鼻 うがい の 仕方。 副鼻腔炎(蓄膿症)の対策③重曹入りの強化版[鼻うがい]で膿も花粉も洗い流そう|カラダネ

鼻うがいのやり方とコツ・回数/鼻づまり・蓄膿・副鼻腔炎の洗浄効果

鼻 うがい の 仕方

副鼻腔炎(蓄膿症)のセルフケア方法では、鼻うがいを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。 「鼻うがい」は、文字どおり、口でする「うがい」のように、水を鼻の中に入れて、ほこりや細菌、ウイルス、花粉などを洗い流す方法のこと。 この鼻うがいは、 とてもおすすめな副鼻腔炎対策、花粉症対策の一つです。 とはいえ、正しく行うことがとても大切です。 間違った方法で鼻うがいを行っていると、中耳炎などを招く場合もあると、専門医は警鐘を鳴らします。 2人の専門医に話を聞きました。 副鼻腔炎の人は、記事を読むとともに必ず耳鼻科医の治療を受けることを忘れないでください。 副鼻腔炎や花粉症だけでなく、上咽頭炎、インフルエンザ予防にも役立つ 早速ですが、鼻うがいを患者さんにすすめている、きたにし耳鼻咽喉科院長の北西剛先生に話を聞きました。 「鼻の病気のときに大切なことは、まずは耳鼻咽喉科で専門医にきちんと診てもらい、適切な対処をすることです。 そのうえで手軽にできて、予防や症状の緩和を期待できるのが、鼻うがいです。 鼻うがいをすると、鼻の中の異物を洗い流すことができて鼻をスッキリさせることができます。 私は患者さんの状態に応じてすすめていますが、慢性副鼻腔炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎だけでなく、上咽頭炎(じょういんとうえん)や後鼻漏(こうびろう くわしくはへ)、 インフルエンザの予防に役立つものであると感じています。 副鼻腔炎の場合、副鼻腔に細菌やウイルスが入り込むことによって起こります。 健康であれば、このような異物は副鼻腔内の繊毛の動きで排出されます。 ところが、カゼや花粉症などなんらかの原因で粘膜が腫れて、入り口が狭くなったり繊毛の働きが弱くなったりすると、菌が増殖して炎症が起こり膿がたまってしまうのです。 最も簡単なセルフケアは、鼻水がたまったらこまめに鼻をかむこと(くわしくはへ)。 しかし、それだけでは細菌やウイルス、膿などを出しきるのは難しいものです。 そこでおすすめしたいのが鼻うがいなのです」 鼻うがいを治療の一環に取り入れている耳鼻咽喉科が多い。 やり方も簡単。 北西先生は、さらに鼻うがいについて話を続けます。 「鼻うがいとは、鼻から生理食塩水(血液や組織液と浸透圧が等しい約0. 9%の食塩水)を注入して、鼻腔内の鼻水や膿、細菌、花粉などの異物を取り除く方法です。 以前から、耳鼻科では鼻の手術を受けたあとのケアとして、鼻うがいはすすめられてきました。 現在では、耳鼻科によっては鼻の病気の予防や治療の一環として取り入れている病院もあるので、受けたことがある人も多いでしょう。 この鼻うがいは、毎日行ったほうがいいことから、自宅でもセルフケアとして取り入れてほしいものです。 鼻うがいのやり方は、下の図を見ていただくとして、ここでは、注意点やポイントを述べておきましょう」 「まず、鼻うがい用の器具は、数種類が市販されています。 しかし、近くで入手できない人や、試しにやってみたいという人は、液体容器を使った手作りの鼻うがい器を作ってみるのもいいでしょう。 作り方は簡単で、調理器具の売り場にある液体容器(ドレッシング容器など)にシリコン製のイヤホンパッドをつけるだけです。 どちらも100円ショップで購入できます。 真水はさけて、0. 