マイ フレンド ペドロ。 30日20時からの電撃PS Liveは横スクロール回! おっさんたちが骨太アクションゲーに挑戦

【インディーゲーム】バナナと極めるスタイリッシュプレイへの道 ~My Friend Perdo(マイフレンドペドロ) クリア後レビュー

マイ フレンド ペドロ

Advertisement• 2019. 30 目次 1. ボコスカウォーズ21. 思い出1. BitSummit 7 Spiritsでプレイアブル展示 ボコスカウォーズ2 でてたんだw み[…]• 2020. 21 目次 1. 不作かもしれない、第3回 ラボ作品コンテスト の結果。 その中でも好きだった作品のリンク1. 動画1. 作品1. 関連2. 過去[…]• 2017. 23 以前、【スーパーマリオオデッセイ】公式ページの、下の、マリオを、クリックすると、出る文字の謎?って言う記事を書きました でも1ページ見逃してしまうとい[…]• 2017. スーパーマリオオデッセイ 2. ゼルダの「[…]• 2018. 05 パズドラはもちろん つむつむ?とかもまぁーったくやってない 思えばぷよぷよも3コンボ?しか狙えないし テトリスしか しっかりはやってない パズルゲーム[…]• 2018. 29 最難関までクリア後も素人の僕です。 目次 1. 2018-11-30 アップデート第3段!「タランザ」だけの動画がうpされたので、勉強してみた1. […]• 2018. 13 「Q1」と「A1」はこちら 【任天堂】2017年度第78期 の 質疑応答を読んでみたw Nintendo Labo オレが株主だったら 「Q2」と[…]• 2019. 28 ますます今年はラボ作品コンテストがありそうだ 目次 1. 『Nintendo Labo』を使って親子でプログラミング体験! Hack Kids1. […].

次の

My Friend Pedroとは (マイフレンドペドロとは) [単語記事]

