アンハサウェイ乳首。 赤裸々な写真流出 今度の犠牲者はアン・ハサウェイさん【写真】

アン・ハサウェイがトップレスを披露、“あのドレス”について語る!

アンハサウェイ乳首

アン・ハサウェイ Anne Hathaway のハリウッドでの嫌われっぷりがヤバい。 映画の中で輝く彼女しか知らない私達にとっては、あんなに綺麗な人を誰が嫌うのだろう?と疑問しか沸きませんが、彼女の言動や行動は、目に余るものが多いと悪評判です。 アメリカNo. 1の嫌われ者女優 『アメリカで最も嫌われている女優』として名が挙がるのも、アン・ハサウェイです。 彼女が最も嫌われる原因となった作品が、映画 レ・ミゼラブルです。 貧困にあえぎ娼婦に身を落とした役を演じる『レ・ミゼラブル』のために11キロも減量し、ばっさりと髪を切り、地声で歌を熱唱したことも、「評論家からの称賛とオスカー狙いなのがバレバレ」と叩かれました。 共演者のヒュー・ジャックマンも役づくりのために無理な減量をしたのに、バッシングされるのはアンだけ。 髪をベリーショートにしたのは彼女の勝手なアイデアであり、監督は反対だったことが明かされると、「何様?」とますます叩かれることに。 そして、アンチアンを急上昇させてしまったのは、2013年に『レ・ミゼラブル』でアカデミー賞助演女優賞を獲得した時に彼女が着ていたトップレスドレス。 レッドカーペットに向かう前に夫に、「バストトップが見えるように見えない?」と尋ねると、「美しいよ。 乳首は目立つけれどレッドカーペットの時間が終わってしまう。 行こう!」そしてそのままアンはレッドカーペットに。 その後、SNSでアンが散々からかわれ hathawaynipples ハサウェイの乳首)というハッシュタグまで登場しました。 ゴールデングローブ賞の際では、受賞が予想されていたにも関わらずオーバーに驚いてみせ「この丸い物体(ゴールデングローブ像)は自信を喪失した時の武器になる」と気恥ずかしくなるようなスピーチをして座をシラケさせた。 ツイッター上は「驚きと謙虚さが作り物。 誠実さに欠ける」とアンへの非難であふれ返った。 英国アカデミー賞ではレミゼの原作者ヴィクトル・ユーゴーにまで感謝し「アイ・ラブ・ユー、ハニー」とやって、「あの文豪をハニーと呼んだ?」と会場では失笑がもれた。 アン・ハサウェイのスピーチは驚いて、光栄に思い、恐縮する。 入念にリハーサルを繰り返したくせに、即興ぶったスピーチにみせたり、「ヴィクトル・ユーゴーにまで感謝する意味がわからない」といったツイートをされるほど嫌われてしまいます。 アン・ハサウェイは、アカデミー賞受賞用のスピーチを慎重に準備していたというが「彼女は、自分のスピーチがジョークのネタになっていることを良く知っていた」と関係者が証言しています。 才能あふれる女優なのに、ユーモア感覚のずれた 空気が読めない典型といえます。 アカデミー賞では「今度こそ好かれようと事前に練習した」と噂され、その周到さ自体が批判されるほど嫌われてしまっています。 米国人が俳優に授賞式で求めるのは、自然な飾り気のない誠実さ。 「リンカーン」で各賞の主演男優賞を独占したダニエル・デイ=ルイスは、その場で感じたことを噛みしめるように心の底から表現するから、誰もがひと言も聞き逃すまいと真剣に聞き入ります。 