と伝播を積極的に調節する他の多くの遺伝子も高度に発現させていることが見出された。 8つの個々のサンプルの比較により、東アジア人男性のサンプルでは、肺に非常に多くの ACE2 発現細胞が存在することが示された。 これは、中国人科学者が、Bio Rxiv に発表した。 これは査読されていない予備調査であることに留意されてほしい。 新型コロナウイルスは、ACE2 受容体と呼ばれるものとのの何らかの接続を介して人体に入るようだ。 その ACE2 は、東アジア人男性が最も多く持っており、そして白人のヨーロッパ人と女性はそれより発現が少ない。 つまり、東アジア人男性が最も高い感染リスクを持ち、白人やアフリカ人では感染リスクが低いということになる。 この調査によると、ウイルスに感染するリスクは出身地ごとに次のとおりとなる。 この調査によると、ウイルスに感染するリスクは出身地ごとに次のとおりとなる。 でも、このデータでは倍ぐらいですかね。 ちょっとリスク下がったというより、ほぼ、ほとんどの人が感染するということになります。 感染率が高くても、重症化、致死率が問題ですが、その直撃を受けたのが武漢の人だったように思います。 あと、ウイルスは最初は致死率が高いのですが、感染が拡大するにつれて世代を経るごとに、致死率が下がっていく傾向があり、気温、体温などにより免疫力が変わってくるので、たぶん、1~2月が新型コロナウイルスのピークだったと思われます。 日本では昨年12月頃から新型コロナウイルスの感染が広がっていて、すでに免疫ができている? 日本はすでに12月に新型コロナウイルスの感染が広がっていて、1、2月は二度目、三度目の感染の拡大というデータもでています。 で、すでに新型コロナウイルスの弱毒化が完了していて、重症化とか致死率は大幅に下がってるというか、日本人みんながすでに免疫を持ってるとも言えます。 風邪だと思ってたら、新型ウイルスであり、いつのまにか治ってるんですね。 この前、トイレのリフォームしたリフォーム会社に行って来たんですが、トイレはパナソニックとかリクシルなどの会社の中国からの部品供給が途絶えて大変なことになっていて、僕のTOTOのトイレリフォームが当日、宅配便で送られて来てました。 大変なことになりそうな感じです。 新型コロナウイルスによる「ショックドクトリン」は、中国に経済的ダメージを与えるのが狙い どこかの誰かが作った人工遺伝子組み換えの新型コロナウイルスによる「ショックドクトリン」は経済的には成功していますが、日本人の人口削減という意味では大失敗に終わりました。 最初からそこまで予定してなくて、今回のターゲットはあくまで中国に経済的打撃を与えるのがメインだったんでしょう。 「ショックドクトリン」は政変・戦争・災害などの危機的状態を作り上げ、もしくはそれに便乗する「惨事便乗型資本主義」(「惨事活用資本主義」、「災害資本主義」、「火事場泥棒資本主義」)と呼ばれています。 人々をショック、茫然自失状態にして、判断力を奪い、その間に経済的利益を上げ、無理な政治的経済的改革を進めるやり方です。 例えば、新型コロナウイルス対策で抗HIV薬を備蓄するとか、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を政府が買い上げるとか、ワクチンを備蓄するとか、ビルゲイツ財団も推奨している、何故か薬害しかなく、子宮頸がんを50%増やす子宮頸がんワクチンを公費で接種できるようにしようという動きもあります。 自民党の無所属の会の谷氏が日本版CDC(疾病対策センター)の設立を提言していて、厚労省は国立感染症研究所で十分と言ってました。 実はこれが正解で、日本版CDC(疾病対策センター)を設立したら、そこに米国(ロックフェラー)やらフランス(ロスチャイルド)の専門家が乗り乗り込んできて、ろくなことにならない。 ビルゲイツ財団も推奨している、何故か薬害しかなく、子宮頸がんを50%増やす子宮頸がんワクチンが男性にも強制接種になり、子供は幼い頃からワクチン漬けになり、自閉症や発達障害ばかりになります。 ワクチン=病気を作り出す薬だということが、科学的に解明されつつあります。 同書は三十数か国語に翻訳され、日本語版は2011年9月に刊行された[2]。 彼女は、ケインズ主義に反対して「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」と述べるなど徹底した市場原理主義を主張したシカゴ学派 経済学 のミルトン・フリードマンを批判、こうした主張を「ショック・ドクトリン」と呼び、現代の最も危険な思想とみなしている。 そして、近年の悪名高い人権侵害は、反民主主義的な体制による残虐行為と見るばかりでなく、民衆を震え上がらせて抵抗力を奪うために綿密に計画され、急進的な市場主義改革を強行するために利用されてきた側面に注目すべきと説く。 「ショック・ドクトリン」の最初の応用例は、1973年の軍事クーデターによるアウグスト・ピノチェト政権下のチリであるとする。 シカゴ学派は投資家の利益を代弁、「大きな政府」や「福祉国家」をさかんに攻撃し、国家の役割は警察と契約強制のみであるべきで、他はすべて民営化し市場の決定に委ねよと説いていたが、そのような政策は有権者の大多数から拒絶され自国で推進することができず、独裁体制下のチリで実行に移されたと述べている。 