9%の生理食塩水を使いましょう。 水はできれば煮沸し、温度は30~35度Cのぬるま湯が適当です。 行うときは、洗面台やお風呂場で顔を前に突き出してあごを引きます。 イヤホンパッドを鼻穴に当てて、容器を押して水を鼻腔内に入れてください。 このとき、「あー」と声を出すとやりやすいでしょう。 鼻腔内に入った水は、水を入れた鼻、逆側の鼻、口のうちのどこから出しても大丈夫です。 無理に吸い込もうとすると、中耳炎などになる可能性もあり、注意してください。 やりすぎは逆効果です。 ぜひ4つに気をつけて日課にしてみてください」(北西先生) 副鼻腔炎(蓄膿症)や花粉対策の鼻うがいは「あー」と声を出しながら行うのがコツ 生理食塩水の代わりに重曹を使うだけ!働きがアップしネバネバ鼻水もスッキリ! 鼻うがいの強化版があります。 考案した、ほりクリニック院長の堀雅明先生に話を聞きました。 「鼻うがいは実に強力ですが、実践してもドロドロとした鼻水や膿がなかなか出てこないという人がいます。 また、鼻が痛くなると感じている患者さんもおおぜいいます。 そういった人たちに、ぜひ試してもらいたいのが「重曹入り鼻うがい」です。 「副鼻腔炎の人は、ネバネバした鼻水を出す必要がありますが、ネバネバしているので鼻をかんでも出にくく、鼻うがいをしてもスッキリしないことが多いのが難点です。 その状態を改善するために、患者さんによっては、鼻水のネバネバを弱める薬が処方されることもあります。 実は、重曹にはそのネバネバ鼻水の粘性を弱める働きがあるのです。 それゆえ、副鼻腔炎の人は生理食塩水による鼻うがいより、重曹を加えた重曹鼻うがいのほうが強力になると考えられます。 重曹鼻うがいの鼻症状に対する作用は、米国の大規模研究でも科学的に明らかになっています。 研究では、抗菌剤を使わず2週間の重曹鼻うがいを行ったところ、鼻づまりによる症状が70%改善し、鼻水や後鼻漏も55~70%で改善したといいます。 また、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎が改善している例が多く報告されているのです。 重曹鼻うがいの利点(メリット)は、ほかにもあります。 重曹には刺激を抑える緩衝作用があります。 そのため、生理食塩水で行うよりも、さらに鼻粘膜への刺激が減り、痛みを感じにくいのです。 とはいえ、毎回鼻に注入する圧力や量には、十分注意して行ってください。 強すぎると、耳管(耳と鼻をつなぐ管)から逆流して中耳炎を起こしてしまいます。 また、自己診断せずに必要に応じて耳鼻科を受診し診断、治療、指導を受けてください。 重曹とは、炭酸水素ナトリウム、または重炭酸ソーダといい、人間の体の中にもある物質で血液や唾液の中にも含まれています。 内服薬やベーキングパウダー、入溶剤などに使われており、極めて安全なものです。 薬用・食用・工業用とありますが、重曹鼻うがいに使うにはスーパーなどで売っている食用のものが適当です。 なお、重曹鼻うがいは、それによって症状を治すという、治療作用があるものではありません。 鼻水や膿を取り去ることで、鼻粘膜が本来持っている自然治癒力などの働きを阻害しているものを排除でき、洗浄機能や免疫作用、加湿作用が高まると考えられます」(堀先生) 健康な鼻の状態を取り戻すためにも、みなさんもセルフケアに重曹鼻うがいを試してはいかがでしょうか。 とはいえ、やりすぎは禁物です。 心配がある場合は、主治医に必ず相談してから実践してください。 記事にあるセルフケア情報は安全性に配慮していますが、万が一体調が悪化する場合はすぐに中止して医師にご相談ください。 また、効果効能を保証するものではありません。

