ミュー イング 効果。 ミューイングとは

ミューイングとは:顎がない…お金を掛けず整形なしであごをだす方法|blog.yhathq.com

ミュー イング 効果

これまでも ミューイングについての記事を書いてきましたが、なぜここまでミューイングを推すのかというと、 単純に 効果があるからです ミューイングとは「 舌を上あごにべったりつけることで顔の骨格矯正をする方法」のことですが、二次的効果もまた素晴らしいです。 引用 : 女性の美学 あなたの舌が上記の 〇 の位置ならばミューイングをする必要はありません。 健康的で笑顔の素敵な人だと想像できます。 もし舌の位置が正しい状態でないのなら、今すぐにミューイングを始めましょう。 繰り返しになりますが、 ミューイングとは 舌を上あごにべったりつけることです たったこれだけです。 マーケティングが苦手っぽいですが、とても熱心にミューイングを広めようとしています。 マイク・ミュー先生 非営利団体「」のYouTubeチャンネルでマイク・ミュー先生の動画を観ることができます。 医学的な感じで動画は面白くないですが、真面目な先生なのがよく分かります。 それでは ミューイングの効果の画像を見ていきましょう。 怪しいビフォーアフターの写真ですが、これらはミューイングによる 顎ラインの改善効果です。 ミューイングは学童期に非常に効果的ですが、 大人になってからでも効果は期待できます。 次はミューイング時の顎下の筋肉の状態がよく分かるスケッチです。 左がミューイングをしている状態です。 なるほどって思いますよね。 ミューイングには 二次的効果もあるので、参考記事もぜひ読んでくださいね。

次の

ミューイングの効果と正しいやり方

ミュー イング 効果

舌の位置が異常だと顎の歪みの原因になる 人間の大切な機能である呼吸とも関連が深い舌の位置についてレクチャーしていきます。 この記事ではまず舌の先端の位置についてです。 舌が正常な位置にないと気道を狭めてしまうので呼吸がしづらくなってきます。 矯正歯科治療で良く見るのは舌が下に落ち込んでいる状態です。 これを専門用語で低位舌といいますが、低位舌ですと本来上に上がっている分の舌の体積が気道の方に落ち込んでいますので気道が狭くなり苦しくなるわけです。 苦しくなると下の顎を前に出してなんとか呼吸しようとしますが、その結果、受け口や下の顎が前に突出した顔立ちとなります。 また、舌は内側から圧力を加え上顎歯列を広げるように押しています。 ですので舌が低位であると上顎歯列が狭くなり叢生が現れやすくなります。 このような低位舌は矯正歯科を訪れる患者さんには非常に多いです。 矯正歯科でセファロレントゲンといって頭のレントゲンを1枚取ってみると舌の位置がわかります。 セファロでは舌の他にも気道の広さや舌骨の位置もわかります。 検査で舌や気道に異常があれば舌位の指導はもちろん、なるべく気道を広げるような治療を考慮します。 舌の正常な位置 それでは前置きが長くなりましたが舌の先端の正常な位置についてみていきましょう。 鏡を見ながら確認してみると理解が深まると思います。 舌の先端は上顎の前歯の付け根に当てながら舌全体は天井(口蓋)にくっついている状態が正しい位置なのです。 当然、口ではなく鼻で呼吸してください。 上に述べた低位舌の人は上顎ではなく下顎の前歯の裏にまで落ち込んでいます。 それをぐっと持ち上げる訓練をしていくわけです。 舌は筋肉でできていますので最初は大変ですが、トレーニングで改善していきます。 このスポットに割り箸やストローを軽く5秒当てて離してからトレーニングすると感覚が残っているため舌の先端をスポットに置きやすくなります。 そして先端をスポットに5秒維持する。 これを5回繰り返します。 これがスポット・ポジショントレーニングです。 舌のトレーニングではまず、このように舌の先端の位置がスポットに当たっているかを確認して、その次に舌を上に持ち上げる筋トレを行います。 舌も舌筋という筋肉でできていますので鍛えるためには筋トレが有効です。 低位舌を改善するトレーニング それでは自分でできるトレーニングですので鏡を持って舌の位置を見ながらやってみてください。 舌の先端をスポットに当てたまま、舌全体を上に持ち上げ口蓋に吸い付くように押し当てるような動作をします。 図のように舌の裏側にある舌小帯が伸びている状態を5秒維持する。 ただ外すのではなくポンッと音を立ててはじくように舌を口蓋から離す。 これを10回繰り返す。 このトレーニングをポッピングトレーニングと呼びます。 まれに舌小帯が短いため舌を持ち挙げられない患者さんもいます。 舌を前に出したときに正面から見てハート型に変形する場合には舌小帯を切って舌が自由に動けるようにする手術をしなければなりません。 手術後1週間で舌のトレーニングを再開して半年もたつころには正常な人との区別は付かなくなってきます。 このポッピングトレーニングで舌が口蓋に密着できるようになると、気道が広がるので全身に酸素がいきわたり、いままでいびきや集中力が出にくかったという症状も改善されていきます。 ガムを使った舌のトレーニング法 ポッピングトレーニングよりも簡便な舌トレーニング法としてガムを使った筋トレがあります。 タブレットガムを噛んである程度柔らかくしたら舌の上に置いてください。 舌の先端をスポットにつけながらガムを天井(口蓋)に押し付けます。 先ほども言いましたように舌は舌筋という筋肉でできていますので口蓋に押し付けることが筋トレになるのです。 このガムを使ったトレーニング法は私が臨床でもよく指導しています。