チリでは無実の一般市民の逮捕・拷問・処刑が相次ぐばかりでなく、「惨事便乗型資本主義」がはびこって、「小さな政府」主義が金科玉条となり、公共部門の民営化、福祉・医療・教育などの社会的支出の削減が断行され、多くの国民が窮地に追い込まれた。 以後、天安門事件(1989年)、ソ連崩壊(1991年)、アメリカ同時多発テロ事件(2001年)、イラク戦争(2003年)、スマトラ島沖地震 2004年 による津波被害、ハリケーン・カトリーナ(2005年)といった、政変・戦争・災害などの危機的状態を挙げ、「惨事便乗型資本主義」(「惨事活用資本主義」、「災害資本主義」、「火事場泥棒資本主義」)はこれにつけこんで、人々がショック状態や茫然自失状態から自分を取り戻し社会・生活を復興させる前に、過激なまでの市場原理主義を導入し、経済改革や利益追求に猛進してきた、という[3][4]。 ところがここでnoteのある記事を読みまして、HLA型(ヒト白血球抗原 HLA:Human Leucocyte Antigen)、つまり、白血球の血液型のようなものが関係しているんではないかという説が浮上しました。 HLA型は致死的な感染症などに感染して生き残った型らしくて、日本人はすでにSARSやスペイン風邪などに強いHLA型の人間ばかりになっているという説です。 確かに、経済人類学者の栗本慎一郎氏の著書「パンツを捨てるサル」に書かれていたように、日本人は成人T細胞白血病(ATL)のキャリアが九州を中心に分布していて、結構、ヤバイウイルス感染症の痕跡があります。 この成人T細胞白血病(ATL)は縄文人が感染していて、大陸から移住してきた弥生人にはみられないので、縄文人の移住地域の特定に利用されています。 成人T細胞白血病(ATL)が猛威を振るった時には、未知の病として縄文人はかなり死亡していて、生き残ったのは縄文人は成人T細胞白血病(ATL)のキャリアだが、その発症は今では40~60代でしか現れないほど弱毒化しています。 日本人はHIV(エイズ)と似たような病気にすでに罹っていって、HIV(エイズ)に弱い固体はすでに死滅してる可能性が高いです。 で、日本人はHIV(エイズ)系の感染症である、スペイン風邪(コロナウイルス)、MERS、SARSに強い可能性が出てきます。 HIV(エイズ)シリーズは克服済みかもしれません。 それぞれのウイルスは共 通の祖先から分かれたものであることが分かっています。 いずれもCD4(細 胞の表面マーカーと言われるもの)陽性のTリンパ球に感染します。 このリンパ球 はヘルパーT細胞といい、身体の免疫機構のもっとも主要な中心的役割をする細胞 です。 したがっていずれの 病気も、主要な症状として免疫不全症が現れます。 エイズも成人T細胞白血病と同じく、原因ウイルスと感染経路が解明されてい ます。 主な感染経路は、性交感染、母児間感染、血液感染です。 唾液や涙、 尿等からはほとんど感染しません。 無症状の期間は成人T細胞白血病より短 く、5~15年ですが、最近は治療法の進歩により、この無病期間がかなり長くな ってきています。 しかし一旦発病すれば、主に免疫不全による感染症や腫瘍の ために死亡します。 分布と縄文人 ATLのウイルスキャリアが日本人に多数存在することは知られていたが、東アジアの周辺諸国ではまったく見出されていない。 いっぽうアメリカ先住民やアフリカ、ニューギニア先住民などでキャリアが多い。 日本国内の分布に目を転じると、南九州や沖縄、アイヌに特に高頻度で見られ、四国南部、紀伊半島の南部、東北地方の太平洋側、隠岐、五島列島などの僻地や離島に多いことが判明している。 九州、四国、東北の各地方におけるATLの好発地域を詳細に検討すると、周囲から隔絶され交通の不便だった小集落でキャリアは高率に温存されている。 以上より、日沼頼夫はこのウイルスのキャリア好発地域は、縄文系の人々が高密度で残存していることを示していると結論付けた[23]。 HTLVはかつて日本列島のみならず東アジア大陸部にも広く分布していたが、激しい淘汰が繰り返されて大陸部では消滅し、弥生時代になってウイルス非キャリアの大陸集団が日本列島中央部に多数移住してくると、列島中央部でウイルスが薄まっていったが、列島両端や僻地には縄文系のキャリア集団が色濃く残ったものと考えられる。 HLA型(ヒト白血球抗原 HLA:Human Leucocyte Antigen)とは、わかりやすく言えば白血球の血液型です。 骨髄移植や臓器移植の際、ドナーとの適合度を照合する型で、A座、B座、C座、DR座という4座(8抗原)の区分の組み合わせで数万通りあります。 HLAが多様性を獲得した最も大きな環境要因は,長い人類の歴史のなかで何度も致死的な感染症が流行した結果,特定のHLAをもっている集団のみが生き残るということがくり返されて,現在のHLAの多様性が形成されたと考えられています。 (中略) 2003年に流行したSARS(SARS-CoV)では、日本人の感染者はゼロでした。 人種による偏りが大きい事に気づいた台湾の研究チームが調査した結果、HLA型がHLA-B46、HLA-B54(中国南部、香港、台湾に多い)に感染し、HLA-B46のみ重症になる事が判明したそうです。 