ぜんいつ ねずこ。 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ) / 鬼滅の刃

善逸(ぜんいつ)の霹靂一閃がカッコよすぎる、アニメ鬼滅の刃17話ネタバレ無料動画

ぜんいつ ねずこ

長い髪の数か所を部分的に結び額を出し、麻の葉文様の着物にの帯を締めた少女。 家族と共に慎ましやかながらも幸せな生活を営んでいたが、唐突に、そして理不尽に訪れた残酷な災厄により人ならざる となってしまう。 人を喰らう鬼としての業に抗い、兄と共に人を護りながら、己が人へと戻るための果てしない旅路に踏み出す。 人物 人間であった頃 竈門家六人兄妹の長女で、町でも評判の美人(美少女)であった。 その容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士・の目には輝いて映るほど。 内面は家族想いの優しい少女であり、行商に赴く長男・炭治郎に次いで、家庭で母親と共に弟妹たちの面倒を見る役目を担っていた。 ただ優しいだけではなく、兄に似て我が身を省みない面もあるという。 弟の竹雄の語りでは、昔小さい子にぶつかって怪我をさせたガラの悪い大人に対し、「謝ってください」と怒ったことがあるらしい。 その際に竹雄は、「 人のために怒る人は 自分の身を顧みない所があるから そのせいでいつか 大切なものを失くしてしまいそうだから怖いよ」と零している。 鬼化して直後 物語冒頭にてによってにされた直後、まさに飢えた獣として炭治郎を襲う。 しかし炭治郎からの呼びかけを受け、そこに来たと炭治郎の行動を見た禰豆子は、兄を庇う姿を見せた。 その後どうやってか義勇に無力化され、落ち着いた様子になる。 その後は簡単なコミュニケーションしか取れず、行動原理も非常に単純。 また、人を喰らわせないようにする保険として、竹製の口枷を常に噛まされている事もあり、会話も不可能。 朗らかだった表情も虚ろな眼のみとなってしまった。 指の爪は鋭く尖っている。 しかし、本人の資質によるものか意思の強さによるものかは定かではないが、人肉を喰らわずにはいられないはずの鬼としての飢餓を抑え込み、逆に鬼としての力を兄(家族)を護るために振るうという、鬼としては異端の 同族殺しとでも言うべき存在となった。 炭治郎がの徒弟となり修行を始め状況が落ち着くと、何故か禰豆子は眠り続け目を覚まさなかった。 眠り続けた2年後 炭治郎が修行と試練を超え鬼殺隊の一員となり鱗滝の家へ帰ると禰豆子が目を覚ましており兄を出迎えた。 しかも「奇跡」とも言い表せられるほどに鬼としては特異な事に、人を喰らってエネルギーにする体質の代替として 鬼が本来行わないハズの「睡眠」によってエネルギーを補充するよう体質を変質させたらしく、その後戦闘行動で消耗するとよく眠り、それ以外も基本的に眠っているか赤子のようにぼーっとしているようになった。 (ただし、飢餓自体は感じているようで、切迫した状況下では人の血に涎を垂らしてしまっている。 それでも衝動を理性で抑え込んでいるため、人を傷つけたことは無い) 鬼は日光を浴びると灰化するため、移動する日中は常に炭治郎の背負う「箱」の中で眠っている。 そしてアプローチは異なるが、 に続き自力で無惨の呪いを外した鬼でもある。 戦決着後は、千年間現れる事のなかった 日光を克服した唯一の鬼となり、たどたどしくではあるが言葉を話せるようにもなった(そのため、口枷も外されている)。 精神面においては、人喰い鬼となった人間の常として記憶の混濁と幼児化が生じている。 戦闘中は鱗滝による暗示により、人間を全て「家族」と認識し 「家族を傷つける鬼を滅する」よう意識下に刷り込まれているため、自らの近くで鬼に人間が傷付けられると激昂して鬼へと襲いかかる。 しかし、自身の意志もある程度残っているようで、最愛の兄である炭治郎の言葉や導き手に従い、判断して行動する面もある。 炭治郎を除く家族たちが既に死去していることは理解しており、無惨に対する憎悪と怒りは、彼の血が濃い上弦の鬼に対しても向けられる。 戦闘以外の場面では子供のように兄に触れあって甘えることが多い。 敵対する鬼の血鬼術によって眠りから覚めない炭治郎に対してすら、そうとは理解できずに、ただ「撫でて欲しい」という幼い欲求に従って無理矢理起こそうとした挙句、爆血(後述)で兄を火だるまにするなど、浅慮な行動が目立つ。 しかしながら、累との戦い以降は比較的感情豊かになってきており、自分を傷つけ挑発したに対して プンプン怒ったり、可愛らしい金魚を見て和む姿も見られる。 また、番外編としてアニメでの次回予告で水の呼吸の型を兄のまねをしてやっていたり、骨が折れた兄を心配する様子が描かれている(喋れないので、ほとんど「う~」というような声でやり取りしている)。 余談だが、6巻のおまけページでは目にハイライトが描かれており(本編では56話から描かれるようになっている)、日に日に何かしらの変化が起きているものと考えられる。 兄と同じで、目を閉じた時に死んだ家族から言葉を貰うことがある。 そしてアニメ第19話『ヒノカミ』にて、実に 17話ぶりに言葉を発した(実際に口から発したわけではなく、技名として漫画では描かれていたものを禰豆子自身が脳内で言ったようなものである)。 また、第25話『継子・栗花落カナヲ』でのアニメオリジナルシーン(蝶屋敷の禰豆子が眠る部屋で炭治郎が禰豆子に語りかける)で、「禰豆子が人間に戻るために珠世のもとへできるだけ強い鬼の血を送らなければいけない」「…自分にそれができるのだろうか」と考え込む炭治郎。 すると「 お兄ちゃんなら大丈夫」励ます禰豆子の声が聞こえた(しかし振り向くと禰豆子は変わらず眠っており、幻聴のようなものだった)。 での立場 那田蜘蛛山にて蟲柱に見つかりその場で即処分されそうになるが、鬼殺隊の最高管理者からの指令により庇われ、禰豆子のために柱合会議が開かれた。 