コーヒー が 冷め ない うち に ロケ 地。 『 コーヒーが冷めないうちに 』タイトルが秀逸!

映画【コーヒーが冷めないうちに】あらすじは?キャストやロケ地&エキストラ募集も!

コーヒー が 冷め ない うち に ロケ 地

舞台の脚本家兼、演出家として活躍する川口俊和の小説デビュー作となるこの作品を、シリーズ続編の「この嘘がばれないうちに」とともに映画化。 興行収入15億円を記録した大ヒット作品がついに地上波初登場!! 舞台は、とある街のとある喫茶店。 店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるという。 ただ、そのためには守らなければならないいくつかのルールがあった。 誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら…」という後悔の思い。 様々な思いを抱えた客たちが、今日も店を訪れる。 主人公には幅広い世代から圧倒的な支持を得る人気女優・有村架純。 今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じている。 彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、登場人物それぞれのストーリーが始まってゆく。 脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊など超豪華な演技派かつ人気俳優陣、さらには波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結した。 監督は「リバース」・「重版出来!」・「Nのために」・「夜行観覧車」などTBSで幅広いジャンルのヒットドラマの演出を多数手掛け、2018年には「アンナチュラル」・「中学聖日記」、2019年には「グランメゾン東京」で高い評価を得た塚原あゆ子。 今作が映画監督デビュー作となる。 あらすじ 時田数(有村架純)が従兄で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。 そこには、不思議な伝説があった。 それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。 ただし、そこには面倒くさい……非常に面倒くさい、いくつかのルールがあった。 しかも、その【ある席】には謎の女(石田ゆり子)がいつも座っていた。 彼女がトイレに立った時にだけ、過去に戻れるチャンスが訪れるのだという。 「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」 今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。 アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン・清川二美子(波瑠)。 若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。 交通事故で妹の久美(松本若菜)を突然亡くし、後悔の念に苛まれるスナック経営者・平井八絵子(吉田羊)……。 どんなことをしても現実は決して変わらない。 それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。 そこで彼らを待っていたものとは? そして、主人公・時田数に隠された真実とは?.

次の

映画【コーヒーが冷めないうちに】あらすじは?キャストやロケ地&エキストラ募集も!

