平成32年は 令和。 令和・西暦・平成:早見表【雑記】

いつまで平成?いつから令和?「年」と「年度」の区別など

平成32年は 令和

その例に倣うと、 4月1日時点で平成31年であったので 「平成31年度」が正解となります。 ただ、やっぱり違和感がって声が出たりすれば変更もあるかもしれません。 それに正直なところ、国の公文書とかでない限りは従う必要もない… そもそも、決まり事を作っただけで法で明文化されているわけではないので臨機応変に変わるのではと予想します。 なので、「平成31年度」「令和元年度」どちらでも好きな呼び方でOKではないかと… 実際のところ 「平成31年度」「令和元年度」併記するという方法が一番スムーズではないでしょうか。 4月3日追記 政府は5月1日以降は「令和元年度予算案」というように表記すると発表しました。 やはり令和元年期間が長いからこの様な判断になったのかもしれません。 すでに平成表記の法令などを改正する予定はないなど、それぞれで臨機応変に対応するという事の様です。 政府がこの方針を打ち出したことで、令和元年度を使う組織や団体増えそうです。 なので この改元では「令和元年度」が正解という事ですね。 平成31年など平成表記はどうするの? でも厳密に明文化されて規定されているわけではないので、平成31年度も間違いではありません。 ただ 混乱を避けるために訂正印を押すなど臨機応変に対応していくとの事ですよ。 まだしばらくはその時々で確認しながらという事になりそうです。 過去の改元ではどうだったの? 過去の改元を見てみると、平成は1月7日からだったのでスムーズに平成元年4月1日からが平成元年度となりました。 なので 6日間しかなかった昭和64年度は存在しません。 では大正から昭和はどうだったのでしょう。 昭和元年って実は7日間しかないんです。 大正天皇が崩御されて昭和となったのが12月25日なんですね。 という事で、 昭和になった最初の4月1日はすでに昭和2年で、昭和は2年度からスタートしています。 まぁその年度が始まる4月1日時点の年号と決まり事をしたのは平成に改元された時なので、このとき明確な規定はなかったんですけどね。 でも卒業証書とかで考えると違和感ありますよね。 大正15年度の卒業証書なのに、卒業年月が昭和2年3月〇日とかになるわけで、あれ?昭和元年はどこ~~~?!となります(笑) 明確な規定がなかったこともあり、 大正15年度(昭和元年度)というように併記された例もあるようです。 西暦2030-2018=令和12年 令和元年が2019年なので2018を引けばいいんです。 今はそんなの当たり前って思うかもしれませんが、何年もしたら2018年(厳密には2019年4月)までが平成だったか記憶なんてあいまいになるかもしれません。 そんな時、令和に決まって「R18」がトレンドに入ったみたいに、このマジックワードを覚えておけばOKってわけです。 ちょうど 20 18の「18」とR「 18」ですね。 まとめ 平成に改元されたときに決めた決まり事に則ると、令和元年度というよりは平成31年度というのが正解! だけど、期間を考えると令和元年の期間が8カ月、1月からも令和…である事を考えると「令和元年度」の方がしっくり来る気はします。 法令で定められた決まり事ではないので今後臨機応変に変わるor発行する媒体によって自由に選んだり、併記するようなことになるのではないかと予想します。 そして話題になっている「R」か「L」か問題も、順当にいけば「R」で決まりかなと思いますね(笑).

次の

平成32年は令和何年?!免許更新の期限に注意!

平成32年は 令和

OSアップデートで対応される まずアップデートには、• NET Frameworkアップデートも含む• Officeのバージョンアップデート が、あります。 令和の日付対応は、両方のアップデートで対応できます。 OSのアップデートも必要ということは、Excelを含めた各Officeの日付は、WindowsOSやmacOSが持っている日付情報を参照しているということになります。 更新プログラムの提供日 2019年04月26日~05月04日の間に、各OSのバージョンにて更新プログラムが提供されました。 ですので、現在も令和が表示されない場合は、Officeのバージョンが古いか、OSやOfficeの更新が最新になっていない可能性がございます。 令和アップデートの対象Officeは? 令和アップデートが対象となるOfficeのバージョンは、「サポートライフサイクル期間中」のOfficeに限ります。 サポートライフサイクルとは、アップデートの更新サポートの期間という意味です。 大抵の製品は延長サポートまで10年と決められておりますが、10年以内で終わる製品もあります。 Office 2007以前の製品は、すでにサポートが終了しております。 サポートライフサイクル期間を調べるには、以下のページを参照してください。 詳しいOffice更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。 WindowsOSもサポートライフサイクル期間中の製品のみということになります。 WindowsOS• Windows 7 Service Pack 1 以降• Windows 8. Windows 10 詳しいWindows更新プログラムを調べるには、以下のページを参照してください。 macOS• macOS Mojave 10. 5 以降• macOS Catalina 令和が表示されない場合 エクセルで日付の書式設定で「和暦」に変更しても表示されない場合は、• サポートライフサイクル対象外の製品を使っているか• OSもしくはOfficeのプログラムが最新になっていないか の2つが原因だと考えられます。 Officeのバージョンを確認する まずは現在のOfficeがサポートライフサイクル対象の製品であるか確認しましょう。 各バージョンの確認方法に関しては、以下のリストに示しました。 Office 2010以降は対象です。 NET Frameworkのアップデート、Officeのアップデートが含まれております。 各WindowsOSのプログラム更新方法に関しては、以下のリストに示しました。 Windows 8. 閲覧数ランキングで探す• 新着記事で探す•