会議では一部の柱らから反発もあったが、• 産屋敷耀哉が炭治郎と禰豆子を現状打破の要素になり得ると判断したこと• 2年間禰豆子が人を襲ってないこと• そしてその場で不死川実弥により刺されて消耗した禰豆子が不死川の血を見ても襲わなかったこと これらが実績になり、結果 禰豆子が人を襲わない限り処分を見送ることになった。 なお、もし禰豆子が人を襲った場合はその場で炭治郎が禰豆子を処分した後、その責任を持って炭治郎もその場で自害し、並びに彼女らを鬼殺隊へ手引きした鱗滝左近次・冨岡義勇の両名も腹を切ることになっている。 竈門兄妹と一緒に行動している我妻善逸やはそうでもないが、鬼殺隊には身内やよく見知った仲間が鬼に殺されているものもいる。 柱から禰豆子への処分要求が強いのも、そういった鬼の所業を見続けたことによるものである。 能力 身体能力 鬼の基本特性としてほとんど不死身であり、日光を浴びるか、鬼狩りの振るう日輪刀で頸を撥ねられる以外は基本的に死ぬ事が無く、四肢をもがれても短時間で再生する。 ただし禰豆子本人は格闘技術を習得しているわけではなく、上述の通り複雑な思考も出来ないため、攻撃パターン自体は非常に単調で見切られ易いという弱点もある。 ただし、成人の姿は 鬼化を進行させた姿でもあるため鬼としての闘争本能が現れるようになり、体力の消耗も大きいため飢餓状態に陥りやすく、長く使っているとそれらが重なって人喰いの衝動に駆られやすくなる。 そのため最初に変身した際は、敵に重傷を負わせた後に危うく暴走しかけたが、すんでのところで炭治郎に抑えられ、母の子守唄を聴かされてなんとか落ち着く。 また、この戦いを経て力の制御を覚えたらしく、再び成人の姿となった際は暴走すること無く、更なる強敵を相手に兄と共闘している。 血鬼術 爆血(ばっけつ) 事により、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させる術。 その火力は鬼舞辻無惨の直属であるの鋼糸すら、滅却せしめた。 だが威力以上に、この術の最大の特徴となるのは、 人喰い鬼の細胞のみを焼却する効果である。 人間や衣類はこの炎に触れても燃えず、むしろこの火で人を包めば鬼が生み出した毒を人の体内から消滅させる 解毒効果や術の効果を弱める効果さえある。 また、鬼をこの血鬼術の火で焼くと、焼いた部分は 再生能力が鈍り中々治らなくなる効果もあり、特に再生能力が高く身体欠損すら秒で治る上弦の鬼に対しても、この火で焼けば多少は足止めすることができる。 一般の鬼に対しては未使用なのでどの程度効果があるか不明である。 血を媒介とする必然から、負傷していない状態では自身の爪で己の身体を傷つける事で発動させる。 禰豆子自身もこのエネルギー消費を本能的に理解しているようで、敵対する鬼の強さを鑑みて、可能な限り体術のみで戦おうとする傾向を見せている。 兄・炭治郎の刀に自分の血を塗り、血鬼術を発動して燃やした刀。 燃えた炭治郎の刀は黒から赤へとその色を変えた。 この状態の刀にて上弦・半天狗を斬り、その厄介な能力を一時的に鈍らせることに成功する。 ネタバレA 無限城決戦編における禰豆子 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 柱稽古の直前から鱗滝の元へ預けられていたらしく、珠世から寄越された 「鬼を人間に戻す薬」を投与された影響で、高熱を出して寝込んでいた。 ネタバレB その最中、父・から夢枕で 「炭治郎が危ない」と告げられた禰豆子は目覚め、拠点から飛び出していってしまう。 炭十郎の導きのままに、元柱の鱗滝すらも追い付けない程の速さで疾走し、鬼殺隊が交戦している市街地が見えてくる頃には、 瞳が人間であった頃のそれに戻り始めていた。 禰豆子が戦闘に主に用いる手段は蹴りである。 慎ましく和服に身を包んだ美少女は、戦闘時にはその美脚を惜しみなく曝け出す。 惜しみなく。 ファンの間でたびたびその(鬼の頚を捻じ切るほどの)健脚が話題に挙がるが、劇中である大正時代(特に農村部)の女性は下着を着用しないのが一般的であったため、 である可能性が高い(半天狗戦では、臀部が描かれたコマがある)。 『もう一人の主人公』 物語が進むにつれ炭治郎の血筋の特異性に焦点が当てられるようになるが、当然妹である禰豆子も同じ血筋を受け継いでおり、それが彼女の特異性に関連している可能性がある。 PC上の表示 正確には、禰豆子の「禰」の字は、しめすへんが「礻」となる。 しかし現在のJISでは正しい字形が示となっているため、Unicodeの異体字セレクター対応の環境でなければ、本来の字形で表示できない。 「礻爾豆子」とは書けるが見た目においても、検索性においても推奨されない。 フォントによっては礻で表示される場合がありえる反面、異体字セレクターに対応していないソフトは多く、フォントも異体字セレクターに対応していないフォントがある。 なお、「禰」の字形が現在のものになったのは1983年のJIS83、同じJIS83では「竈」と「竃」が入れ替えられている。 1900年頃に生まれた(と思しき)禰豆子が長生きすれば困惑していただろうか…。 関連イラスト pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 16:25:44• 2020-07-22 16:24:47• 2020-07-22 16:23:37• 2020-07-22 16:22:44• 2020-07-22 16:21:43 新しく作成された記事• 2020-07-22 15:36:32• 2020-07-22 16:01:50• 2020-07-22 15:02:06• 2020-07-22 14:53:31• 2020-07-22 14:24:15•

次の

鬼滅の刃善逸はねずこと結婚する?恋人になる可能性は?

