イニシエーション・ラブ 動画。 イニシエーション・ラブ : 作品情報

映画『イニシエーション・ラブ』のあらすじ・ネタバレ・感想

イニシエーション・ラブ 動画

イニシエーション・ラブ 著者 発行日 発行元 言語 形態 ページ数 260 コード [ ] 『 イニシエーション・ラブ』は、によるの小説。 の6番「」を題材としたタロットシリーズの一作で、から頃の旧 を舞台としている。 内容はだが、本編に仕掛けられているにより一部ではとも言われており、第58回長編及び連作短編集部門候補作となったほか、版ので第6位にランクインしている。 に放送された系バラエティー『』ではのが「最高傑作のミステリー」とコメントし、放送後の1か月で21万部を増刷。 2015年1月現在、売上は130万部を超えるミリオンセラーとなっている。 カバーには「最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する」と注意書きがあり、「読み終わった後は必ずもう一度読み返したくなる」と銘打たれた作品。 また80年代後半の世相や流行を感じさせる描写が多く登場している。 あらすじ [ ] side-A [ ] 「僕」こと 鈴木は、友人の望月から代役で呼ばれたで出会った マユに心を惹かれるが、女性に対して奥手である性格が邪魔をして、それ以上の言葉を交わすこともできなかった。 その後同じメンバーで誘われた海水浴でマユと再会できた鈴木は、ふとしたきっかけでマユから連絡先の電話番号を教えてもらう。 2週間後、意を決して電話をかけたところ、マユも自分のことを気にかけてくれていたようで、デートの約束をなんとか取り付ける。 毎週のデートを重ねるうちに「マユちゃん」「たっくん」と呼び合うようになった二人は、周囲にはまだ二人の関係を隠していた。 そんな最中に合コンメンバーでのテニスにそれぞれ誘われて参加するが、友人の北原と親しげにするマユを見て、鈴木は激しく嫉妬する。 その夜、マユから受けた電話で、鈴木と親しげにしていたマユの友人の和美に対してマユが嫉妬をしていたことを聞き、お互いの愛情を確認した二人は電話で告白を交わす。 さらに鈴木は「会いたい」と率直な気持ちを吐露し、マユの「来て」という返答に応える形でマユの家へ駆けつけ、ついに二人は結ばれる。 その後鈴木とマユは互いの家を行き来するようになり愛を深め合う。 11月のある日、ドライブ先で入ったラブホテルでの会話で、マユからクリスマスイブの予定を尋ねられる。 夜景の見えるレストランで食事をした後お泊り、という理想的なプランを話し合い、鈴木はダメ元で予約の電話をホテルへ入れてみたところ、たまたまキャンセルがあったとのことで聖夜デートが実現する。 そしてイブの夜、二人は食事の後ダブルルームでプレゼント交換をし、愛を確かめ合う。 鈴木はこれ以上ない幸福感を味わったのだった。 side-B [ ] マユとの関係を優先し、東京の会社からもらった内定を蹴り地元静岡の企業に就職した鈴木に、東京の親会社へ2年間の派遣の話が持ち上がる。 新入社員から成績優秀者が選ばれエリートコースに乗せる、という会社方針のため鈴木は断り切れない。 鈴木はマユに相談し、マユは渋々ながらも遠距離恋愛を決意し、鈴木は毎週会いに帰ってくることを約束する。 マユとの愛を支えに離れ離れの生活を続けていた鈴木は、経済的負担に加え肉体的精神的負担も重なり、徐々に疲弊していく。 そんな中、東京での同僚で見た目も中身も完璧な女性である石丸美弥子と仕事を通じて意気投合する。 一方で、3週間ぶりに会ったマユから「生理が来ない」という事実を告げられ、鈴木は動揺する。 意を決して結婚を持ち出した鈴木だったが、親や親戚にがあったことを知られるのが嫌、という理由でマユはこれを拒絶する。 ある日、鈴木を昼食に誘った席で、美弥子は鈴木への想いを打ち明ける。 マユのことを思う鈴木は理由も言わずに拒否するが、心は大きく揺れていた。 翌週末、マユは産婦人科の検査を受け、妊娠3か月であると診断される。 鈴木は堕胎を決意し、さらに翌週堕胎手術を受けさせる。 この沈んだ気持ちを紛らわせるべく仕事に没頭する鈴木だったが、大きな仕事を上げたその日に美弥子から飲みに誘われる。 酒の席で彼女がいることを美弥子に看破され、さらに「変わるということは悪いことではない」「考えを変えないことは成長を止めることだ」と諭される。 美弥子は元彼から別れのときに言われた「お前にとって俺はイニシエーション()だった」という言葉を引用し、鈴木とマユの関係が「イニシエーション・ラブ」であれば自分にもまだ望みがある、と告げる。 堕胎の件以降、気持ちが疎遠になっていた鈴木だったが、義務感を振り絞りマユに会いに静岡へ帰る。 直接顔を見ることで改めて彼女への愛を確認しつつ、負担が大きいから毎週でなく隔週で会いに来ることにしたい、とマユにお願いしマユも快諾する。 その翌週、鈴木は美弥子からショッピングに誘われるが、ショッピングを終えた後、半ば強引な形でホテルへ誘われ、美弥子と関係を持ってしまう。 マユと会うのを隔週にしたのをよいことに、また美弥子からも「遊びでいいから」とも言われた鈴木は二股状態をしばらく続けているうちに、マユと美弥子との関係は逆転しつつあった。 そしてある日、マユに対して「美弥子」と呼んでしまうという大失態を犯し、咎めるマユに対して逆ギレした鈴木はとうとう別れを告げて部屋を後にする。 美弥子との仲が社内で噂されるようになり、またマユとのために確保しておいたクリスマスディナーをキャンセルした鈴木は、美弥子にクリスマスの予定を尋ねる。 すると美弥子は自分の家へ招待したいと言う。 