2009年の新型インフルエンザでも日本は世界でも断トツに死亡率が低く、 100年前のスペインかぜでも日本は世界でも断トツに死亡率が低かったのです。 日本人は海藻を食べ免疫が強いという説もありますが、HLA型も関係していると考えられます。 新型コロナウイルスの流行で武漢からインドに引き上げたインド人約650人全員が陰性だった事もインド人のHLA型が関係していると考えるのが妥当ではないでしょうか。 スギ花粉症になりやすい人、HIV感染でエイズを発症しやすい人、HIV感染でエイズを発症しにくい人、関節リウマチになりやすい人、これらはHLA型で特定できているようです。 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症/肺炎(COVID-19)の症例情報がいろいろ報告されて来ましたが、比較的軽症で回復していく事例と重症化しサイトカインストームによる多臓器不全で死亡する事例との差がいったい何であるのか?単純に高齢である事、持病の有無だけの理由では説明できない何かがあるのでは?と疑問に思っていましたが、「HLA型による差」という仮説を考えると十分説得力のある説明が成り立ちます。 デング熱で二度目の感染でデング熱出血熱になり重症化するHLA型もわかっているそうです。 新型コロナウイルスでの症例とHLA型との関連性がいろいろ解明できれば、この視点からの治療薬や予防ワクチンの開発にも繋がるかもしれません。 ただ、もし日本で大流行する事になったとしても約90%の日本人は重症化しにくい?のかもしれません。 今はそうであって欲しいと願うばかりです。 言うまでもなく、今の所は、ただの憶測に過ぎません。 新型コロナウイルス肺炎の重症化を防ぐ海藻類のフコイダン、紅藻エキスはエボラ、HIV、SARS、C型肝炎などの抗ウイルス効果があるという論文 新型コロナウイルス肺炎の重症化を防ぐ海藻類のフコイダン、紅藻エキスはエボラ、HIV、SARS、C型肝炎などの抗ウイルス効果があるという論文もあります。 新型コロナウイルス肺炎の重症化を防ぐ海藻類(昆布、ワカメ、めかぶなど)のフコイダンの効果について医学論文をちょっと読んでみました。 フコイダンの効果ですが、肺や臓器の炎症などを起こすサイトカインストームを抑制して、多臓器不全を防ぐ効果があります。 これ結構、凄いな。 直接的に新型コロナウイルス肺炎の重症化を防いじゃう。 紅藻エキスはエボラ、HIV、SARS、C型肝炎の抗ウイルス効果があるという話ですが、 紅藻エキスである「マンノース結合レクチン」がHIVのエンベローブを破壊して、ウイルスの細胞への侵入を防いじゃう。 エンベローブはHIVを包む膜のようなものですが、これによってウイルスがレセプターに結合して細胞内に侵入するのですが、その手段そのものを破壊してしまいます。 これも結構、凄いねえ。 エンベロープの成分は脂質なので、エタノールや有機溶媒、石けんなどで容易に破壊することができるので、消毒用アルコールや石鹸での手洗いがかなり効果的ですね。 なるほどねえ。 石鹸の手洗いとか、アルコール消毒は効果的ということですね。 手洗いは大事だね。 日本人の古代からの食習慣による新型コロナウイルスの防御と節分の本当の意味 海藻レクチンが抗ウイルス、抗HIV効果があるという論文から、大豆レクチンの論文を見つけて、抗HIV効果があるらしいということが分かりました。 HIVとSARS、新型コロナウイルスの感染の仕組みがほとんど同じなので、新型コロナウイルスの感染にも効果があると思われます。 ということで、ワカメ入りの味噌汁(大豆)、メカブ、海苔、納豆(大豆)のコンビで、緑茶、紅茶でも飲んどけば、抗ウイルス、抗HIV効果があるので大丈夫じゃないという仮説が成り立つが、それが一筋縄ではいかない。 たぶん、日本人の古代からの食習慣で、すでに新型コロナウイルスが防御されていると思われます。 風邪などが流行る節分に豆まきするのも、実は疫病(鬼)を払う中国から伝わった文化習慣でしょう。 そこには経験知(暗黙知)からくる科学的医学的根拠があったようです。 節分は元々、追儺(ついな)、儺(な)やらい、鬼遣(おにやらい)と呼ばれて、陰陽道、道教、年中行事などでは重要行事のひとつです。 大晦日の大祓(おおはらえ)という儀式もあるのですが、大祓は風邪(コロナウイルス)やA型インフルエンザ(12~3月までに多い)を払う儀式、鬼遣(おにやらい)は風邪(コロナウイルス)やB型インフルエンザ(2~3月に流行る)を払う儀式だったんですよ。 小学生でも分かる話ですが、毎年、同じ時期に風邪(コロナウイルス)やインフルエンザが流行する訳で、肺炎になったりして重症化して死亡する人もいる。 そういう疫病を分かりやすく鬼に例えただけで、経験知(暗黙知)的に、大豆(レプチン)にそういうウイルスや細菌を避ける作用があるのも分かっていたと思われます。 漬物、味噌、納豆、醤油発酵食品などは腸内環境を整えて、免疫力を上げる効果があった。 この日本人の古代からの食習慣が、すでに新型コロナウイルス対策やがん予防になっています。 大豆に限らず、小豆、えんどう豆、落花生などの豆類には、ビタミンミネラルが豊富に含まれて、ミトコンドリアを活性化します。 