ぜんいつ ねずこ

長い髪の数か所を部分的に結び額を出し、麻の葉文様の着物にの帯を締めた少女。 家族と共に慎ましやかながらも幸せな生活を営んでいたが、唐突に、そして理不尽に訪れた残酷な災厄により人ならざる となってしまう。 人を喰らう鬼としての業に抗い、兄と共に人を護りながら、己が人へと戻るための果てしない旅路に踏み出す。 人物 人間であった頃 竈門家六人兄妹の長女で、町でも評判の美人(美少女)であった。 その容姿の美しさは、炭治郎の同期隊士・の目には輝いて映るほど。 内面は家族想いの優しい少女であり、行商に赴く長男・炭治郎に次いで、家庭で母親と共に弟妹たちの面倒を見る役目を担っていた。 ただ優しいだけではなく、兄に似て我が身を省みない面もあるという。 弟の竹雄の語りでは、昔小さい子にぶつかって怪我をさせたガラの悪い大人に対し、「謝ってください」と怒ったことがあるらしい。 その際に竹雄は、「 人のために怒る人は 自分の身を顧みない所があるから そのせいでいつか 大切なものを失くしてしまいそうだから怖いよ」と零している。 鬼化して直後 物語冒頭にてによってにされた直後、まさに飢えた獣として炭治郎を襲う。 しかし炭治郎からの呼びかけを受け、そこに来たと炭治郎の行動を見た禰豆子は、兄を庇う姿を見せた。 その後どうやってか義勇に無力化され、落ち着いた様子になる。 その後は簡単なコミュニケーションしか取れず、行動原理も非常に単純。 また、人を喰らわせないようにする保険として、竹製の口枷を常に噛まされている事もあり、会話も不可能。 朗らかだった表情も虚ろな眼のみとなってしまった。 指の爪は鋭く尖っている。 しかし、本人の資質によるものか意思の強さによるものかは定かではないが、人肉を喰らわずにはいられないはずの鬼としての飢餓を抑え込み、逆に鬼としての力を兄(家族)を護るために振るうという、鬼としては異端の 同族殺しとでも言うべき存在となった。 炭治郎がの徒弟となり修行を始め状況が落ち着くと、何故か禰豆子は眠り続け目を覚まさなかった。 眠り続けた2年後 炭治郎が修行と試練を超え鬼殺隊の一員となり鱗滝の家へ帰ると禰豆子が目を覚ましており兄を出迎えた。 しかも「奇跡」とも言い表せられるほどに鬼としては特異な事に、人を喰らってエネルギーにする体質の代替として 鬼が本来行わないハズの「睡眠」によってエネルギーを補充するよう体質を変質させたらしく、その後戦闘行動で消耗するとよく眠り、それ以外も基本的に眠っているか赤子のようにぼーっとしているようになった。 (ただし、飢餓自体は感じているようで、切迫した状況下では人の血に涎を垂らしてしまっている。 それでも衝動を理性で抑え込んでいるため、人を傷つけたことは無い) 鬼は日光を浴びると灰化するため、移動する日中は常に炭治郎の背負う「箱」の中で眠っている。 そしてアプローチは異なるが、 に続き自力で無惨の呪いを外した鬼でもある。 戦決着後は、千年間現れる事のなかった 日光を克服した唯一の鬼となり、たどたどしくではあるが言葉を話せるようにもなった(そのため、口枷も外されている)。 精神面においては、人喰い鬼となった人間の常として記憶の混濁と幼児化が生じている。 戦闘中は鱗滝による暗示により、人間を全て「家族」と認識し 「家族を傷つける鬼を滅する」よう意識下に刷り込まれているため、自らの近くで鬼に人間が傷付けられると激昂して鬼へと襲いかかる。 しかし、自身の意志もある程度残っているようで、最愛の兄である炭治郎の言葉や導き手に従い、判断して行動する面もある。 炭治郎を除く家族たちが既に死去していることは理解しており、無惨に対する憎悪と怒りは、彼の血が濃い上弦の鬼に対しても向けられる。 戦闘以外の場面では子供のように兄に触れあって甘えることが多い。 敵対する鬼の血鬼術によって眠りから覚めない炭治郎に対してすら、そうとは理解できずに、ただ「撫でて欲しい」という幼い欲求に従って無理矢理起こそうとした挙句、爆血(後述)で兄を火だるまにするなど、浅慮な行動が目立つ。 しかしながら、累との戦い以降は比較的感情豊かになってきており、自分を傷つけ挑発したに対して プンプン怒ったり、可愛らしい金魚を見て和む姿も見られる。 また、番外編としてアニメでの次回予告で水の呼吸の型を兄のまねをしてやっていたり、骨が折れた兄を心配する様子が描かれている(喋れないので、ほとんど「う~」というような声でやり取りしている)。 余談だが、6巻のおまけページでは目にハイライトが描かれており(本編では56話から描かれるようになっている)、日に日に何かしらの変化が起きているものと考えられる。 兄と同じで、目を閉じた時に死んだ家族から言葉を貰うことがある。 