クリスマスの日、鈴木は両親に紹介され、居心地の悪さを感じながら食事を済ませて美弥子の部屋へあがりこむ。 両親が階下にいるところで美弥子といちゃつくという背徳感を覚えつつ別れたマユへの想いを馳せるところで、物語は衝撃の結末を迎える。 章題 [ ] 物語はside-Aとside-Bから成り、各章のタイトルはそれぞれの内容を象徴する曲名が付けられている。 また、実写映画においてはそのほとんどが劇中に使用されている(括弧()内はアーティスト名)。 side-A• side-B• () 登場人物 [ ] 鈴木(すずき) 数学科の4年生。 22歳。 人数合わせで参加した合コンで、成岡繭子と恋に落ち、付き合うようになる。 繭子からは「たっくん」と呼ばれる。 読書が好きで、主に推理小説を好む。 の内定をもらっている。 成岡 繭子(なるおか まゆこ)。 20歳。 合コンで知り合った鈴木と付き合うようになる。 読書が好きで、主に古典文学を好む。 望月 大輔(もちづき だいすけ) 鈴木の友人。 合コンの幹事。 優子とは恋人。 大石(おおいし) 鈴木の友人。 合コンの参加者。 あだ名はがっちゃん。 北原(きたはら) 鈴木の友人。 合コンの参加者。 マジックが得意。 松本 優子(まつもと ゆうこ) 静岡大学教養学部2年生。 望月とは恋人。 繭子ら高校の同級生3人と合コンに参加する。 青島 ナツコ(あおしま なつこ) 静岡大学教養学部2年生。 合コンの参加者。 派手な服装を好むナイスバディ。 渡辺 和美(わたなべ かずみ) 薬大生。 合コンの参加者。 少し太めの女の子。 合コンでは鈴木の正面に座った。 海藤(かいどう) 鈴木と同期入社の、慶徳ギフトの新入社員。 を卒業した秀才。 幹部候補生として鈴木と共に東京への派遣が決まる。 石丸 美弥子(いしまる みやこ) 鈴木と同じ課の新入女子社員。 大学では劇団「北斗七星」に所属していた。 姉は女優の蓬莱美由紀だが、姉妹仲はあまり良くない。 梵(ぼん) 海藤と同じ課の新入社員。 から派遣されてきた。 「北斗七星」の芝居を観て、演劇に興味を持つようになる。 天童(てんどう) 美弥子の大学の先輩で元恋人。 「北斗七星」の俳優。 『』に登場するほか、タロットシリーズ全作に登場する予定である。 評価 [ ] 前述のの他にもの、、らが本の帯にコメントを寄せている他、のが『』 [ ]で、 が『』でこの本を薦めるなど、芸能人の間でも人気を得ている。 書誌情報 [ ]• 単行本:2004年4月 01日、()、• 文庫本:2007年4月10日、、、解説: 文庫本には解説として、ストーリーのからくりがわかるヒントが付いている。 映画 [ ] イニシエーション・ラブ 監督 脚本 原作 『イニシエーション・ラブ』(文春文庫) 出演者 音楽 撮影 編集 制作会社 製作会社 『イニシエーション・ラブ』製作委員会 配給 公開 2015年5月23日 上映時間 110分 製作国 言語 興行収入 13. 2億円 公開。 監督はが担当。 原作と同じく、後半の旧とを舞台に男女の出会いと別れがSide-AとSide-Bという2編に別れた構成となる。 主演は。 また、劇中でされているの系テレビドラマ『』以来の共演となるとが美弥子の両親役で出演する。 撮影は原作の舞台となっているなどで行われた。 キャスト [ ]• 鈴木 -• 鈴木 - ()• 成岡繭子(マユ) -• 石丸美弥子 -• 海藤 -• 梵ちゃん -• 望月大輔 -• 北原鉄平 -• 大石肇 -• 優子 -• ナツコ -• 和美 - ()• ジュンコ -• まどか -• 桑島課長 -• 静岡支店部長 - (友情出演)• 石丸詩穂 - (特別出演)• 石丸広輝 - (特別出演)• 天童 -• ホテル受付 -• カップル - 、• 洋服屋の店員 -• DJの声 - スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• 原作 - 『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)• 撮影 -• 照明 -• 録音 -• 美術 -• 編集 -• 音楽プロデューサー -• カースタント - スーパードライバーズ• 80年代用語監修 - 大矢博子• オフィシャルライター -• 企画協力 -• VFX・CG - jitto(株式会社十十(ジット))、、cai(株式会社回)、リバティアニメーションスタジオ• 技術協力 -• 美術協力 - 、(サンズデコール)• ラボ -• スタジオ -• 製作者 - 、、、藪下維也、、、• ゼネラルプロデューサー -• エグゼクティブプロデューサー -• プロデューサー - 飯沼伸之、畠山直人、• 配給 -• 制作プロダクション -• 企画・製作 -• 製作 - 『イニシエーション・ラブ』製作委員会(日本テレビ放送網、東宝、、、、オフィスクレッシェンド、、、、、、、) 受賞 [ ]• 第40回(2015年)• () Disc:2• 悲しいね()• イヴの夜(野本直美)• 2003年に旧清水市と対等合併する前の静岡市で、現在の静岡市葵区、駿河区。 新文化編集部 2014年4月8日. 2015年2月11日閲覧。 2015年2月9日. 2015年2月11日閲覧。 広瀬アリスは作品の舞台である静岡市出身。 シネマトゥデイ. 2014年10月15日. 2015年2月10日. 2015年2月11日閲覧。 2015年11月26日. 2015年11月26日閲覧。 外部リンク [ ]• - (2015年5月19日アーカイブ分)• - (英語) この項目は、に関連した です。