ビタミンミネラル不足がミトコンドリアの機能不全を引き起こして、身体が酸性に傾いてガンの一因になってます。 抗HIV薬の副作用には、ミトコンドリアにダメージを与えて乳酸アシドーシスを起こすという致命的なものがあり、身体が酸性に傾く、ミトコンドリアの機能不全が起きてガンにましぐらの副作用となります。 製薬会社(軍産複合体)はなかなかやりますね。 抗HIV薬に発ガン作用を仕込んで来るとは。 『洗脳社会<マトリックス>の謎を解く~科学も医学も迷信だった~ 作者 坂崎文明』の第9話を思い出します。 製薬会社や医者の役割は、病気の本質を隠蔽することです。 人類がガンや慢性病を克服できないように洗脳すること。 これが製薬会社や医者の重要な仕事なのです。 真実を隠蔽し、病気を作り、病気を悪化させ、患者を殺す。 人間は情報操作によって操られる動物なので、ウソを教え込めば、意のままに操れます。 ミトコンドリア・乳酸・酸化・糖化・炎症の関連性を知り、騙されないようにしましょう。 『炎症は万病の元、生活習慣病の真実、医療の現実』(金子義保、元東大病院総合内科外来医長 )より 豊富に含まれるビタミンB群、各種ミネラルや機能性成分 いずれのグループに属する豆も共通して、エネルギーや物質の代謝に重要な役割を果たしているビタミンB1、B、B6などのビタミンB群を豊富に含んでいます。 また、生体組織の構成や整理機能の維持・調節に重要な役割を果たすカルシウム、リン、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル累をバランスよく含んでいます。 さらに、生活習慣病の予防など健康に及ぼす効果が注目されている食物繊維、ポリフェノールなどの様々な機能性成分も含んでおり、食品として非常に優れた特性を持っています。 なお、食物繊維については、炭水化物の一部であることから栄養素の中に区分する方法もありますが、ここではその機能に注目して、機能性成分として取り扱います。 豆の主な栄養素 【主な栄養分】 ・食物繊維(ごぼうの3倍) ・ビタミンB1 ・ビタミンB2 ・ポリフェノール(赤ワインの1. 5倍、豆類の中でも特に含有量が多い) ・サポニン ・亜鉛 ・カリウム(アボカドの2倍) ・鉄分 ・カルシウム(米やパンよりも多い) ・アントシアニン 小豆とは 先に流行するのはA型、続いてB型 インフルエンザのA型とB型では、流行する時期にも違いがあります。 一般に、A型の方が早く流行し始め、12月~翌3月ころがピークとなります。 B型の流行はA型より遅く、2~3月ころにピークを迎えます。 流行の規模はA型の方が大きいことがほとんどです。 A型の流行が始まるタイミングは年々、早くなる傾向があり、9月や、10月に多くの患者さんがあらわれることも珍しくはなくなりました。 ガンや新型コロノウイルスを防ぐ大豆などの豆類、発酵食品など日本の伝統食を見直そう ただ、大豆レクチンには毒性もあるので、納豆ならいいのでは?と思ったのだが、元々納豆は『赤痢、腸チフス、病原性大腸菌などの増殖を抑制する作用があることから、腹痛や下痢の治療に用いられていた事がある』らしいです。 さらに腸内環境の改善効果もあり、それにより免疫が集中してる腸のバランスを整えます。 ACE2受容体は腸と肺に集中してるので、この役割は非常に重要です。 ダイズ種子中には有毒なタンパク質性のプロテアーゼという記述もあり、新型コロナウイルスもプロテアーゼを使って増殖します。 プロテアーゼ阻害薬(抗HIV薬)で新型コロナウイルスの治療にも有効というものがあるのですが、プロテアーゼ自体はたんぱく質を分解する消化酵素だったり、脳や神経細胞でも使われてるので、さまざま副作用があります。 単純に考えてもたんぱく質分解する消化酵素なので、たんぱく質分解できなくなって消化不良は起こすし、ミトコンドリアにダメージを与えて乳酸アシドーシスを起こすというのが致命的で、身体が酸性に傾く、ミトコンドリアの機能不全が起きてガンにましぐらの副作用となります。 仕方ないんだろうけど、抗がん剤と全く同じリスクがありますね。 結論としては、日本の発酵食品や豆などの伝統食で新型コロナウイルス対策やがん予防になってます。 武漢と日本の新型コロナウイルスの重症化、致死率の違いになっていくと予想されます。 もう、何千年も前から大祓(おおはらえ)や追儺(ついな、今の節分)の儀式によって新型コロナウイルス対策は終了していたんですね。 それを捨てた中国や、日本人でもそれを忘れてしまえば、疫病に飲み込まれてしまうでしょう。 ガンや新型コロノウイルスを防ぐ海藻や大豆などの豆類、発酵食品など日本の伝統食を見直そうということになります。 新型コロナウイルス「ショックドクトリン」の背後で行われる不平等条約締結などに注意 大豆の遺伝子組み換え食品を作ったり、除草剤を使って野菜や果物の抗がん成分を無くしていくモンサント社(製薬会社、軍産複合体)の戦略にはおそれいります。 モンサント社の除草剤ラウンドアップなどは世界的に数千億円の訴訟が行われて、その罪が暴かれていますが、製薬会社、軍産複合体は「ショックドクトリン」で経済的利益を上げながら、ビルゲイツ財団やワクチンを使って世界の人口削減戦略を今後も続けていくでしょう。 今回の新型コロナウイルスの狙いは、中国を経済的に追い込んで米中貿易戦争の妥協を引き出す、中国の経済力を削ぐことでしょう。 