『プラダを着た悪魔』や『レ・ミゼラブル』など話題作に続々と出演している彼女ですが、一時期はバッシングの強さに心を痛め、女優引退も考えていると報道されました。 米大手のメディアらが「なぜアンは嫌われるのか」の特集を組む騒ぎもありました。 「いつも演技しているような態度が原因」「誠実というイメージが薄いのが、嫌われる要因だろう」と分析。 老舗雑誌「ザ・ニューヨーカー」は、「あからさまに称賛を欲しがっている。 そんなに懇願するのならくれてやろうと思うから、賞を獲得できたのだろう」と、手厳しくつづっています。 綺麗でも性格ブス? 最近の性格ブスエピソードでは、日本向けのコマーシャルの撮影時に、イングリッシュマフィンとポーチドエッグ、アボカドをスタッフに用意させたとのこと。 最初に受け取った皿は卵がゆるすぎると作り直させ、2度目はイングリッシュマフィンが冷えていると送り返したそう。 3度目はパンを温めている間に卵が冷えたと文句を言ったらしい。 ようやく完璧な状態で朝食を受け取ったときには気分が変わり、目玉焼きに変えてくれと言ったらしい。 ネットでも世界一の嫌われ者? ネットはアンの悪口で溢れかえっています。 「Anne Hathaway hate」で検索すると、1,000万を超えるサイトがヒット。 ツイッターでは連日悪口ツイートをされ、Facebookでは、「アン・ハサウェイ大嫌い」というページが存在し、アンチ・アンを表す Hathahatersなる言葉も誕生。 Twitterでは、この言葉にハッシュタグをつけたアンチのツイートが連日のように投稿されており、アンチは一致団結して、まるでカルトのような騒ぎなっています。 アンチをも超越する大女優 彼女へのバッシングの嵐は今後も終わることはないかもしれませんが、彼女はそれを乗り越える精神力、圧倒的な演技力、そして美貌を兼ね揃えています。 多くのアンチが存在しますが、それ以上に多くのファンがいるのも確か。 最近ではバッシングによる落ち込みも乗り越え、良い経験になったと前向きに考えられるようになったようです。 いつか彼女は恐れるものがない 強く美しい女性の象徴として世界中で称賛されるかもしれませんね。 2016年には『アリス・イン・ワンダーランド』の続編に出演、2017年には主演映画『The Burning Woman 原題 』が控えています。 今後の大活躍と、主演女優賞でのオスカー獲得にも期待したいです。 アン・ハサウェイ 本名Anne Jacqueline Hathaway アン・ジャクリーン・ハサウェイ 生年月日-1982年11月12日-主な作品『プリティ・プリンセス』『ブロークバック・マウンテン』『プラダを着た悪魔』『レイチェルの結婚』『アリス・イン・ワンダーランド』『ダークナイト ライジング』『レ・ミゼラブル』第85回アカデミー賞 2013年2月24日 助演女優賞受賞 At the end ~ PS. Please forgive a rude introduction. I love you guys in Japan. From this we will continue to support you.