次の

【誰でもできる】ミューイング【小顔効果!?】

ミュー イング 効果

ミューイングの効果 舌の位置と姿勢が正しくなることで、顔の本来の美しいを最大限引き出せるようになります。 シャープなメリハリのついた魅力的な顎のラインが形成され、顎と連動している首のラインも美しくなる効果があるとされています。 また、ミューイングを正しく行うことで、人間の生理的に正しい鼻呼吸が必然的に行われるようになります。 咀嚼力も同時に鍛えますので、しっかり咀嚼することで、綺麗な歯並びの効果もあります。 ミューイングの正しいやり方 基本的には、次の3つの動作を習慣的に繰り返すことでミューイングの効果は出ます。 下記動画がとてもわかりやすいので是非、ご覧ください。 口腔内の舌の位置を変える Mewing(ミューイング)は舌を正しい姿勢で正しい位置に置くことがポイントとなります。 舌全体で舌の筋肉を使い、 上顎を支えるように、ピタッとくっつけます。 舌の先だけや、舌根(舌の根元、食道側)だけが上顎についている状態では効果はありません。 舌の位置を正しくすることで、上顎を持ち上げる姿勢になります。 舌全体で上あごに張り付かせて、上あごを舌面で力で持ち上げるように意識すると効果が高いです。 初めは舌の筋肉が疲れたり、上顎に接着できなかったりしますが、慣れてくれば正しい方法が身についてきます。 本来、上顎は持ち上がった位置が正しい位置であり、舌の位置が下がると同時に上顎も下がってきてしまいます。 こうなると、美しい顎のラインは崩れてしまいます。 呼吸方法を口呼吸ではなく、なるべく鼻呼吸に変える ミューイングを正しく行うことで、舌の位置の関係から、口腔内の気管へ繋がる道が塞がれます。 人間は普段は鼻呼吸を行うのが正常です。 外気の不潔な空気は、鼻呼吸であれば鼻腔粘膜などの構造上の効果から、適正な温度、湿度に保たれ、チリやホコリなど空気中の雑菌が清潔区域である気管~呼吸器への進入するのを防いでいます。 口呼吸を行うことで、口腔内に雑菌が入り、口臭の原因になりますので、正しい鼻呼吸が必然的に行われることで、こういった影響を防ぐこともできるのです。 物を噛む力を鍛えていく これはミューイングの手法の中でも最も大切とされている方法で、食事中に意識することで十分な効果が得られるようになります。 毎回の食事で必然的に行うので、習慣化しやすく効果も高いとされています。 しっかり咀嚼することで、食べ物が細かく刻まれ消化にも良く、唾液の適切な分泌が保たれ消化器系にいい影響を与えます。 特に炭水化物は唾液中のアミラーゼと混合させる事で消化を助けます。 具体的には食べ物が流動状態になるまで咀嚼することが重要とされています。 咀嚼により顎の筋肉は鍛えられ、美しい顎のラインの形成に繋がります。 左右対称にしっかり咀嚼することで、綺麗な歯並びの効果もあります。 最近は咀嚼力を鍛える道具(ゴム製の商品)を利用するのも良いと思います。

次の