次の

うがいは風邪予防に効果あり!正しい手順と方法、注意点とは|医療法人あだち耳鼻咽喉科

鼻 うがい の 仕方

鼻うがいとは? 鼻うがいは別名「鼻洗浄」とも呼ばれていて、生理食塩水や専用の洗浄液などを鼻の奥に入れてうがいをすることです。 鼻の奥に溜まっているゴミやホコリ、ウイルスなどを洗い流して、鼻の中を清潔で健康な状態に保つことが目的で行われます。 もちろん、鼻の奥にあるウイルスなども洗い流すことができるので、風邪などの病気の予防にも効果的なんですよ! 鼻うがいをするときには上咽頭と呼ばれる喉と鼻の境界線までしっかりと洗浄して、通常のうがいと合わせることで、通常のうがいの効果もより高めることができるんです。 鼻うがいに塩水を使うのはなぜ? プールやお風呂などで鼻に水が入ったときに鼻の奥が「ツーン」としたことはありませんか? これはもちろん水が鼻の奥に入ったために起こっている現象なのですが、痛みを感じる原因は鼻に入った水と人間の体液との間に浸透圧の差があるからなんです。 水と人間の体液の浸透圧にはかなり差があるので、その差に対してぼく達の鼻が異物だと判断して反応しているんですね。 実は生理食塩水や専用の洗浄液は浸透圧が体液と同じ0. ということで、鼻洗浄をする場合には生理食塩水や専用の洗浄液を使えば、鼻に痛みを感じることなく鼻うがいをすることができるんですね! 鼻の加齢臭とは? 鼻の加齢臭とは、鼻の下を伸ばしたときや鼻をかんだときに独特の臭いを感じる症状です。 鼻うがいをして鼻の中を清潔な状態に保っておくと予防することができるんですよ! 痛くない正しい鼻うがいのやり方 鼻うがいは正しい方法で行えば痛みを感じることはありません。 鼻がいをしたときに痛みを感じないために一番重要なことは「人間の体液と同じ濃度の生理食塩水もしくは専用の洗浄液を使う」ことです。 これからご紹介する鼻うがいには「鼻の浅い部分だけ洗浄する方法」と「鼻の奥まで洗浄する方法」の2つのやり方があるので、自分にあった方法で試すようにするといいですよ! 生理食塩水を作る方法 生理食塩水と聞くとなんだか難しいものを作るような感じがしますが、実はかなり簡単に作ることができます。 用意するものは水(ぬるま湯)と塩のみです。 水はできるだけミネラルウォーターを使うようにした方が鼻への負担が減ります。 を使うようにするといいですよ!塩は粗塩を使いようにしましょう「伯方の塩」なんかがそうですね。 上級者向けの鼻うがいのやり方• 生理食塩水を鼻で吸い上げた後に頭を上げて上を向く• そのまま生理食塩水が鼻の奥を通って口まで流れるようにする(流れにくい場合には軽く吸い上げてみてください)• 生理食塩水が口に入ってきたら、そのまま口から吐き出す• これを先ほどと同じように3〜5回程度繰り返してください• 同様にが反対側の鼻もやります• 両方の鼻がやり終わったら鼻うがい完了です こちらの方法でうがいをすると鼻の奥まで洗浄をすることができるので、奥に溜まっているゴミやホコリ、ウイルスなども洗い流すことができます。 慣れてくるとこちらの方法でやった方が鼻の奥まですっきりして気持ちがいいですよ〜 鼻うがいをするときの注意点• 生理食塩水は正しく作る• やっているときには頭を振らないようにする• 生理食塩水は飲み込まないようにする• 鼻を勢いよくかまない(中耳炎などの原因になる) こちらにあるようなことを守って実践すれば、実施中や実施後に痛みや違和感を感じたりすることはないはずです。 それでもいまいちしっくりこない場合には、医師に相談して自分に鼻うがいがあっているのか確認してみましょう! あとがき 鼻うがいは花粉症や風邪をひきやすいシーズンには大活躍をします。 ぼくもかれこれ10年以上実践していますが、風邪などはほとんどひかなくなりました。 鼻の奥まで洗浄をすることでウイルスなどの侵入を防ぐことができているからでしょうね。 鼻うがいをするときに生理食塩水をいちいち用意するのが面倒であれば専用の洗浄液を使うとかなり簡単に鼻うがいを行うことができますよ〜 インターネットを利用して、買い物や予約をすると24時間365日利用することもできるし、ほとんどのサービスを安く利用できるので便利ですよね。 ただ、全てのサービスが安く利用できる訳ではないので、せっかくネットを利用しても残念なことになってしまうことも・・・ 「これから利用するサービスもお得に利用できたらいいのに」 そう感じることもたくさんあります。 そんなあなたに嬉しいサービスをご紹介。 洋服やコスメ、食材など、ネットでショッピングをする時に、あるサイトを経由するだけで現金が戻ってきます。 よく、ポイント還元っていうサイトを見ますが、こちらはまさかの現金還元! ポイントなどではなく、シンプルにお金が戻ってくるのは嬉しいですよね? なんか怪しいサービスに聞こえるかもしれませんが、東証一部上場のファンコミュニケーションズが運営しているサービスだから安心です。 単純なネットショッピングだけでなく、ホテル予約などについても現金還元のサービスを受けることができるので、様々な場面でお得な現金還元サービスを受け取ることができます。 とりあえず無料登録をしてみて、ちょっとしたときに使っていくと色々と節約しながらショッピングを楽しむことができますよ。

次の

私の人生を変えた「鼻うがい」のやり方!痛くない2つの方法とは!?