そしてアニメ第19話『ヒノカミ』にて、実に 17話ぶりに言葉を発した(実際に口から発したわけではなく、技名として漫画では描かれていたものを禰豆子自身が脳内で言ったようなものである)。 また、第25話『継子・栗花落カナヲ』でのアニメオリジナルシーン(蝶屋敷の禰豆子が眠る部屋で炭治郎が禰豆子に語りかける)で、「禰豆子が人間に戻るために珠世のもとへできるだけ強い鬼の血を送らなければいけない」「…自分にそれができるのだろうか」と考え込む炭治郎。 すると「 お兄ちゃんなら大丈夫」励ます禰豆子の声が聞こえた(しかし振り向くと禰豆子は変わらず眠っており、幻聴のようなものだった)。 での立場 那田蜘蛛山にて蟲柱に見つかりその場で即処分されそうになるが、鬼殺隊の最高管理者からの指令により庇われ、禰豆子のために柱合会議が開かれた。 会議では一部の柱らから反発もあったが、• 産屋敷耀哉が炭治郎と禰豆子を現状打破の要素になり得ると判断したこと• 2年間禰豆子が人を襲ってないこと• そしてその場で不死川実弥により刺されて消耗した禰豆子が不死川の血を見ても襲わなかったこと これらが実績になり、結果 禰豆子が人を襲わない限り処分を見送ることになった。 なお、もし禰豆子が人を襲った場合はその場で炭治郎が禰豆子を処分した後、その責任を持って炭治郎もその場で自害し、並びに彼女らを鬼殺隊へ手引きした鱗滝左近次・冨岡義勇の両名も腹を切ることになっている。 竈門兄妹と一緒に行動している我妻善逸やはそうでもないが、鬼殺隊には身内やよく見知った仲間が鬼に殺されているものもいる。 柱から禰豆子への処分要求が強いのも、そういった鬼の所業を見続けたことによるものである。 能力 身体能力 鬼の基本特性としてほとんど不死身であり、日光を浴びるか、鬼狩りの振るう日輪刀で頸を撥ねられる以外は基本的に死ぬ事が無く、四肢をもがれても短時間で再生する。 ただし禰豆子本人は格闘技術を習得しているわけではなく、上述の通り複雑な思考も出来ないため、攻撃パターン自体は非常に単調で見切られ易いという弱点もある。 ただし、成人の姿は 鬼化を進行させた姿でもあるため鬼としての闘争本能が現れるようになり、体力の消耗も大きいため飢餓状態に陥りやすく、長く使っているとそれらが重なって人喰いの衝動に駆られやすくなる。 そのため最初に変身した際は、敵に重傷を負わせた後に危うく暴走しかけたが、すんでのところで炭治郎に抑えられ、母の子守唄を聴かされてなんとか落ち着く。 また、この戦いを経て力の制御を覚えたらしく、再び成人の姿となった際は暴走すること無く、更なる強敵を相手に兄と共闘している。 血鬼術 爆血(ばっけつ) 事により、血が付着した対象を焼却あるいは爆裂させる術。 その火力は鬼舞辻無惨の直属であるの鋼糸すら、滅却せしめた。 だが威力以上に、この術の最大の特徴となるのは、 人喰い鬼の細胞のみを焼却する効果である。 人間や衣類はこの炎に触れても燃えず、むしろこの火で人を包めば鬼が生み出した毒を人の体内から消滅させる 解毒効果や術の効果を弱める効果さえある。 また、鬼をこの血鬼術の火で焼くと、焼いた部分は 再生能力が鈍り中々治らなくなる効果もあり、特に再生能力が高く身体欠損すら秒で治る上弦の鬼に対しても、この火で焼けば多少は足止めすることができる。 一般の鬼に対しては未使用なのでどの程度効果があるか不明である。 血を媒介とする必然から、負傷していない状態では自身の爪で己の身体を傷つける事で発動させる。 禰豆子自身もこのエネルギー消費を本能的に理解しているようで、敵対する鬼の強さを鑑みて、可能な限り体術のみで戦おうとする傾向を見せている。 兄・炭治郎の刀に自分の血を塗り、血鬼術を発動して燃やした刀。 燃えた炭治郎の刀は黒から赤へとその色を変えた。 この状態の刀にて上弦・半天狗を斬り、その厄介な能力を一時的に鈍らせることに成功する。 ネタバレA 無限城決戦編における禰豆子 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 柱稽古の直前から鱗滝の元へ預けられていたらしく、珠世から寄越された 「鬼を人間に戻す薬」を投与された影響で、高熱を出して寝込んでいた。 ネタバレB その最中、父・から夢枕で 「炭治郎が危ない」と告げられた禰豆子は目覚め、拠点から飛び出していってしまう。 炭十郎の導きのままに、元柱の鱗滝すらも追い付けない程の速さで疾走し、鬼殺隊が交戦している市街地が見えてくる頃には、 瞳が人間であった頃のそれに戻り始めていた。 禰豆子が戦闘に主に用いる手段は蹴りである。 慎ましく和服に身を包んだ美少女は、戦闘時にはその美脚を惜しみなく曝け出す。 惜しみなく。 