コーヒー が 冷め ない うち に ロケ 地

とある街で古くからある喫茶店「フニクリフニクラ」は、人気のない路地裏でひっそりと営業していました。 レトロな雰囲気の喫茶店には、まことしやかに囁かれている都市伝説があり、うわさを聞き付けた人が僅かな望みをかけて店を訪れます。 それは店にある特定の座席に座ると、その席に座っている間は希望する時間へ移動することができる、というもの。 タイムトリップには、めんどくさいルールを守らなければなりません。 喫茶店を訪れたことが無い人には会えない、現実は変えられない、席を立って移動できない、過去に戻れるのはコーヒーを注いでから冷めるまでの間。 いくつも存在するルールを守りながら、座席に座った客は過去へと飛ぶのでした。 『コーヒーが冷めないうちに』は、「ルールを守ればタイムトリップできる座席」のある喫茶店を舞台に、4つの物語が展開されています。 それぞれ独立した話に見えますが、実は伏線が。 物語が終わりを迎える時に感動とともに伏線の意味を知ることができるのです。 本作は元々、演劇ワークショップ用に書き下ろされたもので、2011年に舞台での公演がおこなわれました。 公演を観劇した編集者が感動し、声をかけたことで小説化。 出版社や書店員の販促もあり、続編を含めた累計発行部数は84万部を突破しました(2018年8月現在)。 全国の書店員が売りたい本を選ぶ「本屋大賞」では、2017年にノミネートされました。 2018年9月21日からは、映画が公開されます。 時田数役を演じ、主演を務めるのは有村架純。 他にも、林遣都や石田ゆり子、健太郎といった人気俳優がキャストに名を連ねました。 ドラマ『アンナチュラル』で演出を担当した、塚原あゆ子が初めてメガホンをとります。 健太郎演じる新谷亮介は、映画オリジナルキャラクター。 数のことを気にかけている美大生という設定です。 マスターである時田流の妻である時田計の存在が確認されていないので、新谷が映画版でどんな役割を演じるのかにも注目です。 本作は4つの物語が展開されており、それぞれ違う人物が主人公を務めます。 しかし、全体に関連性があり、登場人物たちが4つの物語を繋ぐ役割を担っているのです。 時田数は喫茶店「フニクリフニクラ」で働くウエイトレス。 マスターである流のいとこで、美大に通っています。 過去にタイムトリップするには、いくつかのルールを守らなければなりませんが、時間を飛ぶためのコーヒーを淹れるのは、彼女の役目。 ルールを守らなかった場合、起こる弊害への対処もおこなっています。 少々わかりづらいですが、作中で従妹と明言する場面があるので、数の性別は女性です。 彼女の従兄で、喫茶店のマスターを務めるのが時田流。 長身で無口、無愛想ではありますが心根の優しい人物です。 そんな彼の妻が、時田計。 自由奔放な性格ですが、心臓に持病を持っており、定期的に病院に通っています。 計とも病院がきっかけで知り合いました。 第1話「恋人」で主役を務めるのが、キャリアウーマンの清川二美子と、賀田多五郎。 賀田多は顔に大きな火傷があるというコンプレックスを抱えており、それが物語のなかでキーポイントとなっています。 第2話「夫婦」に登場するのは、常連客の厚木。 彼と妻の、渡せなかった手紙を巡る物語が展開されます。 第3話「姉妹」では、自由奔放で実家の老舗旅館から飛び出した、平井八絵子が主人公。 姉妹の絆を感じるエピソードです。 そして、第4話に登場するのが、計と流の娘である、ミキ。 最終話は過去ではなく未来に飛ぶ物語なので、まだ生まれていないミキの、成長した姿を見ることできます。 『コーヒーが冷めないうちに』の第1話「恋人」のストーリーをネタバレ考察! 本作最初の物語「恋人」では、才色兼備のキャリアウーマン清川二美子と、賀田多五郎というカップルが登場。 1週間前に別れ話を切り出された二美子が、過去に戻って別れ話をやり直すために、喫茶店を訪れます。 2人は3年間交際しており、二美子は大事な話があると言われたときは、結婚の申し込みだと期待していました。 しかし、蓋を開けてみれば別れ話で、賀田多は夢だったアメリカ企業へ転職するために、渡米するのだと言うのです。 本当は別れたくない二美子でしたが、プライドが邪魔をし、結局彼を止めることができませんでした。 別れ話をしたのが、ここ「フリクニフリクラ」だったということもあり、彼女は別れ話をした1週間前に飛びます。 そして彼女は賀田多を前に、本音を絶妙に隠しながら、なぜと問うのです。 なぜ、相談してくれなかったのか、と。 