日本政府も実質、経済連などの外資系企業連合(軍産複合体)に乗っ取られているので、注意が必要です。 政府が水際対策やらないのは、新型コロナウイルス事件を起こした軍産複合体の支配下にあるので仕方がないのです。 日本国民は彼らの家畜、社蓄、奴隷に過ぎない。 とはいえ、奴隷にも奴隷の意地があり、カイジではないが、奴隷も最後は王を撃つような起死回生の一手もあるかしれません。 ということで地道にコツコツ頑張ってみます。 まあ、新型コロナウイルスでころっと死亡した方が家のリフォームローンの心配とかしなくていいので、それもまたいいかもねと思わないでもない。 先日、52歳になりましたが、あと20年は生きるつもりですが先は長い。 ガンが真菌であるという事に関しては、ここに核心がある。 サルベストロールは、真菌の攻撃に対する果物と野菜の中の自然な防衛システムである。 そういう訳でサルベストロールは、カビ(真菌)害にさらされる生物種の中にしか見つからないのである。 それは、イチゴ、ブルーベリー、キイチゴ、葡萄、クロフサスグリ、アカフサスグリ、クロイチゴ、クランベリー、リンゴ、梨、青物野菜(特にブロッコリーとキャベツ類)、アーティチョーク、唐辛子と黄ピーマン、アボガド、ミズガラシ、アスパラガスやナスなどである。 さらに言えば、巨大製薬/バイオテクノロジー企業カルテルは、この全てを知っていて、ガン、すなわち真菌の攻撃に対する自然免疫能を弱体化させる為に、2つの重大な事を行った。 ・近代農業で使われている化学殺菌スプレーは、人為的に真菌を殺している。 そしてこの事は、植物や農作物がその防衛力、サルベストロールを発動する必要が無い事を意味する。 今日では、有機栽培食品の中にしか、それは見られない。 主な副作用や注意点 消化器症状 下痢、吐き気・嘔吐などがあらわれる場合がある 精神神経系症状 頭痛、めまい、不眠などがあらわれる場合がある 皮膚症状 発疹、痒み、紅斑などがあらわれる場合がある 頻度は非常に稀だが、重度の発疹、粘膜症状を伴う発疹などがあらわれる場合もあり、医師や薬剤師に連絡するなど適切に対処する 筋骨格症状 筋肉痛、関節痛、骨密度の低下などがあらわれる場合がある 高血糖 口渇、多飲、多尿、体重減少などがみられ、これらの症状が急にあらわれたり続いたりする場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 出血傾向 突発性の出血性関節症などがあらわれる場合がある 脂質代謝異常 総コレステロール・LDLコレステロール・TG(トリグリセリド)などの数値上昇などを伴う脂質異常症があらわれる場合がある 動脈硬化や心血管障害などの温床となることも考えられるため注意が必要 リポジストロフィーという体脂肪分布異常があらわれる場合がある 肝機能障害 倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気、痒みなどがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する 栄養・効果 血液凝固因子を作るのに不可欠なビタミンKや大豆由来のタンパク質が豊富であり、現在でも上質なタンパク質源とも言える。 食物繊維は100グラム中に4. 9 - 7. 6グラムと豊富に含まれる[16]。 食物繊維はオリゴ糖等と共にプレバイオティクスと呼ばれる腸内環境に有用な成分であり、納豆菌はプロバイオティクスと呼ばれ、これも腸内環境に有用と考えられている。 納豆には抗菌作用が認められ、抗生物質が見出される以前は、赤痢[17]、腸チフス[18]、病原性大腸菌などの増殖を抑制する[19]作用があることから、腹痛や下痢の治療に用いられていた事がある[18]。 納豆に含まれるジピコリン酸は、抗菌作用を有し、溶連菌、ビブリオ、病原性大腸菌などへの抗菌効果が認められている[20]。 納豆には血栓を溶かす酵素が含まれており[21]、納豆から単離したナットウキナーゼを経口投与したイヌで血栓の溶解が観察されたという報告がある[22]。 納豆に含まれるビタミンK2は骨タンパク質の働きや骨形成を促進することから、ビタミンK2を多く含む納豆が、特定保健用食品として許可されている[23][24]。 また、ポリグルタミン酸にはカルシウムの吸収促進効果があるため、納豆から抽出されたポリグルタミン酸が特定保健用食品として許可されている[25]。 納豆菌の一部には、安定した芽胞のまま腸内まで生きて到達してビフィズス菌を増やし腸内環境を正常化する効果があることから、そのような効果を持つ納豆が特定保健用食品として認可されている[26]。 大豆としての栄養・効果については「ダイズ 健康への影響」を参照 多くのマメ科植物の種子と同様に、ダイズ種子中には有毒なタンパク質性のプロテアーゼ・インヒビターやアミラーゼ・インヒビターやレクチンが含まれているため、生食はできない。 そのため、加熱してプロテアーゼ・インヒビターやアミラーゼ・インヒビターを変性・失活させて消化吸収効率を上げている。 なお、加熱してもプロテアーゼ・インヒビターの失活は十分ではないので、納豆菌などを繁殖させて納豆菌の分泌するプロテアーゼによってダイズ種子中のタンパク質を分解させると、タンパク質の消化吸収効率が増大する。