次の

嫌われ者?アン・ハサウェイの本当の姿!!アメリカでの嫌われっぷりがやばい女優

アンハサウェイ乳首

ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

アン・ハサウェイがトップレスを披露、“あのドレス”について語る!

アンハサウェイ乳首

生い立ち [ ] 出身。 父親のジェラルド・ハサウェイは、母親のケイト・マッコーレーは。 名前の由来は劇作家の妻からである。 マイケルという兄とトーマスという弟がいる。 先祖はと、さらにたどるととの血を引く。 で育ったためになりたかったが 15歳の時に兄が だということを知り、兄の性的指向を認めない宗教には属せないと感じその道を諦める。 それをきっかけに彼女を含めた家族全員がから離脱した。 の高校時代にはオールイースタン高校選抜合唱団の一員として、の舞台に立ったこともある。 高校卒業後、の俳優養成学校に入学し、『』などの舞台に出演。 また、でを学んでいたが、からはに編入。 キャリア [ ] にテレビシリーズ『』の主人公に抜擢され、やの女優賞(ドラマ部門)にノミネートされる。 公開の『』で映画デビュー。 全米で1億ドルを超えるヒットとなり、ブレイクする。 王女役の役作りのために、の関連の本を読み漁ったという。 2月に『 Carnival! 』でデビューを果たす。 には『プリティ・プリンセス』の続編が公開され、9500万ドルのヒットとなる。 これにより人気女優となったが、プリンセスのイメージが定着し、理想の役が得られずに低迷する。 公開の『』でアイドル女優的なイメージを払拭。 公開の『』では扮する鬼編集長のアシスタントを演じ、としての才能が開花。 1億ドルを超えるヒットとなった。 公開の『』ではの作家を演じた。 2009年 アカデミー賞授賞式にて 公開の『』で元者を演じ、主演女優賞などを受賞し、にノミネートされた。 公開の『』でにノミネートされた。 の司会をと共に務める。 2012年は、アンにとって大きな飛躍の年となった。 『』に&な美しい女怪盗・役で出演。 ボディラインが一目で分かる体にピッタリ密着した衣装()を身にまといながらも華麗にアクションをこなす必要があるため、肉体改造を徹底的に行った。 監督から映画『』でが2ヵ月間トレーニングを積み、戦いのシーンなどをすべて自分で演じきったエピソードを告げられ、その足で「彼のオフィスを出た後、すぐにジムに向かいました」とコメントしている。 その結果、をマスターしてアクションシーン初挑戦ながらハイキックなどの難易度の高いアクションシーンをほぼ全て自身で演じた。 しかし、このボディスーツは彼女のウエストサイズより5cmも小さいため常に全身を締め付けられてしまい、限界までシェイプアップした彼女にとっても着続けるのが困難で、「一日が終わる頃には苦しかった。 特にバットポッドに乗るシーンでは前傾姿勢でグッとお尻を突き出すから、すごく締め付けが強くて下着を着けるのも嫌になるほど。 アクションシーンは敵役だけじゃなくて長い髪やの肩紐やのゴムとも戦わなければならなかった。 撮影が終わって服も下着も全部脱ぎ捨てた時の解放感がたまらなかった」と漏らしたほどだった。 また、12月公開の『』にて ()を演じ、吹き替えなしのミュージカルに挑戦し、を受賞した。 また、同作にてこれまで2度、ノミネートしていた助演女優賞を3度目にして受賞した。 この二作の記録的なヒットで美貌と実力を兼ね備えたハリウッド女優として地位を不動のものにした。 私生活 [ ] 2004年から実業家のと4年間交際していたが、2008年6月18日に破局が発表された。 その後、ラファエロ・フォリエリは行為などで逮捕された。 2011年11月に3年間交際していた俳優のとの婚約を発表し 、2012年9月29日に挙式を行った。 2016年、第1子の男児を出産。 である。 複数のチャリティー団体を支援している。 フィルモグラフィー [ ] 映画 [ ] 年 邦題 原題 役名 備考 吹き替え 2001 The Princess Diaries ミア・サーモポリス ジェーン・サビン TBA 2002 The Cat Returns 吉岡ハル 声の出演(英語版吹き替え) (原語の声優) Nicholas Nickleby マデリン・ブレイ 2004 Ella Enchanted エラ (ソフト版) (版) The Princess Diaries 2: Royal Engagement ミア・サーモポリス 甲斐田裕子 2005 Hoodwinked! Associated Press. June 27, 2006. Retrieved June 29, 2006. Barlow, Helen. The Courier-Mail. March 31, 2007. Retrieved July 21, 2006. Us Magazine. Retrieved October 10, 2008. 2012年5月16日• 雑誌『』2012年9月号• 2013年2月25日. 2013年4月1日閲覧。 シネマトゥデイ 2008年6月19日. 2008年6月19日閲覧。 AFPBB News 2008年6月26日. 2008年7月1日閲覧。 MovieWalker 2008年11月9日. 2008年11月13日閲覧。 シネマトゥデイ 2012年9月30日. 2012年9月30日閲覧。 映画ナタリー 2016年1月15日. 2016年1月15日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• - (英語)• - (英語)• annehathaway -.

次の