次の

映画【イニシエーションラブ】フル動画無料!あらすじ&キャストを確認!

イニシエーション・ラブ 動画

U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVがおすすめ 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、 TSUTAYA TVがおすすめです。 おすすめの理由は、• 30日間(約1ヶ月間)も無料体験期間がある• 登録時1080円分のポイントがもらえ、有料作品もすぐに見れる• 毎月1080円分のポイントがもらえる• DVDレンタルが月に8本利用できる こういった特徴があるところです。 月額料金は2,417円と少し高めですが、まだオンライン配信されていない新作やDVDでしか見ることができないジブリ作品などをレンタルすることが可能です。 TSUTAYATVも30日間の無料お試し期間があるので、U-NEXTをすでに利用したことがある人はTSUTAYA TVをおすすめします。 「イニシエーション・ラブ」を観た人の感想 実際に「イニシエーション・ラブ」を観た人の感想をTwitterで調べてみました。 普通の恋愛映画だったが、最後にどんでん返しで度肝を抜かれた。 作品を見るまで、ネットで検索しないでほしい。 一つ一つの行動を疑いながら見ると、新しい気付きが生まれる。 — 前野りさ@恋愛映画のススメ maerisanba 「イニシエーションラブ」 映画版はネタバレしてなかったので視聴。 原作は構造上、映像化不可能だが、本作は上手く世界観を再現してると思う。 特にマユ役の前田敦子のあざとさが原作を読んだ時の感情を呼び起こさせる。 原作既読勢も伏線回収でやってるなあとクスリとくるのでよく作られてると思う — しれもの shiremonon やはり最後の結末が衝撃的との感想が多数でした! 内容の構造上、映像化不可能と言われた作品がどのように実写化されたのか気になってしまいますね! フィッシング広告やウイルス感染してしまってからでは遅い!U-NEXTなどきちんとした方法で無料で見る方法があるので、違法動画は見ないようにしましょう。 「イニシエーション・ラブ」と合わせて見たい映画 松田翔太 出演• ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS• オーバー・フェンス• 東京喰種 トーキョーグール【S】 「東京喰種 トーキョーグール【S】」は、石田スイ原作の人気漫画の実写映画版の第2段です。 第1作目から観るとより楽しめそうですね! 前田敦子 出演• さよなら歌舞伎町• モヒカン故郷に帰る• 素敵なダイナマイトスキャンダル 「モヒカン故郷に帰る」は沖田修一監督がオリジナル脚本で描いた売れないバンドマンを主人公にしたホームドラマです。 前田敦子さんは、主人公の恋人役を演じています。 