次の

新型コロナウィルス感染遅延とウィルスの弱毒化

コロナ 弱毒化

2月17日の日本バイオデータさんによるツイッターへの投稿より ・ その新型コロナウイルス解析論文表紙 ・ 12月以降に「妙に長い軽い風邪」を引いた日本人はすでに抗体を持っている可能性も 大変衝撃的であると共に、日本人の方々にとっては非常に重要な解析が日本で進められていたことを私は今日知りました。 生物の遺伝子解析の専門企業である「」が 2月17日午後に、中国武漢と、日本、台湾、そしてアメリカのそれぞれの各都市で検出された新型コロナウイルス COVID-19 のゲノム解析を完了したことを告知されていました。 そして、その結果は、冒頭に貼りましたツイッターへの投稿の通り「 新型コロナウイルスは日本にすでに何度も来ていた」可能性が高いことがわかったのです。 そして「日本各地の新型コロナウイルスに、それぞれ違う系統がある」こともわかったのです。 どうやら、いろいろな新型コロナが混在している。 さらに、日本と台湾とアメリカの新型コロナウイルスは 「すべて異なる遺伝子」だとわかったのです。 というか 「共通の祖先体系が見られない」ようなのです。 冒頭のツイッターへの投稿には、以下のように書かれてあります。 2020. これは、日本各地で確認されたウイルスがそれぞれ独立に侵入したことを示唆する。 図中数値は、その分岐のブーストラップ値であり、この値が1に近いほど分岐の信頼性が高い。 ウイルス配列の入手方法 2019 Novel Coronavirus Resource よりウイルス塩基配列をダウンロードした。 ウイルス配列の選別 ダウンロード可能であった新型コロナウイルス配列は82本。 数百塩基程度の短い配列を取り除くと、26,973ntから29,903の塩基配列が49本残った。 ウイルス配列の解析方法 PARSNPを使用して系統樹を作成した。 登録塩基配列が増えたら更新の予定。 ここまでです。 日本バイオデータさんは、この解析に関しての論文も発表されていまして、その概要も簡単にご紹介したいと思いますが、遺伝子関係の英語論文は私には大変難解でして、多分いろいろと間違うと思いますので、要点を書いておきますと、以下のような感じです。 日本のCOVID-19の塩基解析から判明したこと 台湾、アメリカ、そして日本に侵入した新型コロナウイルスは、それぞれの国のウイルスが単系統のクレード(共通の祖先からの単一の起源をもつとされる因子)を持っていないことがわかり、そのため、「 3か国でそれぞれ独立して発生した」と考えられる。 また、日本の各都市でも、異なる系統のゲノムとなっているため、日本の都市にも別々のルートで異なる新型ウイルスが入ってきたと考えられる。 ウイルスが単系統のクレードを持たない理由が、変異によるものか、発生場所が複数あるのためかはわからない。 これは、視覚的に見てみますと、以下のようになります。 図の全体を載せると文字が小さくなりすぎますので、図の一部ですが、以下のような解析図でも、中国武漢の新型コロナウイルスと、アメリカのカリフォルニア州、台湾の台北、そして日本・東京の新型コロナウイルスは「異なる遺伝子を持っている」ことがわかると思います。 あるいは、それぞれの国の中でも都市により異なる。 新型コロナウイルスの解析論文より ・ この解釈からは、中国の武漢で最初にコロナウイルスが発生して以来(最初に感染者が確認されたのは昨年 12月の初めです)、 「昨年以来、何度も新型ウイルスは日本に入っていた」 と思われ、そして、日本のいろいろな都市に、さまざまに「異なる新型コロナウイルス」が流入していて、そして、さらには、「おそらく多くの日本人がすでに感染し、風邪かインフルエンザだと思いながら、あるいはすでに自然に治っている」というようなことになるかと。 考えてみれば、春節の頃からいろいろと騒がれていましたけれど、春節以前にも、たとえば、クリスマスとかには多くの中国人の人たちが来ていたのです。 春節以前に来ていた中国人観光客の数たるや、100万人とも言われています。 たとえば、この日本バイオの投稿に対しての以下のような返信でもわかります。 12月から1月初旬までの中国人観光客は約100万人。 浅草にいるからわかるけど、誰もマスクなどしていなかった。 すべての人が武漢からではないが、1000人くらいの「感染者」は来ていたと思う。 1月の肺炎患者を調べると感染者は増えると思う。 日本だけでなく米国も含めて。 あるいは、以下のようなさまざまな返信も。 アメリカでもそうですが、日本でもこれまでインフルエンザだと思っていたものは、実はコロナウイルスだったのでしょう。 確か10年ほど前までは、治りにくい風邪はコロナウイルス。 との報道があったような気がします。 しかし中国への忖度からか、いつの間にか報道されなくなった。 昨日の以下の記事に書きました「アメリカで CDC が検査の方向を変えた」のも、このことと関係していそうです。 つまり、CDC も新型コロナの解析を進めるうちに、「すでに大流行している」ことに気づいたということかもしれません。 インフルエンザの大流行だと思っていたものが、実は「新型コロナウイルスの大流行だった」と。 