ファンの間でたびたびその(鬼の頚を捻じ切るほどの)健脚が話題に挙がるが、劇中である大正時代(特に農村部)の女性は下着を着用しないのが一般的であったため、 である可能性が高い(半天狗戦では、臀部が描かれたコマがある)。 『もう一人の主人公』 物語が進むにつれ炭治郎の血筋の特異性に焦点が当てられるようになるが、当然妹である禰豆子も同じ血筋を受け継いでおり、それが彼女の特異性に関連している可能性がある。 PC上の表示 正確には、禰豆子の「禰」の字は、しめすへんが「礻」となる。 しかし現在のJISでは正しい字形が示となっているため、Unicodeの異体字セレクター対応の環境でなければ、本来の字形で表示できない。 「礻爾豆子」とは書けるが見た目においても、検索性においても推奨されない。 フォントによっては礻で表示される場合がありえる反面、異体字セレクターに対応していないソフトは多く、フォントも異体字セレクターに対応していないフォントがある。 なお、「禰」の字形が現在のものになったのは1983年のJIS83、同じJIS83では「竈」と「竃」が入れ替えられている。 1900年頃に生まれた(と思しき)禰豆子が長生きすれば困惑していただろうか…。 関連イラスト pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 16:25:44• 2020-07-22 16:24:47• 2020-07-22 16:23:37• 2020-07-22 16:22:44• 2020-07-22 16:21:43 新しく作成された記事• 2020-07-22 15:36:32• 2020-07-22 16:01:50• 2020-07-22 15:02:06• 2020-07-22 14:53:31• 2020-07-22 14:24:15•

次の

【鬼滅の刃】禰豆子(ねずこ)の謎。ただひとり太陽を克服した鬼、その可愛さに迫る。

ぜんいつ ねずこ

前回、操られている鬼殺隊を、生かしたまま攻略が出来たと思った炭次郎と伊之助は、母蜘蛛に隊員は役に立たないと結局やられてしまいました。 そして母蜘蛛が出してきた人形が首無し鬼。 操られている首無し鬼は強さこそありましたが、炭次郎と伊之助の共闘にてなんなく撃破され、その流れで伊之助に投げとばされた炭次郎は、その先にいる母蜘蛛を伍ノ型、干天の慈雨(かんてんのじう)にて優しく倒しました。 辛い日々から解放された母蜘蛛から、十二鬼月がいるということを告げられ16話が終わっています。 あと蜘蛛の家族は4人いるみたいですど。 自分にはどこの動画配信サービスがあっているのか、全部試して違いをみるのもいいと思いますよ。 鬼滅の刃17話ネタバレします。 母蜘蛛から十二鬼月がいると聞いた炭次郎。 鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)の血もかなり濃いはずの十二鬼月の血をとれば禰豆子(ねずこ)が人間に戻る薬の完成に近づくと考えています。 (取れるといいですね。 ) そして、伊之助のことを思い出した炭次郎は、伊之助の元に戻ります。 首無し鬼に斬られて血が出ている伊之助を心配する炭次郎をよそに、母蜘蛛を倒したのかしつこく聞いてきます。 俺に対してこまやかな気遣いをすんじゃねぇって、鼻息荒く言ってきます。 (何かあったのか!?) ホワホワしたくないとか!? ネガティブ炭次郎と伊之助のやせ我慢 炭次郎に対抗しているっぽいね。 お前にできることは、俺にもできるし、頭もお前より硬くなるって言ってますから。 (そんなに悔しかったのか・・この分じゃ前回の村田は確実に殴られますね・・) でも、息が荒いので、結局は痛みを我慢している感じです。 (血も結構流れてるし。 ) 炭次郎は、なぜかネガティブモードにはいってます。。 伊之助はひどいケガだし、他の仲間も助けられなかったって思っていて、母蜘蛛からは恐怖と苦痛のにおいがしたって、死を切望するほどの。 (炭次郎のやさしすぎがここで出て来たか。 ) 手当てをする炭次郎を伊之助は嫌がってますね。。 (素直じゃなさすぎる・・。 ) そのうち血が足りなくて倒れるパターンかな。 炭次郎は、十二鬼月がいて鬼の一族が棲むこの山はどうなってるんだって思ってます。 鬼は群れないって、珠世(たまよ)さんが言ってたからね。 善逸(ぜんいつ)キレすぎ、逃げすぎ。 善逸(ぜんいつ)は、なんかチクっとしたことで、すごいキレてます。 炭次郎たちも見つからないことで、相当ご立腹です。 分かれ道に、どっちなのか今度はキレ、臭いにおいにキレ、蜘蛛のカサカサ音にキレ(忙しいな!) 白い蜘蛛がまだ結構います。 (母蜘蛛だけが使うやつじゃなかったんですね) もう、うるさいよ!って振り向いた後ろに、顔が人間、体が蜘蛛のやつが・・。 (善逸(ぜんいつ)が一番うるさいのは間違いないけどね) こんなことあるー!!って叫んで猛ダッシュで逃げてます・・。 (うん、普通に逃げるね、これは) 人面なんですけど!とか、どういうこと、これ!とか、夢であれ!とか言いながら、走ってます。 (そのスピードについていくチュン太郎も面白い。 ) 夢であったら、頑張るからって言ってるけど、夢じゃないから頑張れないってことですね。 起きた時に、禰豆子(ねずこ)ちゃんの膝枕だったら、すっごい頑張るそうです。 (それは、おれも頑張れる。 ) その頑張るって言っている内容が、畑を耕すことなのがウケます。 一反でも二反でも耕すから!悪夢から覚めてくれ!って立ち止まったところの目の前には、蜘蛛の糸に吊り下げられている人達が・・。 (鬼滅の刃、いつからホラーになった。。 ) 鬼滅の刃、ホラー 吊り下げられている人達の中には鬼殺隊の人や、一般人もいますね。 なんか蜘蛛になっている人もいるっぽい。。 何あれ!って人間が蜘蛛にされてるの?って。 (どうやらそうみたいですね) 家も浮いてるし、刺激臭もすごいみたいです。 喉まで痛くなり、涙が出てきて、目も痛いにおいって・・。 鼻の効く炭次郎なら、やばかっただろうって言ってます。 蜘蛛の糸で浮いてる家から、またキモイのが出てきました。 人面蜘蛛。。 兄蜘蛛って書いてあるので、こっちが鬼で、さっきの見たやつが人が蜘蛛に変わったやつかな。 しかもデカイ・・。 (前回、木の根元にいた顔がでかい蜘蛛ですね) チュン太郎も含めて、ひいてますね。。 (俺も引いてます) 善逸(ぜんいつ)また逃げる。 善逸(ぜんいつ)がお前みたいなやつとは口を利かないからな!って宣言してます・・。 (意味があるのか。。 ) チュン太郎が善逸(ぜんいつ)の懐に逃げました。 (そういうとこ見逃さないよ!) ついでに善逸(ぜんいつ)も逃げました・・。 この兄蜘蛛、クフって笑うんですけど、キモイのなんのって。 母蜘蛛が美しかっただけに残念感が大きい・・。 兄蜘蛛が逃げてもムダだぜだって、 もう善逸(ぜんいつ)は負けているらしい。 (北斗の拳!?) 何、適当言ってんだよ!とか話しかけんなよ!って、完全に善逸(ぜんいつ)口をきいてますよね。。 (さっきの宣言は、前フリか!) それに嫌いなんだよ!って。 (右に同じく) (うへぇ、兄蜘蛛の動きがヤバイ。。 夢に出そう・・。 ) 善逸(ぜんいつ)の蜘蛛化 兄蜘蛛が、 やばいことになったって分かってんだろ?って言ってますよ。 (なに言ってるんだこいつ) どういうこと? 手を見てみなって。 (そういえば、さっきチクっとしてイラついてたよね・・あれですね。 ) 善逸(ぜんいつ)の手がやばいことになってます。 (私の手は普通でホッとしました。 ) 紫のカビがはえている感じで、蜘蛛ってる感じですね。 それは毒で、蜘蛛に噛まれたからみたいですよ。 (さっきの人面蜘蛛か!) その毒は蜘蛛になる毒で、四半刻後に、兄蜘蛛の奴隷になって地をはうんですって。 (キモ) 兄蜘蛛:逃げても 善逸(ぜんいつ):無駄ね!わぎゃってんだよ! 木に登って、震えてます。 蜘蛛になったら知能もなくなるんですと。 (それはちょっと救いですね) 善逸(ぜんいつ)の過去 師範から、泣くな!逃げるな!って言われてます。 (今、蜘蛛におそわれている状態と変わらない・・木の上で泣いてるし。 ) 木登りは得意なんですね。 下りてきて修行をするぞって師範が言っていますが、善逸(ぜんいつ)は、これ以上修行したら死ぬと思うので!とか言ってます。 (ウソップみたい) 師範のことをじいちゃんって言ってるけど、家族? 師範と呼べって言われてます。 善逸(ぜんいつ)が、おれ、じいちゃんが好きだよって言って、師範の顔が赤くなって照れてます。 (意外と、かわいい、くはないな・・) 惚れた女に別の男と駆け落ちするための金を貢がされて、借金まみれになった善逸(ぜんいつ)を助けてくれたからね。 (それはひどい・・) じいちゃんの期待には応えたい!でも無理!なんですって。 申し訳ないとも思ってるし、じいちゃんに隠れて修行もしてるって(意外・・) 全然寝てないし、なのに結果がでないのは、どういうこと?って。 じいちゃんは、お前には才能があるって言ってますね。 (結果がでないと、そうなるのも分かる気がしないでもないけど) 落雷で善逸(ぜんいつ)、雷に打たれる。 善逸(ぜんいつ)の登った木に雷が落ちました。 その時のじいちゃんの顔凄いね。。 元々、黒っぽい髪だったけど、髪の色って落雷で変わったんですね。。 生まれつきじゃないのか。 (キメツ学園で生まれつきとか言ってたから、あれは別物ですね) 兄蜘蛛の説明不足にキレる善逸(ぜんいつ) 善逸(ぜんいつ)は、自分のことが好きじゃない、いつもちゃんとやらなきゃって思っているけど、おびえて逃げて泣いてしまう。 けど変わりたいと思っているんですね。 (意外とまじめなのか。 ) 精一杯がんばっているのに、最後には髪ズル抜けで化け物になんの?って泣きまくり。 兄蜘蛛も呆れてます。 (ついでに私もあきれてます) 人面蜘蛛たちが登ってくると、ちょっとでいいから一人にして!って泣いてます。 髪をむしったら、どっさり抜けましたね。。 (これはきつい・・) この段階で抜けるの?って、 あいつさっき説明しなかったって!(そこっ!) あっ善逸(ぜんいつ)の口から魂が抜けました(これもさっき、魂が抜けるなんて説明しなかったですね。 え?) ザ・気絶! 兄蜘蛛も困惑ですね。 俺たち一族を倒しにきた鬼狩りではないのか?って。 (まぁそう思うよね、この状況) なんという腰抜けだ・・って。 善逸(ぜんいつ)は、木から落ちました。。 頭から落ちて死ぬぞ、なんなんだ!って兄蜘蛛が思ってます。 (ほんと何なんだ!) 眠りの善逸(ぜんいつ) きたーーー! 眠りの善逸(ぜんいつ)。 木から落ちながら、 雷の呼吸・壱ノ型。 地面に落ちる前に木を蹴って、兄蜘蛛に向かってジャンプ。 向かってきた善逸(ぜんいつ)に、兄蜘蛛が口から紫色の毒をはきました。 斑毒痰!(ふどくたん) それを空中で避ける善逸(ぜんいつ) その毒は木に当たると、木が解けましたよ・・。 (毒というより酸だね、エイリアンのやつだよね!) そして着地した善逸(ぜんいつ)は、またもや 雷の呼吸・壱ノ型。 先ほどまでとは別人のように冴えた動作と兄蜘蛛困惑。 人面蜘蛛は、兄蜘蛛に命令されて善逸(ぜんいつ)を襲うも避けられ、また 雷の呼吸・壱ノ型 兄蜘蛛に毒をはかれて、それもかわす。 さっきから同じ構えを何度もしている、こいつは一つの技しか使えないんだと兄蜘蛛が思っています。 (そうなの?) 思い出す善逸(ぜんいつ) 師範はそれでいいって。 1つできれば万々歳なんですと。 (やっぱ1つしか出来ないんですね) 1つのことしかできないなら、それを極め抜けですって。 (なかなか深い) 極限の極限まで磨けって。 いや、じいちゃん、ちょい前までブチ切れだったじゃん。 雷の型6つあるのに、1つしかできたことないから。 (師範、あきらめたのか!?) 雷の型って意外と少ないんですね。 刀の打ち方を知っているかって言いながら、善逸(ぜんいつ)の頭をめっちゃ叩いている師範・・。 (地味に痛いやつだよね、これ) 善逸(ぜんいつ)は知らんよって、ずっとたたくの?泣くよ俺だって。 (ウケる) しかも真面目な声で言ってるし。 刀は叩いて叩いて叩きあげて強くするって、言ってますけど、だからって頭をたたいても意味ないよね・・。 (なんか毎日ぶったたいてるみたいですよ。。 ) おれは鋼じゃねえよな、生身だからさって。 (正論です。 ) 兄蜘蛛がクックク、大したことのないやつだって言ってます。 しかも、もうすぐ15分になりそうですね。 善逸(ぜんいつ)の手が震えてます。 (毒でかな?) 泣いてもいいし逃げてもいい、ただ諦めるな 善逸(ぜんいつ)に極めろって。 泣いてもいいし逃げてもいい、ただ諦めるなって。 (なかなかいいこと言うね。 ) 頭叩き続けるのは、意味ないけど。 地獄の鍛錬に耐えた日々を信じろ、必ず報われる。 極限までたたき上げ、誰よりも強靭な刃になれ! 手から電気がバチバチしてます。 (目がブロリーみたいになってる) 1つのことを極めろ。 兄蜘蛛からの毒攻撃をよけ、人面蜘蛛の襲来・・25匹はいますね・・。 思い出す兄弟子の言葉 善逸(ぜんいつ)って兄弟子がいたんですね。 首に青い紐を巻いて、勾玉みたいなのでとめてあります。 (顔はみせないですね) 兄弟子に、消えろよって言われてますよ。 朝から晩までビービー泣いて恥ずかしくねえのかよって。 ちっクズが!(ひどい) お前みたいな奴に割く時間がもったいないと。 先生はすごい人なんだから、じいちゃんなんて、なれなれしく呼ぶんじゃねえって怒られてます。 (ついでに桃を投げつけられます) 先生は柱だったんですって。 (見えない・・) 鬼殺隊最強の称号をもらった人だった(見えない・・) 元柱に稽古をつけてもらえるなんて滅多にないのに、目障りだから消えろってことみたいです。 (兄弟子、グヌヌヌ!でも正論・・。 ) 善逸(ぜんいつ)の想い 親のいない俺は誰からも期待されない。 誰も、俺が何かを無し遂げたりする未来を夢見てはくれない。 誰かの役にたったり一生に一人でいいから、誰かを守り抜いて幸せにする、ささやかな未来ですら、誰も望んではくれない。 