タグ 綾瀬はるか 坂口健太郎 本田翼 北村一輝 中尾明慶 石橋杏奈 柄本明 桐谷美玲 山崎賢人 福田彩乃 我妻三輪子 高橋メアリージュン 吉高由里子 高良健吾 ARATA 井浦新 あびる優 ソニン 永野芽郁 三浦翔平 白浜亜嵐 山本舞香 小野寺晃良 室井響 小山莉奈 大幡しえり 西田尚美 佐藤隆太 中井貴一 ディーン・フジオカ 石田ゆり子 小池栄子 斉藤由貴 吉田羊 田中圭 菅田将暉 志尊淳 竹内涼真 岡山天音 野村周平 萩原利久 千葉雄大 間宮祥太朗 木村了 吉田鋼太郎 福士蒼汰 小松菜奈 山田裕貴 清原果耶 東出昌大 満島ひかり 遠藤雅 重岡大毅 上白石萌音 小栗旬 宮沢りえ 沢尻エリカ 二階堂ふみ 成田凌 瀬戸康史 藤原竜也 松山ケンイチ 香椎由宇 黒木メイサ 桐谷健太 上地雄輔 山田孝之 高岡蒼甫 柴咲コウ 向井理 藤ヶ谷太輔 水原希子 窪田正孝 清水富美加 鈴木伸之 蒼井優 山﨑賢人 神木隆之介 岡田将生 新田真剣佑 安達祐実 淵上泰史 広瀬すず 松岡茉優 佐野玲於 中川大志 高杉真宙 横浜流星 やべきょうすけ 大東俊介 竹内力 川島なお美 戸田恵梨香 加瀬亮 栗山千明 大島優子 役所広司 松坂桃李 真木よう子 滝藤賢一 中村倫也 竹野内豊 堺雅人 高畑充希 堤真一 安藤サクラ ムロツヨシ 要潤 國村隼 市原隼人 小出恵介 城田優 佐藤健 福田沙紀 でんでん 岡田浩暉 松澤一之 載寧龍二 有村架純 麿赤兒 三浦貴大 大原櫻子 小島可奈子 いしだ壱成 佐藤藍子 染谷将太 醍醐虎汰朗 森七菜 倍賞千恵子 平泉成 梶裕貴 土屋太鳳 片寄涼太 草川拓弥 杉野遥亮 橋本環奈 新井浩文 吉沢亮 笠原秀幸 賀来賢人 佐藤二朗 内田有紀 田辺誠一 綾野剛 玉山鉄二 川栄李奈 宮野真守 花澤香菜 松たか子 柳英里紗 渋川清彦 河井青葉 黒田大輔 日南響子 青木崇高 麻美ゆま 平間美貴 星野あかり 七海なな 忽那汐里 平祐奈 森口彩乃 佐々木心音 山田愛奈 忍成修吾 森岡龍 佐藤ありさ 入江甚儀 黒島結菜 小篠恵奈 松尾薫 浅野忠信 上戸彩 斎藤工 伊藤歩 平山浩行 藤山直美 岸部一徳 大楠道代 石橋蓮司 中条あやみ 山崎紘菜 真剣佑 天海祐希 上野樹里 玉木宏 瑛太 水川あさみ 藤本泉 新川優愛 小柳友 黒川芽以 天衣織女 鈴木晋介 芳根京子 小島梨里杏 戸塚純貴 水谷果穂 渡辺真起子 矢本悠馬 森永悠希 宮藤官九郎 リリー・フランキー 村川絵梨 林遣都 安藤政信 落合モトキ カトウシンスケ 藤崎里菜 間宮夕貴 髙橋里恩 ヤン・イクチュン 木下あかり ユースケ・サンタマリア 木村多江 高橋和也 香川照之 山本太郎 岩田光央 佐々木望 大友克洋 多部未華子 木村文乃 森川葵 北村匠海 佐藤寛太 浅川梨奈 遠藤章造 温水洋一 中島ひろ子 片瀬那奈 マギー 上原さくら 新海誠 竹中直人 小島聖 伊勢谷友介 金子ノブアキ 宮崎あおい 濱田岳 奥田瑛二 清原翔 福原遥 江野沢愛美 笠松将 新垣結衣 吹石一恵 土屋アンナ 高嶋政宏 倉科カナ 佐々木蔵之介 伊藤英明 豊川悦司 志田未来 芦名星 渡部篤郎 入野自由 茅野愛衣 戸松遥 櫻井孝宏 早見沙織 西島秀俊 池松壮亮 伊藤淳史 坂桃李 ビートたけし 葉山奨之 堀井新太 川口春奈 松尾太陽 上杉柊平 国生さゆり 長谷川博己 石原さとみ 松田翔太 前田敦子 前野朋哉 妻夫木聡 檀れい 国仲涼子 池脇千鶴 岩田剛典 杉咲花 須賀健太 大政絢 唐田えりか 山下リオ 伊藤沙莉 黒木華 夏帆 笑福亭鶴瓶 岡本杏理 山本美月 永山絢斗 田畑智子 広瀬アリス 小島藤子 貫地谷しほり 本郷奏多 miwa 市原悦子 柳ゆり菜 津川雅彦 墨田ユキ 長澤まさみ 渡辺謙 森山未來 ピエール瀧 原日出子 阿部サダヲ 渡辺奈緒子 佐津川愛美 山本浩司 光石研 伊野尾慧 本仮屋ユイカ 大沢たかお 松嶋菜々子 板谷由夏 村上淳 高岡早紀 川谷修士 加藤諒.