鼻 うがい の 仕方

新型コロナウイルスは 潜伏期間が11日に及ぶ例も 新型コロナウイルス感染症については、発熱などの呼吸器症状の自覚がないものの、なんとなく体調が思わしくないからと医療機関を受診し、検査により新型コロナウイルスの感染が確認されたというケースも出ているようです。 また、この新型ウイルスの潜伏期間、つまり感染を受けてから発熱やのどの痛み、咳嗽などの呼吸器症状が現れるまでに平均して5日前後、最短は1日、最長では11日かかっていることを、厚生労働省の技術参与として新型コロナウイルス感染症対策に日々尽力しておられる高山義浩医師が報告しています。 つまり、新型コロナウイルスの感染者であっても、人によっては11日もの長い間、自分が感染を受けているという自覚が全くないまま、街中でショッピングをしたり、レストランで食事をしたり、観光を楽しんだりしている可能性を否定できないことになります。 そこで、個人レベルでの感染予防の徹底が求められるわけです。 ところが、厚生労働省などが国民に呼びかけている予防策を見てみると、そこに「うがい」が入っていないことに疑問を感じている方は少なくないようです。 というわけで、今回は「ウイルス感染に対するうがいの効果」について書いてみたいと思います。 ウイルス感染の予防策から 「うがい」が外れている理由 感染予防策としての「うがい」、専門用語で言えば「含嗽(がんそう)」については、ここ数年ずっと疑問に思っていることがありました。 インフルエンザのような飛沫(ひまつ)、つまりウイルス感染者が咳やくしゃみをした際に周囲に飛び散る細かい水滴、いわゆる「しぶき」を介しての感染予防には、昔から「うがいと手洗いをこまめに行い、人混みを避け、やむを得ず人混みに出るときはマスクを着用する」と言われてきたものです。 ところが、4年ほど前からでしょうか。 季節性インフルエンザ予防を呼び掛ける厚生労働省の国民向けメッセージやパンフレット、リーフレットなどから、それまで記載されていた「うがい」が外されているのです。 その理由を厚生労働省の担当者に尋ねたことがあるのですが、その答えは、 「うがいは、一般的な風邪を予防する効果があるとする研究データはありますが、インフルエンザを予防する効果については科学的に証明されていませんから」 といった程度の、少々そっけない回答でした。 今回の新型コロナウイルス関連肺炎についても、感染対策として厚生労働省がホームページで国民に向けたメッセージとして記載しているのは、次のようなもので、そこにはやはり、「うがい」は入っていません(2020年3月3日現在)。 マスクの効果については、こちらの記事を読んでみてください。 水によるうがいで風邪抑制効果が確認された理由として、研究チームは次の2点を挙げています。 口や鼻からの侵入ウイルス撃退に うがいは現実的な策ではない うがいには、口腔内の汚れを水の勢いで浮き上がらせて吐き出し、清浄にする効果があります。 乾燥によるネバツキなどを改善、解消して口臭を防ぐ効果も期待できます。 うがいにより水と一緒に吐き出される口腔内の汚れのなかには、鼻や口から入り込んだ雑菌やインフルエンザウイルスなども含まれますから、うがいはウイルス感染の予防に効果があるのではないか、と考えがちです。 しかし、鼻や口から入り込んだウイルスなどが、口腔内を通過してのどの粘膜や気管支の細胞に達し、その細胞内に侵入していくのに要する時間は想像以上に短く、早いときで数分、かかっても20分ほどと考えられています。 ですから、鼻から吸い込んだり口から入り込んできたウイルスによる感染を完全に防ぐには、数分から20分ごとにうがいをしないと間に合わないことになります。 これはあまりに非現実的な話ですから、インフルエンザや新型コロナウイルス関連肺炎の予防策としては実行可能な方法ではないとして、うがいが外されているようです。 外出から戻ったとき、とりわけ満員電車や人込みの中にいたときなど、また口腔内が乾燥してのどがイガイガするようなときは、まず水で口をしっかりゆすいで汚れを吐き出してから、ガラガラとうがいをすることをおすすめします。 このとき、たとえば風邪やインフルエンザ予防にと洗面所などに備えてあるを使えば、口腔内とのどの清浄にはより効果的でしょう。 イソジンに関しては、「どうもあの匂いや味が苦手で……」という方が少なくないようです。 そんな方にはがおすすめです.

次の