一度失敗すると、こいつはダメだって離れていくけど、じいちゃんは根気強く何度も叱ってくれた。 俺を見限ったりしなかった。 じいちゃんは、家族だからではなく、ただの愛称ですね。 善逸(ぜんいつ)にとっては、家族なんでしょうけど。 兄蜘蛛VS善逸(ぜんいつ) 兄蜘蛛が人面蜘蛛に、もっと毒を打ち込めって命令。 口から毒張りが出てきて善逸(ぜんいつ)を襲うけど、それも避けます。 そして善逸(ぜんいつ)吐血。 (じわじわ毒が効いてきてますね) うげぇ、人面蜘蛛は25匹どころじゃなく、うじゃうじゃ大量にいます。 (100以上はいますね) 山のように乗っかってきて善逸(ぜんいつ)が人面蜘蛛で埋まりました。 (終わった・・。 ) そしたら青白い電気が流れ、人面蜘蛛たちが吹き飛びましたよ。 (でも元人間) 空気が揺れる。 雷の呼吸・壱ノ型、霹靂一閃(へきれきいっせん) もう善逸(ぜんいつ)自信が雷みたいな感じですね。。 地面もえぐれて岩とか上に登っていってます・・。 (悟空が気をためてる時のような感じ) さらに、激しく振動して 六連と言いました。 決着 兄蜘蛛が毒をはきますが、善逸(ぜんいつ)が消えます。 動きがみえないです。 (この人最強なんじゃ?) 家の中に逃げた兄蜘蛛ですが、一瞬で兄蜘蛛の首を斬ってます。。 めちゃかっこいいですよ。 満月と重なる善逸(ぜんいつ)も最高。 (このシーンヤバイ) よくぞ作ってくれた!って感じです。 善逸(ぜんいつ)は、そのまま家の上に落ちて、兄蜘蛛は斬られたことが信じられないみたいです。 そんなバカな!毒でろくに手足が動かせないやつにー!って言いながら消滅。 もうすぐ25分。 善逸(ぜんいつ)の夢 善逸(ぜんいつ)は、夢を見るんだって、幸せな夢なんだって。 俺は誰よりも強くて、弱い人や困っている人を助けてあげられる。 じいちゃんが教えてくれたことは、ムダじゃなくたくさんの人の役に立つ夢 でももうダメだってさ。 チュン太郎が来ました。 (懐にはいってたよね?) チュン太郎が泣きそうです(鳥って泣くのかな。 ) そして飛び立っていきました。 (どこへ行く・・) 師範からの諦めるなって声が響き、それに合わせて息を吸う。 (雷の呼吸ですかね。 ) 呼吸を使って少しでも毒の巡りを遅らせる。 楽な方に逃げるとじいちゃんに叩かれるし、炭次郎にも怒られるって目を閉じました。 炭次郎のやさしさ、伊之助の暴言 炭次郎たちのいるところまで、雷の落ちた音が響きました。 (善逸(ぜんいつ)が勝った瞬間かな) 雷雲のにおいはしないと思うけどって。 (そんなにおいもあるのか。 ) でも刺激臭が強くなっていて分からないみたいです。 伊之助を呼び止めて、炭次郎が向こうにいってみようと思うって言うと、伊之助は好きにしたらいいんじゃねーのって。 (なんか素直?) そして 炭次郎:伊之助は下山するんだ。 伊之助:は? 炭次郎:山 下りて。 (なぜカタコト) 伊之助:なんでだよ!死ねよ!(そこまで言うか!) ケガがひどいからって言っても、俺はケガしてねぇよ!だって。 (血がでまくってるけどね。。 ) 炭次郎:ええ!(誰がみてもケガしてるよね・・。 ) 姉蜘蛛、父蜘蛛、登場 その場に、また新たな蜘蛛鬼が。 姉蜘蛛みたいです。 (姉蜘蛛も驚いてる感じですね。 ) あれだけ2人が言い合ってたのに、気付かなかったのか・・(さては弱いな。 ) 炭次郎は、山全体のにおいのせいで、全く気付かなかったみたいですね。 伊之助は俄然やる気です。 姉蜘蛛が振り返って、お父さんって言うと、伊之助が誰が父さんだ!ってコントですね。 そして上から、なんか降ってきましたよ。 シャァァァって。 父蜘蛛、登場です。 兄蜘蛛の逆ですね。。 顔が蜘蛛で、体がまっちょ人型。 (2人ともいい表情しています。 ) 父蜘蛛やばそう 父蜘蛛が、俺の家族に近づくなー!って地面をドーン!殴ります。 (なんか炭次郎たちが悪者かのようなセリフですね) 姉蜘蛛はあとはまかせたわよって言って去っていきました。 (去るのか!) 父蜘蛛やばそうで強そう・・。 水の呼吸・弐ノ型、水車を父蜘蛛の腕にはなったところで終わりました。 なんか斬れないっぽい感じがしますけど。。 父蜘蛛、武装色の覇気をまとってる感じの体の色でしたし。 中高一貫!!キメツ学園物語 今回は、また中高一貫!!キメツ学園物語ですね。 善逸(ぜんいつ)は風紀委員です。 服装チェックで女の子をいくら眺めても怒られないからと(その手があったか!) やっぱ前回と一緒で冨岡先生に殴られるのね・・。 髪の色で・・。 地毛なのに・・。 自分にはどこの動画配信サービスがあっているのか、全部試して違いをみるのもいいと思いますよ。

次の