しかし、この解析が正しければ、 日本に関しては、という意味ですが、これまでのようには新型コロナウイルスを恐れる必要はないのかもしれないですね。 というのも、この冬のシーズンの日本での風邪やインフルエンザの重症率から考えると、仮にそれらの中に新型コロナウイルスの感染が多く含まれていたとすれば、「重症化率は低い」からです。 くどいようですが、これは「日本の場合」の話であり、日本の新型コロナウイルスは、極端にいえば、他の国で流行しているものとは「違う」といってもいいようなもののようですので、現状の日本では、高齢者などを別にすれば、重症化率は低いように思います。 まあ……それでですね。 これは私個人の考え方であって、日本バイオさんの解析とは関係ないのですが、昨年以来、日本でこの新型コロナウイルスの感染が日本人に拡大している中で、 「日本においてはこのウイルスはすでに弱毒化したのではないか」 と解析を見て、ふと思ったのです。 科学素人の私が言っても意味があることではないですが、日本のが一番弱い気がしたのです。 そもそも、 ウイルスの変異は、多くの場合、「弱毒化」に向かいます。 たとえば、SARS が自然に消えていったことや、1918年のスペインかぜにしても、やはり自然に消えているわけですが、ウイルスはどちらかというと、どのくらいの時間がかかるかはともかく、弱毒化に向かうのが普通だと思われます。 (だから人類はウイルスではなかなか滅亡しない) こんなに早く弱毒化するかどうかはわからないですが、日本の新型コロナウイルスについては、弱毒化を果たした可能性はあるのではないかと思います。 そして、これもあくまで個人的な考えなのですが、昨年 12月頃から、今年 2月くらいまでにかけて、 「1ヵ月とかの長い期間、なかなか治らない軽い風邪のような症状」 を経験していた方の場合、 それはすでに感染して、そして自然に治っていたのかもしれません。 というのも、普通のかぜもインフルエンザも、そんなに長く続かないのですが、現状で、新型コロナウイルスの患者さんの経過を見ていますと、症状が出てから治るにしても重篤化するにしても 3週間から 1ヵ月くらいかかっています。 仮に弱毒化しているのなら、「症状が軽い状態で長く続く」可能性もあると思います。 喉が少し痛いとか、なんか吐き気がするとか。 これは、私は以前経験したことがありまして、 「風邪かどうかもわからないような軽い症状だけど、おそらく風邪なのだろうというような状態が 1ヵ月くらい続く」のです。 そして、今シーズンにそういう状態を経験した人たちは、断定できるものではないですが、もしかすると、「 すでに抗体を持っている」ということにもなり得るわけで、基本的にもう恐れることはないような気がします。 もちろん、基礎疾患のある場合や高齢者の方などのリスクが高いのは同じだと思われますけれど。 ただ・・・。 台湾の新型コロナウイルスと、アメリカの新型コロナウイルスと、日本の新型コロナウイルスが、 「その系統がすべて違う」 ということが「示す意味」はよくわからないです。 以下の放射線治療医の方の投稿が正しければ、変異して系統が次々と分岐していった結果ということなのかもしれませんが。 の2月17日の投稿より こちらの新型コロナウイルスの分子系統樹からは、中国国内で変異して系統分岐した後の子孫株が複数系統日本国内で観察されているということがわかります。 つまり、1回抜けられただけじゃなくて、この数ヶ月で複数回を検疫を抜けられたことが結果からわかるということです。 いずれにしましても、どうやら、この新型コロナウイルスには、 「比較的、強毒性のもの」 と 「比較的、弱毒性のもの」 が各国あるいは各地域で入り交じっているという観測もできそうです。 ただ、「クルーズ船内で流行しているのがどのタイプなのか」は調べないとわからないでしょうけれど。 弱毒性のものならいいのですけれどね。 いずれにしても、この解析は驚くと共に、ほんの少しは安心材料ではあるのではないでしょうか。 実際、現時点での新型ウイルスの流行についての最も大きな問題は、 「このままでは社会と経済が崩壊してしまう」という点であるわけで、それがある程度の先の目処がつくようなことになってくれるなら、 パーフェクトストームのような完全崩壊は避けられるように思います。 そんなわけで、日本バイオさんの解析データの概要をご紹介します。 先ほども書きましたが、私自身の科学用語知識では、間違いも多々あると思いますので、お詳しい方は、論文をリンクから直接お読みになっていだければ幸いです。 ゲノム系統樹分析により、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2は、台湾、米国、および日本に複数回導入されたという証拠が明らかとなった [要旨] 世界的な重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-Cov-2)感染が、経済と人々の不安を混乱させている。 国民たちの不安が政府と医療従事者の心理的負担を増大させ、懸念を持つ人々は、政府に国境措置を求めている。 しかし、このウイルスの国境対策は可能だろうか? 今回、48のほぼ完全なウイルスゲノム配列を分析することにより、台湾、米国、および日本に侵入したウイルスが独立して導入されたことがわかった。 