マイ フレンド ペドロ

最大の魅力はシンプル操作でカッコいいガンアクションが簡単に楽しめる点だ。 主人公ができる事は、左右の移動とジャンプ、しゃがみ、転がり、自転によるかわし、キック、壁を蹴ってさらに高く上がれる2段ジャンプ、そして手持ちの銃をぶっ放すだけだ。 これらのシンプル操作を駆使して、両サイドから迫る敵を同時に片づけたり、次々と出てくる敵をガンガン蹴散らせるのは気分爽快の一言だ。 2Dのガンアクションというと、ファミコン時代のゲームはやたらと難易度が高かった印象があるが、本作では途中で死亡した場合でも、コンティニューが無限に行なえる。 しかも再開ポイントは死ぬ直前にクリアしたところからとなるので、腕に自信がない人でもコンティニューを繰り返して、体で覚えて少しずつ進めていけば全ステージをクリアできる。 筆者自身はアクションゲームはそれほど得意というわけではないが、テンポよく軽快に動き回る主人公の動きと、ショットガンもサブマシンガンにしても銃弾がシュバーっと敵に突き抜けていく、その爽快感がたまらず気がつくとゲームをクリア、さらなるカッコ良さを求めてやりこんでいる。 難易度がそれほど高くないのも良い。 ということで今回「My Friend Pedro」を一通りプレイし、カッコいいガンアクションを色々決めてみたので、動画と共に紹介していきたい。 簡単操作でOK! 究極のスタイリッシュガンアクションがここに爆誕 「My Friend Pedro」は5つのエリアが複数のステージで区切られており、各エリアのラストにはボス戦も用意されている。 各ステージはビルや地下道などを舞台に上下左右にコースが設定されており、コースに沿って進んでゴールを目指す。 本作のステージにはとにかく色々なギミックが用意されている。 例えば高い場所から降りるような場合、エレベーターような仕掛けもあれば、滑車付きのワイヤーが用意されており、ワイヤーで急降下するようなアクションも用意されている。 上に向かう場合、基本的には壁を蹴る事でひとつ上のフロアに上がれる2段ジャンプが主な手段となるが、壁がないような場所では、上に昇るためのワイヤーなどもある。 他にもスイッチを押す事で稼働する床や、開閉する扉や壁など、ちょっとしたパズルっぽい要素も用意されているが、頭を悩ますほどの難しさではなく、じっくり動きを観察すればわかるような仕掛けばかりだ。 歩いて通れないような狭い通気口はしゃがんで移動するとゴロゴロと転がって通過する。 しゃがんで敵と戦う場合に間違えて転がってしまう場合もあったのでしゃがんだ時の操作は注意が必要だ。 こうした仕掛けが施されたビルや地下道を進んでいくわけだが、実際の操作感はとても心地よい。 移動はダッシュなどのアクションはなく、常にリズミカルにステップを踏んで歩く感じの動きだが、移動速度もほどよい感覚だ。 2段ジャンプの操作もあまりシビアではないため、ちょっとタイミングが遅れた場合などでも比較的スムーズに操作できる。 また、主人公をしゃがませると、そのまま前後にグルグルとローリングして移動することができ、これにより普通に歩いても通れない低い通気口などを通り抜けることができる。 こういったアクションをまず動画で見て欲しい。 自身の肉体も時には武器と化す。 キックの一撃は敵にかなりの大ダメージを与えられるが、銃相手にケリだけで勝つのはかなり困難なので、うまく銃と連携することが重要だ。 ビル内には色々ながらくたが落ちている。 スケボーやフライパン、火薬、ナイフなど、建物内に転がるこうしたがらくたの一部はオブジェクトとして実際に蹴って飛ばしたり、敵を倒すのに利用できるのもユニークなポイントだ。 床に落ちた「ナイフ」をうまく蹴り上げることで、敵を一撃で仕留めることができる。 他にも敵の足元にある「火薬」に銃弾を撃ち込む事で誘爆させて敵を仕留めたり、「フライパン」を蹴り上げて、そのフライパンに銃弾を撃ち込むことで、跳弾を利用して普通に狙っても撃てない敵を仕留めたりすることもできる。 繰り返すことで見えてくる、よりカッコイイ殺し方 後半のエリアになってくると、敵の防御が段々と頑丈になってきて、武器のチョイスが重要になってくる。 また、敵の攻撃も激しさを増してくるし、登場するギミックも、触れると大ダメージを受ける謎の電磁波のような光線を発する機械などが出てくる。 これをひたすらかわしながら、先にいる敵を倒しつつ、再度仕掛けをかわす、といった複雑なアクションも要求されるようになってくる。 とはいえ、これらのギミックについても最初は驚く事も多いが、1度わかってしまえば、あとは冷静に分析し、タイミングや敵の出現位置などを見計らってうまくアクションしてやることで、かわせるようになっていく。 1度でダメでも3度4度とやってれば突破の糸口が見えてくる。 エリアを進めていくと、謎の精神世界のエリアもある。 ここでは武器は殆ど使わないが、特殊なルールに則った壁や床が消えたり復活したりするので、落下しないように注意して前へと進めるステージだ。 個人的に頭を悩ませたギミックは最終エリアの後半のステージで登場するバリアだ。 敵の周囲を薄い球状の物が覆っており、銃を撃ってもケリを入れても全くダメージが与えられないのだ。 何度かトライして玉砕しているうちにふと球状の物が壁の奥から投射されている事に気が付いた。 そこで投射元の装置を狙って銃を撃つと見事に破壊され、同時にバリアは解除されたので、無事に進める事ができた。 このように初見ではちょっと頭を悩ませられる仕掛けもあるが、ちょっと観察すればわかる程度の難易度なので、全体的に比較的ストレスなくプレイする事ができた。 手軽だからこそより華麗に、どこまでも突き詰めたくなるゲームバランス 難易度が上がっても筆者の挑戦心を燃え立たせてくれたのが、本作のコンティニューポイントだ。 本作の復活ポイントは非常に細かく設定されており、もしやられた場合でも、直近のクリアできたポイントくらいから再開できるので、1度クリアした場所を何度も繰り返しやり直す必要がなく、すぐに失敗したポイントに戻る事ができる。 そのため、同じポイントに何度もトライすることで、初見では気がつかなかったオブジェクトの利用法、テクニックを活用し、よりカッコ良く戦えるのである。 ステージのラストはボス戦が待っている。 シンプルにボスキャラと撃ちあうだけのバトルもあるが、中にはカーチェイスしながら戦ったり、空中をフリーフォールで落下しながらのバトルなど、これまでのフィールドのアクションとテイストの異なる仕掛けも用意されていて、こちらも十分楽しめた。 S級評価を目指せ! とにかくやりこみたくなるカッコ良さ 最初にも触れた通り、本作の魅力はカッコいいガンアクションを簡単に決められることだ。 ポイントとしては前述のオブジェクトを利用したアクションだ。 スケボーが使える場所では積極的にスケボーを走らせて、華麗に敵を蹴散らせば、それだけで映えるアクションが楽しめる。 個人的に気に入っているのは、低位置から2段ジャンプで飛び上がりながらのショットガンショットだ。 敵が反撃する前にこちらの銃弾を叩きこめられるし、ショットガンのダメージはデカいので一撃で仕留める事もできる。 当たり所が悪く、生き残っても反撃されずに再度トライできる。 ショットガンを手に入れたら是非試してみてほしい。 筆者の動画と解説で、皆さんも「My Friend Pedro」をやりたい気持ちがモリモリと盛り上がってきたのではないだろうか? 本作はボリュームもほどよく、アクションが苦手な人でもどうにかクリアできるバランスのよさ、それに加えてガンアクションの爽快感はしっかり楽しめる完成度の高さを確かに感じた。 筆者も様々なジャンルのアクションゲームをプレイしてきたが、中盤以降に難易度が上がってくると、ある程度死んで慣れるのはお約束だと割り切っている。 しかし、本作の場合、コンティニューで死ぬ直前の状態からスタートできるのがとてもうれしい。 ほとんどの場合、本当に失敗したところだけをやり直せるので、モチベーションがあまり下がらずに何度もトライできる。 アクションが苦手な人にはこのくらい親切設計の方がちょうどいいと改めて痛感した。 ちなみに本作はステージクリア時にスコアとランクが表示される仕組みだ。 理由はシンプルでステージの途中で1度でも死んでしまうとノーデスボーナスが付かないためだ。