次の

いつまで平成?いつから令和?「年」と「年度」の区別など

平成32年は 令和

平成32年は令和でいうと何年? 結論をいうと平成32年は「令和2年」、西暦でいうと「2020年」です。 この記事を書いているのが2020年5月末なので、平成32年1月~5月が期限の方は期限が切れてしまっているかもしれません。 誕生日を基準に、前後1ヶ月の計2ヶ月の間に更新手続きができるので、その間に忘れずに行くようにしましょう。 平成32年の免許更新と新型コロナウイルス 2020年(令和2年、平成32年)は新型コロナウイルスの流行による特例で、感染やそのおそれを理由として更新手続きを行えない場合に 有効期限の延長や失効手続きができます。 5月29日時点の情報では、 有効期限が7月31日までの方は手続きができるようです。 現状コロナウイルスがまだ終息していないので、今後も情報が更新されるかと思います。 最新情報や詳細はを確認してください。 代理人や郵送による延長手続きもできるようになりました。 委任状や郵送依頼書もリンク先でダウンロードできます。 また、コロナウイルスの延長手続きができずに失効した場合に「やむを得ない理由があった」として失効手続きをすることもできます。 理由なくうっかり失効した場合と違って試験が免除になったりするので、 失効から最長3年以内かつ新型コロナウイルスの終息から1ヶ月以内の場合はこの手続きをしましょう。 この「やむを得ない理由」ですが、通常は海外に滞在していた場合や入院していた場合のように、本当にやむを得ない場合でしか認めてもらえません。 例えば、仕事が忙しくてどうしても時間がとれなかったと主張しても認められません。 更新のお知らせハガキ 更新連絡書 が来ていない場合 運転免許証は有効期限が近づくと更新のお知らせハガキがきます。 (誕生日の1ヶ月前頃) なので通常は期限が近づくと気がつくのですが、引っ越しで住所が変わっていたり、結婚等で氏名が変わっていると届かないことがあるので注意が必要です。 住民票ではなく免許証の記載通りにハガキを郵送されます。 更新を忘れて有効期限切れになる理由で最も多いのが、引っ越しや結婚でハガキが来なかったことだそうです。 ちなみにハガキが届かずに免許証の有効期限がきれた場合も「やむを得ない失効理由」には該当しません。 免許更新の持ち物 免許更新の際に必要な持ち物は以下の6点です。 運転免許証• 更新連絡書(ハガキ)…なくても手続き可能• 外国籍の方の場合は在留カード、特別永住者証明書等• 手数料 … 受講する講習区分によって変わり、3000円~3850円• 眼鏡等 警察署や運転免許センターで手続きができ、場所によっては申請用写真が必要なところもあるようなので、自分が行く場所が決まったら改めて必要書類は調べてみてください。 有効期限が切れてしまっていたとき 万が一有効期限が切れてしまった場合、上にも書いた通りコロナウイルスの流行期間であれば「やむを得ない理由」で失効したとして比較的簡単に免許を再取得できるかもしれません。 それが認められない期間だった場合は、 有効期限が切れてからの期間によって免許再取得までの道のりが違います。 簡単に書くと、 失効から半年以内であれば、仮免許試験と本免許試験がどちらも免除され、視力検査などの「適性試験」と講習のみで再取得できます。 半年以内であれば、正直「セーフ」の部類です。 (もちろん失効している間は無免許扱いなので、その間に運転して違反や事故をおこしてしまうと大変ですが…) 問題は半年以上経過していた場合です。 半年以上1年以内であれば仮免許試験は免除されますが、本免許の試験を学科・技能ともに受けなければなりません。 1年を過ぎていた場合は仮免許・本免許試験を両方、つまり1から免許を取り直すことになります。 本当に大変です。 失効した場合については近日改めて詳しく記事にしますので、でき次第リンクを貼っておきます。 もし期限が切れていることに気がついたら、早急に失効手続きをしましょう。 失効から「半年」が一つの大きな区切りです。

次の