13個の節約情報サイトと 3つのグループ(CTC、TCC、およびTCT)を特定した。 その結果、台湾、米国、および日本の都市で見つかったウイルスは、同じ国の他の都市で見つかったウイルスと単系統のクレード(共通の祖先からの単一の起源をもつとされる因子)を形成しなかった。 これらの結果は、このウイルスに対する効果的な国境対策の実施の難しさを示唆している。 [結果と考察] まず、SARS-Cov-2(新型コロナウイルスのこと)のゲノム系統樹を取得した。 それが示すところは、台湾、米国、および日本の都市で見つかったウイルスは、同じ国の他の都市で見つかったウイルスと単系統のクレードを形成しなかった。 この結果は、ウイルス侵入がこれら 3か国で独立して発生したことを示唆している。 この研究では、69のバリアントサイト(変異した箇所)が見つかった。 13の節約情報サイトが見つかり、そのうちの 3つが重要だった(下の図)。 13個の節約情報サイトは、614、2662、5084、8782、18060、24034、24325、26144、26729、28077、28144、28854、およびSARS-Cov-2 ゲノム(MN908947)の 29095番目のヌクレオチドにあった。 (この後も詳しい解説数値が続きますが、略します) 将来世界のさまざまな部分で分離されたウイルス配列が局所的に獲得された突然変異であるか、または起源の場所の多様性を反映しているかどうかを判断するには、さまざまな SARS-Cov-2 ゲノム配列を起源の場所で収集する必要がある。 ここまでです。 先ほども少し書きましたけれど、最後の以下の記述はいろいろと考えさせられます。 「ウイルス配列が局所的に獲得された突然変異であるか、または起源の場所の多様性を反映しているかどうか」 つまり、後者の記述が意味するところは、場合によっては、 「新型コロナウイルスの発生源がひとつではなく、複数存在する可能性」 があるということになるという解釈になるのですかね。 いずれにしましても、新型コロナウイルスは、遅くても昨年の 12月くらいからは日本に入り続けていて、すでにかなりの数の人たちが感染し、あるいは すでに治っている可能性が高いと思われます。 この冬に、「 1ヵ月近く続く軽い風邪みたいなもの」を経験した方は、すでに抗体を持っているかもしれません。 ただ、未確認情報とはいえ、武漢においては、以下の記事でご紹介しましたように、「2度目の感染がある」ということを医師が言っているとは報じていました。

次の

コロナは急激に弱毒化しているのでは? CDC統計から考える!(朝香 豊)

コロナ 弱毒化

「早ければ年末には接種できるようになるかもしれない」 安倍首相は6月14日、米国・モデルナ社や英国・アストラゼネカ社と新型コロナウイルスのワクチンの交渉中と高らかに語った。 「安倍首相はワクチンの開発が順調に進んでいると認識して、18日に予定どおり、移動自粛の全面解除を表明しました」(全国紙記者) だが、東京の感染者数は連日40人を超えるなど、コロナウイルスの脅威は全く収まっていない。 「ウイルスは人が運んでいるものなので、人の往来が増えればまた流行するでしょう。 本当に東京五輪を開催するなら、世界中から人が日本に来ます。 それを受け入れるためには集団免疫が重要。 その鍵がワクチンなのですが、このワクチンに重大なリスクがあることはあまり知られていません」 そう語るのは、『人類対新型ウイルス 私たちはこうしてコロナに勝つ』(朝日新書)の日本語版補遺を執筆した、科学・医療ジャーナリストの塚崎朝子さんだ。 「各国がワクチン開発に急ピッチで取り組んでいますが、実は抗体依存性感染増強(以下、ADE)という現象が重大な問題となる可能性もあります」 そもそも、ワクチンとは発症や重症化を予防するために投与する、弱毒化または無毒化した抗原のこと。 あらかじめ投与して病原体に対する抗体を獲得しておき病原体が侵入してきても感染あるいは重症化を抑えられるという仕組みだ。 「しかし、本来はウイルスから体を守るはずの抗体が逆に細胞への感染を促進し、重症化を引き起こしてしまう現象がADEなのです。 同じコロナウイルスが病原体のSARSやMERSでは、ワクチンの動物実験でADEが確認され、ワクチン開発は断念されました。 ワクチンを打ったにもかかわらず、ウイルスに感染して、より重症化するということが起きたのです」 ADEのメカニズムはまだ不明だが、今回の新型コロナウイルスのワクチンの実用化に向けても、ADEが懸念されているという。 「通常、ワクチンの開発には何年もかけて効果と安全性の検証を行います。 今回のワクチンは世界中で臨床試験に入っており、信じられないスピードです。 「今後、新型コロナワクチンが開発されれば、高齢者や基礎疾患のある人から投与が始まるでしょう。 効果的で安全なワクチンならいいのですが、有害なワクチンを使ってかえって健康を害するということだけは避けなくてはなりません」 ADEを引き起こすなど、ワクチン接種で重症化という副反応が生じる恐れがあるのだ。 東京五輪に向けワクチン開発を急ぐあまり、国民の安全を置き去りにしてはいけない。 「女性自身」2020年7月7日号 掲載.

次の