次の

【評価】『My Friend Pedro』感想レビュー 途中まではSO COOL!でも後半はWACK :(

マイ フレンド ペドロ

My Friend Pedro - Full Throttle[Japan] 掲載したトレイラーからも分かるように,「My Friend Pedro」は2Dのアーケードライクなガンシューティングで,裏社会で生きるらしい主人公を操作して,そのへんのギャングを2丁拳銃で撃って撃って撃ちまくるという内容だ。 ジップラインやスケボー,フライパンなど,ステージにあるギミックを使いこなしたり,スローモーションで攻撃を避けたりしながら,敵の持っている爆弾を撃って爆発させたり,高いところから落下しながら撃ちまくったりと,華麗なアクションを繰り出してスタイリッシュに敵を倒していけることが大きな特徴だ。 プレイしていると,だんだん頭の中が白くなっていきそうで楽しそう。 My Friend Pedro - Launch Trailer[Japan] さらに,もう1つの大きな特徴としては,バナナの存在が挙げられる。 タイトルの ペドロとは,しゃべるバナナの名前で,主人公だけに見えるらしく,目がパッチリして可愛いが,おっさん声だ。 なぜ主人公にだけペドロが見え,声が聞こえるのか。 そしてペドロがどのようにゲームに絡んでくるのか。 もしかしたら開発者がバナナ好きだっただけだったのかなど,興味は尽きない。 ちなみに本作を開発したDeadToast Entertainmentは, Victor Agren氏のみが在籍するという,それ以上規模を小さくできないデベロッパで,Agren氏はイギリスのMedia Moleculeに6年間勤め,,さらにの開発に携わった経験を持つとのことだ。 公式にはに参加していないにもかかわらず,いろんな意味で大きな存在感を発揮してしまったあのDevolver Digitalの新作であり,デベロッパはワンマンスタジオであり,しかもバナナという異色の本作。 気になる人はぜひプレイしてみよう。 詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。 先日京都にて開催された「BitSummit 7 Spirits」にも出展されたタイトルで、リリース前より国内外を問わず大きな注目を浴びている期待作です! スローモーションやステージの仕掛けを上手く利用しながら、アクション映画さながらのスタイリッシュなワンシーンを是非その手で作り上げてみてください! 『My Friend Pedro』とは 「忘れちゃったノナ? オレっちは、 ペドロ…オマエの、友だちナ。 自分のスキルを磨き上げたら最高難易度の「BANANA」に挑戦だ! オンラインハイスコアランキングにも対応!.

次の