賀田多は、キャリアウーマンとして働く彼女を気遣うもことを言いながら、顔の火傷というコンプレックスのために、今まで口にできなかった本音を吐露します。 時間切れとなり現実に戻る彼女は、意識が途切れる間際に、彼からの未来の約束を聞くことができました。 数は過去に戻りたいと口にしていた彼女に対し、賀田多はアメリカに行ってしまう、とはっきり口にしています。 結果的に彼は渡米してしまいましたが、過去に行く前と後では、まったく違う未来が待っていました。 「未来はまだ訪れてませんから、それはお客様次第かと…」 (『コーヒーが冷めないうちに』より引用) という数の言葉は、まさに名言。 まだ訪れていない時間である未来は、いくらでも変えることができるという、強いメッセージが込められています。 1話から3話は、喫茶店を訪れたお客さんを中心とした物語でした。 しかし第4話「親子」は趣旨が代わり、喫茶店の店主である時田流・計夫妻のエピソードが語られます。 計は生まれつき心臓が弱く、激しい運動をしないように気をつけながら生きてきました。 そんな時、病院で出会ったのは、交通事故に巻き込まれたのに、無傷だったという流。 その頑丈さに感動した計は、17歳にして初めて恋に落ち、そして3年間の交際を経て結婚、計が20歳、流が26歳でのことでした。 物語は第3話が終了してから2週間後、妊娠中の計は体調が思わしくありませんでした。 生来身体が弱いうえに、妊娠が負担になっているとのこと。 出産に耐えられないと医師から言われていますが、彼女は中絶を拒み、絶対に産むという決意を固めていました。 子どもを産みたい。 けれども、自分は耐えられず死んでしまうことはわかっている。 生まれてくる子どもは、本当に幸せになれるのか、寂しくて泣いてしまうのではないか、自分がいない未来を考えて不安になった彼女は、入院を決意したその日に、数にコーヒーを淹れてくれるように頼みます。 未来に飛んだ計を出迎えた喫茶店は、様変わりしていました。 流や数の姿はなく、見知らぬ男女が切り盛りをしています。 そこに、ある少女が帰ってきます。 彼女は、少し前に計のいる時間に、未来から飛んでいったというのでした。 計の顔を見ても反応が無く、誰か別の人の子どもなのかと思っていたところ、北海道にいるという流の電話から、彼女が自分の娘であることを知るのです。 実際にはかわすことができない、未来の娘との会話。 その感動の内容は、ぜひ実際に読んでお確かめください。 また、店を切り盛りしている男女の正体も気になるところ。 ここでも、伏線の回収がおこなわれています。 『コーヒーが冷めないうちに』から学べることを考察! 本作の大きなテーマは、絆。 恋人、夫婦、姉妹、親子など、関係性は違っていますが、物語全体から、さまざまな人の絆を感じ取ることができます。 しかし絆を描くだけなら、ルールはあるものの、時間を移動できるという設定にする必要はありません。 時間移動をしたいという希望を持った人は、いったいどんな感情を抱いているでしょうか。 本作に登場するタイムトリップ経験者は、どこか後悔や自責の念を抱えながら喫茶店を訪れ、一縷の望みをかけてコーヒーを飲んでいます。 ここでは過去を覆すことも、未来を変えることもできません。 しかし、後悔を抱えたまま生き続けることで、人の心は摩耗してしまいます。 時間を移動することは、後悔を抱いている人々にとっては救いであり、新たな一歩を踏み出すためのきっかけでもあるのです。 作品の中では時間を移動することができますが、現実ではそうではありません。 時間は常に一方向にしか流れず、場合によっては後悔が胸に残り続けてしまいます。 今を大切に、後悔しないように大切な人のために言葉を尽くそう。 さまざまなエピソードのなかから、そんなことを感じることができます。 『コーヒーが冷めないうちに』には続編が存在する! 喫茶店の大きな特徴である、望んだ時間に移動できる座席は健在。 日々、自分の望んだ時間に飛ぶため、人々が喫茶店に訪れます。 続編ではタイトルにもある「嘘」が重要なワードとなっており、おのおののエピソードでも嘘が絶妙に絡んでいくのです。 そして前作から店の常連的な存在になっている幽霊、ワンピースの女の正体が明らかになるのが、続編の大きな特徴。 前作では、時間移動できる座席を陣取る謎めいた存在でしたが、数の背景や過去とともに、なぜいつも喫茶店にいるのか、さまざまな謎の答えを知ることができます。 過去を変えられたら、未来を覗き見ることができたら。 そんな風に誰もが願いますが、本作は変えられない過去と、変えられる未来を描いています。 コーヒーを飲みながら、ゆったりとした気持ちで、物語をお楽しみください。