次の

イニシエーション・ラブ : 作品情報

イニシエーション・ラブ 動画

最新の配信情報については、公式サイトにてご確認ください。 映画『イニシエーション・ラブ』のあらすじ 【Side-A】 1980年代後半、バブル最盛期の静岡。 就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ気乗りしないまま、合コンに参加。 しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な出会いを果たす。 奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、マユと出会って変わっていく。 流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、マユに釣り合う男性になろうと自分を磨く鈴木だったが…。 【Side-B】 二人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することに。 それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。 しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、心が揺れ始める…。 「映像化不可能」と言われていた作品が映画化された ということで大変話題になりました。 一見純粋に見える恋愛物語が最後の最後で覆されます。 この映画は二度観たくなる、というキャッチコピー通り、 すべてを知った上でもう一度観たいと思いました。 「イニシエーションラブ」鑑賞 小説を読んでから観たけど、80年代の世界観がとてもよかった。 飽きない。 小説ではゾっとして怖かったって最後思ったけど、映画版では前田敦子が可愛すぎて、あぁ男ってこういう子好きだもんねってなった。 カラクリを知ってたからこそ余計に楽しめた気がする。 — あぶら yuillllll イニシエーション・ラブ、観た。 去年の年末に観て書き忘れてたんだけど前田敦子が魔性の女の子の役でそれがまぁよかったし可愛かった。 やはり人はチヤホヤされるのが好きなんだなあ。 — まいぺーすぶーちゃん novara275 『イニシエーション・ラブ』観た。 芝居、撮影、音楽の80年代っぽさが楽しい。 前田敦子が異常に可愛い。 一回観ただけでは分からない細かいヒントもあるのかも。

次の