次の

コーヒーが冷めないうちにのロケ地は横浜のどこ?撮影場所や目撃情報まとめ

コーヒー が 冷め ない うち に ロケ 地

コーヒーが冷めないうちにのロケ地や撮影場所はどこ? 『コーヒーがさめないうちに』のロケ地や撮影場所をさがしてみましょう。 この画像の店内はセットだそうです。 ただ、外装は実在するそうですよ!こちらです。 こんなに自然あふれるキャンパスに通ってみたい! これから観る方はぜひ伊藤さんの大学風景を気にしてご覧くださいね。 昼間は人通りも多そうなので、きっと夜遅くに撮影されていたのですね。 ここでも『コーヒーが冷めないうちに』の撮影がされていたんですね。 雪山デートシーンは大白川、破間川ダムでの撮影でした。 山の上の方からそろそろ紅葉が始まりました。 平石亭の蕎麦は土日休日のみ。 雪山ということは冬です。 どんなシーンで登場するのか、しっかり覚えておいてください! 春のめざめ観劇してきました!! 簡単に語れる内容ではありませんでしたが鳥肌が立つようななにかを突きつけられるようなそんな感覚でした。 どこも素敵な場所で撮影されたんだなって思います。 時田数(有村架純)が叔父で店主の時田流(深水元基)と切り盛りする、とある街のとある喫茶店「フニクリフニクラ」。 そこには、不思議な都市伝説があった。 それは店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることができるというもの。 ただし、そこにはめんどくさい……非常に面倒くさいいくつかのルールがあった。 過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。 過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。 過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。 コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。 過去に戻れる席には先客がいる。 席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。 過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。 「ここに来れば過去に戻れるってほんとうですか?」 今日も不思議な噂を聞いた客がこの喫茶店に訪れる。 アメリカに行ってしまった幼馴染の賀田多五郎(林遣都)とケンカ別れをしてしまった三十路直前の独身キャリアウーマン清川二美子(波瑠)。 若年性アルツハイマーに侵された妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)。 故郷の妹(松本若菜)を裏切って、一人スナックを営む喫茶店の常連客・平井八絵子(吉田羊)。 数に次第に惹かれていく常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)。 過去に戻れるという【ある席】にいつも座っている謎の女(石田ゆり子)……。 どんなことをしても現実は決して変わらない。 それでも過去に戻り、会いたかった人との再会を望む客たち。 toho. 映画「コーヒーが冷めないうちに」鑑賞。 最後の話は涙を飲んでしまう程号泣してしまった。。 まるで湯気が立ち上るようにふわりと優しく心を撫でられ、上映後は芯から温まる程胸が温かくなりました。 YUKIさんの主題歌にまたじわりと感動した。 しおり紐に惹かれて、ブックカバーも購入しました。 どのエピソードも感動的で心温まる素晴らしい物語で、終始ウルウルしながら観ていました 心洗われるとは正にこのことですね! コーヒー飲みながらゆっくり余韻に浸りたいと思います — ドン・コルレオーネ (ダイエット中) godfatherpart7 タイムスリップして会いたい人・・・もちろんいます。 現在は変わらなくても、過去の後悔を少しでもやり直せたら、きっと今の気持ちはすごく変化すると思うから。 あて名書きもなく送料無料でとっても便利! 無料おためし期間が一番長いのは実はU-NEXTなんですけど、『コーヒーが冷めないうちに』は配信されていなくて観ることができません。 なので今回は をお勧めします。 上記にも説明がありますが、動画ポイントが1100円分付与されるのですが、なんと、『コーヒーが冷めないうちに』は動画見放題作品なのでポイントは不要です! なので他の新作にそのポイントを使うことができちゃいます。 「外出自粛要請」がでているこの時期の過ごし方として、自宅のテレビで映画鑑賞はいかがでしょうか。 もちろん無料体験期間に解約をすると、一切お金はかかりません! 無料で30日間利用できるって、お得すぎますよね。 映画の内容についても興味をもっていただけたでしょうか? こんな時だからこそ笑いたい。 こんな時だからこそ感動したい。 色々な思いがありますよね。 TSUTAYA DISCUSのレンタルを利用して、映画三昧という「お家時間」の過ごし方もいいかもしれませんね。

次の